はじめに・ご挨拶
 数あるプロジェクトの中からご覧いただきありがとうございます。至らない点が多々あるかと思いますが、ご一読いただけると幸いです。よろしくお願い至します。

 みーの飼い主のうーもんと申します。駆け出しのなんちゃって作曲家です。還暦を超えた父・母・4匹の猫と暮らしております。

 愛猫みーが悪性リンパ腫に罹患しました。はじめは右目が飛び出し、涙を流し、くしゃみが酷かったです。6ヶ月のプロトコルをもとに抗がん剤治療を開始しました。右目の飛び出しや涙はかなり引きましたが、体調の変化や白血球の減少で一時中断し、別の治療をしたりその治療が長引くと抗がん剤のやり直し等を繰り返したりして現在に至ります。治療の長期化によって経済的に苦しいです。しかし、みーのために寛解までもっていくことを諦めきれずにいます。皆様のお力添えいただけないでしょうか。本当に少しずつで構いません。ご支援よろしくお願い致します。

 また、私たちもご支援いただいた方に感謝の気持ちを伝えたく、みーの治療活動報告と額に見合うものではございませんがささやかなお礼の品を考えております。そちらもよろしくお願い致します。

 万が一皆様の貴重な支援金が余りましたら、動物の地域ボランティア団体・同じ病気の猫ちゃんへの支援に回したいと考えております。みーが元気になったときに改めて報告させて頂きます。


みーについて

 7月で4歳を迎えた愛猫みー。飼いはじめたのは約4年前の大雪の日。母が凍えていたみーを保護して帰ってきました。性格はおてんばで内弁慶。母には特に懐いていて腕枕でよく寝ています。お客さんが来た時は隙間にすぐ隠れちゃうビビリさんです。猫じゃらしやお兄さん猫と遊ぶのが大好きでこれまで大きな病気もしたことがなく元気でした。

みーを保護したとき

病気の発覚

 みーの様子がおかしいと思ったのは今年6月のこと。くしゃみが酷く、額は腫れ、右目は飛び出し涙を流している。急いで病院へ行き、直ぐに検査になりました。そしてリンパ腫が判明しました。クロナリティーやCT等の詳細な検査結果を母と聞いた時は動揺とショックで若干パニックだったと思います。腫瘍のできた場所が頭部・鼻腔で、頭蓋骨が溶かされ薄くなり、溶けた骨が額の方に流されて固まり変形しているとのことでした。このまま進行すると脳に到達してしまうとも言われすぐ治療を開始しました。変形した箇所は戻ることはないらしく、抗がん剤治療は猫の身体的にも苦痛を伴うことですが、うまくいけば寛解し、運が良ければ頭蓋骨の骨も厚くなると言われました。みーに辛い思いをさせることはとても悩みましたが、できるだけの治療・快適な生活のケアをして、寛解を信じてポジティブに頑張る決意を私達はしました。


プロジェクトの経緯

 検査から約3ヶ月、高額の治療費と骨を丈夫にするための食品やサプリメント代を稼ぐために奮闘しています。

 抗がん剤治療は半年間かけて投与していくプロトコルで実施しています。しかし、予定通り半年で終わる子はほぼいないそうです。我が家のみーも例外ではなく9月2週目から2回目のリスタートになる所です。8月中旬までは予定通りのスケジュールで進んでいました。しかし突如急変はやってきました。ぐったりして全く動かなくなってしまい急いで病院へ。抗がん剤を続けないと良くならないけど、この状態だと打てず危険で、他の回復治療を優先したりもどかしい状態が続きました。なんとか2週間程で治療の再開に至りましたが、投与はやり直し、またこれから最低半年続きます。これからも中断や途中からやり直しが出てくる可能性が高いです。

 なんとか助けてあげたくて様々な方法でお金をかき集めてきました。しかし、既に検査・治療・薬・検査の費用で約50万円が出ています。お恥ずかしい話ですがコロナの影響、更には駆け出しの作曲家なこともあり本業では到底賄えず、副業もはじめましたが中々お金が追いつかない状況です。やり直しになったことでさらに厳しい状況です。また定年を迎えた父や母もパートをしてますが猫だけでなく人の治療費もかかっているので家計は火の車です。

 そんな中、SNSで私の気持ちを共感してくれる方や母の職場の猫好きの同僚の方が心配してくれて母の気持ちに寄り添ってくれてとても励みになり、より一層みーの元気な姿を見せたいと思いました。家庭の事情なのに皆様にご迷惑をおかけするプロジェクトですので3ヶ月間何度も何度も悩みましたがみーを本気で助けたい、最後まで治療を受けさせてあげたいという一心からプロジェクトを立ち上げさせていただきました。


これまでの活動

 診察でリンパ腫の疑いが出てから様々な検査をしました。大きな検査で確定するまでにも検査や抗生物質・ステロイドの治療が始まりした。検査概要一部大きな検査費用

抗がん剤治療に入るまでの検査及び治療費の明細書

検査結果が下図になります。

 また、みーの目の飛び出している姿は可愛そうで辛くて撮っていませんでした、申し訳ありません。下図の時も突出してるのですが麻酔後で目が開かずわかりにくいです。

みーの麻酔によるガン細胞の採材と検査後の姿 抗がん剤治療に入るまでの6月14日〜6月29日で総額195,570円かかりました。

 そしてプロトコルの予定に従って7月より徐々に抗がん剤治療がスタートしました。プロトコル表にざっくりではありますが治療日時を記載しました。

 1週目から6週目まではとても順調で、先生にもこんなに順調なことは滅多にないよと言われるほどで少しホッとしていました。こちらが6週目までの費用です。 


第1週目から6週目までの治療費

 こちらの費用の総額は201,260円でした。

 はじめの方は順調でしたが、7週目に体調を壊し打てずに回復治療へと移行しました。体調不良の時はご飯はもちろん食べられず、トイレにも行けず、ジッとしているのがやっとで正直嫌な想像もしました。目も一生懸命開けているのですが、少し開けるのがやっとで私たちも辛かったです。体調不良時のみー

 回復治療は主に点滴と錠剤で行われました。と同時に、回復治療の最後は癌細胞の再燃が危惧され一時的に最初に投与した抗がん剤投与を行いました。

回復治療費

 回復治療の総額は67,130円です。しかし、抗がん剤治療が出来なかった期間とみーの体調の悪さから今後、プロトコルをやり直す予定です。以上が現在までの活動となります。

資金の使い道 

 目標金額の88万円は9月から始まる半年分の抗がん剤治療費に当てたいと考えています。治療費は現段階で総額463,960円かかっています。検査代の132,350円を引いても331,610円かかっており、実際に治療に充てられた9週分の額で割ると、週平均3.68万円かかっています。月だと14.72万円です。また、治療が順調に進むほど抗がん剤の種類的にさらに高額になると言われております。ということは、今支払いしている額の平均金額以上にかかります。しかし、これ以上は憶測の域を超えず、皆様にその額を提示するのは間違っていると考えました。ただ、実際の今後の治療費やみーの体調的な治療費のことを考えると厳しいです。そのため、最低平均金額×24週=88.32万≒88万円と考え目標金額とさせて頂きました。


最後に

 ただただ、みーを助けたいという思いでいます。自分の力のなさに悔しさを感じる毎日ですが、それでも皆様の力を貸して頂き、みーが元気になった暁には自分が同じ境遇で困っている人の助けになれるようにと思っています。まずはどんなことも前向きに捉え、支援者様に支援してよかったと思ってもらえるようにこのプロジェクトの活動も報告して参ります。細かいことはTwitterでも発信していきます。

 リターンにあるキャラデザインは家族で考えました。そして、身内にプロのデザイナーがおりましたので具現化してもらいました。可愛くしてくれました!肉きゅうコースターは編み物好きな母が一つ一つ丁寧に作らせていただきます。少しでも気に入っていただけると幸いです。皆様どうぞよろしくお願い致します!


※<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/11/12 18:21

     皆様、いつもお世話になっております。うーもんです。みーが旅立ってからもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。そんなに経ったのかと不思議な気持ちでいます。 この度は支援いただいた皆様の登録頂いたメールアドレスにお礼メールを送らせていただきました。ご確認頂けたら幸いです。感謝のメールだけでは言い足り...

  • 2020/10/22 20:50

     皆様、いつも気にかけてくださりありがとうございます。はじめてから活動報告を全くせずに申し訳ありませんでした。 もうご存知の方もいるかと思いますが、2020年9月18日、みーは闘病の末、静かに息を引きとりました。あまり苦しまずに旅立てたそうです。クラウドファンディングをはじめてまだ一週間も迎え...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください