はじめに・ご挨拶

はじめまして。マルコリーニの飼い主、安部と申します。
先代猫のあどさんが老衰で今年1月に亡くなり半年経った6月、マルコリーニを新たにお迎えしました。

スクスクと順調に育ってくれていると思っていた7月の終わり。急に元気がなくなりました。
すぐに病院に連れて行ったところ、検査前でなんとも言えないが、一番疑わなくてはいけない病気が

『FIP』猫伝染性腹膜炎

だと先生から言われました。
FIPとは、今の日本の医療では治すことのできない病気=余命宣告をされたようなものです。
すぐに血液検査ほか精密検査を受け、結果を待つこと一週間。

その間に腹水がどんどん溜まっていき、お腹がパンパンで苦しそうなマルちゃん。。。


やはり診断結果は変わらずFIP、ウェットタイプでした。
検査の結果を待つ間、どうにかマルちゃんを助けることはできないかと毎日調べました。
不治の病とされるFIPですが、なんと日本では未承認のお薬で寛解している猫ちゃんたちがいることを知りました。
マルちゃんもこのお薬で治るかもしれない!!
検査の結果が出て、早速この未承認薬での治療を始めました。

FIP(猫伝染性腹膜炎)について

1歳未満の子猫が罹りやすいと言われるウィルス性の病気。
FIPにはウェットタイプドライタイプがあり、いずれも今の日本の医療では治すことができない致死率
100%の病気です。

特にウェットタイプは進行が早く、発症から数日〜1ヶ月ほどで亡くなってしまう猫さんも多い病気ということです。


マルコリーニについて

名前: マルコリーニ♂

誕生日: 2020年4月1日

特徴、性格など:綺麗なチョコレート色の被毛をもつスコティッシュフォールド。ほとんど鳴かず鳴いたとしても聞こえないくらいの小さな声です。物怖じしない性格で、掃除機などの大きい音も全然平気。

飼い主(僕)について

自営業で生活しています。今回のコロナ禍でもろに影響を受け、先の見通しがつかない状況です。自分で飼い始めたマルコですから、責任を持って自分のお金で治療をすることが当然ですしそのつもりで治療を開始しましたが、仕事面での不安や毎日の通院、看病でさらに仕事が思うようにできない状況に陥り、大変お恥ずかしながら皆さんのご協力をお願いしたいと思いました。よろしくお願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと
1、最後まで治療をやり遂げ、マルちゃんをFIPから救いたい。

FIPという難病から寛解させるためには84日間、毎日同じ時間に投薬させなければいけません。
体重1kgあたり2,400円のお薬が毎日必要です。
治療開始時、マルちゃんの体重は2.0kg、一日4,800円の投薬代からスタートし、現在は2.4kg,一日6,000円です。
(体重が増えるとともにお薬の量も増えていきます。)
治療開始時の体重での単純計算になりますが、4,800円×84日間=403,200がお薬代のみで必要です。
お薬代に加え、定期的に精密検査(10日に1回約1万円×8回=8万円)が必要で、今後体重が増えていくことを考慮すると、84日間無事に治療をやり遂げるためには約100万円ほど必要だと言われています。
(本日8月25日現在、これまでの精密検査等治療費合計金額が322,443円となっています。)

このようなことを見ず知らずの方々にお願いするのは、大変おこがましく申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、マルちゃんの命を助けるため、どうか皆様のお力をお借しいただきたいと思います。
よろしくお願いします。

2、同じくFIPで苦しんでいる猫さんたちにお薬の存在を知ってもらいたい。

未承認薬ということで通常の動物病院では処方されないどころか、このようなお薬があるという情報さえ提供していただけないということが多々あるようです。高価なお薬ですがこのお薬さえあれば亡くならずに済んだ命はたくさんあります。このプロジェクトを通してマルちゃんの治療を成功させ、このお薬の効果を実証し、広めて行けたらと思っています。

プロジェクトをやろうと思った理由
1.あどさんとの別れ

今年1月、17年もの長い間一緒に過ごしてきたあどさん。

老衰でなくなりましたが、

もっとしてあげられることはなかったのか?

あどさんは僕と一緒で幸せだったのか。

最善を尽くせたのか。。。

様々な想いが今でも頭をよぎります。僕があどさんと暮らし始めたのはまだ20代の頃で、今だったらもっとあどさんを幸せにできたのではないかと思い、次にまた猫さんと暮らすチャンスに恵まれたら、今度こそは最期を迎えるときに悔いなくお見送りできたらいいなぁと思っていました。


2.マルちゃんとの出会い

今年5月の終わり、新たにマルちゃんを迎え、また楽しい毎日が始まりました。
先代のあどさんは好き嫌いのはっきりしたわかりやすい性格の子でしたが、マルちゃんはとっても穏やかで優しい子です。
当たり前の話ですが、猫もひとりひとり性格があるんだなぁと楽しく子育てをしていた矢先、
マルちゃんが急に元気を無くしました。

3.FIP発症

いちばん恐れていた病気、FIPを発症しました。
いまだに原因がわからない致死率100%の病気です。
マルちゃんが発症したウェットタイプのFIPは、発症後数日〜1ヶ月ほどで死んでしまう恐ろしい病気で、検査結果後すぐに治療を開始する必要がありました。

治療には日本では未承認のお薬を使用する必要がありさらに高額ということもあり、正直なところ治療をするべきなのかどうか真剣に考えました。

しかし、老衰で亡くなったあどさんに対しても様々な想いがよぎる経験から、

もし病気を治せる可能性が少しでもあるならば、挑戦しなければ後々必ず後悔する。

そう思い治療を決意しました。

マルちゃんを助けてあげたいという気持ちと同じくらい、自分のためでもあることをお許しください。


これまでの活動

7月25日(土曜日)

急に具合が悪くなり近所の動物病院へ。
症状からFIPの可能性が高いことを告げられ、月曜日に半日かけて精密検査をすることに。

7月27日(月曜日)

近所の動物病院にて精密検査。結果は1週間前後ということで、一旦様子を見ることに。

7月28日〜8月2日(火曜〜日曜)

検査の結果を待つ間にどんどんお腹が復水でパンパンになり、嘔吐したりかなり具合が悪くなりました。

8月3日(月曜日)

FIP(ウェットタイプ)確定。先生からも日本では未承認ではあるが治せる可能性がある薬の話をされる。しかし、未承認の薬ゆえ、処方することはできないので個人輸入で入手する必要があるとのこと。

薬が届くまでの間、毎日注射をしてつなぎましょうというということで、先生を信頼してお願いすることに。


8月5日(水曜日)

本日も注射のため動物病院へ。明日木曜日が病院の休診日ということを知りパニックに。
なぜなら毎日打ち続ける必要がある注射だったためです。

まだ個人輸入したお薬(経口剤)も届いていないため、同じお薬を譲ってくださる病院をインターネットで急いで探し電話で問い合わせたところ、治療はできないがお薬の処方のみはしていただけるということでお薬の経口剤を購入しました。

8月6,7日(木、金曜日)

飲み薬に切り替えたところなぜか具合が悪化したため、またかかりつけの病院の先生に相談したところ、栄養剤などのお注射をしてくださるということで2日間通いました。2日間の間に、未承認薬を使用した治療をしてくださる協力病院というものがあることを知り電話で問い合わせました。土曜日の17時半からなら診察可能ということで早速予約をしました。この時点でマルちゃんはかなり具合が悪く、毎日の嘔吐、食事は全くできないようになり、トイレもせず一日中じっとしているだけでした。

8月8日(土曜日)

協力病院へ。マルちゃんの様子から、今までの治療は一旦リセットしてもう一度最初から治療を始めましょうとのこと。マルちゃんの症状はFIPのウェットタイプなのは間違いなく、まだ初期ということで治療後の生存率は80~90%くらいだと仰っていただけてほっとしました。

胃腸の調子が悪く経口剤を飲ませても吸収できない可能性があるということで、また注射からの治療になりました。

こちらの病院の先生は協力病院ということもあり、FIPに対する知識がとても豊富で丁寧な説明も安心できるものでした。家から遠く、通うのは大変ですがこの先生を信じて頑張ってみようと思いました。

8月9,10,11日(日、月、火曜)

注射治療開始。治療2日目で今までの治療とは明らかに違った効果がありました。全く食べられなかったごはんも自力で食べられるようになり、排便排尿もできるようになりました。
本格的な治療はこれからですが、希望の光が見えてきました。


8月12日(水曜日)

協力病院での注射治療は本日で終了。明日からは自宅での経口剤の投薬に切り替えます。
注射のおかげで少しずつ元気になっていくマルちゃんですが、本格的な治療はここからです!!

8月22日(土曜日)

10日ぶりの検診です。
腹水は取れてきたものの微熱と貧血が認められるということで処置をしていただきました。

8月25日現在、治療費合計金額が¥322,443になりました。


資金の使い道

ご協力いただいた資金は全額治療費に使わせていただきます。

リターンについて

ささやかですが、ご賛同いただけるお礼といたしましてオリジナルのグッズを作らせていただきます。
デザイン等はまだ未定ですが、決まり次第ご報告させていただきます。
日常的に使っていただけるようなおしゃれなデザインにします!!

よろしくお願いいたします。



実施スケジュール

7月25日治療開始。

8月9日より協力病院にて治療を一からやり直し。(注射治療から)

8月13日より経口剤に切り替え自宅にて投薬開始。

8月22日10日ぶりの検診。

10月31日治療終了予定

その後3ヶ月間経過観察期間に入ります。


最後に

最後までお読みいただいてありがとうございます。

私事でこのようなプロジェクトを作ってしまい申し訳ありません。
僕自身にもっとお金があれば皆さんにお願いすることなくマルちゃんを助けることができたのですが、現在、収入的に困窮している状態で先行き不透明な為、やむなくこのような形で皆さんのお力をお借りしなければならない状況をお許しください。
助けられる手段があるのに、金銭面の都合で諦めることは僕にはどうしてもできませんでした。
治療費全額を支援していただこうということではなく、自分自身でできることは可能な限り自分でするつもりです。本当に申し訳ありません。

そして、このお薬がもっと認知されていけば、今もFIPで苦しんでいる猫さんの命をもっと救えるはずです。

どうか皆さんのお力をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

※この治療法は全ての猫、FIPに効果が証明されているというわけではなく、飼い主である私本人の自己責任において行っているものです。
「未承認薬mutian」は日本において動物医薬品として承認されていません。
マルちゃんの飼い主として、個人的な自己責任と判断のうえでマルちゃんにとって投与が必要と考えていますが、
全てのFIPの猫に「未承認薬mutian」が有効であるという趣旨ではありません。


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



  • 2020/10/31 10:00

    おはようございます。本日7時、最後のMUTIAN投薬が無事に終了しました。投薬終了後、マルちゃんによく頑張ったねと伝えました。一番頑張ったのはもちろんマルちゃんですが、僕自身も3ヶ月間、とりあえずやっと終わったなという達成感みたいなものを感じています。今回このクラウドファンディングを行うにあた...

  • 2020/10/30 17:44

    連日の投稿失礼致します。これまでたくさんの方々からの励ましのお言葉や応援、そしてご支援をいただいてきました。本当にありがたいことです。そして昨日、一昨日と、投薬とこのクラウドファンディングが終わりに近づくにつれ、さらに多くの方々からのご支援をいただきましたこと、感謝の気持ちしかありません。本当...

  • 2020/10/29 14:41

    こんにちは。昨日に続き今日も思うことを書かせてくださいね。本日も朝7時、無事に投薬を済ませました。これまではマルちゃんもお薬を飲めば体調が良くなるのがわかっていたのかあまり嫌がることなくお薬を飲んでくれていたのですが、最近はもう本格的に体調がいいのか、お薬の時間になると全力で逃げるマルちゃんで...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください