Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

スナック社会科を定期的に開催したい!

現在の支援総額
139,000円
パトロン数
38人
募集終了まで残り
終了

現在34%/ 目標金額400,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2020/01/15 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2019-12-19に募集を開始し、38人の支援により139,000円の資金を集め、2020-01-15に募集を終了しました

「スナック社会科とは?」社会問題や課題、日本で起きていること。そんな社会の諸々を仕事や学校の帰りにお酒でも飲みながら、ぐっと敷居と垣根を下げて知れる場を作りたいと思い始めたトークイベントです。

ご挨拶

こんにちは。サトマキと申します。今年の6月に「スナック社会科」というトークイベントを個人で立ち上げました。

お金の貧困と格差も深刻だけど、気持ちや想像力、知ることの貧困と格差も無くしたいと思っています。

スナック社会科とは?

冒頭にも少々触れましたが、社会問題や課題といわれること、いま日本で起きていること、そんなことを考えたり話したりする「社会科」を、入りやすく、垣根を低くするために「飲み屋さんでやろう!」と思い立ち、「スナック社会科」が生まれました。地元のスナックのようにフラッとご参加いただけたらと思います。

プロジェクトをやろうと思った理由

第1回を6月に開催し、当日は満員御礼となったものの、vol.2、vol.3と企画を進めていく中で打ち合わせや資料収集や作成、ちゃんとやろうとすると資金的にきつく、出演される方にちゃんと出演料をお支払いしたら経費は持ち出しでカツカツ…では続ける意義がないかも、と思い、今後軌道に乗せるべく資金調達をさせていただこうと思いました。

資金が充実することで内容(と、おつまみ)も充実し、そして、継続することで更に面白い試みが出来ると思います。

これまでの活動

2019年6月11日(水)新宿ロックカフェ・ロフトにて「スナック社会科vol.1"移民の歌・地元の歌"」を開催しました。「ルポ川崎」の著者、ライターの磯部涼さんと「ふたつの日本」の著者、ライター・編集者の望月優大さんをお招きして、「既にいる」日本で暮らす外国人や海外ルーツの人達と日本人の「既にある」問題についてのお話を、神奈川県川崎市のBADHOPや茅ヶ崎市のなみちえ、静岡県磐田市のGREENKIDS、韓国からの移民ラッパー大阪のMomentJoon等、いま各地で生まれている音楽と合わせて聴かせていただきました。

↓以下、当日のレポートです。


資金の使い道

トークゲストの出演料、イベントの企画・運営に係る経費として大切に使わせていただきます。個人事業ですが会計報告もして行きたいと思います。

リターンについて

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

メニューは500円から50,000円まで、ご用意しています。

また、当日配布資料をデータではなく郵送をご希望の方はご住所をご登録ください。

ご招待コース以外に、ご招待のリターンはございません。

リターンのメニューがシンプルですが、ご支援いただくことで自分の中でハードルがどんどん上がるので、それを良い企画に還元することが1番のリターンだと思って頑張ります。

※注意※

後援コースは、政治信条・思想団体及び、反社会的とみなされる組織、宗教団体からのご支援はお断り致しますので予めご了承ください。

ご招待コースは、20歳未満の方の飲酒はお断りいたします。

最後に

スナック社会科vol.2は1月下旬に新宿ロックカフェ・ロフトで開催致します。テーマはvol.1で移民を扱ったことで見えてきた、そういえば昔から一緒に暮らしているコリアンルーツの人たちのことってちゃんと知らなくない?ということを日韓関係が戦後最悪と言われる今だからこそ、考える夜にしたいと思います。只今鋭意打ち合わせ中、活動報告で続報は随時お知らせいたします。ご期待ください。

テーマも出演者もvol.1から縁と勢いで繋がっています。そんなことも皆様と共有できたらな、と思っています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください