Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

言語や文化の違いを楽しむ『異言語脱出ゲーム』を定期的に開催したい!

現在の支援総額
1,061,000円
パトロン数
75人
募集終了まで残り
終了

現在35%/ 目標金額3,000,000円

このプロジェクトは、2019-10-05に募集を開始し、75人の支援により1,061,000円の資金を集め、2019-11-29に募集を終了しました

異言語Lab.では体験型エンターテイメント「謎解きゲーム」に手話、筆談、身振り、音声等を応用して組み合わせた『異言語脱出ゲーム』を考案し提供しています。異言語脱出ゲームを定期的に開催することで、言語の違い・文化の違いを理解し共有できる未来を作っていきたいと考えています。

<異言語Lab.とは?>

はじめまして。異言語 Lab.代表の菊永ふみです。
異言語Lab.とは、異なる言語を使用する者同士から生み出されるコミュニケーションの試行錯誤、一つひとつの言語の魅力を探り合い、新しいコミュニケーションのカタチを提案していくラボラトリーです。異言語Lab.のメンバーはろう者と聴者が約半数ずつ、手話を主な言語として使用し日々活動を進めています。

行っていることは大きく2つ。
・さまざまな「IGENGO」を謎に取り入れた「異言語脱出ゲーム」の企画・運営
・伝え合う中で生まれていくコミュニケーション方法を起点としたツール開発、ワークショップの開催

異言語Lab.では、目の前の人に自分の想いを伝えるにはどんな方法があるのかを考え、言語の壁を超えるコミュニケーションのカタチを創り出していきたいと思っています。「伝え合う」――人々の創意工夫から生み出されてきた言語の豊かさ、視線や頷き、身体表現、雰囲気など、実践を繰り返しながら形にし、その表現の魅力を提案していきます。


体験型エンターテインメントとして人気の高い「謎解きゲーム」に、手話や筆談、身振り、音声などを応用し、聴者とろう者・難聴者が協力し合い謎を解いていくエンターテイメントです。

異言語脱出ゲームでは、普段は出会うことのない言語が違う者同士が協力し合いながら、一つのことを成し遂げていく場を提供しています。お互いが相手の意図を考え、汲み取り、方法を試行しながら伝え合い、そして共感する。そんな場を作り出していくことで、従来見落とされてきたコミュニケーションの可能性や、人々の新しい関わり方を見つけるため活動しています。

2015年にこのゲームを発案して以降、企業内研修や学校、福祉施設で『うしなわれたこころさがし』等の公演を続け、2018年9月に初の一般公開作品として『5ミリの恋物語』を提供しました。そして、同年10月13日には京都国際映画祭において吉本興業株式会社様とのコラボレーションとして『淳風大学からの卒業~SDGsバージョン』を、翌年4月20日の沖縄国際映画祭では『蒼海に眠る秘宝の謎~月夜の邂逅~』を実施しました。



異言語脱出ゲームでは「伝わらなさ」を感じ、コミュニケーションと向き合うことから、ゲームを通して、「伝えたい・わかりたい」という心の内や言語の可能性を体感する、非日常体験を提供しています。

私たちが実現したいのは、言語の面白さを知り、伝え合うことの大切さを体験できる場を作ることです。違いを楽しむためには、まず、音声言語、視覚言語、それぞれの言語の面白さを知り、体感することが重要だと私たちは考えています。

今までさまざまな機会をいただき、公演してきた異言語脱出ゲームですが、皆様に参加いただける機会は年に2~3日程度。「もっと体験したい!」という声をたくさんいただいているものの、公演を1日行うにあたりかなりの費用がかかるため、赤字での公演を行ってきており、公演数を増やすことが難しく、異言語脱出ゲーム自体非常に厳しい状況にあります。

異言語のコミュニケーションについて考え、体験していただく機会をたくさんの方々にお届けしたい・・・・・・そこで異言語Lab.は来年の6月以降を目標に、一定期間継続してコンテンツをお届けできる場を計画しています。

皆様にお届けする異言語脱出ゲーム は『うしなわれたこころさがし』です。手話未経験の方を対象とし、1グループごとにろう者のアテンドが入ります。また、小学生から参加可能ですので、ご家族で楽しんでいただけるコンテンツになっています。

そして、今回定期開催に向けて会場の1つとして検討しているのは、「RELABEL」(クリエイティブな挑戦者のための空間マッチングサービス)によるビルの居抜き物件です。いろいろな遊休不動産を活用しながら、異言語脱出ゲームを展開していきたいと考えています。

https://re-lab-el.jp/

異言語脱出ゲームを作るには、人件費や会場費、内装費用などの準備資金が必要です。このプロジェクトを通して、さまざまな場所で活用できるコンテンツを多くの方に届けることで、手話の魅力、言語の面白さを知り、伝え合うことの大切さを体感する機会を作り出せたらと願っています。


「伝えあう」大切さを体感し考える機会の実現に、ぜひあなたのお力をお貸しください。
どうか、ご協力をよろしくお願いいたします。


今回、リターンとしてこれまでになかった全く新しい『非日常を体験できる』このゲームを、家や職場で体験できるカードゲームと謎解きキットを制作し、みなさんの元にお届けいたします。

今回リターンとしてお届けしたいゲームは6つです。
❶謎解きキット:「異言語脱出箱」
❷カードゲーム:「サイン フィクショナリー」
❸ボードゲーム「イマジナリー ふくわらい」
❹異言語脱出ゲーム:「うしなわれたこころさがし」参加権利(1回)
❺異言語脱出ゲーム:「異言語空間への招待状」公演権利(1回)
❻異言語脱出ゲーム:「星かける」公演権利(1回)



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください