岩手・宮城の生産者さんと繋がり、【三陸の感動を世界へ届ける】そのミッションを遂行してきた“三陸ワイン食堂 kerasse Tokyo”。 このコロナ不況を越えて、さらなる誇りと高みを目指し【世界基準のおもてなし】ができる店「ビブグルマン・ミシュラン掲載店」に目標にし、その応援団を募っています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶


三陸ワイン食堂 ケラッセ東京・シェフの坂東と申します。

ケラッセ東京は“三陸の感動を世界へ届ける”をミッションに

2018年・東京新宿にOPENしました。


【都営大江戸線・若松河田駅 徒歩2分】

三陸ワイン食堂 ケラッセ東京 公式HP


やっぱり先ず味わってほしいのはミネラル豊富な生牡蠣!一年中、生で味わえるのは三陸産ならでは♪

三陸直送の食材で料理する旬のタパスは、地域の方にも大人気です♪

三陸選りすぐりの食材は、山の幸・海の幸と幅広く豊富です。

看板メニューの“”三陸チョッピーノ”は魚介の旨みが凝縮した漁師料理。

亀ヶ森シードルで煮込んだ三元豚は、定番の人気メニュー

スシロール・アヒージョ・ステーキにカルパッチョ、豊富な三陸メニューが揃っています♪

たっぷり生ウニのクリームパスタはシェフが10年間作り続けるロングセラー


東北・三陸にゆかりのある方はもちろん、

三陸の素晴らしさを世界へ伝える事が

何より好きなスタッフが揃っています。



私自身、青森出身ですが

東日本大震災を機に、岩手で2年間料理をする機会をいただき

現地に身を置く事で、本当に熱意あふれる大好きな生産者さん

世界レベルの感動的な食材達に会うことが出来ました。



もっと多くの人に、この感動を伝えたい!


その想いから、拠点を東京に移し

三陸直送の牡蠣・魚介類・四元豚・短角牛

ミネラル豊富な旬野菜・伝統在来種野菜など

たくさんのお客様に楽しんでいただけるようになりました。



定期的に開催する、生産者さんを招いてのイベントは

最高潮に楽しく盛り上がる瞬間です。



生産者さんとお客様を繋ぐことが出来る。

皆様の溢れる笑顔を見ている瞬間は

僕たちスタッフにとっても最高に幸せな時間です。


【乾杯!】岩手県住田町の若手農家さん達を招いての
料理教室イベント前。


定期開催の料理教室やワイン会は、生産者さんとお客様を繋げる最高のイベント!



コロナウィルスの影響で、ケラッセ東京も例外なく

休業・時短営業を余儀なくされています。


長引くコロナ時代の到来で、時代が変わる楽しさ反面

ケラッセ東京も存続できるかどうか

先の見通しができない状態です。


もちろん、テイクアウト・宅配事業も実施しておりますが

到底、お店が通常存続できるだけの売上はありません。



生産者さん達の誇りのため

岩手・三陸の感動を伝えるため

三陸を合言葉に集うお客様のため


世界基準でおもてなしができるお店

【ビブグルマン・ミシュラン掲載店】

を目指すことを目標に定めました。



<ビブグルマン>

ミシュラン社の発行するグルメガイドブック「ミシュランガイド」に導入された評価指標のひとつ

。ビブグルマン(Bib Gourmand)は、1954年のフランス版ガイドに登場した赤い“R”から始まり、

1992年からは“Repas”に代わり、ヨーロッパ各地のミシュランガイドで

「丁寧に作られた質の良い食事を手ごろな価格で提供するレストラン」を示すようになった。



ビブグルマンは

世界に通用するレベルで、コストパフォーマンスが高く

訪れる価値のある“居酒屋”、とも表現できると思います。


ご近所のお客様も、今まで通り

気軽に立ち寄れるお店。


遠くからもわざわざ目指す価値の在るお店。


そういうお店になってこそこそ、

真の誇りがあるのではないか。


コロナウィルスの影響により、

一度、リセットされた状況で原点に立ち返り

目指すべき道を考え尽くした結果です。




もちろん、達成には長い時間がかかると思います。


先ずは一歩づつ。


三陸応援団として

皆様のお力をお借りできればと

このプロジェクトを立ち上げさせていただきました。




商品・お店が作られた背景

岩手を南北に走る“北上山地”は恐竜時代の土が残っており

そのミネラル分豊富な土壌は多くの絶品食材を生み出しています。


・土の恵みと<生産者さんの熱い想い>から生まれる味深い野菜

いつも絶品の<トマト・アスパラ・春菊>を直送してくれる、岩手県住田町【での園】水野さん


岩手県花巻市・亀ケ森醸造 大和田さん。りんご農家と醸造する無濾過シードルはケラッセの定番。


岩手県にて定期開催中・産直“青空”料理教室 



・その野菜や穀物を食べて育ち、清流の恵みを受ける豊富な畜産物

餌の配合からこだわり抜く“住田四元豚・ありすポーク”の生産者【ありす畜産・水野社長】



・山から川へ、そして海に流れるミネラル分が生む、リアス式海岸・絶品の魚介類


豊富なミネラル分に恵まれる三陸湾内で養殖される、ホタテ・牡蠣


牡蠣・漁業の6次化を進める改革児・宮城県雄勝湾(株)海遊 伊藤社長


グツグツ音を立ててテーブルに!南部鉄器の牡蠣アヒージョ



岩手県・三陸は日本でも有数の食材王国です。

でも、そのイメージは薄いですよね(笑)



なかなか一般的に、その良さが伝わっていないのが現状。

本当にもったいないです。


その本当の価値を伝える事で

生産者さんに誇りを持ってもらい

関わる方全員・より多くのお客様に喜んでいただきたい。

幸せを伝染させていきたい。



そんな想いからケラッセ東京はOPENし、

その想いは今も、アフターコロナも変わらないと思います。




私たちの商品・お店のこだわり

ケラッセ東京の近くでお仕事をされている、会社帰りのビジネスマンのお客様。

ご近所に住む同じ町のファミリーのお客様。


岩手・三陸・東北にゆかりのある、わざわざ遠方から来店して下さるお客様。


昔から長いお付き合いをしていただいている、馴染みのお客様。

老若男女、三陸をキーワードに

どんなお客様にも楽しんでいただけるお店になりたい。


定期開催しているマグロの解体ナイト食育としてご家族にも人気のイベント♪


すべてのお客様にいろいろなスタイルで

三陸の幸を味わっていただきたい。

その魅力に気付き、喜びと感動を提供したい。


ワインからスイーツまで

店内の雰囲気から、お土産の南部煎餅まで(笑)

三陸にこだわったお店創りをしています。


まるで三陸に旅しているかのように

三陸のすべてを伝える事が出来るように。






定番の一番人気!三陸カルパッチョ7種盛り合わせ

秋冬限定・三陸大船渡白子のアヒージョ

病みつきのロングセラー、三陸牡蠣のウニクリーム焼き

赤身と脂のバランスが絶妙・宮城県登米市 日高見牛ロースのグリル


希少な冬採れホワイトアスパラ!岩手県二戸市・馬場農園さん直送




リターンのご紹介

①未来のお食事券

*画像は2020年になっていますが、実物は2021年と記載されています。



一番オーソドックスなお礼のリターンです。

ケラッセ東京でお使いいただけます。


1,000円で<税込み1,100円分>のお食事券なので10%お得!です。


有効期限は2021年12月末までなので

今は来店できない方も

ゆっくり使っていただけます。


ギフトとしても最適なので

三陸空間のプレゼントとしても是非♪



ランチ・ディナータイムはもちろん

イベント参加やテイクアウトのお会計時にも

使用していただけます。



②ケラッセの宅配デリ&オードブル7種セット【極み】

ケラッセ東京の人気メニューをそのままご自宅に!

チルド・真空パックでお届け。三陸をすぐに味わえます!


ケラッセ東京には遠くて行けない!

という方にはこちらがおススメ♪

宅配・通販でも好評の

ケラッセ東京【極み】デリ&オードブルセット。



ケラッセの定番人気メニューが

届いてすぐに味わえます。


こちらもギフトとして

大変喜ばれる豪華な内容ですので

贈り物にもどうぞ♪




③シェフの出張料理 & オンライン料理教室

(要・日程調整)

ご自宅やご指定の施設に伺います!

シェフ・坂東誠をお店以外の特定の場所に呼び出し

出張料理をやらせる権利です(笑)

(交通費や材料費の実費は別になります。)


コロナ対策も万全にして伺いますが

自粛中でもあるので

気になる方は

マンツーマン“オンライン料理教室”

を無料で60分受けていただけます。

個別のお悩み・リクエストに応じて

ZOOMを使用しての開催となります。



④ケラッセ東京のイベント招待

コロナがある程度終息した後、人数限定での

開催になると思いますが

生産者さんを招いた料理教室・ワイン会の

イベント参加権です(お一人様・1回分)。


コロナウィルスの終息後、

2020年秋以降の

一か月に一度、日曜12:00~15:00

継続開催を予定しております。

(交通費別・一度のイベント開催に付き10名まで参加可)


通常参加は5,000円になりますので

かなりお得なリターンです。

生産者さんを招いた大人気の料理教室やワイン会


ケラッセ東京のイベントは

当店のミッション遂行のためにも

重要な企画なので

必ず復活開催します!


食で地方はよみがえる。

今もその想いは変わりません。



⑥お礼レター

応援していただいた皆様への

感謝の気持ちとして♪




プロジェクトで実現したいこと


実現したいことはシンプル。


ケラッセ東京を存続させることで、三陸の感動を伝え続けたい。

そして、応援団になっていただける仲間が欲しい。

世界三大漁場の三陸から直送される鮮魚が、毎日のおススメメニューに登場します。


お金だけなら、国から、銀行から、金融機関から

融資を受ければ何とかなるかもしれない。


しかしそれは、単なる借金で

何も生み出してない事になります。


それだけでは

到底、自分達のミッションは果たせないと考えています。


三陸に関係あっても無くても

食というキーワードで繋がれる仲間が欲しい。

熱い気持ちを持ち続けたい。

未来に繋がる事がしたい。



プロジェクトの成功は、その実現に繋がると信じています。




資金の使い道・スケジュール

非常事態宣言によるコロナ自粛

休業、および時間短縮営業期間は、

店舗の経営が赤字になることを意味しています。


ケラッセ東京の場合は

賃料・契約広告費・社員給与などの固定費で

一か月で100万程度の赤字がでる計算になっています。


コロナ終息までを約3ヵ月と仮定し

その間の店舗存続の運転資金として活用させていただきます。




・賃料 1か月20万円×3ヵ月 =¥600,000

・契約広告費 一か月8万円×3ヵ月 =¥240,000

・社員給与 一か月60万×3ヵ月 =¥1,800,000

・水道光熱費・通信費・原価償却・リース代・その他 一か月20万円×3ヵ月 = ¥600,000


・3か月間の運転資金概算

経費合計 ¥3,240,000


自分達で補填できる部分はしながら

長引くコロナ時代にもスムーズな店舗運営が継続できるように

努めてまいります。


皆様のお力添えをお願いいたします。




最後に


【レストランビジネスに夢と希望を取り戻せ!】

店舗経営・料理・店舗プロデュースも手掛ける私が

7年前から掲げるミッションです。


今でもこの言葉を思い出すたびに

何故か涙が出てきます。


地方に繁盛店を増やして、日本を元気にしたい!その想いから出版させていただきました。




今、レストラン・飲食業界は

新しい時代の到来を、他の業界に先駆けて

真っ先に受け止めているのだと思います。


2020年2月までの仕事の仕方・お店のあり方は

コロナ終息後の新しい時代には

もはや通用しないでしょう。


多くの店舗が廃業、失業者も増えてしまう事でしょう。

そしてこれはもちろん、自分達も同じ状況下にあります。


でも私は毎日寝ぬれずに悩みながらも(笑)

朝起きれば、前向きなワクワクな気持ちでいます。


どんな進化した時代が来るのか。


必ず今よりも良い時代が来る。


そこにたどり着くまでの長い期間、

厳しい時期を乗り越えなくてはならないけど

これは必然。


必ず自分にも、ケラッセ東京にとっても

意味があるはず。


今、ケラッセ東京と自分達の存在意義が問われているのだと思います。


今は無くて良い店なのか?

それとも存在するべき店なのか?


正直に、皆様に可否を問うて

その答えを真摯に受け止めよう。


その意味でのプロジェクトで良いじゃないか。


覚悟はできています。

(本当はビビッてますが(笑))


皆様の応援、よろしくお願いいたします!

新メニュー【三陸16肴菜】もっと三陸の感動を!をテーマにした一皿。



三陸ワイン食堂 ケラッセ東京

公式HPはこちら

162―0055

東京都新宿区余丁町9-9 クレアール余丁町1階

03-6380-0253

【都営大江戸・若松河田駅 徒歩2分】


*コロナウィルスによる自粛要請により

店舗営業時間は変動します。

詳細は公式HPにてご案内しております。




<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/05/19 17:30

    【著書の一部(冒頭)を公開!】~5月25日出版・書籍リリース『繁盛店に職人はいらない』~*長文注意*https://amzn.to/2LHdy1Kケラッセ東京が挑戦している活動の一つに『食で地方活性化』という事があります。その経験や実践例を通して仲間を募り、地方をもっと食で盛り上げたい!との想...

  • 2020/05/16 09:00

    たくさんのご支援、本当にありがとうございます!プロジェクト終了まで、個人情報が分からないのでまだ、個別にお礼できないのがモドカシイのですが・・・。こんな時こそ、本当の姿が見えて、真価が問われますよね。ご縁に感謝!励みになります!ケラッセ東京は【世界基準の店】を目指すべく皆様にご支援いただいてい...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください