「建築という文化」の未来を一緒に創りましょう!『建築家住宅手帖』は建築家による住宅の取材記事と「行ける(イベント)・借りれる(賃貸)・住める(売買)」を集め、「建築家建築の認知度の向上」と「建築デザインを評価できる不動産市場の形成」を目指す不動産ポータルサイトです。

プロジェクト本文

はじめまして。建築家住宅手帖プロジェクトチームです。

わたしたちは「建築と不動産のあいだ」を追究する、全員が建築設計出身者で構成された不動産会社、創造系不動産のメンバーを中心としたチームです。

これまで建築不動産コンサルティングを通じて、クライアントと建築家のビジョン達成のサポートをしてきました。
この度、わたしたちが企画している『建築家住宅手帖』をより多くの皆様に知っていただき、同じ想いを持つ方と一緒にこのプロジェクトを創っていきたくクラウドファンディングを行わせていただいております。

どうぞよろしくお願いします。

今回ご支援いただきたい『建築家住宅手帖』は2020年5月公開予定の、建築家が設計した住宅のみを専門に扱う不動産ポータルサイトです。

建築家住宅に住まうことの「豊かさ」と「価値」を知るための、窓口となることを目指します。

旧来、一般の方にはハードルが高いと思われている建築家の住宅作品ですが、現在ではライフスタイルの多様化もあり、一点ものである建築家住宅も身近なものになってきています。このメディアでは、取材記事や建築家によるクリティークを通して、建築家の名作を特集するとともに、「行ける(イベントの開催)」「借りれる(賃貸情報の掲載)」「住める(売買情報の掲載)」の情報発信を行うことで、建築家の住宅に触れられる機会を増やします。
また次流通の市場を整えることで、「建築家の設計する建築を建てることの意味」を高めることを目指しています。


創造系不動産のマネージャーで、今回のプロジェクトの発起人の佐竹と申します。わたしは大学、大学院と建築学科で学び、卒業後はアトリエ設計事務所や注文住宅の設計会社などで設計を仕事としてきました。

建築設計の奥深さゆえか、社会に出て以降、あっという間に時間が過ぎ去っていきました。
周りが建築家として独立し始め、焦りもでてきた頃、特別設計が得意というわけではなかったわたしは、何か自分の武器になるものを模索するうち、偶然にも現在所属している創造系不動産と出会い、入社することになります。
それまで建築業界が全てだったわたしにとって、不動産業への転身は非常に大きな決断でした。

不動産が自分の武器になるのではという予感もありましたし、建築以外の領域を学ぶことで、建築業界に還元できることがあるのではと考えたのです。
(その時は、不動産を学んでから設計事務所で独立するつもりでした。笑)

いざ働き始めてみると、建築と不動産の間には大きな壁があり、不動産業界の常識を知っていく中で、大小含めさまざまな違和感に遭遇してきました。


中でも、今回のプロジェクトで解決したい違和感・問題意識は大きく2つです。

「建築業界以外の人は、建築家(とその作品)についてほとんど知らない」
「不動産業界では、建築家の設計した住宅が全然評価されていない」

この2つの違和感を、不動産業界にいる今の私になら変える事ができるかもしれない。
そんな想いで、「建築家住宅手帖」を立ち上げることを心に決めました。


1つ目の違和感を感じたのは大学時代のことです。
地元の友人たちや建築学科出身でない友人たちに、建築家の話をしても全く通じないという体験が、度々ありました。
もし仮に知っているとしても安藤忠雄さんや隈研吾さんなど超著名な方に限られており、建築学科に通っている学生にとって常識ともいえる建築家の存在が、広く一般に知られていないことに気付きました。

大人になり、設計事務所で勤めだしてからも、同じような違和感を感じることになります。
あるとき、高校時代の友人が家づくりを検討していました。
彼は真剣に悩み「良いものを建てたい」と考えていたのですが、建築家に依頼するという選択肢が、彼には全く浮かんでいなかったのです。

この友人だけが特殊なわけではなく、建築を学んでいない人の多くが、「建築家が創った空間を意識的に体験したことがない」のだと思います。
もっと気軽に建築家の創った空間を知る、体験する機会を創る事はできないでしょうか。


売買物件の価格を決めている不動産業界の「査定」では、立地や面積、構造などに関する定量的かつ画一的な指標に関して、近隣事例との比較により建物や土地の価格を決めています。
そこには、定性的な「建築のよさ/空間のよさ」を反映する指標が全く存在していないのです。

つまりは、建築家と一緒にこだわりを持って作った住宅も、メーカーが作った建売住宅も、定量的な指標に差がなければ同じ価格になるという事を意味しています。むしろ、建築家住宅は特殊であるとみなされ、場合によって価格が下げられてしまうほどです。

わたしはこの事実に愕然としました。

こういった事態が起こる理由は、不動産の価値に「流通性」が大きく影響しており、いかに多くの人が欲しいと思うかどうかという観点で、価値が決まっているという事があります。

こだわりを持って、その家族に合うように創られた居心地の良い空間をしっかりと価値を付け、次の住まい手に繋いでいく方法はないのでしょうか。


最初の自己紹介でも書かせて頂いた通り、建築業界に自分ができる事を考えていた時に始めた活動があります。

建築に関することをラップで歌う「建築ラップ」という活動です。
何を馬鹿な事を言っているんだとお思いの方も多いかと思いますが、わたしは至ってまじめにこの活動を行っています。

まずは見て頂く方が早いので、こちらを見て頂ければ幸いです。


Copyright © 2016 カタチトナカミ All Rights Reserved.

見て頂くと分かる通り、建築家の名前だけを言うという曲です。
わたしはこの活動を通して「まずは建築家という存在を知ってもらうこと」を目指しています。

現状、建築は一般の方にとっては、小難しく取っ付きづらい分野になってしまっており、なかなか建築家のトークイベントなどもハードルが高いのが現状です。それならば、音楽というフォーマットに載せて伝える事で、もっと多くの人に興味を持ってもらう事ができるのではないかと思っています。
(同じように建築をテーマにした曲を、今、youtubeで3曲公開しています)

今回のプロジェクトも、根底にあるのは同じ思いです。

『建築家住宅手帖』では、建築家が建てた住宅を取材して、その住み心地の良さや住まい手の想いなどを丁寧に記事にすること、建築家住宅を実際に見て頂けるイベントを開催することを通して、知っていただく・感じていただく機会を増やしていきたいと思っています。


建築家住宅は、設計者が自分の名前を開示し、それぞれの家族の生活に対して詳細なヒアリングのもと設計された、いわばフルオーダーメイドの住宅です。これはある意味「生産者の見える有機野菜」のようなものだと考えています。
つまりそこには設計者が見えない量産された住宅とは違う、特別な安心感があります。

この、「誰かのためだけ」に建てられた家を、また「別の誰か」の住まいとして住み継ぐことは、どうすれば出来るのでしょう。
それはきっと、建築家だけでも不動産屋だけでも実現出来ないことなのではないでしょうか。

わたしたちは建築家の方々とも連携しながらメディアやイベントの運営を行い、建築家住宅に住まうことの「豊かさ」と「価値」を知るための窓口を作って、「別の誰か」にとって、その建築の価値が届くようにしたいと考えています。



残念ながら、現在のところ日本において建築のデザイン性や文化的重要性は資産としての価値を持ちづらい状況にあります。
この結果として良質な建築が引き継がれずに取壊されてしまったり、安価なデザインフィーで優秀な設計者が働いていたり、建築という文化が世間から誤解を受けたりしています。

これらを解決するために重要なのが、より多くの人に建築を知ってもらい、空間を体験する機会を創ること、そして建築のデザインに市場価値をつけることなのではないでしょうか。

建築家の方をはじめ、建築を愛するすべての人の支援をいただきながら、わたしたちはこのプロジェクトを強い使命を持って取り組んでいきたいと想っています。

『建築家住宅手帖』をわたしたちと一緒に創ってください。
是非ご支援のほどよろしくお願いします。

※なお、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

※お願い:建築家建築の売買情報、賃貸情報をご存じでしたら是非お寄せください。

  • 2020/04/14 10:46

    みなさんは建築家の素晴らしいデザインの住宅が、取り壊されてしまったり、ほぼ土地値だけで売買されてしまったりする状況、そしてその後に、どこにでもある住宅が立ち並んでゆく状況に疑問を感じたことはないでしょうか。わたしたちが取り組んでいる「建築家住宅手帖」は建築家住宅の流通市場と、メディア運営、イベ...

  • 2020/03/27 14:50

    発起人の佐竹です。先日、弊社代表の高橋と一緒に、建築と不動産のあいだ業界の第一人者とも言える、株式会社アークブレインの社長で、住宅遺産トラストの理事も務めておられる田村誠邦さんにお会いして、今回の「建築家住宅手帖」についてお話をしてきました。住宅遺産トラストは、名作住宅を継承することを一つ一つ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください