《2020年10月23日追記》

クラウドファンディング開始から4日間で258名の方にご支援頂き、目標の100万円を達成致しました。たくさんのご支援、誠にありがとうございます。

想定外の早さに驚くばかりですが、私たちは皆さんの期待に強く応えていきたいと思い、ネクストゴールを設定し、次へのステージに進んでいくことを決めました。

次なる目標金額は【300万円】。新たにご支援頂いた金額は、新フレーバーのぎふコーラの開発費および製造費に充てさせていただきます。

ぎふコーラを介して、ぎふ全体を一つにしていきたいと考える私たち。初回は西濃エリアの揖斐川町に着目したぎふコーラを製造しますが、第二回目の製造は薬草コーラをベースに、他のエリアとコラボしたぎふコーラを作ります。

次なるぎふコーラのコンセプトは【西濃エリア✕岐阜エリア】。各エリアの垣根を越えて、その地の良さを引き出す商品であることを目指します。各エリアで当たり前の文化が、他の地域の方々にとっては、斬新であったり、知らない文化であったりします。岐阜全土に眠る文化をもう一度引き出し、エリアを限定せず岐阜の魅力を再発見できるような、岐阜の文化を県外に発信できるような、ぎふコーラになることを目指します。

引き続き、ご支援・ご協力のほどよろしくお願いします。


ページをご覧いただきありがとうございます。岐阜県が故郷である私たち3人は、岐阜の文化を新たな形で継承していくため、20代最後のタイミングで新たなプロジェクトに挑戦します!

左:かおり(泉野かおり) / 揖斐川町地域おこし協力隊
中央:おさむ(片山治) / オーガニック料理専門店『to U』代表
右:とも(四井智教) / 健食茶房『kitchen marco』店長

私たちが取り組むのは、薬草の宝庫とも呼ばれる岐阜県揖斐川町旧春日村の薬草を使ったクラフトコーラづくり。健康的に美味しく飲める【ぎふコーラ】をみなさんにお届けします!



多様化していく食の嗜好性に合わせるように、クラフトビールをはじめ小ロット製造のドリンクが人気を博していますが、近年新たにクラフトコーラが注目を集めています。

身体に悪いイメージの強いコーラですが、元々はアメリカの薬剤師がスパイスなどを調合して開発した栄養ドリンクが始まりだと言われています。近年ではコーラの本来の良さを発信するメーカーが増加し、滋養強壮や美容効果が期待できるヘルシードリンクの一つとして人気を集めています。

コーラの語源でもあるコーラの実 × スパイス × 無添加=手作りコーラシロップ。コーラの原点に戻り、ありそうでなかった新しいコーラの個性溢れる味わいが若者の間で注目を集め、広がりつつあります。



調合する素材で味の変化が楽しめるクラフトコーラ。今回私たちがリリースするクラフトコーラは、岐阜県揖斐川町旧春日村の名産である”薬草”を使用します。

この地域は、約300年前、織田信長がポルトガル宣教師の教えにより、伊吹山に薬草園を開拓し、約280種類もの薬草があったとも言われています。昔から薬草を煎じて飲むことで自分たちの健康を守ってきた文化があり、それらは各家庭でブレンドし、”百草茶”として普段から飲まれていました。『母なる山伊吹山』と言われるほど、薬草の聖地であったこの場所には、昔から不思議なパワーがあります。


一般的に薬草と聞くと「苦くて飲みにくい」といった抵抗感のある声が多い一方、効果効能については「健康的なイメージが強い」とポジティブな印象を持っている方が多いです。苦手意識を払拭しつつ、薬草を生活に取り入れてもらえるよう、今回は数ある薬草の中から、よもぎ・かきどおし・どくだみ・ヤブニッケの4種類を調合。誰でも美味しく薬草を取り入れられるクラフトコーラを作りました。

ぎふコーラは、みなさんの抱く薬草のイメージをガラッと変えてくれるはずです。薬草が後味のすっきり感を作り出し、スパイスと調合することでバランスが取れ、大人も子供も飲みやすいコーラに仕上がりました。炭酸はもちろんのこと、牛乳で割ったり、ウィスキーやワイン、ジンなどで割るのも相性抜群です。

おうち時間が増えたいま、ご自宅でのカフェタイムや外でのキャンプ・ピクニック・日常のちょっとした贅沢に、友人や家族と一緒に飲んでいただきたいです。

*ぎふコーラは原液の濃縮タイプですので、飲むときは割ってお楽しみください。



私たち3人は、大学や就職を機に一度地元を離れました。憧れの都会生活で言われたことは「岐阜ってどこ?」「岐阜って何があるの?」。故郷の知名度の低さに衝撃を受け、どうしてこんなにも知名度がないのかと落胆していました。

30代を前に再び岐阜に戻ると、目の前に広がる大自然。各地域で作り出されている独自の文化。地域独自の伝統や宝物がたくさんあった事に驚かされました。こうした岐阜の魅力を、若い世代から伝えていくことはできないかと、3人がそれぞれに想いを抱えていました。

そんななか出会ったのが、無添加で生のクラフトコーラ【ともコーラ】でした。身体に悪いとされるコーラのイメージを覆す商品に興味を持ち、メンバーのおさむが営むオーガニックバル『to U』で2018年頃から取り扱いはじめました(全国で2店舗目、東海エリアとしては初めてクラフトコーラを取り扱うお店でした)。

ともコーラの製造者である古谷知華さんの思いも熱く、店舗にまで足を運んでくれました。各地域の良い素材と組み合わせ新しいクラフトコーラを作り出す彼女の姿勢に心打たれ、岐阜オリジナルのクラフトコーラを作ることを決意しました。

岐阜の宝・文化・特産を詰め込んだ健康薬膳ドリンク【ぎふコーラ】を作ることで、岐阜に古くから根付く文化への気付きの一歩にしたい。その第一弾として、薬草を使用したぎふコーラ造りが始まりました。

一時期は盛んに使われていた薬草ですが、現代では日常生活で口にすることは段々と減っていきました。山に入ることも少なくなり、薬草文化と触れる機会も減り、かつての薬草で栄えた町の活気も薄れていきました。

薬草を再び身近なものにしていきたいと思いながらも、私たちにとっても薬草は未知の世界でした。プロジェクトを進めながら薬草や地域について学ぶにつれ、その奥深さにどんどん惹かれていきました。

私たちなりの視点で薬草を継承する形として、まずは知るきっかけを作りたい。ともコーラがコーラの不健康なイメージを払拭しているように、薬草に抱いている抵抗感を変えてくれると信じています。



本来は5月からクラウドファンディング開始し、7月に発売予定でした。しかしコロナの影響もあり、企画製造を一旦中止せざる終えなくなりました。私のお店も打撃を受け、3ヶ月間の休業。終わりの見えないこの現状に、お店もコーラもどうするのがいいのか考える日々。

こうした中今回クラウドファンディング開始し、3月にぎふコーラをお客様の手元へ配送できる目星が立ちました。それもまた1人ではなく、3人で活動していたからだと思います。普段は個々に違う仕事をしていますが、ぎふコーラへの思い、故郷への思い、それがぶれることなく、年内製造を目標に掲げ、会議を重ねてきました。

私たちは1回限りの製造に終わらず、続くぎふコーラを目指しています。

今回は西濃エリアに注目して、伊吹山の薬草クラフトコーラを製造しました。岐阜といっても大きく5つにわけられ、飛騨・中濃・東濃・岐阜・西濃と各地で特徴が異なります。それぞれのエリアとコラボして作っていくことで、大きな【ぎふコーラ】へと成長していきたいと考えています。


この活動を通じて、私たちは大事な故郷を考え直すことができました。

離れていても変わらない故郷への思い。離れていてもできること。

私たちだからできる継承の形。昔の知恵を借りて、新しい形で表現すること。


始まったばかりの私たち。

まだまだ立ち止まることも多々ありますが、今と昔を繋ぐきっかけへとしてきたい。


そんな想いの詰まった【ぎふコーラ】をぜひ多くの方々に飲んでいただきたいです。
ご支援・ご協力よろしくお願いします。




ぎふコーラの立ち上げから今回のクラウドファンディングまで、たくさんの方々にご協力をいただきました。簡単ではありますがご紹介させていただきます。

■プロジェクト企画プロデュース
TOMO's CRAFT(ともコーラ) HP

■パッケージデザイン
デザイン:長谷川富路夫(Shirokuban) HP
イラスト:今井 恵理 HP


■リターンコラボ
・ともコーラ
・高知クラフトコーラ『sawachina』 HP
・Plesic - 所プリン HP
・山川醸造株式会社 - 長良醤油 HP
・山本佐太郎商店 - 白ご飯.comの無添加ふりかけ HP
・長良川デパート - リターン提供協力 HP
・平岩いちご農園 - ストロベリー&みりんコンフィチュール HP
・郡上明宝せせらぎ米 HP
・瑞芳園 - 和紅茶焼き菓子 澪-mio-紅茶はちみつ入りクッキー HP
・馬印三嶋豆本店 - 馬印三嶋豆 HP
・揖斐川町 HP
・kitchen marco - 薬草茶・ハーブ HP
・to U - お食事券 HP

さらに、ともコーラ主宰の古谷知華さんより、本プロジェクトへの応援コメントをいただきました!



■資金調達方式・資金使途
本クラウドファンディングはAll-in方式(実行確約型)で実施します。目標金額である100万円に達しない場合にも、ご支援いただいた方へのリターン品の発送、ぎふコーラの製造・販売を行ないます。本クラウドファンディングで集まった資金は下記に使わせていただきます。

・初リリース製造費 約90万円
・リターン発送費  約5万円
・諸経費      約5万円

※ 100万円以上のご支援をいただいた場合には、次回以降の製造にかかる費用に充てさせていただきます
※ 5万円【 薬草生産地の獣害対策支援 】プランへのご支援金は、薬草園に設置する獣害対策用の柵購入費に充てさせていただきます

■スケジュール
2020年10月19日 クラウドファンディング開始
2020年11月29日 クラウドファンディング終了
2021年1月 ぎふコーラ製造開始
2021年3月 リターン品発送

■お問い合わせ先
本プロジェクトへのお問い合わせ(プロジェクトの詳細や取材受付窓口)は下記までお願いします。

TEL / 090-1830-2790
mail / gifucola91@gmail.com
(担当:片山)

  • 2020/12/01 19:01

    10月19日(月)から開始したクラウドファンディングを11月29日(日)に無事終了したことを、ご報告させて頂きます。想像をはるかに超える方からご支援を頂き、終始驚くばかりでした。サイトを利用してご支援頂いた方、更に直接ご支援して頂いた方(ネットが苦手だけど参加したいというお声をたくさん頂きまし...

  • 2020/11/17 12:00

    皆さんこんにちは!プロジェクトリーダーおさむです。今回のプロジェクトや僕の店舗でオープン当初から大切にしていることがあります。「生産者さんと消費者を繋げたい。」 飲食店を2018年にオープンし、今年の11月で2年目を迎えました。飲食店オーナーとして素材にこだわり、味にこだわり、皆さんが笑顔にな...

  • 2020/11/10 12:00

    皆さんこんにちは、プロジェクトメンバーの四井です。5年前地元で何か形に表現したいと戻り、今回揖斐川町の薬草を使用したクラフトコーラという形で僕自身の夢の第一歩を踏み出すことが出来たのは、多くのみなさんからご支援ご協力を頂けたことが大きな力となりました。本当にありがとうございます。現在も軒先で薬...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください