本プロジェクトの発起人の田中洋介(たなか ようすけ)です。
数あるプロジェクトの中からこのページをご覧いただきありがとうございます!


僕は大学中退後に移住した先の沖縄で飲食の世界に入りました。割烹居酒屋や寿司屋、活魚居酒屋で料理の下積みを経験して、23歳で副代表の井筒将太と移動販売を開業。個人事業として2年間営んだのち25歳で株式会社を設立し店舗展開を始めました。現在では地元の横浜などに5店舗の飲食店を経営するアクトダイニングという会社の代表をしています。


今回はそんな弊社の新店舗オープンに向けて協力していただきたく、プロジェクトを発足しました。長くなりますが最後まで読んでいただけると嬉しいです。

アクトダイニングHP
http://www.act-dining.com/

アクトダイニング Facebookページ
https://www.facebook.com/actdining/

アクトダイニング Instagram
https://www.instagram.com/actdining.inc2009/



突然ですが、SDGs(エス・ディー・ジーズ)をご存知ですか?

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包括性のある社会実現のための17の目標として、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

貧困や飢餓といった問題から、働きがいや経済成長、気候変動に至るまで、21世紀の世界が抱える課題を包括的に挙げていることがわかると思います。僕はこのSDGsを他人事だと思わず、僕たち飲食店も一緒に解決していきたいと思っています。

ずばり、今回このプロジェクトでは、持続可能な環境に取り組むレストラン作りを実現したいです。

そして、その第一歩として、地元である横浜の野毛に立吞居酒屋“ごえん”をオープンしようと思っています。店名には『生産者とのごえん。お客様とのごえん。私たちはごえんを大切にします。』という思いが込められています。



上記の理念・ミッションを果たすために、先述のSDGsの中から下記の5つに取り組んでいきます。


1. つくる責任 つかう責任


私達は飲食店の中において“使う責任”を強く意識して取り組みます。

アクトダイニング各店舗にて定期的に食品ロス計量測定実施

2. 働きがいも 経済成長も


生産者とつながることでスタッフの働く楽しさを作ります。

茨城県のれんこん三兄弟さんと

大船・肉バルキングコングのスタッフと


3. 気候変動に具体的な対策を


フードマイレージ、食品ロス、サステナブルな活動により温室効果ガスの削減を目指します。

産地直送を実現することで、市場・問屋を経由することによる不要な輸送を減らします


紙製ストローを使用し、プラスチックストロー利用によるプラスチックゴミの排出を抑えます


4. 海の豊かさを守ろう


海に優しいものを選択し、魚の食料廃棄を買い取ります。

海に流せる生分解100%洗剤を使用します


市場では売値がつかない小イワシなどを積極的に購入します

5. 陸の豊かさも守ろう


ペーパーレスに取り組み、間伐材の割り箸を使用します。


店舗の名刺には環境に優しいバナナペーパーを使用します


店内の割り箸は本来捨てられる間伐材から作られたものを利用します


1. オーナーが買いつけをして、各地のおいしい新鮮なものが並びます。

ご存知の方も多いように、普段スーパーで目にする野菜の多くは、生産者の元で収穫されたあと、市場・問屋を通して僕達の元にやってきます。

最近流行りの直送サービスにおいても、画像のとおり一度問屋を挟んでいるため収穫から2〜3日が経過しています。



一方“ごえん”では、直契約を結ぶことで収穫からわずか1日で仕入れをすることが可能となり、より新鮮な食材をお楽しみいただけます!



2. 内装や備品にもひと工夫

“ごえん”では食だけでなく、飲食に関わるあらゆる物を見つめ直し、SDGsに取り組んでいきます。今一度日本の良いものに目を向け、環境問題に繋がるものを選んでいきます。

その一例をこちらでご紹介します。

・サステナブルな内装(ex. 建設現場で廃棄処分となる古材の利用、珪藻土を使った土に還せる塗料)

・サステナブルな器(ex. 窯場で廃棄される予定の焼成前の有田焼の泡化粧)

・エシカルなユニフォーム(ex. ゴミを出さない・生まない服作りの“tennen”さんの制服)

・エシカルな名刺(ex. アフリカ・ザンビア生まれの「バナナペーパー」を利用)

・その他エシカルな取り組み(ex. 紙ストローの使用)

・ペーパーレスへの取り組み(ex. おすすめメニューのペーパー廃止)


資金集めの方法として僕がクラウドファンディングを選んだことには理由があります。まず第一に、たくさんの人に“ごえん”を知ってもらうため。さらに、一緒に関わってくれる仲間を見つけるため。そして「食品ロス」や「食に関わる環境問題」についてより多くの方に知ってもらうため。最後に、このプロジェクトの最大の目的でもあるのですが、同じように環境問題に取り組む飲食店をもっともっと増やすためです。


上記の取り組みを実現するため、よりエシカルなものやサステナブルなものを継続的に使っていくための資金として使わせていただきます。

(例)

・洗剤(遺伝子組み換えの原料や酵素、着色料、保存料などは一切使用していないもの)

・醤油(国産の大豆、塩、小麦のみを使用したもの)

・砂糖(きび砂糖使用)

・油(米油、廃油の再利用)

・お酒(国産製造を使用) など


横浜出身の元横浜DeNAベイスターズ・現北海道日本ハムファイターズ黒羽根利規選手から応援メッセージをいただきました!

黒羽根利規選手のTwitter
https://twitter.com/toshiki_k42

黒羽根利規選手のInstagram
https://www.instagram.com/toshiki_k42/


長井漁港の皆様と

僕の思いに少しでも共感していただけたでしょうか?
あなたからのご支援を心からお待ちしております。

もし、支援する余裕がない…という方は、このプロジェクトを周りの方に広めていただけると嬉しいです!
そして、横浜に来た際には是非店舗に足を運んでくださいね。

どうぞ、よろしくお願いします!


【店舗概要】

・店舗名:ごえん
・住所:〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町1-41-2 KOMATSUビル1階
・最寄り駅:JR桜木町徒歩5分、横浜市営地下鉄徒歩3分
・定休日:なし
・営業時間:月〜金16:00〜翌5:00、土日祝 11:30〜翌5:00
・支払方法:現金、クレジット、電子マネー

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/03/04 18:00

    投稿が数日空いてしまいましたが、その間に支援者数が50人を超えました!!皆さん一人一人のご支援が本当に本当に嬉しいです!みなさん、本当にありがとうございます!=======================立呑居酒屋“ごえん”グランドオープン!=======================3月1...

  • 2020/02/29 23:12

    おかげさまで店頭で募金してくださっている方が増えているようです。みなさん、本当にありがとうございます!!さて、本日は僕が“ごえん”で目指している姿について、少しまじめに語らせていただきます。=======================“ごえん”は「共感型店舗」を目指します==========...

  • 2020/02/28 20:00

    昨日も支援をいただくことができました。皆さん、連日のご支援、本当にありがとうございます!今回は店頭で行っている活動をご紹介します!=======================店頭募金キャンペーン実施中!=======================立呑居酒屋ごえんの入り口“ごえん”をはじめ、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください