苦境を乗り越えて、福岡の博多にゲストハウス”SHIP"をオープンしたい。コロナウイルスの影響でネガティブになっている時だからこそ、クラウドファンディングに挑戦してポジティブに旅を盛り上げていく仲間を増やしたいです!

プロジェクト本文

はじめまして!株式会社CHAMBERSの川本 恭弘です。
弊社では「旅」が人々の生活の中に溶け込んでいくことを後押しする事業を展開しています。


私たちはコロナウィルスの苦境を乗り越えて、"Fukuoka Guesthouse SHIP"をオープンします!
■住所:〒812-0033 福岡県福岡市博多区大博町8-26
■TEL:092-402-1908


資金の使い道

"Fukuoka Guesthouse SHIP" は古民家をリノベーションしたゲストハウスです。
水回りや空調の工事は完了し、オープンの準備は整いました。しかしまだまだ必要なモノや設備が不足しているので、これからも手間と愛情をかけて育てていきます。なので、みなさまから支援いただいた資金は、古民家の修繕費用やゲスト受け入れにかかる諸経費、クラウドファンディングの手数料等に使わせていただきます。


実行スケジュール

2020年3月末 クラウドファンディング 開始

2020年5月10日(日) クラウドファンディング 終了

2020年7月を目処に設備投資、修繕予定


"Fukuoka Guesthouse SHIP"をご紹介

■古民家を改装した、気持ちのいい風の通る大きな入口


■明るく開放感のある共有スペースで会話がはずむ


■CAFE & BARではクラフトビール・オリジナルブレンドのコーヒーが楽しめます


■縁側でお茶を飲んだり、作戦会議をしたり


■しっかりとした作りで寝心地のいいベッド


■オリジナルデザインのルームウェアは無料レンタル&購入できます


■博多港まで徒歩5分 潮風を感じながらの散歩は格別


"SHIP"名前の由来

旅先で吹く風は新鮮な視点をもたらし、心を軽やかにしてくれます。
「風により推進力を得る船の帆のような場所にしたい」という思いを込めて、名前を決めました。

"SHIP"は「旅」を文化にする拠点

「旅」は価値観を広げ創造性を高める、最高に刺激的な出来事。
「音楽」や「スポーツ」が文化や生活の一部として根付いていったように、「旅」が人々の生活の中により身近なこととして根付いていくことを後押し、常に「新しいことへのワクワク」を追求します。

互いに刺激し、出会い、繋がり、そしてまた新しい旅へと出発する。
そのサイクルを生み出し、ハッピーの連鎖を創造することが、私たちの喜びです。


きっかけは一杯のビールから

10年ほど前、学生だった私はバックパックを背負って、友人と東南アジアの旅へ。
日本では泊まる経験の無かった一泊600円の安いゲストハウスを泊まり歩いた時、価値観を変える出会いがたくさんありました。

リビングでビールを飲みながら、初対面の年代・性別・国籍・言語を超えた人々との交流。仲良くなって、翌日にはみんなでビーチへ海水浴に。ホテルや旅館ではなかなか体験できない、ゲストハウスならではの交流に衝撃を受けました。

さらに、プールサイドで楽しそうに仕事をする人々。当時まだ浸透していなかった「時間や場所に縛られない働き方」を目にして、社会人になる不安が軽くなったのを覚えています。そして、「自分も時間や場所に縛られない働き方をしたい」ではなく、「日本のみんなの働き方の選択肢を増やしたい」と強く思うようになりました。

卒業後、旅行業界に就職。独立を考えていたタイミングでご縁があり、呉服町と出会ったのです。


呉服町(ごふくまち)の魅力
”SHIP”があるのは福岡市呉服町。
県外にお住まいだと初めて聞く地名だという方も多いかもしれません。でも呉服町は、とっても魅力的な街なんです!

■交通アクセスがいい
呉服町は福岡の中心である天神エリア・博多エリアの中心に位置し、どちらにも徒歩での移動が可能です。福岡グルメを堪能したあと気軽に帰ることができるので、宿泊ゲストからも満足度が高いです。
さらに、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である「福岡 PayPayドーム」までバスで20分。有名アーティストがコンサートを開催する「マリンメッセ福岡」まで徒歩で15分と、初めて福岡を訪れた方も安心して野球やコンサートを楽しむことがでます。

■歴史のある街
博多駅へと続く大博通りにはオフィスビルが建ち並んでいますが、裏通りには「博多旧市街」と呼ばれる昔ながらの街並みも残っています。国の重要文化財を保管するお寺がたくさん。毎年7月に開催される博多祇園山笠という祭りも国の重要無形民俗文化財に指定されており、2016年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されました。



最後に

2020年3月、"Fukuoka Guesthouse SHIP"満を辞してのオープンをスタッフ全員で意気込んでいた矢先のこと。スマホの画面は突然コロナウィルスに侵食され、「自粛」というワードが呪文のように人々の行動を制限するようになりました。

コロナショックの例に漏れることなく、宿泊業界では売上の低迷が続いています。

「こんな時だからこそ前向きな姿勢を貫きたい!」
ネガティブな出来事が続く昨今ですが、僕たちは常にポジティブに物事を捉え、前を向いて船を漕ぎ出したい。僕たちの船出を元気よく送り出してくれるように、桜も満開になりました。

ぜひみなさんも、”Fukuoka Guesthouse SHIP”の出航を一緒に盛り上げてください!

  • 2020/05/11 00:00

    こんにちは!株式会社CHAMBERSの川本です。3月末から始まったこちらの企画も約1ヶ月という限られた期間の中で、本当に数えきれない方々のご支援、ご声援により達成率164%という大変ありがたい数字で締めくくることができました。取り急ぎではございますが、この場をお借りして応援してくださった皆様に...

  • 2020/05/01 20:58

    こんにちは!株式会社CHAMBERSの川本です。僕たちのクラウドファンディングも、いよいよ残り1週間と少しになりました。そして、なんと本日!!応援してくださった皆さんのおかげで目標金額を達成することができました。SNSで拡散してくださった方、直接お話を聞いてくださった方、遠く離れた場所からご支...

  • 2020/04/27 16:36

    こんにちは!株式会社CHAMBERSの川本です。今回は運営する2店舗のゲストハウス「HIVE」と「SHIP」についてご紹介していきます。【呉服町ってどんなところ?】弊社が運営する2店舗のゲストハウスがあるのは、福岡市博多区呉服町(ごふくまち)。県外にお住まいだと初めて聞く地名だという方も多いか...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください