世界初、卓上型の業務用とろとろ半熟卵殻剥きマシンをリリース
  • 大和製作所は1975年に香川県で創業しました。

    当時、創業者の私は27歳、地元の高松工業高等専門学校を卒業後、川崎重工で飛行機の設計やタンカーの設計に携わるエンジニアでした。

    45年前に、27歳で希望に満ち溢れて起業しましたが当時はオイルショックの影響で、行く手には想像を絶する苦労が待ち構えていました。

    創業から45年を経過し、現在、小型製麺機ではシェアーNO.1とならせて頂きましたが、ここまで来られたのは、機械をご愛顧下さっているお客様と支え続けてくれた従業員と家族、右も左もわからない若造に手を差し伸べて下さった先輩達のおかげに他なりません。

    ただ、もう1つ付け加える理由があるとすれば麺一筋に命をかけてきたからではないかと思います。大和製作所では製麺機の製造販売・麺の製造販売・麺スクールなど

    ビジネスのすべては麺に通じております。

    今回のとろろと半熟卵の殻剥きマシン・ゴールデンエッグもラーメン店の皆様が半熟卵の殻剥きが非常に面倒だというお声から開発を始めました。

    小さなお店にも置けるようコンパクトで、能力が高くロスが少ない

    ゴールデンエッグはそんなお客様のご要望にお応え出来る世界初のとろとろ半熟卵殻剥きマシンです。

    大和製作所 代表取締役社長 藤井 薫

  • 本機が解決出来る問題点
    ゴールデンエッグを使用するメリット

1.店頭でのエンターテイメント効果

このゴールデンエッグは超コンパクトで小粋なデザイン、殻剥き工程が見て面白い、実演エンターテイメン型マシンで、小さな店舗の厨房にもピッタリです。
店頭での殻剥きの実演を行うことで、集客効果も狙えます。

2.卵の消費拡大が作り出す素晴らしい世界

新鮮で、美味しく、良質のタンパク質で、健康に良いとろとろ半熟卵が多くの消費者を魅了し、卵の消費拡大が起きることにより、消費者、飲食店、卵の供給業者の三方良しの関係を作り出し、コロナで傷んだ日本の活性化の一助になる。

3.人手不足のカバー、人手の有効活用

手作業の3倍以上の速度、ロス率20%から5%以下になり、正味手作業の3.5倍以上の能力で、廃棄ロスは大幅減になる。 ホッパーに茹で卵をセットすれば、自動で殻剥きを始めるので、ながら作業が出来、店頭、店内で他の作業との掛け持ちをしながら、卵の殻を剝くことが出来るので、売上を上げながら、人手の効率的な活用が可能になる。

4.コストダウン

★業務用殻剥き卵を使用している場合と比較して

業務用剥き卵Mサイズ1個当たりの平均的な仕入価格は35円~40円。生卵のMサイズ1個当たりの平均的な仕入価格は11円前後なので、コストを大幅に下げることが出来る(事例:毎日100個使用で、年間差額利益は約45万円(人件費、機械金額償却後))
★差別化
茹でたて、剥きたての新鮮で、美味しいとろとろ半熟茹で卵を提供が出来る様になり、またこだわりの卵やブランド卵を使用することで他店との差別化が出来店舗・商品のイメージや価値が上がる

 

★手作業で茹で卵を剥いている場合と比較して

★生産性・効率UP

ゴールデンエッグは、栄養価の高い卵を最高に美味しい半熟状態で、面倒な手作業より3倍早い上に、忙しい店内で、他の作業をしながらの、「ながら」作業が可能です。(ゴールデンエッグの殻剥きは1個6秒VS手作業平均1個20秒、超コンパクトなのに1日4500個の殻取りが可能)!

★ロス率削減
しかも剥く際の損傷ロス4分の1を実現!
(手作業と比較して、ロス率は平均5%以下VS手作業平均20%)
(事例:人件費1000円/時、毎日100個使用で、年間差額利益は約12万円(人件費、機械金額償却後))(*ロス率=傷ついて売り物にならない卵の数 / 殻を剥いた卵の全数)

※特に夏場に発生する夏卵という現象は、鶏は恒温動物で体温調整が出来ないので、夏場は、卵を生む鶏が高い気温で体調が弱り、水をたくさん飲むので、生む卵の殻が薄く、弱くなり、更に白身が水っぽくなるのです。こうなると手で殻取りをしても、機械でも同様に非常に卵が壊れやすくなります。

本機では、この夏卵の問題も解決済で、非常に壊れやすい半熟卵から、固茹で卵まで、

どんな卵でも1個当り約6秒で、ロス率*は5%以内で、殻をむくことが出来ます。

(手作業で殻剥きを行った際に、傷ついてしまった半熟卵₋ここまでの傷だと売り物にするのは難しい)

「1店に1台半熟卵自動殻剥き機を・・・」

をスローガンに、安全で、栄養バランスが良く美味しい半熟茹で卵が日本の食ビジネスに大きな貢献することを目指しております。


👇ゴールデンエッグのここが凄い!
 ①とろとろ半熟卵の殻取りを自動で、約6秒に1個剥くことが出来ます。
 (手作業では平均1個20秒)
 ②超コンパクトなのに1日4500個の殻取りが可能です。
 ③平均ロス率はなんと5%以下
 (手作業では平均20%)


プロダクトのご紹介


この製品の大きな 特徴として卵を縦方向に回転させ割れにくい卵の尖った側の殻も均等に叩き、割る構造を採用しています。その為、卵の全体を短時間で平均的に割ることが出来るのです。  

殻全体を細かくきれいに割ることで次工程では殻を除去しやすい仕組みになっています。
これは、まさに新しいコロンブスの卵の実現です。

またデザインにも優れ、厨房内は勿論、
店頭での卵殻割りの実演にも最適です。
使用スペースはわずか800mm x 400mm!

ゴールデンエッグの使用説明



特に柔らかい半熟茹で卵は時間と共に形が変形しますので、剥き立ての方が好まれます

 Made in Japan 品質

〇各部の説明

① 本体駆動部コンパクトで、水濡れ防止、防水装置で、水の侵入を防いでいます。② 卵貯蔵ホッパー一度にたくさんの卵を収納する卵貯蔵ホッパーです。ホッパー内で卵がブリッジしない様に、ホッパーには振動装置がついています。③ 卵自動供給装置本機には卵の自動供給装置がついているので、都度、卵を手で機械に供給する必要がなく、卵ホッパーに卵を載せておけば、機械本体に1個ずつ、自動供給されます。④ 卵挿入シャッター装置

縦方向殻割り装置の中で卵が回転している時に、次の卵が絶対に入らない様にシャッターが付いていて、ある一定時間の回転が終えた後に、次の卵が殻割り装置に入り、殻が割れた卵は排出シャッターで、次工程へ移動します。

⑤ 縦方向殻割り装置

卵を縦方向に回転させて、卵の一番硬い尖った部分を初め、卵の殻全体に均等に割れ目を付ける殻を叩く装置です。

⑥ 卵排出シャッター装置

卵の殻全体に均等に割れ目が付いた卵を、殻割り装置から次工程へ移動するためのシャッターで、殻を割る期間は完全に閉まっていて殻を割り終えると、すぐにシャッターが開いて、卵を次工程へ移動させます。卵が殻割り装置から完全に出るとシャッターが閉じて、次の卵の殻割り工程が始まる仕組みです。

⑦ 殻除去装置

前工程で、卵の殻が均等に割れているので、割れている殻を2本のロールで挟んで、殻を剥ぎ取り、除去する装置です。剥ぎ取られた殻は、機械の下部に落ち、機械の内部には殻が溜まらない構造になっています。

⑧ 卵排出部分殻が剥ぎ取られた茹で卵を機械の外へ取り出す部分です。

⑨ 水供給装置殻割り装置内では、殻を割りやすく、殻排出装置では、割れた殻を卵から剥ぎ取り易くするために卵に水をかけながら作業を行います

⑩ 安全カバー殻割り装置、シャッター部分、殻剥ぎ取り装置の部分を保護している安全カバーです。透明なので、機械の稼働がよく見えて、店頭で実演していると、お客さまの目を引きます。
1) サイズ 幅200mm x 長さ500mm x 高さ400mm
2) 重量 14kg
3) 電源 AC100V
4) 給水 水道水
5) 電気関係 メインスイッチ、緊急停止スイッチ、漏電ブレーカー、殻割り速度調整ツマミ

ゴールデンエッグの日々のメンテナンス・安全性・衛生面について
ゴールデンエッグの本体以外は、簡単に分解出来、毎日の使用後の清掃、消毒が簡単に出来る仕組になっています。ホッパー部を初め、卵との接触部分は簡単に分解出来て、楽に洗浄出来、衛生的です。

日々の清掃のための分解は次の順序で行ないます。

説明動画-12ステップ

1. ホッパー部分の取り外し、ホッパーは丁番部分で差し込んでいるだけなので、ホッパーの端を持ち上げ、横に移動すると、簡単に外れます。ホッパー内のステンレス製のスペーサー2枚は、置いているだけなので、これも簡単に外れます。

2. 卵供給装置の側面に付いている透明な安全カバーは、3個の樹脂ナットで簡単に外れます。安全カバーが外れると、樹脂製の卵供給装置の駆動ギアを取り外します。
3. 次に、殻割り装置の上部から側面の透明な安全カバーを横にずらして外します。
4. 水供給装置を上に持ち上げて、抜き取ります。
5. 殻割り装置の出口側に付いている4個の樹脂ナットを外します。
6. 殻割り装置のステンレスフレームを外方向に抜き取ります。
7. ステンレスフレームを抜き取ると、一緒に、上部の太い殻割りシャフト2本と下部の細い殻剥きシャフトが取り外せます。
8. 最後に、本体側に付いている白い樹脂のスペーサーを抜き取ります。
9. 部品除菌用バケツに中性洗剤と〇〇○の混合水溶液を準備し、上記の部品のうち、4本のシャフト類、白い樹脂のスペーサー、ステンレスの殻割り装置のフレーム、供給装置の白い樹脂の駆動ギア、水供給部のチューブと散水部、合計8個の部品を上記の混合水溶液に20~30分間浸漬します。これで完全に除菌出来ます。
10. ホッパー部のステンレス部品類は、食器洗浄機で洗浄します。
11. 透明な安全カバーは、熱の弱いので、食器洗浄機に入れずに、手洗いします。
12. 最後に本体は、アルコールで拭き清めます。

メンテナンスチーム

〇保証:安心サポート

1)2年間の保証期間

2) 年中無休365日 メンテナンス受付当社は365日一日も休まずメンテナンスをお引き受けしております。

総業45年、今では小型製麺機の業界ではシェアーNO.1にならせて頂いて居ります。

これも年中無休365日のメンテナンスを25年間以上、1日も休まずに続けてきた努力を皆様が認めて下さったからこそだと思います。

3) 更に万が一に備えて全国8ヶ所のドリームスタジオでは常時代替品を常備

ゴールデンエッグの安全性
製麺機の製造販売で培われた安全性は北米のUL規格、NSF規格、欧州のCE規格取得でも立証済みです。当然、ゴールデンエッグにも安全カバーを配備して殻割り装置、シャッター部分、殻剥ぎ取り装置の部分を保護しています。

その上、透明なので、機械の稼働がよく見えて、店頭で実演していると、お客さまの目を引きます。

電源がAC100Vなので、場所を選びません。

ゴールデンエッグは大和製作所が総力を挙げて設計し、最終組立まで香川県の本社工場で行なっています。

45年間、製麺機、食品機械の企画、設計、製造、販売、メンテナンスを行なってきた

株式会社大和製作所が自信を持って提供致します。

プロダクト誕生までのお話
当社が卵殻取り機を開発する社会的な意義

コロナ禍の前の当社は、うどん店、蕎麦店、ラーメン店等に、製麺機の販売や麺学校でノウハウを
提供する「麺専門店繁盛支援会社」でした。しかしコロナの発生後、世界中で経済が破壊され、
特に当社の大切なお客さまの外食産業は、非常に大きな影響を受け多くの飲食店が壊滅的な状態にまでなってしまいました。

麺ビジネスに直結している当社にも甚大な被害が及びましたが、飲食業界は2度と元の状態に戻らないと覚悟しました。そうして今後どのように会社を方向転換するか悩みに悩んだ結果コロナ禍の中の先が見えない世界で、製麺機だけではなくこれまで長年培ってきた機械開発力を活かして、
世の中の問題を解決し、社会に大きな変化を起こすことが出来る会社にならなければと決心したのです。

このように方針は決まったのですが具体的に当社が出来る世の中の問題解決とはと更に考えた結果、当社の得意分野の機械開発力を活かし、半熟卵の殻剥き機の開発に取り組み、短期間で開発に成功しました。

コロナ後の不況色の強い社会では、消費者にとっては、比較的安価で栄養価の高い料理、美味しい料理が求められます。
比較的、低価格で提供できる麺類と併せて、半熟卵の提供は、見た目もきれいで、
栄養バランスにおいても理想的な組合せと言えます。但し、卵自体の原価は安いものの、
半熟卵を店内で手加工している場合は、1個平均約20秒前後の手間がかかる上に
身が欠ける等のロス率が約20%程度もあり、思いの他、コストがかかるものであったのです。

今回、開発したゴールデンエッグは、1個平均6秒程度、ロス率が5%以内で、
生産性が非常に高く、食品ロスも大幅になくすことが出来ます。
昔から価格の優等生である卵をひと手間かけて、半熟卵や煮玉子等にして提供することは、
社会のニーズに合うと同時に、栄養バランスの面で多くの人たちの健康を守る事に繋がります。
それが最終的にはコロナで経済的に大きなダメージを受けた飲食店の利益を拡大する強力な武器になると考えました。
ゴールデンエッグの開発が消費者の健康増進と、大きなダメージを受けている麺専門店、外食産業の一助となれば幸いです。

ゴールデンエッグの世の中への貢献

①    コロナで経済的に傷んでいる麺ビジネス、飲食ビジネス業界活性化への貢献

コロナ禍の後、世界中で経済が破壊され、不景気が進むことが予測されています。

麺料理は、常に不況に強い食べ物として、不況時には、多くの人たちの生命を支え、ビジネスを支えて来ました。

その麺料理を更に強化する食材として、半熟茹で卵は非常に強力な助けっ人になります。

特に麺料理の場合は、糖質の割合が高いので、卵の良質なタンパク質を加えることで、不況時においてもバランスの取れた栄養食品として、麺の価値がさらに上がります。

また、卵は世界中で、価格の優等生であり、麺と並んで不況時にも非常に強い食品でもあります。

②    地球温暖化緩和への貢献 

地球温暖化が世界中で叫ばれており、異常気象など深刻な影響が年中発生し、世界中の人びとが大きな危機に晒されています。動物性タンパク質の肉類を卵に置き換えることにより、穀物の消費量を減らせて、地球温暖化を遅らせることが出来るのです。

(参考:卵1kgを生産するのに必要なトウモロコシは3kg,鶏肉1kgでは4kg,豚肉1kgでは7kg,牛肉では11kgで、圧倒的に卵が有利。)

③    食料危機、食料自給率向上への貢献

上記の様に、鶏肉、豚肉、牛肉から卵のタンパク質に移行することにより、穀物消費量が大きく押さえられ、その結果、食料危機を緩和し、食料自給率向上に貢献することが出来るのです。

また食糧危機の緩和の為に開発が進んでいるプラント・ミートの場合は、複雑な加工をしないと本物の肉に近い食感を出せないので、食の安全性では疑問視する声も多く聞かれます。その点、卵は複雑な加工をしないで、美味しく食べることが出来る便利な完全栄養食品であると言えます。

④    栄養面での人々の健康への貢献

○疲れ知らずの体になる

アミノ酸とリゾチーム効果に期待

○ダイエット効果

レプチンや、PYY3-36効果に期待

○記憶力が良くなる

コリン効果に期待

○目や肌の老化を防止

ルテイン効果に期待できます。

○二日酔いを防止

メチオニン効果に期待

〇茹で卵と科学の世界

茹で卵の調理について

茹で卵には、非常にゆるい、黄身がとろとろの半熟茹で卵から、黄身の硬い、固茹で卵まで、茹で時間によって、大きく分かれています。

当社は、茹で卵の加熱時間、加熱温度と茹で上げを効率よく、ロスなく行なうノウハウを確立し、半熟茹で卵の茹で方マニュアルを作り上げました。

卵のロス率*を最小限にする卵の茹で方
(*卵の殻を剥く過程で、卵の身自体に傷付き販売出来ない状態になる卵の数/全体の数)
卵は、個々に状態や大きさが異なり、また気温等、季節時期により状態も大きく変わります。毎日数多くの卵を試験する中で、茹で方にも工夫が必要である事に気付き、我々独自の茹で方を開発しました。
これを我々は誰でも、どこでも完璧に茹でる事が出来るようにマニュアル化し、冊子にまとめました。この茹で方をする事で、どんな卵でもロス率を最小限にする事が出来ます。
このマニュアルは、ゴールデンエッグをご購入頂いた皆様に無料で差し上げます。

【料理=熱科学】

どの様な料理でも、食材を加熱する温度が重要でそれにより食感が決まります。

各加熱時間で加熱した時に黄身の半熟度合いが異なり、美味しさの度合いの変化が出るのです。

〇ゴールデン・エッグが作り出す多彩な、美味しい卵料理のレシピ類

ゴールデン・エッグが提供しているのは、単なる半熟茹で卵ではないのです。

ゴールデン・エッグは単なる調理器具ではなく、飲食店並びに食品企業に大きな利益をもたらす「金の卵」です。もし、あなたに下記の様な目的があればゴールデン・エッグの購入を是非オススメ致します。

・糖質や脂質過多を防いでダイエットに向いた料理の提供

・高タンパク食を主体とした健康的な料理の提供

・食を通してお客さまの健康管理と笑顔

・アスリートのお客さま用の食トレ

・筋トレをしているお客さまのタンパク質補給

・美味しい半熟茹で卵の料理で、多くの人をもてなしたい

・高齢のお客さまに柔らかい、美味しい茹で卵を食べさせたい

・美味しい茹で卵を使った新しいレシピの探求

・お客さまに喜ばれながり、シッカリ利益を稼ぎたい

無限に広がる料理の種類


半熟卵カルボナーラ

鶏天讃岐うどん₋半熟卵のせ
半熟卵のせ₋豚骨ラーメン
卵サンドイッチ
半熟卵のせハンバーグ
半熟卵オードブル
海老とブロッコリーのサラダ
半熟卵入りカレー
コブサラダ

リターンのご紹介
【飲食店、他ゴールデンエッグをご活用頂ける事業主様向け】
A. ゴールデンエッグ本体
予定販売価格は50万円ですが、今回のクラウド・ファンデイング期間だけ、
クラウド・ファンデイング特価として、45万円で、提供します。


【一般の方で飲食店、麺専門店様をご支援頂ける方々へ】

外食産業を守りたい。一般消費者としての我々一人一人も、強くその思いを持って、今回のプロジェクトに取り組んでおります。そこで、このプロジェクトを成功させ、皆様の近所、行きつけの飲食店が美味しく安全な卵をもっと提供する事で助かる、またそこから外食産業全体が活路を見出せれば… もし一般の皆様の中でご支援頂ける方が居れば非常に嬉しく思います。
我々もお客様である、飲食店、外食事業をされている方々が成功する様に、様々なサポート、取り組みをしております(無料の講習会、トレーニング、ご依頼のある設備開発等)出来るだけ多くの皆様にご支援頂ければ頂けるほど、この様な活動に従事出来る余力が生まれ、もっと飲食店の皆様をサポートする事が出来ます。
出来るだけ多くの一般の方々にこのプロジェクトにご参加頂き、飲食店、行きつけのお店、外食産業をご支援頂ける様、下記の様なリターンをご用意させて頂きました。

B.1口1万円で、関連会社讃匠のうどんをリターンとして、1万円分提供
楽天市場で史上初のグルメ大賞12回受賞【亀城庵】生うどん特別セット
(讃岐オリーブ牛肉うどんと海老餅ぶっかけうどんのセット)
C.1口1万円で、関連会社讃匠のうどんとラーメンのセットをリターンとして、1万円分提供

楽天市場でグルメ大賞12回受賞【亀城庵】
半生讃岐うどんと生ラーメンセット
D.1口5千円で、関連会社讃匠のうどんをリターンとして、5千円分提供
楽天市場でグルメ大賞12回受賞
【亀城庵】半生讃岐うどんセット
E.1口5千円で、関連会社讃匠の生そばをリターンとして、5千円分提供
楽天市場で楽天市場でグルメ大賞12回受賞
【亀城庵】二八そば・本鰹極薄削り節セット
F.1口5千円で、関連会社讃匠のうどんとラーメンのセットをリターンとして、5千円分提供
楽天市場でグルメ大賞12回受賞
【亀城庵】半生讃岐うどん・生ラーメン・本鰹極薄削り節セット


製品情報・仕様

① 本体駆動部
② 卵貯蔵ホッパー
③ 卵自動供給装置
④ 卵挿入シャッター装置
⑤ 縦方向殻割り装置
⑥ 卵排出シャッター装置、開閉仕切り板
⑦ 殻除去装置
⑧ 卵排出部分
⑨ 水供給装置
⑩ 安全カバー
1)サイズ: 幅200mm✕長さ500mm高さ400mm
2)重量: 14kg
3)電源: AC100V

メディア掲載

ルソンの壺-NHK 2011年4月24日放送
カンブリア宮殿-テレビ東京 ”繁盛ラーメン店を作れ!製麺機メーカーの挑戦を追う” 2013年2月7日放送
ガイアの夜明け₋テレビ東京 2016年6月21日放送
NHK World(NHK国際放送局)-2012年9月 放送分
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京 )2010年11月9日 放送分
ありえへん∞世界(テレビ東京)-2013年1月8日

会社・チームの紹介

開発秘話:卵の気持ちになる!おかしな会社の挑戦

(橋本工場長)

創業から45年製麺機の製造販売を続けてきた大和製作所。バブル期・リーマンショック・東北大震災・ITバブルなど時代の大きな流れの中で麺業界と密着して生きてきた私たちにとって卵の殻剥き機は全く新しい挑戦。


何処のスーパーでも1個10円ちょっとで買えるたかが卵だけど卵の気持ちになるには

奥は見えない位深い・・・されど卵

開発が難航しチームの疲労が最高潮に達した時、代表が言った言葉

「卵の気持ちになれ!」

個性豊かな12000個の卵たちと真剣に向き合い悪戦苦闘の5000時間をかけて私達開発メンバーが本当に卵の気持ちになれるまでのほんの一幕を垣間見てやってください。


開発秘話 150日間にわたる悪戦苦闘の日々(代表 藤井談)
1) 開発をスタートするコロナの騒動の行く末が難航する気配になり始めた4月の初旬、当社の製造と開発メンバーで、半熟卵殻取り機の開発をスタートしました。当社では、製麺機の開発、製造、販売を長く行なってきたのですが、半熟卵の殻取り装置の様な機械は全く初めての経験でした。頼る事例もなく、世界中の情報を探しても、この様な機械が開発され、販売された情報は一切、ありませんでした。

最初は、私と工場長の橋本さんの2人で構想を練りました。橋本工場長には元来、手先の器用さと発想力が備わっておりそれが今回のゴールデンエッグの開発に関しても大きな力となりました。

2) 最初の課題

橋本工場長が最初に作ったプロトタイプで、テストを繰り返した結果、殻は何とか割れることがわかったのですが、問題点はどうしても卵の尖った端が硬くて割れにくいということでした。この時点では、まだ殻を完全に剥くことよりも均等にヒビを入れることを最優先にしていました。しかしテストを繰り返すうちに卵の尖った部分の殻が割れないことに加えて均等に割れないこと、殻が割れても、卵の白身に傷がつくことが多いなど様々な問題が浮上しました。

それを解決しようと研究しているうちに卵の殻の叩き方、叩く力の大きさが重要だという事がわかってきました。

3) 手探りの日々
毎日、朝から晩まで卵の殻取り機に取り組み、改めて、卵の性質を理解することの大切さがよく分かりました。何度もテストを行なっていて気づいたのは、卵の形状から、横に寝ている状態が自然なので、寝ている方向で卵を回転させて、卵の殻を叩くのは簡単なのです。

しかし卵の殻の硬い両端の殻をたたいて割ることは非常に難しく難易度の高い課題となりました。

苦心の末、なんとか卵を縦側に回すことに成功しましたがまだ、1個ずつ、キチンと順序よく投入することと殻をきれいに除去するという課題は残っていました。

4) 協力者の登場

(開発 渡邊部長)

この時点で、開発部門の責任者渡邊さんが協力してくれることになり、ホッパーから卵を1個ずつ送り込むシャッター装置、叩き終わった卵を次の工程に移動するシャッター装置を完成させることが出来ました。とうとう、連続で卵の殻をとっても、95%以上の精度で殻が剥ける様になったのです。

5) 大敵! 夏卵現る

私は一応の機械が成功しても、毎日100個以上の半熟茹卵を作り、テストを繰り返す様に指示していました。そのテストは製麺機の組み立て担当で、半熟卵殻取り機の開発に途中から加わっていた横井さんに依頼していたのです。暫くの間は毎日、順調に半熟卵殻取り機が稼働していると報告を貰っていたのですが7月に入った途端に、横井さんから精度が極端に落ち、70%の成功率に落ちたと報告が入ったのです。

横井さんが原因を調べた結果、夏卵という現象があることがわかったのです。夏季に鶏が高温で弱り、卵の殻が薄く、柔らかくなり、白身が水っぽくなり、非常に壊れやすくなったのです。

誰一人、この様な現象が夏季に生じることを知らなかったのですが、私は、これは発売前に見つかって非常に良かったと思いました。

そこで急遽、工場長の橋本さんと担当の横井さんに、夏卵で、95%以上の精度で殻が剥けることという厳しい条件を加えたのです。

(メイン開発者担当₋横井)

6) ついに完成!

橋本さんと横井さんは、この厳しい条件に果敢に挑戦し、いろんな箇所の改善、改良を繰り返してくれました。その甲斐あってそれから1ヶ月が経とうとした頃には、95%を遥かに超える精度にまで到達しました。

半熟卵殻取り機の開発を始めて5か月。使った卵12000個。

開発メンバーと共に寝食を忘れて半熟卵殻取り機の開発に没頭し卵の気持ちになり切った時、初めて一号機が完成したのです。

Q&A

Q: 保証期間は何年ですか?

A: ご購入から1年間になります。その後も電話サポート等は365日運営するメンテナンスセンターで無償で対応させて頂きます。

Q.: 生産能力はどれくらいですか?

A: 1時間に約600個の卵の殻を剝くことが可能です。

Q: 海外への発送は可能ですか?

A: はい。海外への発送は可能です。

Q: 購入後はどのようなサポートをしていただけますか?

A: 保証期間内の場合、正しい使い方、手入れをされた上で起こる不具合については、交換部品等、無償で提供して修理対応させていただきます。もちろん保証期間後も、交換部品等は有償となりますが、継続サポートさせて頂きます。

Q. 機械の耐用年数はどれくらいですか?

 A: 耐用年数は約8年ですが、モーター等の部品を交換すれば、永続的にお使い頂けます。

Q. 清掃方法を教えていただけますか?

A: 清掃が必要な部分は簡単に取り外しが可能で、取り外したパーツはすべて食洗器で洗浄いただけます。

Q. 交換用部品の購入は可能ですか?

A: はい。購入は可能です。海外への発送も対応しております。

Q. 電圧は海外対応可能でしょうか?

A: 機械は単相100Vなので、海外でご使用いただく際には、現地の電圧に合わせた変圧器を通してご使用いただく必要がございます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください