致死率ほぼ100%と言われるFIP(猫伝染性腹膜炎)を発症しました。FIPは進行がとても早く、日本には治療法がありませんが唯一、海外の「MUTIAN」という新薬で回復させる事ができます。どうか皆様のお力添えを頂けないでしょうか。

プロジェクト本文

■はじめに・ご挨拶

はじめまして、1歳4ヶ月になる猫「るーくん」と暮らしている工藤と申します。
2/15(土)にFIPと診断され、明日の命も分からない状態です。
この子の命をどうにか繋ぎ止めたい思いで、ご支援の呼びかけをさせて頂く事にしました。


■このプロジェクトで実現したいこと

まず、るーくんの病気「FIP」についてお話します。
FIPは致死率ほぼ100%と言われる恐ろしい病気です。

進行がとても早く、確定診断後の平均余命は7~10日と言われていて、
日本での治療方法は無く、回復は絶望的です。

原因は、ほとんどの猫の体内にいる「猫コロナウィルス」が、
ある日突然変異を起こし、悪性の強いFIPウィルスになり発症します。

症状にはウェット/ドライの2種類があり、るーくんはドライタイプになります。
ドライタイプの症状は、持続的な発熱と、食欲不振で体重が減少していきます。

脳内で炎症が起き、歩く事が難しくなったり、手足や顔面に麻痺が出ます。
内蔵が慢性的に炎症を起こし、肝臓・腎臓・脳・眼・腸などに腫瘍ができて、
てんかん発作、腎不全、肝不全、消化器症状などを引き起こします。

幸い、ウェットタイプに比べて進行がやや遅いですが、
いつ神経症状(脳内の炎症)が出るか分からない状態です。

日本での治療方法は無いとされているのですが、
一つだけ高い効果を発揮すると言われている薬があります。

唯一、日本では未承認の「MUTIAN(ムティアン)」という新薬が
FIPに対して大変有効で、投与後は生存率80%に上るそうです。

ただ、輸入品の為、保険適用外で非常に高価な薬になります。
るーくんは日に日に体重が減少していて、明日の命も分からない状態です。
鼻先に炎症が起き、膿んできていて、左脚の動きも少し怪しくなってきています。

「この小さな命をどうしても救いたい」です。

皆さまの暖かいご支援ご協力を、どうかお願いできませんでしょうか。


■プロジェクトをやろうと思った理由

2020年2月1日に風邪の様な症状で動物病院へかかり、
抗生物質を貰いましたがその後どんどん食欲がなくなり、
食事の際に必ず涙を流す、鼻水で鼻が詰まり続ける等の症状が出ていました。

2月15日の再診時に、獣医さんより体重の減少を指摘され血液検査を行いました。
結果は脱水、貧血、肝機能に悪い症状が出ていて、血液に黄疸が出てしまいました。
更に「TP総蛋白」の欄に12以上と赤字で記入されていますが、
実際は計測出来ない程の値が出ていて「GLB免疫の指標」の欄が不明の状態です。
(※TPからALBを引いた値がGLBになるとの事。)

獣医さんの見解では免疫系に異常が起きているという事でした。
これらを総合的に見て、ほぼ間違いなくFIP(猫伝染性腹膜炎)の暫定診断が出ました。
(※ドライタイプは腹水が溜まらない為、細胞の採取による診断となり断定が難しい)

最後に、獣医さんより「命に関わります」と言われ、絶望を感じました。

るーくんの現状は、お水は少量しか飲まず、あんなに大好きだったちゅーるも残し
まん丸だった体は骨っぽく、抱っこしても軽くて折れそうです。
食いしん坊だったのが嘘の様です。
以前はよく走り回り、玄関までお出迎えをしてくれましたが、
今はしんどいのか寝床で休んでいる時間が多くなりました。
皮膚の薄いところは黄疸が出ているのか黄色っぽく、体は熱をもっています。
日に日に命の火が小さくなっていっているのを感じています。
もう少し、るーくんと居られる時間を増やしたい、出来る事なら完治させたいです。

それには「MUTIAN」という新薬が必要で、100mgの錠剤が1錠2400円、
るーくんの体重では、約3.5~4錠ほど飲む計算になるのですが、
症状によっては倍の容量を投薬する場合もあるそうで
体重の増減によっても飲む錠剤の数も増減しますので、金額も変動します。
これを84日間投薬を続けなければなりません。(連続投薬させる必要があるそうです)

併せて経過観察の血液検査、エコーなどの費用に税もかかってきますので
単純計算で恐らく100万円程は掛かりそうです。
MUTIANは保険適応外で輸入品となり、とても高価です。
お恥ずかしながら、私のお給料では到底買えない金額でした。

一度、るーくんの命は諦めざるを得ないと思ったのですが、
やはりどうしても諦めきれず、どうにかしてるーくんを助けてあげられないだろうか?
そう思い今回、この様な形でお声掛けをさせて頂きました。
一人でも多くの方からのご協力を頂けると、大変うれしく思います。
是非、るーくんの命を救う為のお力添えをお願いしたいです。

私の活動によって、同じ病気と闘う猫さんと飼い主さんに
希望の光を与えられる存在になりたいです。

私も、他の方のクラウドファンディングを見て、こうして勇気付けられた一人です。
この様な方法がある事にとても感謝しています。

■スケジュールについて

2020年2月20日(木)MUTIAN協力院にて初診、ステロイド薬の処方をして貰い
FPI確定診断にするための遺伝子検査も併せて行い、可能であればMUTIANの処方をお願いします。
数日後に再診、遺伝子検査の結果を確認し、
まだ処方されていない場合はMUTIANの処方をお願いします。
処方当日より投薬を開始、連続84日間の投与を行います。
その間に血液検査等の経過観察で通院する予定です。
2020年5月20日頃には投薬が終わっている形になります。

■資金の使い道

集めた支援金はすべてるーくんの治療に使わせて頂きます。
診察の際は経過報告を必ず行い、
どの様に資金を使用したかについて、都度ご報告させて頂きます。

■リターンについて

今回の為に、私の妹が描いてくれたイラストを使った雑貨などを、
心ばかりの返礼品としてお返しさせて頂きます。
準備ができ次第、3月以降に順次お届けさせて頂きます。

・るーくんのポストカード
・るーくんの写真集
・るーくんイラスト待ち受け画像
・るーくんイラスト木製キーホルダー
・手作りミニトートバッグ(数量限定) など

※こちらがイメージ画像になります、もう少しバリエーションが増えるかも知れません*

※数量限定の手作りミニトートバッグです(柄はお任せになります)


■最後に

1歳4ヶ月ロシアンブルーの雄「るーくん」です
食いしん坊でちゅーるが大好き

寒い日はお布団の中で腕枕で寝るのが大好きです*

必ず経過観察のご報告をさせて頂きます。
叶うのであれば、もう少しるーくんと一緒にいたいです。
もし、ご協力頂ける方がおられましたら、暖かいご支援を心からお待ちしています。


<募集方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/04/05 22:09

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/03/28 22:16

    【返礼品のご連絡】お待たせしており申し訳ありません。現在の進捗状況は7割程となります。返礼品のお届けは、4月第1週目の土日に発送を予定しております。メールでの返礼も、同じタイミングでお届けさせて頂く予定です。もう少々お待ち下さい*---こんにちは、工藤です。3月28日(土)にMUTIAN協力院...

  • 2020/03/15 15:58

    【返礼品のご連絡】現在、返礼品の準備の為、発送先の確認をしております。住所に修正がある方や、返礼品は不要という方から、ご連絡を頂いています。もし何か変更がありましたら、3/20までにcampfireのメッセージやTwitterにてご連絡下さい。---こんにちは、工藤です。3月14日(土)にMU...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください