はじめに・ご挨拶

はじめまして。JAめぐみので農家さんの販売支援を担当しています柴田と申します。
まず始めにキウイ農家を代表して神山さんの「ほらどキウイ」にかける思いを聞いてください。

自分たちが作り上げてきた良い物を未来へ残したい

私はほらどキウイフルーツ生産部会 部会長の神山博和です。
関市洞戸でキウイを作り続けて40年になります。最近では、直売所や道の駅、スーパーで「ほらどキウイ」を売ってもらい、美味しいからもっともっと作ってと言われるようになりました。
私をはじめ、作っている農家が美味しいと自慢できる「ほらどキウイ」、大好きな「ほらどキウイ」を残していきたいです。
食べたことのない方は、一度食べてみて下さい。ほんとに美味しいよ。
作業をする部会長の神山さん


キウイの苗木を植える活動スタート

関市洞戸地区の「ほらどキウイ」は農家の高齢化とともに近年は樹齢の古い園が散見され、収穫量も減少しています。農家さんの思いを受け、JAめぐみのが協力を呼び掛けたところ、「ほらどキウイ」を未来に残していくために農家さんと協力機関、パートナー企業の皆さんが立ち上がり、キウイの苗木を植え,生産面積を拡大する取り組みがスタートしました。
プロジェクト名「ほらどキウイを未来につなごうプロジェクト!」(略して、ほらプロ)
プロジェクトでは3年間で500本、1ha分のキウイの苗木を植えます! 

<ほらプロのシンボルマーク>


キウイが有名な洞戸地区そのものをキウイに見立てたデザインで、特産物であるキウイを主に綺麗な川や山が特徴であることをイメージしました。文字はSDGsを連想させるカラーリングを採用しました。        



「ほらどキウイ」を生み出す大自然

まるで絵画のような美しさで一躍有名となった”モネの池”がある岐阜県関市。

ほらどキウイのふるさと関市洞戸(ほらど)地区は、清流板取川が流れ、豊かな自然がある、日本の昔ながらの里山です。



山間地で冬には雪が多く積もる。キウイ栽培には決して適した環境とは言えない。



豊かな自然と綺麗な水、山間地の厳しい環境の中で栽培されてきた「ほらどキウイ」。昼夜の寒暖差の大きい気候が育て上げた甘みと酸味を多く含んだジューシーなキウイフルーツとして、たくさんのファンがいます。



生産量は全国シェア0.1%

地元で愛されている「ほらどキウイ」は関市洞戸地区で昭和54年から栽培が始まり、現在は40名の農家さんが栽培しています。一時期、100万玉あった生産量も現在では、30万玉と減少しておりますが、「ほらどキウイ」をこよなく愛する農家さんたちが作り続けております。

収穫され、選果場に集まった「ほらどキウイ」

リターンのご紹介

「ほらどキウイ」贈答用1箱9玉入り
贈答用として、お送りする立派なM玉以上のサイズをリターン品といたします。食べ応えのある人気のサイズで「ほらどキウイ」の美味しさを感じていただける厳選品です。

リターン商品に苗木代金を含みます
「ほらどキウイ」を食べたことがある人もない人も、購入していただくことで、関市洞戸ではキウイの苗木を植えることができる仕組みです。


プロジェクトで実現したいこと

キウイフルーツの樹木の樹齢は30~40年と言われています。洞戸地区の畑には老木が目立ちます。今後生産量の拡大を目指すうえで、新しい土地にキウイフルーツの苗木を植樹していくことと、老木を新しい苗木に植え替える必要があります。

令和3年12月にパートナーの方々や地域の小学生と植樹します!

プロジェクトでは、洞戸地区内に新たに栽培棚の設置を行います。そこにこのプロジェクトによってご支援いただいた資金で購入した苗木を植樹し、地域の農業の担い手である農事組合法人ほらど未来ファームに管理していただきます。

植樹予定地(岐阜県関市洞戸)


資金の使い道・スケジュール

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
ご支援いただいた資金は、キウイフルーツの苗木購入費用と、リターン商品であるキウイフルーツ贈答箱の商品代と発送費用に充てられ、目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターン商品をお届けします。

【スケジュール】
8月1日~9月30日 クラウドファンディング掲載期間
12月       キウイフルーツ苗木植樹                                                                                                      リターン商品順次発送


最後に

「ほらどキウイ」を通じて、皆様との絆をつなぐプロジェクトが始まりました。地域から愛される「ほらどキウイ」を全国の方にも知っていただき、10年後、20年後、さらにその先の未来へ残していけるように取り組んで参ります。
「ほらどキウイ」を食べて、産地を応援してください!
ご支援よろしくお願いいたします。

ほらプロメンバー 出陣式の様子

【プロジェクトの運営】

JAめぐみの 「ほらどキウイを未来につなごうプロジェクト」メンバー

【プロジェクトの生産者の皆さん】

JAめぐみのほらどキウイフルーツ生産部会
農事組合法人ほらど未来ファーム

【プロジェクトの協力機関】
岐阜県中濃農林事務所
岐阜県立関高等学校
関市洞戸小学校

【プロジェクトのパートナー企業】
十六銀行
イオンリテール株式会社
生活協同組合コープぎふ
株式会社岐阜フットボールクラブ
中部学院大学・中部学院大学短期大学部地域連携推進センター

【後援】

関市
岐阜県JAグループ


  • 2021/09/12 10:00

    12月のほらどキウイの苗植樹予定地に栽培棚の設営が完了しました。そのほらどキウイの植樹予定地で取材を受けました。写真は、中日新聞中濃版に掲載された記事です。ネクストゴールを目指して頑張っていますので、引き続きご支援をよろしくお願いします。

  • 2021/09/07 17:31

    報告が遅くなりましたが、8月28日に目標金額を達成することが出来ました。沢山の支援を頂き、約1ヶ月の期間を残して達成することが出来ました。そこで「ネクストゴール」に挑戦します。「ネクストゴール」の目標は....支援者数「200人」です!!ネクストゴールへ向けプロジェクトメンバーも力を合わせて頑...

  • 2021/08/17 17:27

    8月1日より開始しましたプロジェクトに、皆様から沢山の支援を頂き8月17日現在目標の50%を到達することができました。本当にありがとうございます。ほらどキウイ苗の植樹予定地で、棚作りが始まっていますので報告させていただきます。最初に棚を支える柱の位置決めを行いました。キウイ畑の棚は、キウイを栽...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください