はじめに・ご挨拶

こんにちは代表の森島立彰(もりしまたてあき)です。

私は飲食業が大好きで、20代前半の時に大阪ミナミで働き、

素晴らしい仲間とお客様に恵まれ、独立。

飲食店の経営は今年で9年目を迎えます。

このプロジェクトで実現したいこと

創業以来、居酒屋業態にこだわってきました。

海産物専門店や、地鶏専門店など、地域の食材を生かした専門店を手がけて参りました。

今回ご紹介するジビエ専門店「山小屋酒場KEMONO(https://kemono-pub.com/ ) 」は、

地方(主に広島)の想いと僕たちサービス提供者の想いが詰まったお店です。

お店の場所は大阪中央区の千日前にあります。

このお店からジビエ料理の素晴らしさと必要性を日本全国に広めたいのです!

プロジェクトをやろうと思った理由

獣害は今や大きな社会問題です。

野生動物はどんどん力をつけており、その一方、

農家が立ち並ぶ田舎では高齢化が進み、跡取りもなくお年寄りが農業を営んでおります。

この獣害被害で作物が育たない、全国においしい野菜を届けることができない、など、

ニュースでは、紹介されることのない社会問題が長年起きています。

中には、ケモノの力に負けて農業を辞めてしまうご家庭もいらっしゃいます。

ひどい場合は大怪我をされる方もいらっしゃいます。 

ジビエ料理を広めることは、地方の農家を守ることにつながるのです。

↑現地の猟師の方とネットワークを持つことができ、ジビエ肉を広めることができました。

【備後ジビエ製作所ホームページ】

https://bingogibier.com/


これまでの活動

ご存知の通り、東京・名古屋・大阪を始めとした都心ではジビエ料理が大流行。

和風洋風に様々な料理が認知されています。

北海道産 エゾ鹿のタン

広島産いのしし鍋

いのししと鹿のソーセージ


そして熊も鹿も猪も、食べたらとてもおいしいのです!そしてなんといってもヘルシー。

お店の経営は決して楽な道のりではありませんでしたが、

オープンから3年を経過して何とか軌道に乗って参りました。

その矢先に今回のコロナウィルスの災害が起きました。

 

資金の使い道

お店が通常通りに運営できないことで、広島の農家の方々が困っています。

さらに、食材が余るだけでなく、獣害がさらにひどくなっていると聞いています。

このままでは農業を辞める方も出てきてしまいます。

当然ながら我々が仕入れている代金により、駆除の事業活動は運営されています。

私の会社やお客様の「消費」がないと、現地で害獣駆除の活動ができなくなり、

しいては広島の農家の方々が事業を辞めることになります。

ジビエの消費を促進して、この社会的危機を皆さんのお力を借りて、脱出したいのです!

 

リターンについて

お店に来ていただくには、まだ外出の際の感染症対策(駅や道中など)に不安が残りますので、

ジビエのオリジナル商品を発案しました。

丹精込めて作ったソーセージは、とてもリーズナブルで美味しいです。

もちろん現地広島での専門加工工場により、殺菌消毒作業は万全を期して行っております。

栄養価が高く、低カロリー!自然の中で育ったおいしいジビエ肉を

皆さんに味わってほしいと考えております。

↑衛生面や品質でお墨付きを得た施設で加工しています。

4つの工程を経て殺菌・消毒・解体を行っております。

↑広島県から認定を受けた加工工場より、新鮮なジビエ肉を仕入れております。

 

【安全への取り組み】

広島県環境保険協会による「E.coli検査」により、衛生管理を徹底して行っております。

また、広島県が定める「HACCP」に基づいた一定水準以上の衛生管理に取り組んでおります。

 

実施スケジュール

このキャンペーンは2020年9月30日まで実施する予定です!

 

最後に

ご家庭で新鮮なジビエ料理を食べてみませんか? 

冷凍食品ですので郵送費は1200円ほどかかってしまいますので

本体価格をできる限り安く抑えました!

どうかご理解頂けますよう宜しくお願いします。

皆さんの力が必要です。ぜひ助けていただけませんでしょうか。


【※必ずお届けします。】

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください