『都会村』をコンセプトに大阪と世界を繋げるBAR&GUEST HOUSEで 世界の素晴らしさ、人と深く関わる魅力、社会の本質、をリアルで体感し、考え、発信する発信基地を作りたい

プロジェクト本文

はじめまして、このプロジェクトを共同で企画し運営していくルーキーとユウトです。

突然ですが僕たちには、、、

●どうしても実現させたいものがあります!!
違いがあるからこそ価値がある

日本中、世界中から多種多様な人が訪れるゲストハウスと、交流することに特化した形のBARで、

自分と違う文化や価値観を持つ人と出会い、その違いを受け入れて本音で本気で深く語る面白さや大切さを知って欲しい。

また、それによって時間には比例しないかけがえのない人間関係を築き、その人自身の成長にも繋がる

僕たちはそんな場所を作りたいです!!

▼僕たち2人はこんな人▼

 

ゆうと (鈴木 雄登)

 

大阪府在住20歳 同志社大学商学部在籍中

大阪・豊中市のニュータウンで生まれ育ち、幼稚園から小中とサッ カーに明け暮れる。

高校時代 夢ややりたいこともなかったが、大学を出て就職するという 敷かれたレールを辿ることが前提になっている学校教育に疑問を持ち始める。

 17 歳で人生初の海外、マレーシアを訪れ、4カ国語を話す14 歳の少女との出会いや、日本とは大きく異なる文化の違いに衝撃を受ける

大学に進学後、さらなる刺激を求めて 1人東南アジアへ旅立ち、その後もアジアの国々を放浪する。 自由に旅するバックパッカーなるものに憧れ、渡航中はゲストハウスに滞在。 国籍や人種、信仰や文化による壁は存在せず、寝食を共にし本音で語り合うゲストハウスの空間に魅力を感じる。

いろんな考えをもち、自由に生きる人々を見て、自分も好きなように生きることを決める。海外の事を知ったり、普段出会うことのない人たちと交流することは、同時に自分の事を知るきっかけになる。そんな経験を自分だけではなく、ほかの人にも体験してもらう場所を大阪に作りたい と思い、ゲストハウスを立ち上げることを決意。 ルーキーを仲間に迎え、2016 年 6 月に本格始動。 一方で、スラム街を訪れ、貧困を目の当たりにし、食料廃棄問題にも取り組んでいきたいと考えている。

 

 

 ルーキー (森 悠汰)

 

神奈川県出身 大阪在住 20歳  父親は大企企業サラリーマン、母親はパートをしながら主婦 神奈川の郊外の一軒家 日本の一般的な、いわゆる普通の家庭で育った

 中学 塾に入ることをキッカケに、学歴が必要と考え、大学進学を目指す

 高校 進学校へ 成績はトップクラス(理数科目のみ) 国公立や六大学を目指す 激しいバンド活動、補導歴30回など、やりたい放題。 勉強はできているのに大人は認めてくれず、本音と建前の違いを感じ、世の中に疑問を持つ それが大きくなり、大学進学を辞め「普通」とは違う生き方を選ぶ

 17歳 今の世の中を変える仕事 海外 に興味を魅かれる 大阪でbarをやりながら、大きなイベントや激しい旅をしている先輩に出会い、その生き方に憧れ、アメリカまでついていく 人生初の無一文生活をアメリカで実践 

 18歳 高校卒業後すぐに大阪に移住 0円生活を実践 社会主義の国キューバに1ヶ月滞在 キューバについて大学講演 資本主義、民主主義、何が正しいかを考え、発信するイベント活動を始める

 19歳 社会現象や社会問題を需要と捉えビジネスを展開していく社会起業が世の中に必要だと考える

そして、社会起業を実践、広めていくための土台、発信基地としてBAR&ゲストハウス 『Uvillage』を始めることを決意。これから 自分の成長と共にUvillageの発展、拡大を目指し、自らも社会起業を実践していきたい。 また、大阪、日本だけでなく様々な地域、文化、人、を対象にビジネスを展開していきたいと考える。

 

 

僕たちは2016年の1月に知り合い、2016年の夏ごろから意気投合し、BAR&ゲストハウスを目指す事になりました。

 

みんなに真似して欲しい

本来であれば、世の中のレールに乗って生きていくはずだった僕たちが、このプロジェクトを実践することによって、好きな事で生きていく魅力や難しさ、リアルを世の中に発信していきたい。

また、あえてありきたりなBARとゲストハウスという形を選ぶ事よって、競争が激しく、次々と新しいものが生まれ続ける今の時代で、唯一無二の革新的なビジネスモデルを目指すのではなく、真似しやすいビジネスモデルを構築し、世の中に『都会村』を広めていきたいと思っています。

 
● 具体的な内容

場所は日本で2番目に大きい都市でありながら、独特なローカル感が色濃く残る地、大阪です。

大阪市北区の中崎町駅から徒歩1分、大阪の中心地梅田からも徒歩10分でアクセスしやすい立地です。

 

 

▼ GUEST HOUSE▼

友達の家のように泊まれる
生活の共有を通じてコミュニケーションする場。

一泊からバック一つで宿泊でき、低価格で一人でも気軽に利用しやすい形です。

一泊2500〜3000円を予定

 

部屋はドミトリータイプ(相部屋)のみで、女性でも安心してご利用して頂ける女性専用ドミトリーも設けます。

 

また、数ヶ月や年単位で定住するシェアハウス部分

何かやりたいことがある、色んな人と交流してみたい、そんな人たちを後押しするために、安めな料金設定

(月額30000〜40000を予定)

 

▼ BAR▼

 

交流の要であるこのスペースでは、色んな人と話してみたい、自分の夢や好きな事について話したいという人はもちろん、ミーティングやちょっと一息つきたい時、友達と世間話に来てもいいし、シェアハウスやゲストハウスを利用している人はリビングのように使い、利用目的はできるだけ広く公共に近い形で運営していきます。

エンターテインメントを基盤に
人の生活や社会現象をテーマに様々なイベント活動

BARに来ている人を中心に参加者自身の主体性を大切に、テーマ毎に定期的に開催します。

具体例

 テーマは不便益 あえて不便を感じる事によって日常に面白さを見いだす

 『ブラインド合コン』

 視覚だけでなく、年齢や職業などの形あるものを話さず、形ではなく感性が合うかどうかで人と交流してみる。

 

 

新しいことをやってみる面白さ、大切さ 旅の面白さを伝える

 『ヒッチハイクイベント』 

 

  

● 資金の使い道

 元々オーナーさんがこの建物の3F~5Fを住居兼倉庫として使っていた部分を改装して僕たちのBARとゲストハウスとして利用する予定です。

大阪府大阪市北区中崎1−6−15 

もう既に物件には入居しており、解体作業をしています(5月7日現在)

 

自分たちでできる作業は手作業で行いますが、専門の知識と資格が必要な工事もあるので、どうしても外注しなければならない部分もあり、100〜150万円分の工事を業者さんに頼まなければいけません。

内訳  トイレの交換5〜10万×2、トイレの新設15万、風呂の新設30万、電気工事(コンセントの増設等)25万、水道や手洗いの新設20万、消防や避難器具の工事25万、ガスや給湯の工事20万

このクラウドファンディングで支援してもらったお金は、この改装費に使わせて頂きます。

 

現在の状況

 

●リターンについて

社会的信用もない、どこの馬の骨かもわからない僕たちのプロジェクトに支援して頂くみなさんに、ユニークで満足してもらえるリターンを僕たちなりに考えました!!

リターンの中身について少し詳しく説明させてもらいます。

 

•ドリンクチケット、宿泊チケット、飲み放題チケットについては、有効期限はありません。BARとゲストハウスがオープンしたらがんがん使って下さい。

•イベント開催券についても、有効期限はありません。BAR部分であなたのイベントを開催できます。内容、日程については要相談になりますが常識の範囲内であれば基本的に大丈夫です。

•BARとゲストハウス貸し切り券についても有効期限はありません。BARとゲストハウス部分をどっちもかしきれます。夕方から朝まで泊まり込みでの飲み会などにオススメです。こちらも内容、日程については要相談になりますが、常識の範囲内であれば大丈夫です。

 ? •あなたの顔をプリントしたTシャツをバーテンに着させることが出来る権利についてですが、あなたの顔が映っているプリントして欲しい写真を送ってください。

イメージ

↓↓↓↓↓

 

•酒が無限に出てくる蛇口使用券ですが、これについては支援金額3000円のなかに蛇口を設置するための費用も含まれています。酒飲みの夢をみんなで叶えましょう!!お酒は焼酎を予定してますが、要望次第では日本酒やワインも検討しています。 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください