香川県三豊市に子連れでママ達が気兼ねなくおしゃべりを楽しめる“寝転がれるお座敷ブッフェ おむすび座”をつくりたい。

プロジェクト本文

赤ちゃんだってごろん。 寝転がっておしゃべりが楽しめる。 「寝転がれるお座敷ブッフェ」

ページをご覧いただきありがとうございます。
おむすび座を運営する株式会社ブレーメンカンパニーズの平宅正人です。

「寝転がれるお座敷ブッフェ」とは、
その名の通り、
寝転がることができる客席のあるブッフェ形式の料理店です。
段差も椅子もない全席畳敷のお座敷が客席。
首が座っていない子供だってゴロンと寝転ぶことができます。 

香川県には子供づれでゆっくり食事やおしゃべりが楽しめる飲食店が多くありません。実際に私たちの周辺のママから聞こえる声や、子育て世代の私たち自身も感じている課題です。
子供用の椅子がなかったり、段差があったり、キッズスペースがなかったり。
キッズスペースがあっても客席から離れていることが多くて、子供を遊ばせる場合は席を離れざるを得ないのが現状です。

何かとハードルの高いのが現状の“子供連れ外食”。
そこで私たちは“子供連れ外食”を家族と、友達と、ストレスなく気軽に楽しめる場所を三豊市につくりたいと思い立ちました。
三豊市比地大の農家の母屋をリノベーションして“寝転がれるお座敷ブッフェ おむすび座”をつくります。

私たちはこの場所の運営を通して、ママ達が集える場所をつくるだけではなく
子育てママたちのコミュニティが生まれ、“Co育て”の輪が広がることを夢見ています。子育て、仕事、家事と忙しい毎日を過ごす 子育てママ達のオアシスづくりを目指した挑戦です。 ぜひ、皆さんの力を貸してください! 

星が集まった夜空を眺めて星座を思い描いたように、この場所が子育てを頑張るママやパパたちが集まる子育てコミューンになることを願って、屋号は「おむすび座」に決めました。

おむすび座頑張るママ達のために。 安心して、お喋りできる場所づくりの 3つのポイント

子供と一緒にゆっくりと時間を過ごせる料理店になるために、以下のような場所をつくります。

柔らかくて段差のない畳敷の客席 客席の床は全席畳式。畳は寝転んでも硬くないようにすべてクッション入りの柔らかい畳を敷き詰めます。首の座っていない小さなお子さまもゴロンと横になって一緒にご飯が食べられます。もちろん大人の方々だって足を伸ばして寝転んだりできます。客席は壁沿いに配置して、クッションを並べて壁にもたれてゆっくりと過ごせる場所づくりをします。

 どこからでも見えるど真ん中に「キッズスペース」 絵本ライブラリーやおもちゃといった子供たちの大好きを詰め込んだ広いキッズスペースを客席のど真ん中につくります。
店内のどこからでも見通せるから、ママやパパたちは子供たちが遊んでいる姿を見ながら、安心しておしゃべりをしたり羽を伸ばすことができます。

※絵本ライブラリーの絵本は、地域の方々から使い終わった絵本を献本頂いてつくりたいと考えています。「ぜひ、うちの絵本を使って!」という方がいらっしゃったら、最後の問い合わせ先からご連絡頂けましたら嬉しいです!


アレルギーや好き嫌いも心配無用 選べる「おむすびブッフェ」

食事はみんなでわいわいと楽しみたい。

アレルギーがあったり、好きとか苦手な食材とかがあったりする子供たちでも大人と一緒に食事を楽しめるように選べるビュッフェ形式で料理を提供します。

小さな子どもが手づかみで食べられる料理を中心に地元のお米でつくるおむすびバー、地元で採れた食材を使ったサラダバーや惣菜バーを取り揃えたいと計画中です。アレルギー表示も行います。それにおしゃべりには飲み物がかかせません。もちろんデカフェメニューや子供用のジュースも取り揃えたドリンクバーもご用意します。
目にも楽しい料理で、楽しいランチタイムに花を添えたいと考えています。

 

 おむすび座は、子育て世帯のママやパパが集まる場所です。
いろいろと調べて行くと、おむすび座がお店を構える比地大地区は、子育てファミリーが増えているエリアだとわかりました。また三豊市周辺は、近年移住組の子育て真っ只中の家族も増えています。
私たちは、このおむすび座を子育てを地域ぐるみで助け合える(共助関係を築く)きっかけをつくる場所にしたいと考えています。

そのため、以下の3点をポイントとしておむすび座の運営体制づくりを進めていきます。

運営スタッフは子育ての先輩

この場所の運営は現在子育て中のママや子育てを終えた先輩である地域の方々にスタッフとして働いてもらって取り組んでいきます。利用してもらうだけではなく、同じ経験をしているスタッフに運営してもらうことによって、こまかな目配りをしながら、利用して頂く方とスタッフがふれあえる関係づくりを目指します。すでに、保育士の資格を持った子育て中のママがマネージャーとして働いてくださることが決まっています。地元食材の活用と食育食材は顔の見える地元の生産者さんを中心に仕入れます。食の安心安全や子育て中の方々にオススメする食材の調理法の紹介など、食育の観点からも子育ての支援につながればと考えています。

子育て関連イベントの開催地域のプロフェッショナル人材の方々に参画してもらい、ベビーマッサージスクールや離乳食スクールや子育て関係の相談会のほか、子供服の交換会といったイベントを定休日や閉店時間などを利用して開催したいと考えています。おむすび座で「こんな会を開いてみたい」や「こんな活動している人いるよ」という情報などありましたらご連絡頂けましたら嬉しいです! 

 

おむすび座の完成イメージ。地域の人とママたちが集い、賑わう場所になってほしい。

おむすび座は香川県三豊市にある農家さんの建物だったお屋敷をリノベーションしてOPENします。

三豊市は香川県の西、いわゆる西讃(せいさん)と呼ばれるエリアにある、海あり、山ありののどかな場所。

その三豊市の中でも、山に挟まれた農村集落が今でも多く残る比地大(ひじだい)という町におむすび座をOPENさせます。

畑や田んぼに囲まれたのどかな場所です。でも最近は子育て世帯が増えてるまちなんです!

広い田園地帯の中でポツポツと農家が集まって集落ができている豊中町の比地大エリアにある空き家になっていた場所につくります。(Google Map)

農家さんの住宅だったので母屋と納屋の2棟が建っていて、母屋をおむすび座の店舗、納屋を運営会社であるブレーメンカンパニーの事務所として利用します。三豊市の市議の方が実施した未就学児を持つ子育て世帯へのアンケートでは、子供とお年寄りが触れ合える場所が欲しいという要望があがっていました。古くからの集落の中で空き家を利用するということは、空き家の解消のみならず子供と高齢者との接点ができるという点においても、今回のお店づくりにおいてとても魅力的だと思っています。 

香川県三豊市豊中町比地大にある古民家。ここがおむすび座になります。このあたりに多い八尾(やつお)と呼ばれる伝統的な農家住宅をリノベーション

襖を取り払って大きな畳敷のワンルールに生まれ変わります。

比地大エリアは、古くから農業を営んでいらっしゃる方々が多い一方、近年は子育て世帯の流入によって人口が増えてきているエリアでもあります。この場所で、地域の農家の方々と新しく移り住んだ子育て世帯の方々を中心に、西讃エリアの子育ての輪を結びたいと思います。

歩いてすぐの場所にある「萬福寺」さん。お腹いっぱいになれそうなお寺のすぐそばです。

僕たちがブレーメンカンパニーズです!

 おむすび座の企画・運営は、地元で活動している有志の異業種メンバーで立ち上げたブレーメンカンパニーズで行います。

地元を愛する同世代の30代のメンバー8人で知恵を絞ってあったらいいなと思える運営に取り組んで行きたいと思います。

そんな僕たちのメンバー紹介を少しさせてください! 

 

代表取締役 平宅正人
Masato Heitaku
株式会社しわく堂 取締役
クリエイティブディレクター/一級建築士

東京からUターンして、人も街も魅力的な香川県の西讃地域で仲間3人で会社を立ち上げてから1年。帰ってきてから出会った愉快で頼もしい仲間たちと共同ではじめる新しい挑戦です。僕自身も奥さんと一緒に色々な方々に助けてもらいながら2歳になる息子の子育てをしています。
私たちが暮らすこの街がもっと楽しいまちになればいい。欲しい暮らしは自分でつくる。おむすび座はその第一歩です。奥さんも、その友達も、そして同じく子育てを頑張るみんなをハッピーにしたい。とっても欲張りな私たちと一緒に、おむすび座を作り上げてくれる仲間になってください!


取締役 三好良平
Ryohei Miyoshi
株式会社RAKU 代表取締役
さぬき料理 あみ屋 / 伊吹島出身の愛と情熱の料理人

楽じゃないけど、楽しい道を を掲げて飲食店として様々な取り組みを行っています。 食は人を良くすると書きます。おむすび座でも食の部分で地域の子育てママの応援ができたらと思っています。 なにをするにももっと自由であっていいんだと、大きな夢をもつ子供達で溢れる地域になるようにおむすび座が自由な居場所になればなぁと思って取り組んでいきます。

  

取締役 入谷洋平
Yohei Iritani
株式会社しわく堂 代表取締役
一級建築施工管理技師

地元はさぬき市ながら、大阪からUターンで戻ってきてから仕事の場所に選んだのは、三豊市でした。 この地域の方々には、開業以前からたくさんのご指導やご協力頂きながら日々を楽しく過ごしています。 今は市外からの通勤ですが、パワフルでホットな三豊市に魅せられ、現在移住を計画中。 何より、僕にできるのは建物を作り、喜んでもらう事! この街の当事者として、おむすび座がこの街に暮らす人のための「あったらいいな」から「あってよかったな」と思ってもらえるように、モノづくりの立場から実現させます!

 

取締役 関   大樹
Daiki Seki 
株式会社しわく堂 取締役
クリエイティブディレクター

三豊市比地大エリアは生まれ育った僕の地元です。 おむすび座の近くには通称「べんてん公園」という農村公園があります。 僕自身もよく遊んだ思い出の公園で、天気のいい日は、家族や仲間たちみんなでおむすびをほおばったり、子供たちを思い切り遊ばせたりしたいと思っています。 もちろん、お世話になっている地元の人たちにも喜んでもらえる「居場所」になるようにがんばります!

 

取締役 筒井有加
Yuka Tsutsui
国内生保勤務 指導主任
人と人を繋げる屋Tsutsui

若くして母になり右も左も分からない中、3歳で長女が幼稚園に通いだした事で「ことり組」に出会う。クラス全員、親子共に仲良く今もなお続く通称ママ友のお陰で今までの子育てを乗り越える事が出来ました。私自身立派な母親とは言い難いのですが多くのママ友の助けがあり今の子供達の成長があります。ママ友に出会ってなかった子育てを想像すると恐くてたまりません。子供を育てていく中で数々の試練に助けてくれた仲間。おむすび座が私にとっての「ことり組」のような存在になり居場所になれればと思います。

  

取締役 和田壮平
Sohei Wada
三豊コンシェルジュセンター株式会社 代表
フリーペーパー「miteGo」編集長

神奈川生まれの神奈川育ちですが、縁があって5年前から三豊観音寺の地域情報誌miteGoと言うフリーペーパーを発刊しています。 『住んでいる街をもっと楽しめるように』というコンセプトのもと活動してきましたが、この“おむすび座”こそ、『地域のママたちの生活がもっと楽しくなる』場所になると確信し、参画させていただきました。この地域がもっと楽しく、もっと元気になるお手伝いができればと思っています。

 

取締役 浮田知希
Tomoki Ukita
浮田知希税理士事務所 代表


地元三豊市で税理士事務所を開業して3年が過ぎようとしています。 「三豊市を元気にしたい。三豊市の会社を元気にしたい。」という想いのもと、税理士として様々な会社に関与させて頂いています。 元気な会社が多い三豊市、そんな活気のある三豊市で子供達にすくすく育ってほしい。おむすび座はその1つの拠点です。 税理士としての知識と経験を活かしておむすび座が未来を担う子供達とそのママたちにとって有意義な場所になって欲しいと思います。 

  

取締役 宇賀正盛
Masamori Uga
宇賀鉄鋼 代表


誰かに決められたことをするのじゃなく自分でしたいことをするから自営業を始めました。
とはいうのもの、仕事ばかりでたくさんは家族の時間を作れておらず、奥さんには苦労ばかりかけているので、少しでも息抜きができれる場所をつくって奥さんにいいかっこしたいと思っています!いつも家事を頑張ってるお母さん方が楽しく過ごせる時間を提供できるようにしていきたいです。


応援頂いた資金は全て、下記のお店づくりのための費用に充てさせて頂きます。

●内装工事費  6,200,000円
  クッション性の高い畳敷、トイレのベビーキープや子供用の手洗い、授乳室の整備なども含まれます。

●厨房機器購入費  1,000,000円
  業務用の冷凍冷蔵庫や製氷機、ガステーブル、作業台など

●料理店で使用する食器・ユニフォーム、備品購入費:1,150,000円 

●看板やパンフレット、HPなどの制作費:800,000円 

2019年12月〜工事開始

2020年  4月  OPEN予定


全てのリターン共通
協賛メンバーとしておむすび座HPへのお名前掲載 または 企業バナー掲載

おむすび座 10%OFF年間パスポート

貸し借り可能な同伴者全員10%オフの年間パスポート 1枚 たくさんの方に何度もおむすび座に足を運んで欲しいので、仲間内でシェアしてください。


おむすび座プレオープンご招待チケット

おむすび座を一緒に育ててください!
プレOPENにご招待させて頂き、スタッフのサービスや場づくり、メニューなどに是非アドバイスをください!


燧灘が育んだ海の幸おすそわけ

応援したいけどなかなか三豊にこれない方におすすめ。
三豊の郷土料理「さつま味噌」と燧灘の海水を生成した天然の塩2種(粗・細)
燧灘の海のめぐみをお届けします!


瀬戸の大地のめぐみおすそわけ

応援したいけどなかなか三豊にこれない方におすすめ。
荘内半島オリーブ農園のエキストラバージンオイル 150ml × 2種
瀬戸内の大地のめぐみをお届けします!


瀬戸の海と大地のめぐみおすそわけ

応援したいけどなかなか三豊にこれない方におすすめ。
瀬戸内の海と大地のめぐみを両方味わえる欲張りセットです!


おむすび座創業企画書PDFデータ

おむすび座OPENにあたって、チームで練りに練った40ページを超える企画書です。
三豊市周辺でおこなったアンケートやデータ分析から、事業収支予測など、
これから飲食店開業を目指す方々や、子育てママたちのママ会事情をしりたい方には
とても参考になるのではと思います。


おむすび座 広報部長用Tシャツ

おむすび座の歩く広報部長として応援してください! 子供用サイズもご用意しますので、2着以上お買い求め頂いてお子様とリンクコーデなんてとっても嬉しいです。

サイズはこちら

最後までお読み頂いてありがとうございます!!

やっぱり暮らすなら、楽しいまちに暮らしたい。
みんながそう思える場所をつくるための僕たちの第一歩のチャレンジです。
僕たちのまちの「あったらいいな」って声に耳を澄ましながら、
仲間たちと楽しみながら取り組んできます!

皆さん、どうぞ ご支援の程よろしくお願いいたします!

みんなで楽しみながら進めています!


✳︎本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


✳︎絵本ライブラリーへの寄贈に関するお問い合わせ先
株式会社しわく堂 担当:平宅正人
電話 0875-23-6535
mail info@shiwakudo.com

  • 2019/10/18 20:18

    先日、お電話を頂いた方から絵本を頂きました。その数、なんと80冊!お子さんのために購入していたもので、使わなくなったこともあり、寄贈先を探していたところSNSでおむすび座PJを知って寄贈くださることになりました!大切に使わせて頂きます。先日の活動報告から、いろんな方から「絵本あるよー」とお声か...

  • 2019/10/16 10:23

    クラウドファンディングを開始して1週間が経ちました。その間たくさんの皆さまにご支援頂き、遂に100万円を突破し折り返し地点を迎えることができました!ありがとうございます!!あと100万弱、皆さんの期待に応える店づくりの環境を整えられるように地道に支援募集をしていきたいと思います!!さて、今回は...

  • 2019/10/12 16:08

    ブレーメンカンパニーズでミーティング、今回はお店のインテリアや設備について。授乳室やオムツ変えスペースにあったらいいものは何だろう?トイレにあったらいいものは何だろう?緊急用のオムツは?離乳食は?ブレーメンメンバーの紅一点、現役ママ筒井有加が、経験に基づく具体的できめ細やかな意見で僕らをリード...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください