見上げた夜空を彩る一瞬のきらめき、息をのむほどの壮大さ、打ち上げる人々の熱い想い。夜空を見上げる私たちに感動と笑顔を届けてくれる花火職人の皆さまに感謝の意を表するとともに、打ち上げに携わる皆さまにも笑顔になっていたいと思い、本プロジェクトに取り組みます

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、あてま高原リゾートベルナティオと申します。

クラウドファンディングをご覧頂きありがとうございます。


春夏秋冬色鮮やかに表情を変えていく、豊かな自然に囲まれたこの地をイメージしてイタリア語の「美しきふるさと」の意味にちなみ、ベルナティオ(BELNATIO)と名付けました。

東京ドーム約109個分の広大な敷地には、ホテルや結婚式場、アクティビティや自然学校などがあります。日常の喧騒を離れて自然のなかに身を置ける、お客さまにとっての“心のふるさと”でありたいと思っている滞在型のリゾートホテルです。


雪と着物の町 十日町

新潟県の東部に位置している十日町市(妻有地域)には、雪解け水から育まれた農作物、地酒のみならず、古くからの織物文化と自然が融合した現代アート作品が点在しております。

それらはすべて“人”が紡いできたものばかりです。

当館は地域とともに発展し、十日町・新潟の親善大使と認めていただけるよう、愛すべき十日町市の魅力を最大限に発信し続けてまいります。


苦境に立ち向かう花火職人や携わる方々を笑顔にしたい!

見上げた夜空を彩る一瞬のきらめき、息をのむほどの壮大さ、打ち上げる人々の熱い想い。

それらが一体となった花火は、見る人の心を魅了し、揺さぶり、涙することさえあります。

夜空を見上げる私たちに感動と笑顔を届けてくれる花火職人の皆さまに感謝の意を表するとともに、打ち上げに携わる皆さまにも笑顔になっていただきたい。

そしてその笑顔から生まれる花火を、お客さまの笑顔と一緒に見上げたい。

そんな想いを形にするため、このたびクラウドファンディングでのご支援を募ることといたしました。


人と花火をつなぐ未来へ!

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、日本全国大規模なイベントは軒並み中止となり、これからハイシーズンを迎える花火大会もこの例外ではありません。

新潟県でも歴史ある代表的な花火が中止となり、大きな影響を受けております(2019年度花火打ち上げ消費金額=全国第1位)

一年前から今年上げる予定である花火をつくり、準備しその花火を「火薬庫」と呼ばれる倉庫に保管しますが、その倉庫が満載の状態で、雇用を維持できなくなっております。

花火には古くから悪疫退散の意味合いがあります。こんな状況下だからこそ、花火の力で苦境を楽境の瞬間に変えられるのではないでしょうか。

感染予防対策で3密を防ぐため、従来のようなご観賞は叶いません。

しかし、安全安心を考慮し、このあてま高原の地「美しきふるさと」で夜空に打ち上る最高の花火を、最高の笑顔とともに見上げたいと強く思っております。


開催日

8月22日(土)〜8月28日(金)



最後に:プロジェクト立ち上げにかける私たちの想い

花火職人の皆さまには、当館で行われるイベントのたびにも花火の打ち上げに多大なるご協力いただいており、窮地に立たされております。

職人の皆さまの最大の苦境を笑顔で乗り越えるには、皆さまのあたたかいご支援が必要不可欠です。ぜひ皆さまのお力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください