河野祐亮ピアノトリオは、New York現地でのレコーディングを目指しクラウドファンディングで支援いただける方を募集します。

プロジェクト本文

--------------------------------------
2/1〜クラウドファンディング第2章スタートします
--------------------------------------
(※1/31追記、第1章はページ下段に記載を残します。)

 

1/28(土)レコーディング費用の100万円を無事達成することができました。
皆さんのご支援、本当にありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

僕に100万円という大金を集められるかドキドキだった今回のプロジェクトも、
募集期間を60日以上を残し、よりよいものを作る為に継続的に支援を募集したいと思います。
クオリティアップを目指して、さらなる挑戦に挑んでいきます。

 

せっかく皆さんに支援いただき実現したNYでレコーディングした音源。
ダサイものにはしたくない。そこで今後支援いただいた費用は以下の目的に使用します。

1. より品質の高い音源に:ゲストミュージシャンの追加(10〜30万)
2. よりかっこいいCDに:CD制作費(10〜20万)
3. より多くの人に聞いてもらう為に:広告・メディア出稿費(50〜80万)

***
1. より品質の高い音源に:ゲストミュージシャンの追加※
 └国内外には多くの素晴らしいミュージシャンがいて、一緒にやりたいと思う方がいます。
  すでに何名かは今回のクラウドファンディングの第2章を迎えるにあたり、声がけを開始しています。
  ※金額が集まってからの交渉になるのでスケジュールの都合により追加が困難な場合があります。

2. よりかっこいいCDに:CD制作費
 └CDが手元に届いた時に特別なものになるように、デザインにもこだわりたい。
  NYで活躍する画家に絵を描いていただき、信頼の置けるカメラマンとデザイナーに依頼をします。
 
3. より多くの人に聞いてもらう為に:広告・メディア出稿費
 └PV制作:遠方にいる方、面識のない方にもより僕らの音楽や臨場感が伝えられるPVを制作します。
 └全国販売店への流通:CDのプレス枚数を増やし、多くの販売店で取り扱っていただきます
 └僕らのメッセージ発信:なぜ僕らが音楽をやり、NYでレコーディングをしたのか。
             クラウドファンディングで多くの支援をいただいたこと。
             それらを伝えるメディア発信の為の記事作成に使用します。


次なる目標額は200万。目標は高く、これからもチャレンジしていきます。
皆さんの気持ちを裏切らないよう、引き続き精一杯やっていきます。
改めて、どうぞよろしくお願いいたします。


-------------------(以下第1章本文)-------------------

▼はじめに

僕たち、河野祐亮ピアノトリオは、New York現地でのレコーディングを目指しクラウドファンディングで支援いただける方を募集します。 

 

目次
・なぜ今NYでレコーディングがしたいのか
・プロジェクトをやろうと思った理由
・リターンについて


▼なぜ今NYでレコーディングがしたいのか

河野祐亮(pf)は2011年渡米し、NY拠点の名門大学The New School Jazz And Contemporary Musicに通い、練習を重ねてきました。

 

NYで繰り広げられるJAZZはとても刺激的で、世界的に有名なミュージシャンにも多く出会える機会がありました。


当時、彼(彼女)らは指導を仰ぐ存在であり、僕たちの憧れ。
レコーディングをしたいなんて思いつきもしませんでした。仮にお願いしても振り向いてもくれなかったでしょう。

 


ーSAPPORO CITY JAZZ PARK JAZZ LIVE CONTEST 2015でグランプリ受賞

 

日本に帰国後、NYで「かっこいい」と感じたJAZZや音楽の感覚をベースに作曲や演奏をしてきました。個性的な僕たちの音楽を少しずつ皆さんに受け入れていただき、実績という形にも現れはじめました。本当に感謝しかありません。

--------------------------------------
直近の実績

・2015年7月
 SAPPORO CITY JAZZ PARK JAZZ LIVE CONTEST 2015でグランプリを獲得、日本一のジャズバンドに輝く。
・2016年6月
 オーストリアウィーンジャズフェスティバル出演、
 ヨーロッパを代表する老舗ジャズクラブ ロニースコッツ出演
--------------------------------------

 


ーwith Warren Wolf @NY

 

そして2017年。国内外での活動が認められ、世界的に有名なビブラフォン奏者Warren Wolf氏が、僕たちとレコーディングをしたいと言ってもらうことができました。

当時憧れだったNYのミュージシャンと、今やっと、同等の立場で一緒に演奏できることになりました。

 
▼プロジェクトをやろうと思った理由


ー2016年6月オーストリアウィーンジャズフェスティバル出演時の様子

 

資金以外の環境は整いました。
かっこよく言いましたがぶっちゃけるとあとはお金だけが足りないんです(笑)

 

"今"しかないこのチャンスを逃したくない。
そのためにこのプロジェクトを通して、皆さんの力を借りたいと思いました。


お金が足りないというきっかけではありますが、今回のこのクラウドファンディングという形は皆さんと「一緒に作れる」機会だと思うとなんだかワクワクしています。

 

 

やっと、ここまできた


これが僕の正直な気持ちです。
NYの学生時代はとにかく修行。言葉を選ばずに言えば"死ぬほど"練習しました。
帰国後も、年に最低3回はNYに渡り現地でレッスンを受けスキルを磨き、ライブを積極的に行うことで有名ミュージシャンとの交流を進めてきました。


このレコーディングをどうしても実現したい。


さらに次のステップへ。ここがゴールだとも思っていません。

 

自分にできる最善を尽くすことを約束します。応援してください。

 

 

▼リターンについて

(1)¥5,000
 ・今回のプロジェクトでレコーディングしたNew Album CD
 ・メンバー3人からのサンキューレター


(2)¥10,000
(1)に加え
 ・【限定秘蔵音源】NYで演奏したライブ音源プレゼント(非売品)


(3)¥15,000
 (2)に加え
 ・今回のプロジェクトでレコーディングしたNew Album CDのブックレット『special thanks』への名前掲載(企業の場合は企業名)


(4)¥20,000
 (3)に加え
 ・CD発売Special Liveにご招待(遠方により参加できない場合は当日のライブを録画したDVDをプレゼント)


(5)¥200,000 ※限定3組
 (4)に加え
 ・プライベートライブ&クラウドファンディング達成アフターパーティーにご招待

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください