限界まで小さく。カードサイズでオールインワン。最小クラスの優れもの。


たなごころという名に相応しいサイズ感。まさに手の中。前回の1stモデルよりも、さらにコンパクトになった" tanagokoro MICRO たなごころマイクロ "。現金よりもキャッシュレス、スマホ決済もしているなら、財布のサイズはこれで十分。たくさん収納するのではなく、必要なだけ。使う分だけ。


ミニバッグにポンと入れて、さあ出かけましょう。



さらに小さく、限界まで。
上から見るとカードのサイズと同じくらい

1stモデルより面積が31%サイズダウン。小さくなっても十分な収納力。カードサイズを基本に限界まで小さくしながらも機能を損なわない最小モデル。


収納力?足りているならそれでいい。必要なのは使い方。

財布にたくさんお札を入れて、何枚もカードを入れて、ジャラジャラ小銭入れて。。なんて過去の話。普段の生活に "必要な分だけを持ち歩く"というサイズ感であれば、さらにコンパクトになります。

お札1万円分、小銭はなるべく減らすようにして、カード×6(免許証、保険証、クレジットカード×2、銀行カード、交通系カード)必要なだけを持つ。使い方を工夫する。お札は5枚前後推奨。1万円くずして5千円と千円札4枚の計5枚。


領収書はお札の上に滑り込ませて収納(印字面は内側にしてください)。


小銭はカードの裏のスペースに。100円玉なら10枚収納可能。

カードは計6枚推奨。
クレカ2枚、銀行1枚、免許証、保険証、交通系1枚の合計6枚。



スキのない立体構造。

細かいパーツや縫製箇所を極限まで減らして、1枚仕立ての立体構造に。


張合わせて外周を縫う基本構造のtanagokoro1stと
tanagokoroMICROの側面の違い。


外周の縫い代のない包む構造。縫い代がない分より小さくなる。
ほつれの心配もない。1stモデル同様、金具は使わずに革だけで。



しっとりとした手触り。conceria800社 TOSCANO LISCIO

手染めによる優しい色合いは、使うたびに色深く、つややかに変化します。革表面の滑らかで吸い付くような質感は、イタリアの名工によって鞣されている芸術品。

左側使用前と右側使用後(割とラフに使い込んだ3ヶ月)。
普通に使い込むだけで、ツヤと色の深みが増します。

TOSCANO LISCIO

ミール(キャメル)


ベルデ(グリーン)


フォコ(レッド)


サンド(ナチュラル)


シャンティ(バーガンディー)


ネロ(ブラック)



それでも、たまに使うカードは余分にあるし。。。
診察券や銀行のカード、ゆうちょのカードも。。
バラバラになったカードを一つにまとめておけるカードケースあります。
1枚仕立てのカードケース” tanagokoro MATE たなごころメイト "

病院の診察券は2~3枚あって、ゆうちょのカードも1枚、銀行のカードだってあと3枚くらいはある。。普段使わないけど、無いと困るカード。財布の中身を整理して、余ったカードは一つにまとめておくと便利です。


ロゴ側のカードスロットには2枚前後。


その後ろ側スロットには4枚前後、計6~7枚収納できます。

一つにまとめておいて、いざ使うときに一緒に持てば、全部足ります。




wayward leathersオリジナルボックス



過去と未来とツールと愛。

毎日使うツール。必要なツール。支払いの時の所作やテーブルに無造作に置かれている時の佇まい。ついつい手に取って眺めたくなるような自分だけのツール。
持ち物はそのヒト自身を表す名刺代わりと言われるように、日々のパートナーであるツールは、機能性だけじゃなく、心踊るような気高さもなくてはならない。
ただのモノかもしれないが、少なからず一緒の時間を共有するのだから、仲良くなれるヤツがいいし、どうせなら愛せる方がいい。そんな風に考えるとヒトもモノも関係性として変わらないのかもしれない。
所有することが象徴だった過去も、無駄のない利便性が未来だとしても、楽しむなら愛せるほうがいい。愛せるものがたくさんある人生、悪くないです。



【素材】牛革(植物タンニンなめし)
【製品重量】48g
【生産国】日本(自社生産)
【サイズ】 幅85mm 高67mm 厚12mm
【カラー6色】ミール(キャメル)、ベルデ(グリーン)、フォコ(レッド)、サンド(ナチュラル)、シャンティ(バーガンディー)、ネロ(ブラック)

【素材】牛革(植物タンニンなめし)
【製品重量】23g
【生産国】日本(自社生産)
【サイズ】幅85mm 高57mm 厚10mm
【カラー6色】ミール(キャメル)、ベルデ(グリーン)、フォコ(レッド)、サンド(ナチュラル)、シャンティ(バーガンディー)、ネロ(ブラック)


“ wayward leathers “(ウェイワードレザーズ) way ward(囲いの外へ、ルールの外へ)を理念に、中目黒の小さな工房で2001年にスタートしました。人間に一番近い素材である「革」に強烈に惹かれたのがきっかけです。使えば使うほどに馴染んでくる、自分だけのものになっていく魅力は他にはないものでした。
弊社のプロダクト製作は、企画、デザイン、パターン、縫製、染色まで、そのほとんどが僕たち職人の手作業で行われます。食肉で余った「皮」をなめすことで素材である「革』に変わります。つまり革を使うことは食物連鎖のひとつでもあります。「命をいただいている』という温もりを感じながらヒトに役に立つものを、これからも作り続けたいと思っています。

リスク&チャレンジ

わたしたちwayward leathers(ウェイワードレザーズ)は自社にて企画からデザイン、材料の仕入れ、製作、発送まで一貫して行います。少数で手作業での製作になりますので、お申し込みの数量によって遅延する可能性がありますのでご了承ください。また本革になりますので革の表情は全て違います。生きている僕らと同じように個体差があります。生きていたという事実をご理解ください。もし製品に不具合があればすぐに対応いたします。

■ 特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: wayward leathers (ウェイワードレザーズ)

◯ 事業者の所在地:〒157-0068 世田谷区宇奈根2-2-10

◯ 事業者の連絡先:Tel: 03-5429-6214 メール: info@waywardleathers.com

※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り

※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り

※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2020/10/26 14:44

    ようやくサクセスすることができました。ご支援いただいた方たちには本当に感謝です。思ってたより時間かかりましたけど、ひとまず安心しました。残りあと20日。あと少しで終了です。新宿マルイメンでのポップアップショップも11/3まで開催していますので、興味のある方は是非見にきてください。よろしくお願い...

  • 2020/10/17 22:16

    暑い夏もあっという間に過ぎて、気づいたら10月後半です。tanagokoroMICRO支援の期限も残り1ヶ月切りました。前回から引き続きこのプラットホームに参加させていただいていますが、思うようには支援の数が伸びませんね。なかなか難しいです。この仕事を始めてもうすぐ20年になりますが、作ること...

  • 2020/10/01 21:50

    普段からお世話になっている革の問屋さんへいつもお気に入りで使っている材料に新色が追加されたというので見に行ってきました。材料を包みから広げる。たくさんある中、雰囲気のいい材料に出会うと心躍るのは以前から変わりません。作る目的を考えて材料を探すこともありますが、材料に触れてから思いつくこともあっ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください