こんにちは!NPO法人わぴねすです。(ENG BELOW in each section)

私たちは西ベンガル州にあるハンセン病コロニーの自立支援を行っています。

現在、新型コロナウイルスのパンデミックにより日々の食事にありつけなくなったコロニーに住む人々に対して食糧支援を実施しています。

現地の状況は非常に深刻で、私たちだけの力では支援を行うことができないため、クラウドファンディングにて応援を募ることにしました。

Hello! We are WAPPINESS working for leprosy colonies in WB, India.
Currently, we are providing emergency food donation to those who are no longer able to eat properly everyday due to Covid-19 pandemic.
Due to lockdown, the income of colony people are less than half which give them no access to buying enough food nor getting medical care they need.

 コロニーに住む人々は現在、パンデミックの影響で日々十分な食事を取ることができていません。この1年以上、状況は悪化するばかりで、貯蓄はそこをつき、食事の質もどんどん落ちており、体調を崩す人も多く出てきています。

 インドでは爆発的に感染が拡大する中、コロニーに住む人々も日々感染への恐怖を抱えながら暮らしています。現在は再度ロックダウン(都市封鎖)が政府から出され、仕事をすることもできず、日用品の流通も一部停止しているようで品物不足による物価の上昇が農村部では見られます。

 彼らが少しでも栄養をつけられるように、一週間でも、1ヶ月でも長く健康でいられるように、以下の内容で支援を実施します。一人でも多くの人の健康、命のためにご支援をお願いいたします!

支援対象:西ベンガル州のハンセン病コロニーに住む1,400世帯
(インド西ベンガル州には合計35のハンセン病コロニーがあります。どのコロニーも状況は同じように酷いなか、これまで団体の経済的な制約により支援を実施できていない全コロニー・世帯を対象にしています。)

支援内容:1世帯700円の支援キット(支援内容は資金の使い道をご覧ください)

700円で1世帯を支援することができます。

Your support will help people living in leprosy colonies!

We are planning to provide food donation to 1,400 households living in leprosy colonies in WB.
(In WB, there are around 35 leprosy colonies and most of them are under severe condition.)
The food donation kit contains several grains and hygiene products
with the price of JPY 700 per kit.

 昨年から猛威を奮っている新型コロナウイルス。インドでの感染拡大については、日本でも連日報道されています。農村部の状況について報道されることは少ないですが、昨年から断続的に行われているロックダウンによって職を失ったり、収入が減ったことで、日々の食事がままならない人が多くいます。


 主に農村部に位置するハンセン病コロニーの人々は安価で手に入るお米ばかり食べており、栄養状態はとても深刻です。パンデミック第二波の襲来や、ロックダウンの長期化により経済面での状況が悪化し、水で空腹を満たさざるを得ない人も多く出てきてしまいました。このような栄養が不十分な状態では、新型コロナウイルスへの不安だけではなく、栄養失調の深刻化や他の感染症にかかってしまうリスクも非常に高くなってしまいます。

WE ARE PUSHED BACK TO POVERTY.

After the second wave of Covid-19 in India, their situation got even worse.
Some people in these colonies lost their jobs, some are not getting continuous work which leads to no or less income. Many people have already used all the savings they had and going to bed hungry each night.

Without eating properly, how can they survive this situation?

  私たちが活動している「ハンセン病コロニー」は、ハンセン病に対する差別により故郷を追われた元患者(私たちは快復者と呼んでいます)と、その子供・孫世代が暮らす村です。インドではいまだにハンセン病に対する差別が根強く残っており、多くのハンセン病コロニーが周辺社会から孤立しています。そしてそこに住む人々は、いまだに続く差別と偏見の中で、非常に苦しい生活を送っています。

Do you know leprosy colony?
Leprosy colonies are created by people affected by leprosy. Once they were kicked out of their hometown/village and wandered around, begged, slept outside...
They ended up finding someone who are in the same circumstances, and settled in vacant field .

 昨年、2020年7月にも、食糧支援のためのクラウドファンディングを実施し、218名の方から総額706,600円の支援を頂きました。その後、頂いた支援金と団体プール金を使用して、合計28コロニー、1,472世帯への支援を実施することができました。

 その後、一旦は就労状況が改善し、感染拡大も落ち着いたように見えるなど、事態の回復が見込まれました。しかし、現在インドを襲っている第2波により、コロニーの人々の生活は再び苦しい状況に陥っています。さらに西ベンガル州では、 3月下旬から5月上旬にかけて行われた州選挙の影響でこれまでわずかながらも実施されていた米の配給が止まってしまい、食糧不足が特に深刻な状態です。

 主食である米さえも手に入らない状態であるため、衛生用品を手に入れることも困難です。また、彼らの住む農村部では医療体制が十分に整備されておらず、重症化した場合には対応できません。

▲ハンセン病コロニーの様子/ one of the leprosy colony in WB

▲ハンセン病コロニーに住む人々/People living in a leprosy colony

 そこで、コロニーの人々になんとかこの状況を乗り越えて欲しいと思い、再度クラウドファンディングを実施することにしました。

Last summer, we have raised JPY 706,600 on this same platform and donated food to 1,472 households in 28 colonies in WB with our organization fund.


 私たちがそんなハンセン病コロニーで「ワークキャンプ」という活動を始めたのは、2011年のことです。それ以来、年に2回コロニーに住みこんで住民と一緒に生活をしながら、インフラ整備によってコロニーの劣悪な居住環境を改善するとともに、差別解消を目指す活動を続けてきました。これは単なるボランティア活動ではなく、コロニーが抱える問題についてコロニーの人々と共に考え、共に作業に取り組み、共に問題を解決していく活動です。単なる「支援者」と「被支援者」という関係を超えた存在で、これまで奮闘してきました。

▲学生が現地住民とともにワークをする様子

 私たちはこれまで、コロニーの人々に寄り添うべく、コロニー内に住みこませてもらいながら活動を行ってきました。日本で生まれ育った私たちにとって、コロニーでの生活は慣れないことばかりですが、コロニーの人々はそんな私たちをいつも助けてくれます。彼らが遠い地で大変な思いをしている今こそ、改めて、私たちが力になりたい、という想いから、食料や衛生・生活用品の支援をすることを決めました。

What WAPPINESS does?
We have been working since 2011 for leprosy colonies in order to improve their life.
Our goal is to make them financially and mentally independent without stigma toward them.
Before this pandemic, our university students member visit colonies and stay in the colonies for a few weeks improving infrastructure there and interacting with villagers.
Annually around 50 students go to India from our organization.

 インド西ベンガル州にあるハンセン病コロニー住民の多くが、日雇い労働や物乞いで生計を立てています。特にロックダウンの影響で収入源が絶たれ、パンデミックの長期化により貯蓄も底をついて困窮したコロニーに住む家庭計1,400世帯を対象に、生活必需品の物質支援を行います。この一世帯約700円のキットでは、四人家族の食事一週間程度を支えられます。

すでに同様のプロジェクトを実施しており、現地カウンターパートナーにコロニーへの支援協力許可を得ています。(数量や時期などの合意を含む)現在の予定では、2021年7月から8月にかけて支援を実施する予定です。


資金の使い道

プロジェクト予算:

1,400世帯に生活必需品を支援します。
以下内訳は、それぞれ1世帯あたりの金額・分量です。


食料品(Food):計500円(JPY 500)

・米(Rice) 5kg 
・豆類(Bean)1kg
・じゃがいも(Potato)2kg


調味料:計100円 (JPY 100)

・マサラ(Masala)1袋 (Packet)
・塩(Salt)1袋(Packet)


ヘルスケア用品 (Hygiene products):計100円(JPY 100)

・石鹸 (Soap)1個
・洗剤(Detergent powder)1つ
・マスク(Mask)1枚 
・袋(Bag)1枚 


ーーーーーーーーー


計:700円×1,400世帯 = 980,000円
JPY700 X 1,400 Households = JPY980,000


※上記はあくまでプロジェクト予算になります。ルピーの通貨変動やマーケット価格により、予算と決算に多少差異が生じることを予めご了承ください。

Kindly note that the products contained in the kit and price may fluctuate due to the exchange rate and price on the market. 

 ハンセン病による差別に苦しんできたコロニーの人々は今、さらなる窮地に立たされています。

 インドから遠く離れた日本にいる私たちにできることは、限られています。新型コロナウイルスの流行はいまだ収まらず、いつワークキャンプ活動を再開できるかもわかりません。それでも、いつも私たちを温かく受け入れ、家族のように接してくれる彼らに、少しでも恩返しがしたい。

 世界中の誰もが、先の見えない不安を抱えつつ生活している今、他の誰かに手を差し伸べることは、決して簡単なことではないでしょう。しかし、皆様のご支援が、ハンセン病コロニーに住む人々の命をつなぎます。

 彼らの未来のために、どうか、皆様の力をお貸しください。

Message from us

We all are having difficult time now, so as people in leprosy colonies.
Being very honest, there is not much we can do from Japan, but we would like to do all we can do. We will never forget how they have been generous to us while staying the colony. They are like family t us.

For their future, for their life,
We really need your help and really appreciate if you find this meaningful.


ープロジェクト自体の実施スケジュール
5月上旬 HP開設
6月30日 クラウドファンディング終了
7月上旬 食糧支援実施 (Beginning of July : Conduct food donation)
8月下旬 リターン発送 (End of August : Return will be sent)

※募集方式についての説明

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

ーリターンの紹介

700円  :①報告書 (Project Report)
3,000円 :①+②動画 (Video)
5,000円 :①+②+③オリジナルインド料理レシピブック(PDFをメールで送付)(Original Indian foodRecipe Book, which will be sent via email)
10,000円:①~③+④オンライン報告会参加 (You will have access to our online project report meeting on zoom)
Zoomを使用して、2021年9月〜10月ごろに実施する予定です。(Around September to October 2021)
希望者全員に対して、日程調整をして実施します。録画閲覧のみ希望の方にはリンクを送付します。
(We will arrange the date accordingly, and if you would just like to see not attending, you will get URL for recorded meeting)
30,000円:①~④+⑤オンラインで講演します!(We will talk (like a lecture/seminar) online just for you or your organization!)
期限:2021年9月〜2021年12月 (From September to December 2021)
50,000円:①~④+⑥わぴねす理事が出張講演します!(We will come and talk (like a lecture/seminar) just for you or your organization!)
期限:2021年9月〜2022年9月(September 2021 to September 2022)
日本国内限定。交通費および宿泊費は応相談。
(Only domestic/ transportation/stay fee need to be discussed)

*30,000円、50,000円のリターンで講演の希望有無は備考欄にご記入ください。
講演内容のリクエストも同時に承ります。対応言語は日本語と英語です。
Kindly mention if you want us to hold a talk for JPY30,000 and 50,000.
You can request the topic of the talk there.

NPO法人わぴねすの理事と学生団体インドワークキャンプ団体namaste!学生メンバーが
本プロジェクトの運営をしております。

ー今までの経歴や関連分野での活動歴/実績など
活動実績はNPO法人わぴねすウェブサイトの活動実績をご覧ください:
https://wappiness.org/activity/
直近の受賞歴:
2020年11月 社会貢献支援者賞受賞

  • 2021/06/13 11:50

    <45万円達成報告&コロニーの今>いつも応援ありがとうございます。ついに45万円を達成しました。本当にありがとうございます!!折り返し地点の50万円まであと少し!引き続き、プロジェクトのSNSシェア、拡散をよろしくお願いします。さて、クラウドファンディングプロジェクトとして100万円を目指して...

  • 2021/05/30 09:07

    いつも応援、ありがとうございます!NPO法人わぴねすのみわです。早くも目標金額の10%を達成しました!できるだけ多くの人に支援を届けるために、皆様の力が必要です。本プロジェクトをSNSでシェアしたり、ご知人の方にお伝えいただけたりするととても嬉しいです!ぜひ、よろしくお願いいたします。NPO法...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください