秋の美味をお届け!リターンを追加しました!

700万円を超えるご支援ありがとうございます。これまでのリターンは限定数に達しましたので、ネクストゴールに挑戦すべく10月発送のリターンを新たに設定いたしました。ミシュラン星付きレストランからこぞってご指名をいただいてます函館朝どれ極上いくら、一粒一粒に旨みが凝縮された自慢の逸品です。

その他の目玉品として、こちらもこの季節だけの限定商品!ご家庭で踊り食い!活きたままお届けするボタンエビや自家製根ホッケの一夜干しなど、函館の秋の味覚を直送します!

+++++++++++++++++++++++++++++

リターンに限定数を設けさせていただきました

プロジェクト開始からわずか6日間で、目標額を大きく超えるご支援をいただきました。

しかし、予想を遥かに超えるご支援のため、1万・2万・3万コースに限定数を設けさせていただきました。リターンの鮮魚には漁獲時期があります。これ以上のご支援は、リターンの発送に影響が出てしまいますので何卒ご理解ください。

また、リターンに函館産無添加塩水ウニもしくは幻の奥尻島の島塩水ウニ(無添加)のいずれかと記載していましたが、漁獲量によっては「北海道産の塩水ウニ」となる場合がございますので、こちらもご了承願います。(6月8日更新)

+++++++++++++++++++++++++++++

皆様こんにちは。マルヒラ川村水産代表の川村です。この度は、私どものプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

マルヒラ川村水産は、平成3年に地元函館の鮮魚店としてスタートしました。平成15年から卸売り部門を強化して全国に函館産の鮮魚をお届けしています。

ミシュランガイドやゴエミヨの常連店などの有名店にも納品させていただいています。記憶に新しいところではトランプ大統領のイヴァンカトランプの晩餐会のメイン食材で、私が「目利き」した函館戸井産の船上神経〆釣りぶりと函館産エゾアワビを使用していただいた実績があります。

函館の魅力は夜景だけではありません!

3つの海流が函館の魚を美味しく育てる!

函館は四方を海に囲まれていて、目の前には雄大な津軽海峡。右手には函館湾、後方には日本海を従え、津軽海峡をさかえに太平洋をのぞみます。津軽海峡をはさみ大間と戸井岬、言わずと知れた世界最高峰のマグロの名産地です。函館名物スルメイカもここ津軽海峡で上がります。

九州方面から富山県沖を通り日本海を北上してくる対馬暖流と和歌山、千葉勝浦方面の太平洋側を通り流れる黒潮。ロシア千島列島から南下してくる親潮が津軽海峡を隔て三つの海流が激しくぶつかり津軽海流へと変化します。3つの海流がぶつかり合うというのは地球規模的に見ても大変稀だそうです。

世界に103の海峡があるそうですが津軽海峡は世界7大海峡、激しさではオーシャンズ7の一つに数えられているそうです。そこには非常に上質な酸素と栄養豊富なプランクトンが発生し、そのプランクトンを追い小魚が、小魚を追いイワシやスルメイカが、栄養豊富なイワシやスルメイカを追ってマグロがと日々の食物連鎖の厳しさが漁場としての価値を高めています。

プロジェクトをやろうと思った理由

現在はご存知のように、新型コロナウイルスの影響で、レストランやホテル等の注文が激減しています。皆さんのお住まいの地域の飲食店も多くが自粛中であると思います。特に函館は有名な観光地ですが、今はその姿を見ることはできません。

そこでこの機会に函館に行かなくても、地元でしか味わえない新鮮な海の恵みを御家庭で是非味わっていただきたいと考えました。一般家庭への直送は私どもにとって、創業以来のチャレンジになります。
ミシュランガイド掲載店にも使われている函館の海の恵みをご家庭で存分に楽しんでいただきたい!という想いでプロジェクトを立ち上げようと思いました。何卒宜しくお願いいたします。
またコロナウイルスが収束した時は、ぜひ函館にお越しください。

活きている魚を〆るのが本当の「〆」

マルヒラ川村水産では、その日の朝に獲れた活きのいい魚、もしくは船上活〆の品質以外は取り扱っていません。

大都市圏市場に入荷されるたくさんの魚は、いくら鮮度が良くても活締め(血抜き)や神経締めなどの鮮度保持施術が行われていない魚が出回っているようです。

そのため市場で仕入れる魚には“本物”を見抜く確かな目が必要になると言う事です。さらに〆で最も大切なことは活きている魚であること。

私たちの目に映るのは、〆とは言えない処理をされている魚も多数見受けられます。私たちは、血抜き処理→一瞬で脳死状態にする→神経側にワイヤーを通す→冷やしこみにより魚の体温を下げ鮮度保持に努めています。いかにATP(時間経過とともにうまみ成分(イノシン酸)の元を体内に保持させ、腐敗成分の元、血液を取りのぞき、その魚本来のポテンシャルを引き出すかを考えて季節ごとに魚、気温、水温に細心の注意を払って手当てをしています。

活魚水槽では24時間体制で温度管理

活魚水槽には生まれ育った函館湾の海水をその季節の水温に合わせて個別単体ごとに24時間体制で細やかに温度管理しています。

基本的な考え方としては、魚を水槽に入れ休息させる事により復活(リバイバル)させより一層元気をよくするという発想です。

スピードと鮮度感に絶対の自信!

通常は函館(現地)セリ→現地仲卸→豊洲や各地方市場→セリ→仲卸→水産会社→スーパーマーケット→消費者さま
弊社は函館(現地)セリ(川村水産)→直接消費者さまという流れになります。

年間を通じて函館の新鮮な海の幸を豊洲市場や複雑な流通や経路を介さずにドアtoドアで直送するというシステムを構築しています。函館水産物卸売市場から仲買人としての認証を受けています。(認証番号491)

具体的には、自分自身で直接お客様のご注文(魚のオーダー)を目利きし競り落とし、翌日にはお届けできる強みを持っています。私どもでは最速翌日配送にこだわっています。
※現在、新型コロナの影響で飛行機が減便になっており、クール便のAIR翌日配送が全面荷受け停止となっています。7月中は翌々日到着のクール宅急便扱いとなります。

支援金の使い道について

函館の美味しい鮮魚をドアtoドアで味わっていただきたい気持ちを込めてチャレンジします。プロジェクトの目標金額を100万円として、リターン費用(商品代・送料)および個人向け配送設備改築費の一部とさせていただきます。

リターンについて

私の「目利き」は、日本を代表するシェフたちから信頼をいただいています。市場で毎朝目利きして仕入れた中から、最高品質のお魚を、自信を持ってリターンとさせていただきます。

10,000円
通常14,000円相当の商品をセットにしたお得な内容となっております!

◎函館産無添加塩水ウニもしくは幻の奥尻島の島塩水ウニ(無添加)いずれか100g入り×1パック
(いずれかをその日の入荷状況によってこちらで決めさせていただきます)
◎噴火湾産朝ゆでたばかりの毛ガニ360g~400g×2尾
◎函館産神経〆した天然ヒラメを4分の1サク(180g前後)
◎函館産船上活〆一本釣りの真鱈の真昆布〆半身分(500g前後)を食べやすいように3等分に小分け
お届け予定:2020年7月~8月中(期日限定はできませんが店主の目利きで一番良い日に)
※実際にミシュラン店舗でも取り扱っている同じハイグイレードな、その日の函館朝獲れ魚介の目利きの中より!

20,000円
通常25,000円相当の商品をセットにしたお得な内容となっております!

◎函館産無添加塩水ウニもしくは幻の奥尻島の島塩水ウニ(無添加)いずれか100g入り×2パック
(いずれかをその日の入荷状況によってこちらで決めさせていただきます)
◎噴火湾産朝ゆでたばかりの毛ガニ360g~400g×2尾
◎函館産神経〆した天然ヒラメを4分の1サク(180g前後)
◎函館産船上活〆一本釣りの真鱈の真昆布〆半身分(500g前後)を食べやすいように3等分に小分け
◎活きたままお届けする函館特産の真昆布をふんだんに食べて育った天然エゾアワビ×5個(400g前後)
お届け予定:2020年7月~8月中(期日限定はできませんが店主の目利きで一番良い日に)
※実際にミシュラン店舗でも取り扱っている同じハイグイレードな、その日の函館朝獲れ魚介の目利きの中より!

30,000円
通常38,000円相当の商品をセットにしたお得な内容となっております!

◎函館産無添加塩水ウニもしくは幻の奥尻島の島塩水ウニ(無添加)いずれか100g入り×2パック
(いずれかをその日の入荷状況によってこちらで決めさせていただきます)
◎噴火湾産朝ゆでたばかりの毛ガニ360g~400g×3尾
◎函館産神経〆した天然ヒラメを4分の1サク(180g前後)
◎函館産船上活〆一本釣りの真鱈の真昆布〆半身分(500g前後)を食べやすいように3等分に小分け
◎活きたままお届けする函館特産の真昆布をふんだんに食べて育った天然エゾアワビ×5個(400g前後)
◎今が旬のトキシラズ半身を切り身にしてひと汐で(12~14切れ)
※実際にミシュラン店舗でも取り扱っている同じハイグイレードな、その日の函館朝獲れ魚介の目利きの中より!

『トキシラズは、秋にとれる秋サケと同じシロザケですが初夏から夏にかけてごくわずかな水揚げしか無いとても貴重な鮭となっております。
また、秋の産卵期ではない為いくら(卵)や白子まったく入っていない分身にたっぷりと脂がのっている最高の美味しさを誇ります。時知らず(トキシラズ)という名の由来は、鮭は本来秋に産卵の為生まれた川に戻ってきますが季節外れの初夏に季節を間違えて回遊しに訪れた鮭で「時を知らない」と言う処から時知らずと言われ、北海道の初夏から夏にかけて水揚げされる鮭の名称です。
今夏ご用意しましたトキシラズはこの季節、割烹料亭の〆の土鍋窯ごはんに花を添えるアイテムとして有名店からこぞってご指名をいただいております。今回は同じクオリティーの物を一切れずつの切り身にしてご用意させていただきました。

『 船上活〆一本釣り真鱈』
真鱈は読んで字のごとし魚遍に雪と書き12月や1月などが旬と思われがちですが、魚には2回旬がありまして、身に栄養をたっぷりと含んだこの季節のタラの身が1年を通して一番美味しい1回目の旬になります。
通常真鱈は網漁がほとんどですが、函館の真鱈は漁師さんが一本釣りで漁に挑み船上で血抜き活締め処理を施しております、夏だらの名称でミシュランガイドのスターシェフたちのご指名でオーダーが入る世界的にも大変貴重な品質となっております。今回は同じクオリティーの物をしかも函館特産の真昆布で〆たお刺身用クオリティーでご用意させていただきました。ぜひお楽しみください。

最後に

函館噴火湾は白口浜真昆布の名産地です。春にはボタンエビ。夏には蝦夷ムラサキウニ、毛ガニや真鱈が、秋には鮭やイクラ、天然ぶりが冬にはホタテなど、四季を通じて函館はおいしいものの宝庫です。1年を通じて美味しい季節がやってきます。
10月から11月、朝とれたばかりのイクラ、そして真昆布を豊富に食べ成長した天然物のエゾアワビ、二回目の週を迎えたボタンエビ、真鱈の白子やタラバカニ北海道を代表する海の恵みがこれでもかというくらい押し寄せてまいります。
ぜひ函館の旬の味覚をご家庭でお確かめください。


■本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/07/10 12:00

    これまで750万円を超えるご支援を承りました。誠にありがとうございます。初めて挑戦したクラウドファンディングでこのように多くのご支援をいただけたことは、大きな喜びであり、驚きでもあります。マルヒラ川村水産の名前を多くの方に知っていただけた事も、今回挑戦してよかったと思っております。そのプロジェ...

  • 2020/07/09 11:18

    この度は多大なるご支援を賜り誠にありがとうございます。プロジェクトも残り1日となりました。なかなか出会うことのできない本物を心の底から喜んでいただけます美味しい函館の海の幸を必ずやお届けさせていただくことをお約束させていただきます。その中でも、特にお薦めするのはミシュランのスターシェフたちにこ...

  • 2020/07/07 12:09

    プロジェクトも残り3日となりました。最後まで精一杯がんばります。今日は真昆布をたっぷりと食べて育った天然エゾアワビをご紹介します。津軽海峡の荒波にもまれ成長しているため旨味が非常に凝縮されております。ミシュランのスターシェフたちからも絶大なる信頼をいただいている逸品です。函館は年間を通じて水温...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください