目の前で轢かれた子猫を保護しました。背骨と尻尾の骨が大きくズレており後ろ脚は機能せず… 当初は外科手術、お尻の皮膚移植を必要としておりました。ですが 驚異の回復力により 皮膚移植は免れそうです。外科手術に関しても今後の治療次第ということで今後は長期に渡る 治療を中心に応援して頂ければと思います

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

2020年 1月10日、目の前で子猫が轢き逃げされ、かろうじて機能している2本の前脚のみで道路の隅へ。すぐに保護、治療をしています

プロダクトのご紹介

お尻の傷が垂れ流しのおしっこのせいで壊死をし 長期に渡る 治療と場合によってはお尻の穴が塞がったことに対する手術や皮膚の移植手術を要するとのことではありましたが2/8現在では 劇的な回復をみせており 移植手術の必要性はなくなりました。

車に轢かれた時点で 後ろ脚機能せず 背骨と尻尾の中央付近が大きくズレています。そのため 神経を圧迫している、もしくは 神経が切れていることにより 下半身麻痺の状態となっております。こちらは外科手術が必要となります。

2/8現在、こちらは途中経過で かすかに尻尾を動かすのを確認しております。 そのため外科手術をすることにより かすかに動いている 尻尾の動きを止めてしまう可能性があるとのことです。



プロダクト誕生までのお話

自身の家には17歳の老犬、重度の障害を持った子供、保護猫が1匹おりまして 介護が必要な子達が 1人と2匹居ります。治療や手術の費用を捻出するのが困難なため 応援してくださる方々のご支援をお願いしたいと思いました。

2/8現在の時点で 手術の必要はほぼなくなりました。ですが 治療にはまだ時間と費用を要するため こちらの支援は引き続き行っていきたいと思います。

リターンのご紹介


子猫の画像や御礼のメッセージ、自身が制作している ハーバリウム商品を考えております。(本物の花を使用している ハーバリウムボールペンです。写真は一例です)




  • 2020/02/08 13:40

    ご支援を頂いたパトロンの皆様、応援をしてくださる皆様にご報告です。前回より 優先的に治療をして参りました お尻の壊死に関して 治療開始当初は 担当医、他の医師もため息つく程酷い状態でした。 こちらの病院で同じ症例の皮膚移植をしているため 皮膚移植に向けての治療をして今日に至ります。先生方も驚く...

  • 2020/01/31 22:47

    この度は 多くの方のご支援、この場をお借りし、改めまして感謝致します!先日より17歳の老犬の容体も安定していないため お返事など出来ずに申し訳ありません。1月10日に保護をし、20日を過ぎまして 本日の状態をお知らせします。お尻の壊死、当初は赤い肉が盛り上がり 血も滲んでおりましたが 軟膏と投...

  • 2020/01/27 13:38

    日頃よりご支援、ご声援、ありがとうございます。本日 新たに お尻のお肉の壊死に関して 3度目の病院変更をし 受診してきました。2軒目の先生が仰った通りの経過をたどっていたため 順調に見えていたのですが 素人目にみて 何かおかしいと思い他の先生のアドバイスをと 3回目の病院変更をしました。この病...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください