鎖国状態の学校教育にオンラインセミナーを@No name school【第6弾】

 本プロジェクトオーナー、教育プラットフォーム「 」 No name school代表、神前洋紀(かみまえひろき)と申します。
 教育プラットフォーム「 」 No name schoolは、生涯続く教育を場所や世代を越えてつなぎ、様々な教育問題の解決をサポートしております。(概要は動画をご覧ください↓)

 <オンラインセミナーの紹介> 
 当日参加していただける方は、少人数でじっくり語り合いましょう。
 録画で後日視聴できる限定アーカイブも用意しております。
 詳細は以下をご覧ください。
 10日

【自分も見た人も楽しめるグラレコ講座】

 みずまる:小学校教諭。大学時代、美術科デザインゼミに所属し絵本を製作。趣味のコラージュ、ノートまとめが高じ、グラレコに繋がる。「誰かの学びのきっかけになるように」をテーマに、自身が学んだことをまとめている。

11日
【子どもを潰すダメな褒め方・𠮟り方】
【子どもを伸ばす正しい褒め方・𠮟り方】
 ダメな褒め方、𠮟り方。正しい褒め方、𠮟り方。その違いを紐解き、「魔法の言葉」を伝授します。

 神前洋紀(「」No name school代表)。小学校教員5年(42654年)子どもや学級に応じて、言葉を巧みに使い分け、子どもの可能性を最大限に引き出し、学級崩壊も立て直す。また、フリースクールにて、発達障害児や不登校児童生徒に個に応じた教育を行う。現在、オンラインサロンNo name schoolにて、教育関係者の学び場を構築。高校生から大人までのマネジメントも行なっている。

 17日

 【「教員は世間知らず」なんて言わせない~教員をアップデートする~】

 なおや@無職先生 :教員→企業→フリー。『副業したくて教員やめた男』が転職を通して『世間知らず』であることを痛感する。夢を求めて独立するが、コネもスキルもなく爆死する。人との出会いで救われてきた人生をふりかえり、『教育』を軸として色んな人がつながる場所『Edunect』を運営中。

 18日

【世界一幸せな国フィンランドの教師の働き方】
 大学時代、日本の教育に違和感を覚える。そんな時出会ったのがフィンランド教育に関する1冊の本。”教育のユートピア”への興味が止まらず、4年卒業を捨て、フィンランドへ交換留学。ユバスキュラ大学で教育学を学ぶ傍ら学校視察を重ね、日本とフィンランドの教員の働き方の違いを論文にまとめる。

 田村京介:群馬の高校教員。「群馬からより良い教育」を理念に、BE群馬(BetterEducation@群馬)の運営を行う。また、公教育に変化の波をもたらすべく、オルタナティブスクールの設立を目標にNPO団体設立を目指し、活動中。

 24日 

【カメラ×学級経営 カメラ×子育て」】
 とある写真家の言葉「美しいものを身の周りから見つけられてこそプロの写真家である。」という言葉に感銘を受け、子どもの輝きを常日頃から探し続けています。二児の父として、学級だけでなく子育てにもカメラを活かせないか模索中です。

 篠原諒伍:小学校教員 兼 写真家。どんな子にも焦点をあて、存在を承認する手法としてカメラを通した実践を提案しています。今回は、子どもの自己肯定感を高めることについてお話をします。

25日

【自分を変える教室】
子どもが自分の力で目標を達成し、自分の人生を切り開くための技10選をお届けします。

 坂本拓大:福島県中学校教員。担当は英語。宮城県で塾講師、音叉ヒーラー、ラジオパーソナリティ、NPO法人副理事長をやる中で、言葉や音の力を研究、実践。子どもの夢を叶え続けることを人生のテーマに活動中。

 学校の応援団でありたい
 私は、学校の敵ではありません。学校の味方です。特に、学校の先生を応援したいです。
 5年間教員として勤め、先生方の頑張りや苦労は、身にしみるほど分かるからです。
 学校の先生方は、「子どもたちのために」と、夢や希望をもった方がほとんどでしょう。
 だからこそ、「このままでいいのか?」「なんとかしなきゃ!」と思うのです。

 No name schoolでは、5か月で500人以上に方々が、オンラインセミナーにかかわってくださいました。その中で、先生方と教育にかかわる方がつながり、前に進んでいる現状を目の当たりにしています。
【実際の様子】

   オンラインセミナーに参加することにより、人とのつながりができたり、不安や迷いが解消されたりします。次の一歩を踏み出すことにつながるのです。 また、LINEやSlackグループでも、情報共有しているため、困った時にはいつでも相談することができます。「わたしは1人じゃない」と、自分の居場所を見つけることができるかもしれません。 現在80名ほどのメンバーでオンラインコミュニティ(No name schoolオンラインサロン)として活動しています。

実施スケジュール
 20年10月中旬 教育オンラインイベント開始
 20年10月上旬~ その他リターン開始
 20年10月下旬 リターン終了
 本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けします。

資金の使い道
 「」No name schoolは、不登校支援を無料で行うフリースクールでもあります。
 みなさまからいただいたご支援は、「」No name school活動運営費及び維持費(家賃等)に充てます。
 また、本プロジェクトを「ソーシャルグッドカテゴリ」で掲載するにあたり、総支援額から手数料として14%(掲載手数料9%、決済手数料5%)を支払います。
(※セミナー講師の先生方には、無償でご協力いただいております。 )  

最後に
 鎖国状態の学校教育の扉を開くのは、誰でしょうか?
 そう、今これを読んでいるあなた!
 あなたの行動が、学校教育を変えるキッカケになります。
 正直、私一人では、限界があります。
 なので、まずは、情報のシェアや拡散に協力していただけませんか?
 1人1人の小さな行動の積み重ねが、大きな応援につながります。
 あなたを待っている仲間も、いっぱいいます。
 「」No name schoolオンラインセミナーへのご参加、お待ちしております。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください