14年間苦しんだ卓球生活から、「仲間」と「努力」で人生は豊かになると気づいたことで始まる、何者でもない21歳の自分へのチャレンジです。

プロジェクト本文

IMG_1548.jpeg

21歳、兵庫県に住む大学3年のアツシです。なぜ僕が東南アジアでバックパッカーをしようと決意したか経緯からお話しします。それは14年間の卓球生活が大きく関わっています。


僕は小学1年から大学2年まで14年間ほぼ全てを卓球に捧げて生きてきました。小中高の記憶を思い返しても卓球の思い出しか残っていません、それぐらい自分の人生の中心にあって大切にしているものでした。


小、中学では県大会優勝、全国大会ベスト8、高校でも公立校ながら県2位になれたりと周りから見ると充実している卓球生活に見えていたかもしれません。

IMG_5568.jpeg

IMG_4486.jpeg


しかし7年目になる中学1年になる頃、スポーツ精神障害である「イップス」を発症します。スポーツに関わっている方は聞いたことがあると思いますが、精神的な原因により突然自分の思い通りのプレーや意識ができなくなる症状と言われています。


自分の身体が意識通りに動かず、当然のようにできていたものができなくなっていきました、野球で言うとキャッチボールができないような状態だった時もありました。当時12歳だった僕は、自分に何が起きているのか理解できませんでした。

6年間できた事が次の日にはできなくなる。

この突然の出来事に僕は大きなショックを受けて、ひたすら自分を責め続けていました。そうするしか無かったのです。


チームの中心として試合に出るのがほとんどだった事が原因だったのかもしれません。練習でも試合でも常に身体が思うように動かない恐怖との戦いでした。自分の身体なのに違う動きになってしまう怖さ。それでももがき、努力し続けていました。明日にはきっと治るはずだと、毎日毎日、期待を抱きながら。

IMG_2982.jpeg

しかし、そんなにイップスは甘くなかった。年々感覚が無い技術が移り変わり、しんどい日々が続きます。ひどい時は部活前に家から出れず休んでしまう時もありました。自分の弱みを話すことのしんどさや、イップスを経験したことがある人が全くいなかったということもあって、周りの人にもほとんど言えず親にも言えず、自分との戦いが8年間続きました。

 

大学生になり、自分で考え少し行動できるようになってからは専門家の方にも見ていただいて「そんなにきつい状態でなんで続けてるの?」と言われて大きな変化がありました。


楽しいから努力し続けていた卓球が、知らぬ間に苦しみながら努力するのが当たり前になっていました。


14年間の重みがあり、決断には本当に勇気がいりましたが、大学2年の2月に辞めることを決めました。


親にも伝えて、チームメイトにも伝えて、自分でうまくコントロール出来ず、突然投げ出してしまったことを今でも申し訳ないと思っています。

IMG_5567.png

14年間常に近くにあった卓球が無くなり、それで少しは気持ちが楽になるだろうと当然思っていました。


しかし、しんどさはそれでも無くなりませんでした。大きな原因は、人と会わなくなったことと努力が無くなったこと。

友人関係はほとんど卓球の人だったこともあって、人と会うことがほとんど無くなってしまいました。会ってしまうと辞めたことについての話になってしまう。話したくない、という思いから自分から人と会うことを避けてしまっていました。

そして14年間続けた努力も無くなり、孤独な日々を過ごしました。あの卓球を辞めてからの3ヶ月は生きてるという感覚がなかったです。

どうしたら、この日々を抜け出せるんだろう。14年間、卓球しかしてこなかった自分には難しく苦しいものでした。


そんな中、「元気か?」「久しぶりに会えてよかった」と、投げ出した自分にも、変わらずそんなことを言ってくれる仲間がいました。

その仲間は何となく会ってくれていただけかも知れませんが、孤独で生きていた自分にとって、しんどい日々を抜け出せる大切な時間でした。本当に感謝しています。


14年間続けていた努力が無くなった事で、卓球生活の時には思わなかった、生きがいの無さも強く感じていました。何か日々に生きがいをやりがいを、と思い毎日10km走り続けているUVERworldのボーカルTAKUYA∞の影響を受けて、半年前から自分も走ることをスタートさせました。


「仲間」と「努力」


この2つの大切さに卓球が無くなって心から気づくことができました。

卓球生活の14年間は「仲間」が常にいてくれて、共に「努力」できる貴重な環境が当たり前のように近くにあったことに気づけなかった。

ずっとしんどい状況ではあったけど、自分の人生に必要なものは「仲間」と「努力」だったんだと。


14年間そしてイップスを発症してからの8年間は本当に長かったですが、この2つに心から気づけたことは自分の財産です。

人生を大きく変えてくれたこの2つの大切さは揺らぐことはないと、自信を持って言うことができます。


そして今は何者でもない自分ですが、辞めてからの半年で心から大切にできる仲間も少しできました。

今でも毎日本気で走り続けています。

努力と仲間を大事に、大切にして、希望に満ち溢れながら生きています。

IMG_0693.jpeg

IMG_1512.jpeg

IMG_3972.jpeg

卓球の時のようにまた、しんどくても頑張れるような夢や目標が無いか、と期待しながら日々いろんなことに挑戦しています。

フルマラソンサブ3挑戦中だったり、3000m級の日本アルプスに初めて登ってみたり。経営やマーケティングの本を読んでビジネスについて学んだと思えば、次の日には大好きなアーティスト UVERworldに会いに1人で北海道へ行っていました。とにかく新しい仲間と出会い、努力することが今は楽しくて仕方ない。

このクラウドファンディングもやってみようと思った挑戦の一つです。

まだまだやってみたいことはあります。


そしてある日の朝起きてすぐに

「海外で貴重な体験をして何か大事なものを得て帰ってこよう」

ふとこんなことを思いました。

海外に行ったこともない自分にとって1番おもしろくて良い挑戦になるのは何だろうと考えた結果、仲間と短期間行くことではなく、1人で長期間行くことでした。思いついた10分後には東南アジアに行く!!と親しい仲間に言っていました。


1人で行くほうが「努力」と「仲間」に繋がると思っています。

自分で全て調べて行動しなければいけないということ。そして複数人で行くよりも1人で行く方が、新しい仲間に出会って交流しやすいこと。

東南アジアバックパッカーを思いついた日から、また仲間と共に努力できる自分を少しでも見つけれるかもしれないとワクワクしています。

もちろん1人で、言葉、文化の違い、治安、食事面など乗り越えられるか不安なことは山のようにありますが、また何にも頑張れない熱中できない日々には絶対戻りたくないという想いが自分を動かしてくれます。自分の努力でぶつかってこようと。

期間は2020年の2月19日から3月12日の23日間です。ベトナム→カンボジア→タイと陸路で各都市に寄り道しながら巡ります。日本人が運営するゲストハウスも東南アジアには多くあるようなので日本人と繋がりながら、時には外国の方ともコミュニケーションを取り、普段出会えない価値観に触れてきます。


学生ということもあり金銭面には限りがあるので、行ける範囲も限られますが、少しでも支援していただくとさまざまな都市を巡ることができます。

支援額は

飛行機往復費30000円 

パスポート代16000円

(往路大阪→バンコク、復路ベトナム→大阪)

宿泊費ゲストハウス1泊1000円×約22日=22000円

食費1日1000円×約23日=23000円

(宿泊費、食費は日によって誤差あると思いますが平均1000円として概算しています)

移動費13000円

(都市間移動.バンコク→シュムリアップ→プノンペン→ホーチミンのバス移動を計8000円、都市内で細かい移動で使用するタクシー代を計5000円として概算しています)

バックパック代(30リットル) 20000円

その他予備費30000円

(病気やトラブルに対応するための費用20000円、交流に使える費用10000円。ぎりぎりの予算で行くと、何か起きてから対応できないので最低限の予備費を作っておきたいです、また人と出会って予定がゲリラで入ることも多々あると思うのでたくさんの人と交流するためです)


の合計154000円に差し引かれる手数料17%を入れた185000円にさせていただきます。

募集方式はAll-In方式です。(100%資金達成しなくても、支援額を得る方式です)


またリターンには各都市の写真やお土産、海外でしか感じれないことを日記に毎日書こうと思っております。またこんな自分と会うことができるリターンも多く用意しております。

ご支援していただけるほど良い写真や経験をリターンできると思います。こういうリターンを用意して欲しい!など希望ございましたら意見も参考にさせていただきます!

(もう少し僕を知ってから支援するか考えたい!という方がいらっしゃいましたら、Instagramの方か、このサイト内の活動報告の記事をあげていくので、そちらを見ていただけたらどんな人間か少しはわかるかと思います。)

http://Instagram.com/atsushi101011

ユーザー名@atsushi101011

1人で足を運び、人と出会い、日本では巡り合えない価値観や新しい考え方が1つ、2つ生まれる。その少しの変化がこれからの人生に貴重なものを与えてくれると信じています。この自分の経験が、今いる周りの仲間や、プロジェクトで出会った新しい仲間とより深い関係に、お互いに良い影響を与えれたら意味があると強く思っておりますので、ご支援よろしくお願いします。

(リターンは複数選択可能です!)

  • 2020/01/24 10:24

    こんにちは、アツシです.期間終了まで、あと1日となりました.(土曜日の23:59分までです)企画を思いついた当初は、きっとうまくいかないだろうと思いながら、スタートしました.ですが、少しずつ、少しずつ、応援の声をいただくことが増えました.SNSでコメントをくれる方もいらっしゃいます.兵庫県に住...

  • 2020/01/23 11:29

    こんにちは、アツシです!残り3日、たくさんの応援ありがとうございます.「14年間の卓球生活から得たもの」についてお話しします.卓球のことではなく、卓球から学んだ人生に必要なことをお話しします.卓球のというスポーツは、頭を使い続けるスポーツです.サーブのコース、相手の弱点は何か、自分が狙われてい...

  • 2020/01/21 15:21

    こんにちは、アツシです.残り5日、支援の方も伸びてきまして、本当にありがとうございます.海外に1人で行く大きな目的.それは、「自分の夢を見つけるきっかけにする」ことです.それに向けて、具体的にしたいことを書いていきます.・たくさんの人に夢を聞くこれは絶対に行いたいことですね.なぜその夢を見つけ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください