パリのエスプリ漂うビストロで過ごす、”はずれナシ”な青山の夜 


グルメな仲間との食事や、ワインが好きなお相手とのデートなど、お店選びにセンスが試されるとき、どんなお店を選びますか?

美味しい料理はもちろん、ワインにこだわりが感じられて、肩ひじ張らない雰囲気。
それでいて普段使いできる価格ならいうことなし。

外苑前のビストロ「ル シェーヌ(Le chêne)」は、ワイン片手に美食を味わい、至福の満足感を味わいたい時にぴったりなお店です。


ル シェーヌの店主であり、ソムリエ兼料理人を務める飯野瑞樹は、日本におけるナチュラルワインの第一人者。

日本に「ナチュラルワイン」という言葉が広がる前から、ワインの本場であるブルゴーニュやボジョレーでワインを徹底的に学び、帰国後はソムリエとして多くのお客様と接してきました。

料理人自身がワインをとことん知り尽くしているからこそ、ワインが最高に引き立つ料理を作ることができる。

ル シェーヌは、「ワインが主役になることで、料理がより一層、際立つ」という、従来の発想を逆転させたコンセプトのお店です。

料理と相性がよく、飲みやすくておいしいナチュラルワインのみをセレクトして皆様をお待ちしております。


いま、ちまたには多くのナチュラルワインが出回っていますが、なかでも当店が取り扱っているのは、店主飯野が本場フランスで直接造り手と対面し、ワインの品質だけでなく、造り手の姿勢や思いも確認したものばかり。

初心者でも親しみやすい、ナチュラルワインを常時約40種用意。 なかには、他のお店では滅多にお目にかかれない希少な銘柄も。

気軽に楽しんでもらえるよう、グラスワインも常時20種用意と、充実の品揃えを誇ります。

そして、ワインに合わせる料理は、フランスの郷土料理をベースに店主飯野が創作。

特に、千葉産の上質な”いも豚”を使った「塩漬け”いも豚”肩ロースのロースト」は当店のスペシャリテであり、「この店に来たら、絶対これははずせない!」というファンも多い逸品です。


フランスで親交があった現地の造り手たちが、フランスからわざわざ訪れることも。ときにはフランス語が飛び交う店は、まるでパリの街角に佇むビストロのよう。

ここでしか味わえない「ナチュラルワイン×ビストロフレンチ」の至福のマリアージュに、きっとお連れ様も喜んでくれること間違いなし。

心から満足できるレストラン体験を、ぜひル シェーヌで味わってください。



ワイン好きにはたまらない、CAMPFIRE特別のリターンをご用意


店主の飯野がナチュラルワインの第一人者ということもあり、おかげさまで多くのワイン好きの方に足を運んでいただけるようになりました。

当店は、ワイン好きはもちろんのこと、ワインに興味を持ち始めた人にもきっとお楽しみいただけると思います。

そこでとにかく一度、「ナチュラルワイン×ビストロフレンチ」の至福のマリアージュによる幸福体験を味わっていただきたく、とてもお得に楽しめる今回限りの特別なリターンをご用意しました。


■シェフおまかせコース  通常価格:6,000円(税・チャージ料別)

その日仕入れた厳選食材を使った、アミューズ・前菜・お魚料理・お肉料理・デザートをお楽しみいただけるコースです。


<コース例>

・Amuse
鴨の生ハムのタルタルとフォアグラのカナッペ

・ Entré
ホタルイカとアスパラガスのタブレ仕立て

・ Poisson
イサキのポワレ 焦がしバターソース

・ Viande
オーシャンビーフ カイノミのロティ ポムフリット添え

・ Desserts
ヌガーグラッセ ルシェーヌ風

※コースの内容は、仕入れや季節によってその都度変わります。



■ ワインコース  通常価格:10,000円(税・チャージ料別) 

5種のワインと、4品のお料理のマリアージュをお楽しみいただける、ワイン好きにおすすめのコースです。

<コース例> 表記 C=Cuisine / W=Wine

・Amuse
C:フォアグラのカナッペ
W:シャンパーニュ ドラピエ 【カルト ドールNV】

・1er
C:サーモンマリネの「ミ キュイ」 プチ野菜添え
W:ジョセフ ランドロン【ミュスカデ アンフィボリット2018】

・2em
C:ホワイトアスパラガスのブイィ オランデーズソース
W:C&P ブルトン 【ヴーヴレイ セック2017】

・Plats
C:塩漬けいも豚 肩ロースのロースト 焼き野菜添え
W:M ラピエール 【モルゴン 2018】

・ Digestif
W:ドラピエ 超熟成Marc de la Champagne

※コースの内容は、仕入れや季節によってその都度変わります。




■入手困難なグラン・クリュのボトルキープ権 

ブルゴーニュ地方のナチュラルワインの造り手で、最も有名な『フィリップ パカレ』

そのパカレ氏のワインの中で、大変入手困難なグラン・クリュ(Echezeaux,Corton Charlmagne など)のボトルをお店にてキープし、ご来店時にお楽しみ頂けます。

グラン・クリュのワインは、1~2樽(300~600本)しか造れないので、かなり希少。

2004年、ラピエール氏の下で働いていた店主飯野に、パカレ氏がワイン造りの手伝いを依頼したことから、2人の親交が始まりました。

飯野がフランスを訪れる時には、必ずパカレ氏のカーヴに立ち寄り、ワインテースティングをします。

また、パカレ氏も来日の際には必ず、当店に来店しています。そんな2人の関係だからこそ、入手困難なボトルキープが実現できるようになりました。

そんな貴重なボトルを、特別に7本だけご用意。なくなる前にぜひご支援を。


『フィリップ パカレ』

ナチュラルワインの父『マルセル ラピエール』氏の甥にあたります。ディジョン大学で醸造学を学び、その後、シャトー ラヤス、ドメーヌ ルロワなどで研修をし、1988年から2000年まで、『ロマネ コンティ』のオーナーである、アンリ フレデリック ロック氏の私設ドメーヌ『プリューレ ロック』で醸造責任者を務めました。一時は【ロマネ コンティから、醸造責任者として招聘依頼】がありましたが、2001年、自身のブランドを設立し、ブルゴーニュのスター醸造家の仲間入りを果たしました。



■ルシェーヌ特別会員特典

また、当店を応援してくださるお客様を大切にしたいという想いから、【ここで支援していただいた方】への特典として、以下のような特典が得られる会員権利も付与させていただきます。

**********************************************************

【ル シェーヌ特別会員特典(通常入会金10,000円)】

(1)ウェルカムドリンクのサービス
(2)少人数での貸切対応
(3)会員専用の予約LINEのご案内
(4)オンラインワインサロンに1年間参加できる権利
   ※2020年7月15日から開設予定
(5)ワイン教室に参加できる権利(参加料は別途)
   ※不定期開催になりますので、開催が決まりましたら日時、場所など詳細のご連絡を差し上げます。
(6)限定イベント開催時に、先行でご案内。(15kgの豚をまるごと1頭焼いて、ワインと一緒にお楽しみ頂くイベントなど、年に1~2回実施しています。)

**********************************************************

コースと会員権のセットをここまでお得に手に入れることができるのは今回限り。
この機会をお見逃しなく。




本場フランスで『ナチュラルワインの父』に師事。常時20種も用意するグラスワインは、気軽にナチュラルワインを楽しんでもらうため 


店主飯野は、日本におけるナチュラルワインの先駆者。ナチュラルワインのことなら、おすすめの銘柄から、相性のいい料理の選び方まで、なんでもござれ。
従来の発想を超えた斬新なアイデアで、ワインの新しい楽しみ方をご提案いたします。

ブルゴーニュやボジョレーといえば、フランスでも有数のワインの産地。
飯野はフランス時代、2年半で約140軒もの造り手に会い、醸造所を見学したり、一緒に裸足で葡萄踏みをするなど、現地の造り手と親交を深めながらワイン作りを肌感覚で学んできました。

飯野が徹底的にワインを学ぶこと決めたのは、フランスで「ナチュラルワインの父」と呼ばれるマルセル ラピエーヌ氏との出会いがあったから。

ラピエーヌ氏はたった一代で「自然派」と呼ばれるワインの礎を築きあげた人物。

現在ではボジョレーをはじめフランス各地で、彼の影響を受けたナチュラルワインの造り手が活躍しています。

幸いにも、そのラピエーヌ氏からナチュラルワインについて学ぶことができた店主飯野は、まだ「ナチュラルワイン」という言葉が日本に存在しなかった頃から、ナチュラルワインならではのおいしさや魅力を日本で発信してきました。



実際には、ナチュラルワインという言葉の定義は明確ではなく、なかには自然に徹するあまり、臭いや酸っぱさが強すぎるものもあります。

たまたまそうしたワインを飲んだため、「ナチュラルワイン=あまりおいしくない」というイメージを持つことになり、それ以来、ナチュラルワインが苦手になってしまった人もいるでしょう。

しかし当店では、店主飯野がフランスで直接造り手と会い、飲みやすさと品質を確かめるとともに、ワイン造りに対する思いや理念に共感したものばかりをご用意。

だからこそ、ワインビギナーから上級者まで自信を持っておすすめすることができ、どなたが飲んでも確実にご満足いただけるのです。


店主飯野が厳選した銘柄を常時約40種提供。
そのほか、気軽にいろいろな種類を楽しんでもらえるよう、グラスワインは白赤合わせてなんと20種類。
1杯950円からというリーズナブルな価格でご提供しています。

その日の気温や天気によって味わいが微妙に変わるワインとの出会いは、まさに一期一会。
まずはいろいろな種類を試し、自分好みの1杯を探してみると楽しいでしょう。


ナチュラルワインのイロハを知るなら、まずは、店主飯野のワインに対する概念を変えるきっかけとなったボジョレーワインをどうぞ。

通常ボジョレーといえば「早飲み」で知られ、フレッシュな味わいが特徴です。しかし、ラピエーヌ氏が切り拓いたボジョレーのナチュラルワインは、繊細で、しかも濃密。

熟成することでより一層の魅力を増す、独特のおいしさが特徴で、店主飯野が作り出す、しっかり塩味の効いた料理との相性も最高です。

みなさまからのリクエストやご要望にも、快くお応えします。
ワインについてわからないことがあれば、ぜひ、スタッフにご相談ください。




フランスの伝統をベースにしたビストロ料理は、ボリューム・おいしさともに大満足!


「ワインは料理と合わせて、はじめて本当のおいしさが味わえる」
これが、ル シェーヌ店主、飯野の信条です。

通常なら「主役である料理に、ワインを合わせる」というのがセオリーかもしれません。

しかし当店では、ワインの味からアプローチして料理のソースを作ったり、焼き方をアレンジしたり、店主飯野が自由な発想で料理をアレンジ。

本場のビストロさながらに、ボリューム・おいしさともにご満足いただけるメニューをご用意しています。


特に「 塩漬けいも豚肩ロースのロースト」は店主飯野のスペシャリテ。これは、「美食の街」として知られるフランス・リヨン地方の郷土料理を独自にアレンジした逸品で、適度に脂がのった豚肉は塩加減が絶妙。

ワインを際限なく誘い続ける、当店屈指の人気メニューです。

いも豚は、店主の出身地である千葉産。通常より飼育日数が長く、手間はかかりますが、甘くておいしい肉質が特徴です。

その肩肉を塩水に3日間漬け、満遍なく塩味を行き届かせてから、さらに3日間乾燥。それをじっくりローストして仕上げています。

口に入れ、肉の甘さと旨味が一気に溢れだす瞬間は、まさに至福。
ほどよい塩味は複雑みのあるボジョレーのワインと絶好のハーモニーを奏でます。


そのほか、野菜は長野産の有機野菜を使用。もう10年以上、取引のある農家さんから、新鮮野菜を直接届けていただいています。

せっかくのナチュラルワインに合わせるのだから、料理にも自然のやさしさを大事にしたい。

そんな思いで、野菜や肉、魚など、店で扱う素材はできるだけ自然に育てられたものを使用し、日本ならではの季節感を重視。

四季折々のおいしさをお客様に楽しんでいただけることを大事に、メニューを組み立てています。


料理とワインを合わせて、100%のおいしさに仕上がるという、完璧なメニュー設計。
それは、料理もワインも知り尽くす、店主飯野だからこそ成せる技といえるでしょう。

料理は、さくっと「ちょい呑み」したい方向けのライトなコースから、大満足のディナーコース、シェフおまかせコースまで。

そのほか、小皿で楽しむア・ラ・カルトスタイルも充実。

その日の気分に合わせて、ワインと料理のマリアージュが堪能できる、使い勝手の良さが魅力です。



フランスのエスプリ漂う店内。ときにはフランス語が飛び交い、まるでパリの街角に佇むビストロのよう


東京メトロ銀座線外苑前駅より徒歩約2分。

大通りから小道に入り、石畳のアプローチを進むとウッディな店構えのル シェーヌが姿を現します。まるでパリの街角に佇むビストロのように趣き深い店構えは、一瞬で訪れた人を非日常の世界へ誘います。


店内はいつでも多くのお客様でにぎわっていて気取りがなく、本場の雰囲気。
余計な装飾を施さず、シンプルながら居心地の良い店内は、常に活気が溢れています。

店のなかを見渡すと、あちこちにフランス語のサインが飾られていることに気づくでしょう。
実は、これらはフランスからわざわざ来店したナチュラルワイン造り手が残したもの。

なかには巨匠と言われる人たちのものもさりげなく飾られていて、グッと雰囲気を盛り立てています。

パリを訪れたことがある人にとっては、どこか懐かしい本場の雰囲気。パリへ行ったことがない人にとっては、海外旅行の気分で。

どなたでも、空間が醸し出す現地さながらの雰囲気を楽しめます。


そんなふうに、ル シェーヌがパリにあるビストロさながらの本場感を醸し出すのは、店主飯野がフランスで過ごし、帰国後も15年近く、現地へ足を運び、リアルな空間を肌感覚で体感しているから。

だから見せかけやフィクションではない、本物のエスプリがこの店には染み込んでいるのです。

店内はカウンター7席、二人がけのテーブル席が7つ。
お一人様でご来店され、カウンター席で寛ぐのもよし。2軒目として軽くご利用いただくのもよし。
さまざまなシチュエーションで、ご自由にお使いいただけます。



最後に:このプロジェクトへの想い


はじめまして、店主の飯野瑞樹です。

ル シェーヌでシェフとソムリエを担当しながら、現在は日本最大のワインスクールであるアカデミー・デュ・ヴァンで『Natureワイン』の講師も務めています。

「ソムリエが料理を作る?」

初めて当店のことをご存知になった方は、驚かれるかもしれません。
確かにそういう店はあまり多くなく、ほとんどの場合、ワインと料理は別の人が担当します。

しかし、私は確信しています。
ソムリエだからこそ、作れる料理があるのだ、ということを。


私はこれまで、日本やフランスのレストランやビストロで、ソムリエとしてお客様に接してきました。

ご存知の通り、ソムリエはお客様のテーブルにお伺いし、お料理と相性がいいワインをご提案する役柄。

お客様といちばん身近に接するポジションであることを生かし、私はワインをご提案するだけでなく、料理に対するご要望や、料理への反応も、ダイレクトに受け止めてきました。

そうした経験が、いま、シェフとして厨房に立つ際、非常に大きく役立っているのを実感します。

たとえば、料理をつくるとき。
通常なら、「完成された料理にワインを合わせる」というのが基本のスタイルでしょう。

しかし私はソムリエとしての知識や経験を生かし、ワインの味からアプローチして料理のソースを作ったり、合わせるワインに合わせて焼き方をアレンジしたり、セオリーに縛られず、自由な発想で料理を作ります。

だからこそ、料理とワインの真のマリアージュをご提案できるのです。


「ワインには興味があるけれど、なんとなく難しくて……」
「料理に合わせたいけれど、何を基準に決めたら良いのかわからない」

そんな方もいらっしゃるでしょう。
そんなときには、ぜひ、お気軽にご相談を。

甘めがお好きなのか、あるいは、すっきりした飲み口がお好みなのか。
軽い飲み口のものがいいのか、重めがいいのか。

お客様のお答えをヒントに、ベストな1杯をご提案いたします。


店名の「ル シェーヌ」はフランス語で“樫の木”のこと。
その名の通り、地域にしっかりと根を下ろし、おいしい料理やワインをカジュアルに楽しめる店作りを目指しています。

ナチュラルワインと創作フレンチが織りなす、至福のハーモニー。

ぜひ、カップルや気の置けないご友人、ご家族などで、お気軽にご利用ください。
みなさまのご来店をお待ちしています。


【店舗概要】

『ル シェーヌ (Le chêne)』

住所:東京都港区南青山2-13-15 1F

営業時間:

平日 ランチ  11:30~14:30 (LO14:00)

   ディナー 17:30~23:30 L.O22:00)

土曜日・祭日

ランチ  12:00~15:00 (LO14:30)

   ディナー 17:30~22:00 (LO21:00)

定休日:日曜日、毎月一回土曜日

(当面、日曜日営業、火曜日定休、その他臨時休業あり)

電話番号:03-3470-7377


  • 2020/07/29 20:21

    皆様、温かいご支援、本当にありがとうございます!添えられていますメッセージとても嬉しいです(*'▽')目下、全国的に感染者が増えてきて、在宅勤務を増やす要請などもあった影響で、お店にとっても大変な状況になって来てしまいましたが、何とか頑張って行く所存です!ファンディング期間も、あっという間にす...

  • 2020/07/10 01:35

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/06/30 19:57

    お陰様で公開後わずか半日で目標達成する事が出来ました!!ご支援頂いた皆様に、心より感謝申し上げます。まだお得なチケットは残っております。ぜひ、ご友人などにシェアして頂けますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします! ル シェーヌ飯野

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください