文字を読み上げてくれる眼鏡 OTON GLASSで読める喜びを目の見えない人に!

集まった支援総額
¥4,017,500
パトロン数
264人
募集終了まで残り
終了

現在40%/ 目標金額10,000,000円

このプロジェクトは、2018/02/13に募集を開始し、264人の支援により4,017,500円の資金を集め、2018/05/03 23:59に募集を終了しました

視覚障がい者が普段の生活の中で特に困っていることは文字が読めないことです。書類、本、街の看板、生活のなかで重要な情報の多くが「文字」です。私たちは文字を読み上げてくれる眼鏡「OTON GLASS」によってその問題を解決します。みなさまの支援によって視覚障がい者にOTON GLASSを届けたいです!

はじめまして、OTON GLASS(オトングラス)の島影圭佑です。

私たちは視覚障がい者を対象とした文字を代わりに読み上げてくれる眼鏡「OTON GLASS」の研究開発・製造・販売を行なっています。

 

視覚障がい者が実際にOTON GLASSを使用している映像

引用元:NHK横浜(http://www.nhk.or.jp/yokohama/movie/

 

私たちはOTON GLASSによって「誰もが文字を読める世界」を実現します。

そのために、まず今最もOTON GLASSを求めている視覚障がい者に届けたいと考えています。

一方で、未だ社会に存在していなかった全く新しいものであるOTON GLASSは、まだ視覚障がい者用の福祉機器として認められていません。

そこで今回のクラウドファンディングでは、みなさまからの支援によって、協力してくれている視覚障がい者の方々にOTON GLASSを届け、実生活の中で使ってもらうことで、その実用性を立証します。それによって、自治体から福祉機器として認められ、より多くの視覚障がい者が低価格で購入できるようになることで、OTON GLASSを広く普及させることが可能になります。

みなさまもぜひ支援を通じて、求めている人々の手元にOTON GLASSを届け「誰もが文字を読める世界」の実現に参加してください!

 

 

まず、開発のきっかけは私の父の失読症です。2012年に父が脳梗塞を発症し、言語野(ゲンゴヤ)に傷がついてしまいました。会話することなどは何も問題はないのですが、文字を読むことだけができなくなってしまいました。そこで父の読みをサポートするためのデバイスを開発することに決めました。それがOTON GLASSです。現在、父はリハビリによってほとんど回復し、幸いにも父にとってOTON GLASSは必要のないものとなりました。

 

 

しかし、今もこの製品の事業化を進めているのは「OTON GLASSが欲しい」と言ってくれる方々に出会ったからです。今、最もOTON GLASSを求めているのは視覚障がいの方です。まずはその方たちにいち早く届けるべく事業化を進めています。

 

 

OTON GLASSは彼らが抱える問題を「文字を音に変換する」というシンプルな方法で解決します。OTON GLASSをかけて、文字を見た状態でフレームにあるボタンを押すと、文字を読み上げてくれます。

 

 

ユーザーさんからは自律した行動ができるようになることや、眼鏡型であることで身体の一部のように扱えることに価値を感じていただいています。現在、受注生産で10台程度販売しており、視覚障がい者個人、盲学校、支援施設、眼科、目の健康を支える企業など研究開発に協力していただける方々にご購入いただいています。

 

 

視覚障がい者を中心に、その周りの眼科医や支援者にも応援していただいています。高田馬場にある日本点字図書館や日本盲人会連合、兵庫県にある神戸アイセンターにOTON GLASSが常設してありますので、ぜひ体験したい方は訪れてみてください。

 

眼科医療福祉の世界を中心としながら、ビジネス・クリエイティブ・アカデミアなど様々な領域で、OTON GLASSの社会性・先駆性が認められ、多数の受賞・メディア掲載を重ねてきました。領域を横断し、多様な人々の期待が寄せられ、またその方たちの支援によって、今のOTON GLASSは存在しています。

 

 


2012年に私の父の病気をきっかけに始まったOTON GLASSは、試作品の開発を重ね、そして多くの人々に支えられながら、2018年現在、実用化一歩手前の段階まで来ることができました。ここからはOTON GLASSを求めている人々の手元に届けるための活動を行なっていきます。ぜひみなさまにもご支援という形でその活動にご参加いただきたいです。

 

 

OTON GLASSは多くの方々に支えられながら開発を続けています。

なかでも大きな力添えをいただいているのが、OTON GLASSの第1購入者でもある岩下恭士さん。日本で唯一の全盲の記者として、毎日新聞社デジタルメディア局ユニバーサロン編集長を務めています。

「OTON GLASSの魅力は、何よりもボタンを一つ押すだけで使えるということ。 初めて島影さんと会ったとき、試しに自分の名刺を読んでみたら、その場ですぐに読めてしまったんです。 この手軽さに圧倒されちゃいましたね。

あと、僕ら視覚障がい者は白杖を持っていたり、盲導犬を連れたりしているので、片手がふさがっていることが多い。そういう人間にとって、めがね型でハンズフリーで使えることの価値は大きいです。僕は小さいころ目が見えていたんだけど、自分の目線で物を捉えられるので、身体の一部みたいになってくれる感覚もありますね。」

「普段利用するときは、名刺や書類のタイトル、郵便物の送り主などをチェックすることが多いです。  これまでは、近くにいる人にお願いすることが多かったんですけどね。

この前、すごく感動したことがあって、家の近所の自動販売機を読ませてみたら、商品名が読めちゃったんですよ。コーヒーやお茶は分かるんだけど、おしることか味噌汁があるのは知らなかったんだよね。初めての体験だったから、びっくりした。

これまでだと、目の見えない人はいつも受け身になっていて、ヘルパーの人に教えてもらうのを待つしかなかったんです。だけど、もしかしたら、OTON GLASSを使うことによって、僕らが自分で散歩して見つけたものを他の人に教えられるようになるかもしれない。自分で探しに行くっていう楽しみ方があっても良い、そんな気もしてるんです。」

 

 

私たちは「誰もが文字を読める世界」を実現するために、視覚障がい者に「OTON GLASS」を届けたいと思っています。

みなさまからご支援いただけることによって、OTON GLASSを届けることができる視覚障がい者が1人また1人と増えていきます。支援金でOTON GLASSの製造を行ない、協力してくれている視覚障がい者に貸与/配布を行ないます。

OTON GLASSが届くことで、その方たちの生活は劇的に変わります。またそういった人たちが増えていくことで、視覚障がい者の福祉機器であることが自治体から認められます。それによってより多くの視覚障がい者にOTON GLASSを普及させることが可能になります。

多くの視覚障がい者がOTON GLASSを待ち望んでいます。毎日、期待を寄せる言葉が届きます。いち早くその方たちに届けたい、強い想いがあります。ぜひみなさまのご支援によって、一緒にそれを実現したいです。


当事者を中心に医療福祉従事者・開発者・研究者・行政など様々な人々によってOTON GLASSのコミュニティは形成されています。ぜひみなさまもクラウドファンディングを通して、このコミュニティにご参加ください。

ぜひご支援のほどお願い致します!

 

・本プロジェクトを支援する為にはCAMPFIREへのアカウント登録が必要となります。
アカウント登録方法及び支援方法は下記のURLからご確認いただけます。

「支援・応援のやり方がわからない!」という人向けの申し込み手順を徹底解説 - CAMPFIRE MAGAZINE
https://mag.camp-fire.jp/17529/

・全てのコースは税込、送料込みの価格です。
・CAMPFIREの仕様上、複数コースのご購入が可能です。
 ただし同時決済はできませんので、個別コースを都度お申し込み下さい。
・お申し込み後のコース変更は出来ません。
・他の方へのリターンの商品や権利の譲渡はできません。あらかじめご了承の上ご支援ください。
・プロジェクトに関するご連絡はCAMPFIRE内のメッセージにてプロジェクトオーナーより送付されます。
支援後はなるべくメールのチェックをお願いいたします。

 

Q1:プロジェクトに支援する際の支払い方法を教えてください。
→クレジットカード払い(VISA/MASTER)、コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)、銀行振込をご利用いただけます。

Q2:間違って支援した場合はどうなりますか?
→恐れ入りますが、選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。

Q3:リターン送付先の住所変更はどのようにしたら良いでしょうか。
→本ページ右上にございますユーザー様マイページ内の「支援したプロジェクト」にて「お届け先」→「確認する」より変更可能です。プロジェクト終了後の住所変更は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用のうえ、ご変更前と、ご変更後の住所を添えてご連絡ください。

Q4:リターンが届かない場合はどうしたらいいですか?
→ 住所変更、住所間違い、返信がない場合などはCAMPFIREへご登録いただいたメールアドレスへご連絡いたします。一定期間ご返信がない場合、製品をお届けできない場合があります。

Q5:海外からの支援は可能ですか?
→ 当プロジェクトのリターンの発送は日本国内にお住まいの方のみに限らせていただきます。
プロジェクト終了後にCAMPFIREへ登録したメールアドレス宛てにご連絡いたしますので、確認の取れるメールアドレスをご入力ください。