あしなが学生募金事務局・東海エリアの多賀愛華が作成したページです。病気・自死・災害によって親を亡くした子どもたちや、親に障がいがある子どもたちへ奨学金で支援を行っております。新型コロナウイルスの影響により街頭募金が中止され、未来ある子どもたちの夢が奪われつつあります。

プロジェクト本文

「あしなが学生募金事務局」は、毎年春と秋に全国約200か所で行われています。今年の春に100回目が行われる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により中止となってしまいました。

全国で年間約2億円のご寄付を集めており、全額を「一般財団法人 あしなが育英会」を通じて病気・災害・自死などで親を亡くした学生、親に障がいがあるために働けない家庭の学生たちのために奨学金を送っています。今回春の募金が中止になった事で、奨学金が不足する可能性が出てきており、全国の奨学生たちは不安な思いを抱えながら日々を送っています。またそれだけでなく、今まで街頭募金で伝えていた全国の奨学生の声を届けることが出来ませんでした。

あしなが学生募金事務局の局員のほとんどが、あしなが育英会の奨学生です。自分自身のためは勿論、後輩奨学生のためにも頑張っています。

緊急事態宣言が解除されても社会は元の状態には当面戻らず、今現在でも多くの奨学生たちが苦しい思いをしています。このプロジェクトを通して、あしなが奨学生の想いを知って頂きご協力していただきたいと思っています。

はじめまして。

あしなが学生募金事務局・東海エリアの多賀 愛華(たが あいか)と申します。

私自身も中学生の時に父を亡くしたあしなが奨学生の一人です。 昨日とは全く違う世界、家族、生活。 

二人で山登りやスキーに行ったこと、旅行に行ったこと…父は沢山の楽しい思い出と、沢山の大切な事を残してくれました。
今まで一緒に過ごしてきた時間がよみがえり、もう二度と会えない父の存在を大きく感じるばかりでした。

そんな時に当時の担任の先生から紹介してもらったのが「あしなが育英会」です。
あしなが育英会のおかげで高校に進学することが出来ましたし、そして今も大学で自分のやりたい事を学ぶ事が出来ています。あしなが育英会は私の生活・家族に大きな希望をもたらしてくれました。

私は、そんな感謝してもしきれないあしなが育英会に恩返しをしたいのです。そして、私が救われたように後輩奨学生も少しずつでも救ってあげたい。『みんなと同じように夢を見させてあげたい。』そんな思いから学生募金に参加しています。 

あしなが活動に参加していく上で、自分と同じような境遇の仲間や尊敬する先輩方に出会うことが出来ました。自分だけではないし、自分よりもっと辛かった仲間がいる。同じような状況なのに経験豊富で、何でも詳しい先輩がいる。自分の未熟さと、まだやれる。という希望を感じました。

 全ての人が恵まれた環境で生活し、十分に学べているわけではない。学べることは幸せである。夢を持てることは幸せな事である。 学校生活ではとても経験できないような事をあしなが育英会は教えてくれました。

私は有難いことに夢を追うことが出来ていますが、まだまだ進学を諦めてしまう子どもたちが多くいます。
学校の友達と同じように夢を語り合ってほしい。いや、その何倍も大きな夢を見てほしい。
辛い経験があったからこそ、誰よりも笑顔に大きくなれると思うから。

私は、あしながのおかげで
全国に仲間を作る事が出来、何より今学べていることに感謝するようことが出来るようになりました。

そして、自分には周りの友達に負けない強みがあると、思えるようになりました。あしながは、それまで父が亡くなったマイナスしか見えていなかった私に、新しい世界に目を向けさせてくれました。 

夢を諦めなければいけないから、夢なんか見られない…。
そんな理由で子どもたちの夢を無くしてしまっていいのでしょうか?
全国の学生たちに夢を語ってもらいましょう。夢を描いてもらいましょう。夢を叶えてもらいましょう。

きっとそれが素敵な明るい未来に繋がるはずです。 

皆さんの応援が私たち遺児の大きな力になります。 

ご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

あしなが育英会の調査によると、遺児家庭の平均月収は14万6,380円(*1)となってます。また、生活保護受給率は12.8%(*2)と全国平均の1.6%を大きく超えており、奨学金なしでは大学・専門学校の学費を捻出できる水準には到底達していません。

(*1)2018年奨学生家庭の生活と教育にかんする実態調査(主査・副田 義也=筑波大学名誉教授・社会学)

(*2)生活保護の被保護者調査(平成30年7月分概数厚生労働省)


そのため多くの遺児学生たちは学費を奨学金で、生活費をアルバイト代で賄っています。

しかし、学生のアルバイトはそのほとんどが接客業です。

昨今の情勢のなかでアルバイトのシフトは日に日に削られ、思うように生活費を稼ぐことができなくなってきています。

加えて、街頭募金の中止により奨学金の資金源確保にすら暗雲が立ち込めており、遺児学生とそのご家族の多くが、並々ならぬ不安感を抱えながら日々を過ごしている状況です。

本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会へ寄付されあしなが育英会が支援する日本、アフリカの遺児学生のための奨学金として使われます。

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります。

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

50年の歴史を持つ遺児支援のための募金運動団体で、学生だけで運営されています。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金活動では、毎回のべ1万人のボランティアスタッフの参加があり、年間約2億5千万円の寄付を募っています。募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・AAI事業)のために使われています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga-gakuseibokin.org/


病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。あしなが育英会の奨学金によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga.org/

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした学生や、親に障がいがあり働けない家庭の学生たちを経済的・心理的に支援している非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。半世紀に及ぶあしなが運動により、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。現在、日本国内には約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地合わせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga.org/

『すべての遺児に教育の機会と心のケアを』というスローガンのもと、世界中から私たちの活動に賛同・支援してくれる100名のファンドレイザーを募集し、2021年3月までのキャンペーン期間中に100億円の寄付を達成することを目指す、グローバル・ファンドレイジング・キャンペーンです。このキャンペーンのもと、日本だけでなく海外でも、大小さまざまなキャンペーンを実施していきます!個人でもグループでもご参加いただけます。

https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください