コロナに負けない「まるっと文化祭」を開催したい!

こんにちは。脳損傷者の支援をしているNPO法人Reジョブ大阪です。私たちは、設立3年目のひよっこNPOですが、昨年10月、高次脳機能障害、失語症の方が実行委員で「まるっと文化祭」を開催しました。



私たちには、仲間がいます。また、賛助会員の皆さんや、ここCAMPFIRE、GoodMorningのクラウドファンディングで支援してくださる方たちに支えられて、なんとか運営をがんばっております。そして、昨年、10月、大阪府立中央図書館の複数の会議室、そしてライティホールを借り、公演あり、ライブパフォーマンスあり、相談コーナーや座談会もあるイベントとなり、第1回にして200人の動員がありました。その時の様子はレポートにまとめてありますので、ご覧ください。

https://re-job-osaka.org/archives/601

「さあ、今年もにぎやかに開催するぞ!」という気持ちでしたが、新型コロナウイルスの感染予防のため、様々なイベントが中止になりましたね。

でも、私たちNPO法人Reジョブ大阪は、もともとオンライン事業が得意でした。4月25日の「失語症の日」のイベントも、他団体と協力し、YouTubeのライブ配信で実施しました。

失語症の日のイベントについては、ここにまとめてありますので、ご覧ください。

https://re-job-osaka.org/archives/986

そこで、去年の盛り上がりとまではいかないかもしれませんが、こちらのイベントもオンラインで配信しようということに決定しました。

今回はゲストスピーカーに『脳が壊れた』『脳コワさん支援ガイド』の著者、鈴木大介さんを迎え、お話を伺います。

また、高次脳機能障害、失語症などのコミュニケーションに障害のある方、その方を介護している人、支援団体、それぞれのスピーチもオンエアします。そして、第2部では、zoom会議システムを使用し、後夜祭とまではいきませんが、登壇者の鈴木大介さんを囲み、囲み、といっても、オンラインなのですが(笑)懇談会を開きます。

「まるっと文化祭2020」概要

日時 10月25日(日)

プログラム

第1部

13時 NPO法人Reジョブ大阪 挨拶
13時10分~14時10分 鈴木大介さん講演
14時10分~14時50分 リジョブの仲間たち講演
 当事者、家族、支援団体など、それぞれのスピーチ各団体5分程度
14時50分 終了の挨拶15時 配信終了

第2部

15時20分 zoom会議システム開通
15時30分 懇親会開始
16時30分 懇親会終了

参加費
第1部 無料にて公開
第2部 参加費500円 大阪府在住の方は助成金事業対象のため無料


社会問題は、深刻な順番ではなく、知られた順番に解決されていく

さて、オンラインイベントにした場合、会場費もないし、経費もそれほどかからないから、なんなら「身内で勝手にやればいいのでは?」と思う人もいるかと思います。でも、それじゃあ、ダメなんです。なんでダメなのか、説明しますね。

「社会問題は、深刻な順番ではなく、知られた順番に解決されていく」

この言葉は、山崎祥之さんの著書『人を振り向かせる"さわぎ"のおこしかた』にある一節です。本当は、そんなことがあってはいけないのでしょうが、これは真実です。私たちが支援している、高次脳機能障害や失語症のある方は、全国にそれぞれ50万人以上がいると言われています。これはかなり古いデータなので、現在はもっと増えていることでしょう。では、なぜ、対策が遅れているかというと、それは、知られていないからなのです。去年の「まるっと文化祭」の際にも「初めて『高次脳機能障害』や『失語症』のことを知りました!」という人もいました。今年の「失語症の日」のイベントでも「こんな障害があるなんて知らなかったです」というアンケートも。

そう、私たちは、このクラウドファンディングを通じて、障害のこと、当事者のこと、家族のこと、支援している人たちのことを紹介していきたいと思っています。記事を書き足すたびに、SNSで拡散していきますし、皆さんが拡散してくだされば、そのたびに「たまたま見た」人たちの目に触れる機会も増えるはずです。とにかくまずは「知ってもらうこと」が大事だと私たちは考えているのです。


資金の使い道

皆さんからいただいた資金は、CAMPFIRE(GoodMorning)の手数料、14%+税をお支払いし、残りの3分の2程度をリターン商品のお支払いと、一部送料などに使います。残りは、この文化祭の費用、そして文化祭の資金、高次脳機能障害や失語症のある方のためのイベントの運営費とします。またこの文化祭については、どのように開催できたか、皆さまに伝わるようにレポートします。


クラウドファンディングスケジュール

・クラウドファンディングスタート後、一日おきぐらいに、レポートをアップロードします。
・途中でリターンを追加することもあります。
・10月2日 前夜祭(かなり前ですが)是非参加してくださいね! ご案内します!
・10月10日 クラウドファンディング終了
・10月中旬 リターン発送
・10月25日 文化祭実施。もちろん、ぜひ参加してくださいね!

※募集方式についての説明本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン

「まるっと文化祭」の趣旨に賛同してくださった、団体から寄せられた品物、高次脳機能障害や失語症のある方の作品などを、リターンとしています。それぞれのリターンについては、活動報告の中で順次紹介していきます。お楽しみに!


最後に

高次脳機能障害や失語症は、その症状から「見えない障害」と言われています。私たちは、一人でも多く、この障害のことを知ってほしいと思っています。そうすることで、今、障害がある方だけでなく、将来、自分たちが障害を持っても、生きやすい世の中になると思います。そう、高次脳機能障害や失語症は、誰にでもなる可能性がある障害なのです。コロナウィルスの感染拡大の中、様々な障碍者団体が活動を休止せざるを得ないような状況になっています。でも、私たちはできること、できる状態や形態を考え「この活動を止めない」決心です。どうぞ、私たちの活動を支えてくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。


NPO法人Reジョブ大阪/自己紹介・活動実績など

NPO法人Reジョブ大阪「当事者の社会復帰」「家族さんの支援」「この障害のことを広く伝える啓発活動」を理念に掲げる大阪のNPOです。2018年に設立しました。当事者会、啓発活動としてのイベントなどを、現在は主にオンラインで行っています。

「いつか大きなNPOに」!という夢を持ちつつ、今はほとんど手弁当で、日々、当事者の方たちのために、目まぐるしく走り回っているおばちゃん3人の団体です(笑)

ホームページ
https://www.re-job-osaka.org

Facebookページ
https://www.facebook.com/ReJobOsaka/

Twitter
https://twitter.com/ReJobOsaka

アメブロ
https://ameblo.jp/re-job-osaka

メルマガ登録
https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=rejob_osaka&task=regist

BASE shop
https://rejob.base.shop/

YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWJxK7cCTqNJCT4ugk30SZA/


障害という表記について

障害という漢字の持つイメージについて、様々な意見がありますが、私たちNPO法人Reジョブ大阪の理念の一つ「啓発活動」にネットでの事業があります。その際、一般の人の目にふれる機会を考え、検索しやすいように表記を「障害」としています。支援団体なのに……というお叱りを受けることがございますが、このような考えでこの漢字を使用していますことをご理解ください。なおリジョブでは「『障害』はその人にではなく『社会』にある」という考えで活動しています。

文責:NPO法人Reジョブ大阪 松嶋有香

  • 2020/10/18 14:39

    まいど。NPO法人Reジョブ大阪の中の人です(笑)このクラウドファンディングは、高次脳機能障害や失語症のある方たちが出演したり実行委員になったりして文化祭を開こう!というイベント資金の一部を集めるためのものです。いよいよ今夜12時で、このクラウドファンディングは終了です。25日の本番に向け、動...

  • 2020/10/17 17:08

    まいど。NPO法人Reジョブ大阪の中の人です(笑)このクラウドファンディングは、高次脳機能障害や失語症のある方たちが出演したり実行委員になったりして文化祭を開こう!というイベント資金の一部を集めるためのものです。いよいよこのクラウドファンディングも残すところあと1日となりました。今日は前夜祭の...

  • 2020/10/16 15:46

    まいど。NPO法人Reジョブ大阪の中の人です(笑)このクラウドファンディングは、高次脳機能障害や失語症のある方たちが出演したり実行委員になったりして文化祭を開こう!というイベント資金の一部を集めるためのものです。今日は、岡崎さんという男性を紹介しますね。写真左側の人です。岡崎さんは17歳の時に...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください