TWTで活躍する海外の鉄拳プロゲーマーが、日本の強さを知りたい。と、いわば道場破り的に対戦を申し込んできました…8月に韓国の UYU | LowHigh FATE | ULSAN。9月にはUSA女性プロプレイヤー EQNX | Cuddle_Coreが日本勢と戦います。

プロジェクト本文

9/12更新
・選手の追加 1名
**************

▼はじめに 
去る6月末に行ったフランス勢[Super Akouma10先配信]の好評も得て、先日は軽くパキスタンの魔界も調べてきたところ、

どうやら海外の鉄拳力はもの凄い勢いで成長している感じがします。日本勢も負けてはいられないなか、格ゲーの祭典EVOではパキスタン勢 Arslan Ashが KNEEを倒し優勝するという鉄拳の歴史が少しずつ変化してきています。

日本国内の大会でも賞金が出るものが増え、海外の鉄拳プロゲーマーが参戦してくる事も珍しくなくなってきた中で、挑戦状を叩きつけてきたプロゲーマーがいます。

今月9月に
USA女性プロ EQNX | Cuddle_Core

が来日し、日本強豪選手との10先を希望しています。

Cuddle_Core とは

USA EQNXに所属する女性プロゲーマー。
大半の人がアケコンを使用するゲーセン文化から繋がる日本とは違い、USAではだいたい60%程のプレイヤーがPS4パッドで鉄拳を行う。Cuddle_Coreもパッドプレイヤーである。
大きな大会TWT Masterクラスでの優勝経験は無いが、毎回大会での順位アベレージが高く、USAプレイヤーからは一目を置かれている。Jimmy (Mr.Naps)も「Cuddleと大会で当たるの?彼女は強いよ!」と言う程。
配信もよく行っている。

先月8月には、LowHigh, ULSANと日本強豪選手との10先をこちらの企画上で既に行っています。
韓国 UYU | LowHigh

韓国 FATE | ULSAN


前回Super Akouma組手の時と同じく、対戦するスポンサーの付いていないアマチュアの日本選手には少しでも負担を減らすよう交通費や食事代を支給していきます。

小さいところから、その選手のプレイに価値を与えて行きたいと思っています。
皆様が選手を応援する為に支援金を出してくださり、そして対戦する選手は自分のプレイに責任を負うこととなります。

イベント実行者は 黒黒(KUROKURO) です。
※企画者のこれまでの活動は本文最後に記載しています。



▼支援金の使い道

①海外プロゲーマーvs日本選手10先配信をする事に掛かる費用(場所代.機材運搬費.配信イベントに掛かる全て。)

②選ばれた出場選手の負担を少しでも減らす事に使用します。(アマチュア選手の交通費や食事代、必要とあれば宿泊費など)

③次回イベントに使用します。(Arslan Ash招聘イベント第2回を考案中です。)

④配信を良くするための機材費 / アイテム購入に使用します。



▼配信日 
8月15日(木) LowHigh, ULSAN 戦 終了しました
8月16日(金) LowHigh, ULSAN 戦 ~Day2~ 終了しました

youtube にその時の動画は順にアップロードしています。
(クリックで動画へ)

追加企画
8月30日(金) Arslan Ash vs Yuu 戦 (EVOの時に録画したものを配信します) 終了しました
↓クリックで動画へ↓



9月11日(水) Cuddle_Core 戦 ~Day1~ 
[観戦可能 有料] 秋葉原レンタルスペース ホワイトエレファント
入場料 1000円 / 入場後の出入り自由・飲食物持ち込み自由・コンビニ至近
人数制限あり / 対戦台無し


9月12日(木) Cuddle_Core 戦 ~Day2~

[観戦可能対戦会併設 有料] 秋葉原レンタルスペース ホワイトエレファント
入場料 1000円 / 入場後の出入り自由・飲食物持ち込み自由・コンビニ至近
人数制限あり / 対戦台無し


~ホワイトエレファント~
東京都千代田区外神田6-6-3林ビル2F


9月13日(金) Cuddle_Core 戦 ~Day3~
[一般観戦不可] 中野Red Bull Gaming Sphere Tokyo 配信個室
9月14日(土)
Cuddle_Core 戦 ~Day4~
[一般観戦不可] 中野Red Bull Gaming Sphere Tokyo 配信個室

~中野 Red Bull Gaming Sphere Tokyo~
東京都中野区中野3丁目33−18 フェルテ中野 B1F

※リターンの宣伝画像や提供画像の配信上提示は8/30の Arslan Ash vs Yuu 戦にも適用となります。
終了しました


▼配信内容について
9/9(月)に鉄拳7がシーズン3へバージョンアップされる事が公式より発表されました。
その為、皆さんの興味は新たなるキャラクターの使い方や新しいコンボ等に向く事が予想されます。
折角、そのキャラクターの上級者が配信の為に集まる訳ですから、以下のような流れで配信を行う予定です。

Cuddle_Coreとの対戦者がキャラクターの新要素等を紹介(30分程度)

Cuddle_Coreと10先

Cuddle_Coreとの対戦者がキャラクターの新要素等を紹介(30分程度)

Cuddle_Coreと10先


Cuddle_Coreとの対戦前にネタをバラして勝てなくなるのはちょっと嫌だな…
という考えの対戦者はそもそもこちらの企画に来ません。対戦者の方にはオファー時に内容に賛同頂いて参加を決めて貰っています。


▼リターンについて
(前回企画時今回企画時に掲載が間に合わなかった方は今回企画/次回企画で同内容のリターンをお届けします。配信日以降の支援など。)

●54000円 支援口 
限定1名
日本選手の中でとても知名度大な選手にオファーします。
色紙にサインを描いてもらい、知名度大プレイヤーとCuddle_Core書かれたサインもお届けできるようオファー致します。
他、配信背景下部へのロゴ等常時表示、提供表示時の表示も付属します。(詳しくはリターンページをご覧ください。)



●10000円 支援口 その1
日本側対戦者投票権利 (もしくはその他)
支援時にCAMPFIRE内メールにてご連絡下さい。(権利の放棄も可能です。)


●10000円 支援口 その2
配信時の提供表示 (サイズ大)
活動報告に画像の提供先メールアドレスを記載していますのでそちらへ16:9の画像をご送付ください。
★8月14日までにご送付頂ければ、8月と9月の2回の配信で提供表示致します。
※下記参考画像背景等は前回イベントのものです。


●5000円 支援口
配信時の背景に画像表示
活動報告に画像の提供先メールアドレスを記載していますのでそちらへ16:9の画像をご送付ください。
★8月14日までにご送付頂ければ、8月と9月の2回の配信で提供表示致します。
※下記参考画像背景等は前回イベントのものです。



●3000円 支援口
配信時の提供表示 (サイズ小)
活動報告に画像の提供先メールアドレスを記載していますのでそちらへ16:9の画像をご送付ください。
★8月14日までにご送付頂ければ、8月と9月の2回の配信で提供表示致します。
※下記参考画像背景等は前回イベントのものです。


●30000円 支援口
配信時の背景に画像表示
活動報告に画像の提供先メールアドレスを記載していますのでそちらへ16:9の画像をご送付ください。
★8月14日までにご送付頂ければ、8月と9月の2回の配信で提供表示致します。
※下記参考画像背景等は前回イベントのものです。


●100,000円 支援口
限定1枠
配信時の提供表示(大)

配信背景の画像やロゴ表示

配信背景中央に5分に一回(30秒)画像表示

★8月14日までにご送付頂ければ、8月と9月の2回の配信で提供表示致します。
※下記参考画像背景等は前回イベントのものです。


●100,000円 支援口
限定1枠
(画像では8月内となっていますが9月の適用は2日間です。)

「黒黒に実況をさせない権利」支援者が現れました。
"柏の帝王 ウラタ" さんです。 実況者の外注を致します。
(Cuddle_Core配信の4日間のうち2日間。実況外のイベント進行や試合中にジャッジが必要な場合はマイクで喋る事があります。試合中該当日は黒黒が実況・解説を行いません。)



▼9月Cuddle_Core 10先対戦相手の紹介
※随時更新
★UYU | YUYU (ゆうゆう)選手を対戦相手として確定しました。
ゆうゆう選手はシャオユウ使いとして有名ですが、過去作ではシャオユウと同じぐらいザフィーナの使い手としても有名でした。Cuddle_Core戦直前に鉄拳7はシーズン3となりザフィーナも追加されます。試合に投入してくるかはまだ判りませんが、対戦前のザフィーナ レクチャーにも注目が集まります。

★Extractor | S.H.O.W (しょう)選手を対戦相手として確定しました。
しょう選手は千葉を拠点とするアリサ使いのプロゲーマーです。過去に公式大会で部門違いですが2年連続優勝する実績があり、アリサ界の中ではその手堅いスタイルが人気を博しています。シーズン3の新生アリサをどのように分析し使いこなすのかが注目です。アリサ レクチャーも最先端の使い方を教えてくれるでしょう!

DHG | Mimi (みぃみ)選手を対戦相手として確定しました。
みぃみ選手は長らく飛鳥を使う強豪選手です。今年の本場EVOでは 47位(1899人中)まで勝ち上がる奮闘を見せています。TV番組 eスポーツMaXでの大会で優勝経験があり大会中に覚醒するタイプのプレイヤーであり多くのプレイヤーが大会で当たりたくないと語ります。初めて10先というエキシビジョンマッチに出場するので長期戦で更なる力が覚醒するかが注目です。飛鳥レクチャーにも期待しましょう。

OGAMI (おーがみ) 選手を対戦相手として確定しました。
おーがみ選手は約2年前鉄拳に興味を持ち、アーケード鉄拳の聖地と名高い巣鴨ナムコに通い詰めるところから歩み出しました。そして今ではカタリーナの強豪として関東に君臨しています。鉄拳7の大会で取ったタイトルはまだありませんがこの10先が切っ掛けとなるでしょうか?お酒が好きなので勝利の美酒をカンパーイ!したいと意気込んでいます。勿論、カタリーナの新要素レクチャーも楽しみです。

Joutarou (じょうたろう) 選手を対戦相手として確定しました。
じょうたろう選手は鉄拳7プロライセンスを持つプロゲーマーです。大会で全体使用頻度の低いノクティスを使い、結果を残しています。2019年ラスベガス開催のEVOにも参加し、USAの戦い方を肌で感じています。先月のLowHigh戦では敗退してしまいましたが、名誉挽回となるでしょうか?

SHIN_CHAN (しんちゃん) 選手を対戦相手として確定しました。
しんちゃん選手は人生で今一番鉄拳をやらないと震えちゃうゾーンに入っています。すべてにおいて今鉄拳をプレイ、対戦し、プラクティスモードをする事を一番の念頭に置く瞬間が鉄拳をする人にはいつか訪れます。そこで開花するか、つぼみのまま朽ち果てるか。それを鉄拳に魅入られる境目にいるのです。プライベートを全て捨て、鉄拳に打ち込むしんちゃんは6月のSuper Akouma戦から更なる成長をして、日本側選手に勝ちをもたらすことは出来るのでしょうか?

★GUNTA (ぐんた) 選手を対戦相手として確定しました。
ぐんた選手は中野Red Bull Gaming Sphere Tokyoで行われる鉄拳大会で優勝経験が2桁あるという伝説の持ち主です。特に昨年鉄拳7に参戦したギースと本人との相性がよく、負けなし街道を進んできました。
そして先日世界一斉に行われたバージョンアップで鉄拳7はシーズン3と突入します。そのままギースで行くのか、それとも新たなるキャラクターを開発するのか…器用さがある為、当日までどのキャラクターを使って戦うのかが読めない選手となっています。

★RUKA 選手を対戦相手として確定しました。
RUKA選手はアーケード文化で鉄拳を覚えているが、パッドで鉄拳をプレイする珍しいプレイヤーです。
対するCuddle_Coreは紹介の通りパッドプレイヤー(海外ではパッド人口の方が多いです)なので、対戦時は二人の手元も注目です。家庭用のオンライン段位ではラッキークロエで鉄拳王に到達していてクロエ界を引率するプレイヤーです。鉄拳7以前はCuddle_Coreのメインキャラ・アリサを使用していたのでアリサ慣れもあり、大きく対抗することができると予想されます。

★T-MAC (ティーマック) 選手を対戦相手として確定しました。
ティーマック選手はアーケードでの鉄拳を体験せずに家庭用鉄拳6の頃からオンライン対戦のみで力をつけたレイウーロン使いです。おそらく日本の中でも強豪選手との横の繋がりが薄い THE ダークホース です。
レイウーロンが居なかった為にしばらく鉄拳7をプレイしなかったそうですが、昨年のレイ参入から復帰し、瞬く間に家庭用PS4オンライン段位では最高段位に到達しています。その復活とあわせて配信も始め、誰も知らない謎のレイウーロン使い「ティーマック」が噂されていました。声が所謂イケボで喋りが達者なので職業アナウンサーなのか?という謎もありますがどうやらそんな事はないようです…
今回、黒黒に実況をさせない権利(2日間)のうち1日間が行使される9/14(9/14対戦は録画され、配信は9/15)に実況の代役を務めます。

★MASA (柾) 選手を対戦相手として確定しました。
征選手はレオを使う強豪です。オフライン対戦に早くから時間を使っており、海外大会遠征経験は無いですが昨今の国内家庭用鉄拳7大会で多くの入賞経験を持っています。あのKNEE選手に大会や段位戦で土をつけるなど、KNEEキラーとしても有名です。その独特な間の使い方など、今回のCuddle_Coreにも通用するか注目です。

★G 選手を対戦相手として確定しました。
G選手は長らくボブの攻略を進める事で有名な選手です。Gプロジェクトという結束力の高いコミュニティーグループを統括しており、パーティーを開くなどリーダーシップのある面も。筋トレが趣味なのでジムに通う毎日ですが、今回の10先初挑戦に向けすぐにシーズン3ボブを調べて挑む姿勢を見せています。世界一ボブを期待しましょう。

★HEPOKEN (へぽけん) 選手を対戦相手として確定しました。
へぽけん選手はクマ使いとして長らく関東で活躍するプレイヤーです。女性プレイヤー みぃみ の師匠としても有名で、今年行われた2on2 Cellpro Cupでは大将として大活躍するへぽけんがチームを引っ張り、ベスト8に残った程です。相手への分析力が早く、手癖を見抜くことも早い為、Cuddle_Coreとの心理戦を紐解ければ観戦者はとても面白そうです。

★MIST (ミスト) 選手を対戦相手として確定しました。
ミスト選手は鉄拳5時代からリーチャオランを代表するプレイヤーです。最近鉄拳7はシーズン3になり、リーチャオランは大幅なパワーアップをした模様です。操作の難しいリーチャオランを手足の様に扱うミスト選手がすぐに使い方を魅せてくれる事も注目され、Cuddle_Coreにとっては使い手の少ないリー戦となるのでどこまで対策が出来ているのかも気になるところです。

★ZEUGAL (ゼウガル)選手を対戦相手として確定しました。
ゼウガル選手は勝ちに徹する為、シリーズやバージョンアップの度にその時の強いキャラクターへ使用キャラを変更するストイックな選手です。そういった行動は器用さや頭の回転が速く無ければ出来ないことなので、いわゆるそういったマルチプレイヤーはそう多くいません。2014年と今年2019年には本場EVOに出場するなど常にモチベも高く、シーズン3が開幕したばかりの今回の10先では確定反撃などの勘違いをしなければ日本一、対アリサに強い男は善戦できるのではないでしょうか?

★Cellpromote | JONA (じょな)選手を対戦相手として確定しました。
JONA選手はセルプロモート株式会社にスポンサードを受けるプロゲーマーです。大会開催や初心者講習などを手掛け、鉄拳の人気獲得をする貢献力も高く多くのプレイヤーから慕われています。使用キャラクターはニーナとジュリアを大会で使用する事が多く、独特のリズムで攻撃を撃ち続けるハワイスタイル(ハワイ留学中にハワイNo.1になった為)は本土USA Cuddle_Coreに通用するのでしょうか?

★AOYAMA (あおやま)選手を対戦相手として確定しました。
あおやま選手はその鉄拳7の練習をほぼオフラインで行う、海外大会へ向けた練習方法がストイックな選手です。そして使用するキャラクターが先日開幕したシーズン3のバージョンアップで大幅な強化となったラースの使い手の為、レクチャータイムのシーズン3ラース紹介も楽しみですが、何よりも10先に注目が集まります。

★Thalys Cutter (タリスカッター)選手を対戦相手として確定しました。
タリスカッター選手は一美使いとして日本で一番有名な選手です。一美の攻略情報を包み隠さず情報発信してくれるため、日本、いや世界の一美を育てているのはタリスカッター選手と言っても過言ではないかもしれません。写真にあるようなタリスポーズが少し相手を煽っているようなウィニングポーズなので相手は次は必ずリベンジすると心に誓います。10先配信に何度か出場していますがまだ勝利はありません(勿論相手が公式大会FINALに出場できるような規格外のプレイヤー達ばかりなのだが)。

★B-KUN (B君) 選手を対戦相手として確定しました。
B君選手は、アリサを使う若干19歳の若手です。今年2月に行われた公式プロチャンピオンシップ(鉄拳プロライセンス選手のみ出場する 日韓戦)で唯一一名、当日予選の1先勝負トーナメントを勝ち上がり、プロライセンス選手と共に日本代表として戦ったことで注目が集まりました。(その大会はライセンス発行大会ではなかったのでB君選手はライセンス不所持のままです。) 2019年本場ラスベガスEVOにも初参加し、1900人中33位まで勝ち上がりました。Cuddle_Coreとのアリサミラーマッチは実現できるか注目されます。

★HAISYA (はいしゃ) 選手を対戦相手として確定しました。
はいしゃ選手は別名 日本一ブライアン と呼ばれ、あのUSA 世界一ブライアン Jimmy Tranも はいしゃブライアンは良いよ!と絶賛する程です。シーズン3ではとてつもなく強い新技を手に入れたブライアンが、ちょうどCuddle_Coreの使用するアリサに対して大きな確定反撃を取れるなど、これで負けたら 日本一ブライアン を返上しなくてはならないかもしれません。しかし数日でそれを上回るアリサの研究をしてくるのかもしれないCuddle_Coreもプロゲーマーの真価を問われる一戦となります。

★9/12 実況(解説)担当 GxG | FUKUSHI (福士)
福士は、この男より鉄拳のシステムを詳しいプレイヤーはいない。と呼ばれる、鉄拳知識Dictionary。最強の解説者です。最近はe-sports解説者として多種のゲームの解説をしています。


★実況担当 Chu-gen (中元~ちゅうげん~)
中元は愛深き故に憎む悲しき漢なのだ。かつて鉄拳7が生まれた2015年…鉄拳の魔性ともいえる面白さに惹かれ多種を渡り歩いたマルチ格ゲーマーは暫く中毒性すらある鉄拳7に腰を据えた。次第に見えて来た鉄拳界の勢力図、KNEEという神。この男を倒すテッケナーは今世紀中には現れることは無い!と誰もが思い、またその日本遠征時に行われるKNEEのエキシビジョンマッチは黒黒放送にて行われていた。中元(ちゅうげん)はその神と呼ばれる男の貴重な配信を観るうちにハイレベルな独創性に富む配信を。鉄拳プライドマッチを。そしていつしか黒黒放送を愛していた。黒黒は創り続ける。黒黒は創り続けた。そして、黒黒は壊し続ける。壊し続けたのだ。黒黒の考えは誰にもわからないが、その最高の舞台を創り、それを自分の手で壊す。まるで砂場で遊ぶ幼児ではないか。子供の心は無邪気であるが…わからない。
2019年、鉄拳界には奇跡が起き今世紀中にArslan Ashが君臨した。それは全てを魅了した。
中元は悩み、そして憎んだ。黒黒放送を愛し、黒黒を憎んだのだ。
愛憎(あいぞう)という二つ名を生み、いつしか中元はダークサイドに堕ちた。ならばこの手で変えると。中元もまた行動を起こした狼。愛憎ダークサイド中元(あいぞうだーくさいどちゅうげん)は何も出来ずに朽ちる弱者ではない。動いた事実。戦う勇気。留まれば水さえ腐る。それを体現し今回マイクを持つ事を決意したのであった。

中元 実況員は、「はいしゃ vs Cuddle_Core戦」の1カードのみ実況を担当します。



▼これまでの活動
この企画の実行者である「黒黒 (KUROKURO) 」が東京にて場所と機材を手配して行います。

黒黒は過去にも韓国のKNEE選手や、パキスタンのArslan Ash選手、タイランド BOOK選手、アメリカ Mr.Naps選手等、多くの国際的に活躍する選手を招致し、長年組手イベントやアーケードでのランクマッチを企画・運営してきました。
また、"無い場所に提供したい"という趣旨の元、国内各地へ出張して大会を開催する事をしており、沖縄/那覇や九州/福岡…北海道/札幌に機材を輸送、スーツケースに配信機材をもってパキスタンへ渡航しイベントを開く等、イベント活動を10年以上してきました。


参考:
■黒黒放送 Twitch パートナーチャンネル
https://www.twitch.tv/kurokuro9696japan
(海外鉄拳プロプレイヤー 10先配信もこちらで行います)

■黒黒 youtube チャンネル
https://www.youtube.com/c/KUROKURO
(主に上記 Twitch配信のアーカイブを編集して公開しています)

2019.5 CAMPFIRE クラウドファンディングを利用して行った、
「パキスタン勢Arslan Ash (EVO Japan優勝者)を日本に招待したい」
※画像クリックで動画へ

世界最強ブライアンマッチ(韓国KNEE選手 vs アメリカMr.Naps選手のブライアン10先を東京神保町にて)


■黒黒 BLOG
https://kurokurotekken.com/
主にイベントの告知をしています。



▼最後に

今回来日して戦いを挑んできた海外プロゲーマー達は常に大会=オフラインでできるプレイヤーとしての高見を常日頃から鍛錬しています。
まだ海外大会やTWTに挑戦していないが、今後挑戦予定がある日本プレイヤーやその期待を背負っているプレイヤーには戦って貰いたいものです。また、そんな戦いを皆さん見たくはありませんか?
esportsを発展させるため、口だけの「esportsを発展させたい」…は、自分はしたくありません。
対戦選手への待遇改善も行いたいと思っています。
責任を持ってイベントを遂行します。どうぞご支援、ご協力お願い致します。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/08/09 19:04

    CAMPFIREの支援時のアカウント名を記載して頂き、掲載用の画像は以下のアドレスに添付の上ご送付ください。tekkenkurokuro@gmail.com16:9の画像でお願い致します。比率が違う場合等、こちらで編集する場合が御座います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください