▼はじめに

軍部のクーデター「二・二六事件」のあった1936年。日本初のヒマラヤ遠征に挑んだ若き学生達が成し遂げた「ナンダ・コート(6867m)」初登頂の偉業は、戦火に掻き消されるように忘れられていきました。学生達は、研究を重ね革新的なクライミング方法を考案し、ヒマラヤの未踏峰に立つ夢を実現したのです。

 

▼「ナンダ・コート初登頂80周年記念事業」プロジェクトで実現したいこと

□発見された35mmフィルム映像をデジタルリマスター化し保存し、併せて昨年11月に発見された初登頂時の国産テントなどの保存に取り組みます。

□1936(昭和11)年、日本初のヒマラヤ遠征隊「立大隊」は山頂に立大校旗、毎日新聞社旗、日章旗の三旗を登頂の証として埋めてきました。そこで2017年10月、少数精鋭の登山隊(大蔵喜福隊長)を編成し、立大隊の登山スタイルを検証し、山頂の三旗を探すためナンダ・コート(6867m)に再登頂します。

□35mmフィルム、テント等の保存とナンダ・コートへ再登頂する資金を得るため、初登頂時(昭和11年)と同様に広く支援を募ります。

 

▼「ナンダ・コート初登頂80周年記念事業」プロジェクトをやろうと思った理由

ナンダ・コート」初登頂から80年の時を経過した2016年、登頂時のテントなど数々の貴重な記録を発見できました。貴重な記録を修復保存すると同時に、学生達の偉業を検証するため、ナンダ・コート山頂を再度目指します。これらの活動を通して若き学生達が遥かなるヒマラヤの山々にあこがれた「夢の実現」の記録を後世に残します。

▼これまでの活動

登頂の様子を記録した幻の山岳ドキュメンタリー映画『ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コット征服』の捜索。撮影者である大阪毎日新聞社の竹節作太記者(故人)が残したテント等の装備品、資料、記録、ネガなどの発見に努めました。

▼資金の使い道

発見されたテント、プリントフィルムなどの修復と保存、ナンダ・コート再登頂の遠征費用などに充てます。

▼「ナンダ・コート初登頂80周年記念事業」テレビ番組化

修復した「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コット征服」をベースに、山頂に埋められた立大校旗、毎日新聞社社旗、日章旗を探すアタック隊の様子をドキュメンタリーとしてテレビ番組化します。

 

  • 2017/05/08 11:31

     登山家、栗城史多氏が今回のプロジェクトに応援メッセージを寄せていただきました。  エベレスト挑戦を続ける栗城氏の応援は純粋で飾りなく、山を通した絆を感じます。

  • 2017/05/02 18:32

     1936(昭和11)年、ヒマラヤの未踏峰「ナンダ・コート(6867㍍)」を征服した立教大学山岳部の若き学生達の夢を、大蔵喜福(64)、栗城史多(34)の2人の登山家がナンダ・コート初登頂80周年を記念して語り合った。  大蔵は、マッキンリーに24回登頂し、「風の研究」で第三回秩父宮記念...

  • 2017/04/27 12:23

    ナンダ・コート初登頂80周年記念事業実行委員会(代表幹事・毎日映画社)は5月28日、東京・品川の「大崎ブライトコアホール」にて作家、夢枕獏氏を招き、記念講演会を開催します。 ナンダ・コート(6867m)はヒマラヤ山脈に位置し、1936(昭和11)年、日本初のヒマラヤ遠征を敢行した立教大学山岳...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください