世界一の牡蠣バカ野郎が、パートナー生産者とキレイでおいしい海で「世界一うまい牡蠣(通称:セカウマ)」を創ります。

プロジェクト本文

※パトロン専用のLINE@を創りました。
その名も「セカウマ応援団」☞ http://line.me/ti/p/%40kakioycy

世界一うまい牡蠣ってなんだ?

「百聞は実食にしかず」
世界一カキに詳しい男が紡ぎ出す「世界一うまい牡蠣」を味わってみたくはないか?

日本オイスター協会を創設し、いまや世界に拡がるオイスターマイスター制度を制定した「世界一カキに詳しい男」こそ、このプロジェクトの発起人、サトウゲン。

かき日本一決定戦など様々なイノベーションコンテンツを創造し、日本に新たにオイスター業界を誕生させ、世界中のメディアから注目されている。

11081735_889893124385948_1630050958_n

12年間、日本中そして世界中の産地に赴き、すべての牡蠣を食べ尽くし、生産から提供、消費、文化に至るまでのすべてを探究し知り尽くした男が、最後に辿りついたひとつの答え。それがこの「世界一うまい牡蠣」。

このプロジェクトは、この12年間かけてたどり着いた「世界一うまい牡蠣」の設計図をもとにそれを実現させるためのプロジェクトです。

すべてを旅してみたら、青い鳥、灯台もとくらし。すべての答えは日本にあった。

11050116_885086794866581_4136788876667371933_n

12年前、牡蠣に魅せられた僕は、世界で一番うまい牡蠣を求めて旅を始めた。
世界中を旅していると、ある事実にたどり着いた。

それは、牡蠣を食べない国を探す方が難しいということ、そしてなにより驚いたのが「世界中に流通する8割以上は、日本の牡蠣が親」だとということ。

11011889_885086348199959_7234790269222771597_n

11054497_885086194866641_4901513814360269979_n

例えば美食大国フランスの市場の99%の牡蠣は日本由来。
アメリカで一番人気の牡蠣は、日本から持っていった牡蠣だった。

「だったら日本に世界一うまい牡蠣があるんぢゃないのか!?」

そう思った僕は今度は日本で「世界一うまい牡蠣」を探す旅に出た。

自分が考えうるすべてを実現した「世界一の牡蠣」を自分が食べてみたくなった。

11081676_889944071047520_1953730399_n

世界中そして日本中を旅して牡蠣の現状を知った僕は、自分が思い描くような最高傑作の牡蠣が、まだ世界中に存在していないことを知り、どうしてもそれを食べてみたくなった。

そこで自分で創ることにしたのだ。
そのために次に探したのは、牡蠣の生産者。

またバカの一つ覚えなのだが…日本中を旅して、日本中の生産者と語り明かした。時にはぶつかり合い、海に沈められそうになったことも一度や二度ではない。裸一貫、自分の理想を語り続けた。

そしてついにその「世界一うまい牡蠣」を創れる漁場(一番重要)とパートナーとなる生産者に出会えたのだ。 こうして「世界一うまい牡蠣」を創造する舞台は出来上がった。


11074600_889943854380875_2098372790_n

「世界一うまいの牡蠣」の設計図はできた。あとは創るだけ!

そして、そのやっと出会えたパートナー生産者とともに、現時点では「世界一うまい」といえる牡蠣を創造することに成功した。

なぜそんな「現時点」などという煮え切らない言葉をアタマにつけるのか…それは実は今の時点でお渡しできる牡蠣は、僕の中ではまだ70点くらいの牡蠣なのだ。

それでも充分に「(現時点では)世界一うまい」と太鼓判を押せるものであり、皆さんに是非味わっていただきたい逸品ではある。

その70点を100点に近づけるには、さらなる漁場や機材などの体制と、なによりパートナー生産者にその牡蠣を創るモチベーション…「理由」ってヤツを渡さないと…これ以上先へは進めなくなってしまったのだ…だって70点でも充分…いや十二分に素晴らしいのだもの。

そんなときにサンテレビの番組「世界を変えてしまおう会」とクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」を知った。

もうここまで来たら、あとは「みんなのチカラ」を借りるしかない。クラウドファンディングならそのすべてを叶えてくれるはず。そう思い番組のオーディションを受け、このプロジェクトを立ち上げた。

本当に70点でいいのか…

そこで、まず333万円を目標金額にして皆さんに「(現時点で)世界一うまい牡蠣」を食べてもらう。

だが、もしさらに「3333万円」集まったら…12年の集大成…最後のチャレンジに挑みたい!僕のすべてを捧げた100点満点の「世界一うまい牡蠣」を創りたい!

3333万円あれば「世界一の牡蠣をつくれる体制」を「応援してくれた皆さんが食べる分くらいだけ」だが、用意できる。それはどういうことか?

そう、つまりは「支援してくれた皆さんにだけ」お届けする!ということ…僕の考える100点満点の「世界一うまい牡蠣」通称「セカウマ」を!

そしてどうか、この牡蠣が本当に「世界一うまい牡蠣」かどうか判断をしてほしい。

そのためには、まずチャレンジするチャンスを!

この牡蠣にニーズがあるということを...こんなにたくさんの人が心待ちにしてくれてるんだということを…

正直いうと、僕は…本当に…本当にパートナー生産者を苦しめている。それなのに僕の滅茶苦茶...ホントにもう闇雲に高いハードル…要求にこたえてくれている。

そんな彼に戦う理由くらい渡してあげたい!それが励みになり、さらに「セカウマ」へと繋がっていく…!

リターンについて

「百聞は実食にしかず!」

5512217d-0334-4f69-9240-59130aa80d2d

もちろんこのプロジェクトのリターンは12年かけてやっと完成した結晶「(現時点で)世界一うまい牡蠣」。

「セカウマ」を創りだせる可能性を持った僕らが紡ぎ出した牡蠣。キレイでおいしい海で育った、安全で、一度食べたら忘れられなくなる美味しさの牡蠣。まさにパーフェクトオイスター。

11081676_889944071047520_1953730399_n

11079712_889899927718601_1383605996_n
(牡蠣をあけるのにぴったりのナイフがついたリターンも。)

まずは見た目の美しさをよーく見て、洗わずになにもつけずそのままで食べてみてほしい。きっといままでの人生で食べたことのない…もう牡蠣の概念すら変わってしまうかもしれない。

333万円集まったら、この「(現時点で)世界一うまい牡蠣」をお届けする。これは必ず。

だがもし、チャレンジさせてもらえるなら…つまりは「3333万円」集まったなら…世界一のうまい牡蠣…「セカウマ」を創り上げます!そして皆様にお届けします!

今一度きこう。「世界一カキに詳しい男」が紡ぎ出す「世界一うまい牡蠣」を食べてみたくはないか?

オレは食べてみたいんだよ…狂いそうなくらい!

もし「セカウマ」ができたなら、それで世界中をよがり狂わせにいく!

方法は、いまはまだ誰も実現できていない、King of Oyster 牡蠣の世界チャンピオンを決める「オイスターW杯」を開催したり、世界に通用する牡蠣をあける技術を持った「牡蠣あけ師」を育成したり、いつかは牡蠣による環境浄化プロジェクトで世界中の海をキレイにして…夢は尽きない。

牡蠣で日本を世界をもっとおもしろくしたい!

そんな僕の夢に、どうか皆さんのおチカラをお貸しください!

※今回のプロジェクトのパートナー生産者は佐賀県太良町の方です。
※具体的に明示していないのは干潟養殖のため場所が特定されてしまうと泥棒やイタヅラの被害に合うためです。すでに発生しています。
※牡蠣の干潟養殖は有明海の環境保護に繋がります。
※僕は通常時は「牡蠣あけ師」にしか牡蠣を紹介しないのでそういった意味でもお得だと思います。
※「世界一うまい」はあくまで「世界一カキに詳しい男」の評価です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください