ご覧いただきありがとうございます。

私たち【νd(ニューディー)】 は、普段光学機器の生産に携わっている会社のメンバーによる、「光学ガラスの廃材を、新たな価値をもつ製品に生まれ変わらせること」を目的としたプロジェクトチームです。

「光学ガラス」というとなかなか馴染みのない言葉かもしれませんが、身近なところでは眼鏡やカメラ、望遠鏡のレンズなどに使われている、文字通り光学的な機能を持つ製品の為のガラスです。

原料の段階から組成が厳密に制御されて作られており、一般的な窓ガラスや食器などに使われているガラスとは違い、不純物がきわめて少なく均質で、非常に高い透明度を持っています。

奥行きが70mm程ある厚いガラスのブロック。透明度が非常に高いことが分かります。 

光学ガラスは溶解、成形、研磨、コーティングなど多くの工程を経て、前に挙げたような様々な光学機器に使われるのですが、その工程の中では見た目には美しくても、僅かな歪みなどによって光学的な基準を満たせず製品となれなかったガラスや、端材などがどうしても生じてしまいます。

通常であれば捨てられてしまうはずのそれらのガラスを使って何かできないか?と考えたところから、このプロジェクトはスタートしました。


光学ガラスで作られたレンズやプリズムの例。様々な形状があります。 

光学ガラスが使われる製品には前に挙げたもの以外にも多岐に渡って様々な種類があり、それらは基本的に多くの部品を使って構成されますが、いずれもその性質からとても高い精度で作られています。
中でも、レンズやミラー、プリズムなど、製品の肝となる光学的性質を持った部品は、非常に厳しい基準が求められます。

その為、例えば一見綺麗なガラスのレンズでも光学的に求められる基準に達していなければ、手直しが難しい素材ということもあり、基本的にはそのまま廃材として捨てられてしまいます。

廃材の一例。寸法のズレで不適とされてしまった製品など。

全ての工程で材料を無駄なく使いきって、良品率も100%、そんなことができれば理想ですが、勿論なかなかそのようにはいきません。物を作る上である程度は仕方ないものとされてきました。

しかし、それでもそうして捨てられるガラスを目にするたびに、「こんなに綺麗なのにそのまま捨ててしまうのはもったいない!」「何かできないか?」という思いを持っていた私たちはまず最初に、そういったガラスの中からまだ使えそうなものを集めることから始めました。

社内の加工で出た物の他、もう工場を閉めるというお取引先から頂くなどしているうちに、今では棚の一面が埋まるくらいになっています。

そして幸い会社にレーザー加工機があったので、これまではそうしたガラスに文字などを刻印し、記念品として贈らせて頂いたりしていました。
しかし、あくまでそれらは主に同じ業界のお取引先の方々に向けたもので、また数としてもそれほど多いものではありませんでした。

レーザー刻印記念品のサンプルとして制作したもの。 

まだガラスは沢山あるのに、なかなかそれを使う機会がありません。

そこで、この光学ガラスの美しさをもっと多くの方に知って頂くため、この度、クラウドファンディングに挑戦することにしました。

一口に光学機器と言っても様々な製品があるので、素材の形状も数量もバラバラです。
それらの特徴を生かしながら新しい形にできるよう、日々アイデアを出し合い試行錯誤しています。


このクラウドファンディングの目的としては、前述のように

・光学的な用途としては廃材となってしまったガラスに別の用途を持たせることで、多くの方に手に取ってもらいたい。なかなか素材のままの状態で目にすることのない光学ガラスの美しさを知ってほしい。

・頂いたご支援によって作業工具を購入し、加工の幅を広げることで、製品の幅も広げたい。

それによって、ただ捨てられてしまうだけのガラスを少しでも減らしたいというのが最終目標です。

 サステナブルな社会を目指す取り組みが様々な業界で広がり始めた現在、廃材を"アップサイクル"した魅力的な製品を目にすることも増えてきました。それまでは捨てるしかないと思われていた物でも、本来の用途とは少し違った視点から考えてみることで、その素材ならではの、新たな価値を持った製品として蘇らせることができます。

まずは、光学ガラスはそれ自体が非常に魅力的な素材であることを、このプロジェクトを通して、多くの方に手にとって感じていただくことができれば嬉しいです。




長針が日付、短針が月を示す、時計をモチーフとした万年カレンダーです。タイル状にプレス成型されたガラスの2面を研磨し、数字をレーザーで刻印しました。 透明な文字盤の裏側に、先端に黒い円盤のついた針がついており、針の位置を合わせると表に刻印された数字が目立って見える仕組みです。

※画像は試作段階のものです。スタンドと針固定部の仕様が写真のものから変更になる予定ですので、準備が出来次第、情報を更新させて頂きます。

<寸法>幅102mm×高さ約110mm×奥行き約38mm ※スタンド含む
<材質>本体…光学ガラス/針、スタンド…アクリル

【注意事項】
・針の回転は自動ではなく、手動で毎日日付を変えて頂く仕様です。
・外周部は研磨せずプレス成型面をそのまま残している為、離型剤の跡や気泡などのムラのある半透明の面となっています。
・レーザー刻印部はガラス表面に微細なクラック(傷)が入った状態です。強く擦ったりされると、このクラックから粉状のガラスが剥がれ、刻印の抜けにつながりますのでご注意ください。

外周部はプレス成型面をそのまま残しています。 





幾何学模様をバー状のガラスの2面にレーザーで刻印しました。模様は5mm、10mm、50mmの目盛になっています。またペーパーウェイトとしてもお使い頂けます。
サイズ2種 [LONG(目盛25cm) / SHORT(目盛10cm)] × 模様2種 [A(三角形 ) / B(円形)]の計4パターンからお好きなものをお選びください。

<寸法>幅20mm×高さ10.5mm×長さ[LONG]約265mm/[SHORT]約130mm
<材質>光学ガラス

【注意事項】
・ケガや欠け防止のため、角の部分には全て0.5mm~1mm程度の面取りが入ります。また面取り部分は半透明のすりガラス面となります。
・レーザー刻印部はガラス表面に微細なクラック(傷)が入った状態です。強く擦ったりされると、このクラックから粉状のガラスが剥がれ、刻印の抜けにつながりますのでご注意ください。

上面と側面の2面にレーザーで刻印します。長さと柄をそれぞれお選びください。






レンズをそのまま使ったシンプルなお香立てです。穴をあけた以外は手を加えていないので、底面もレンズの球面形状のままですが、重さがあるので安定感があります。

<寸法>本体…φ67mm×高さ17.3mm/穴…φ3mm×深さ約5mm
<材質>光学ガラス

【注意事項】
・お香の長さは70mm以下をご使用ください。






40cmほどの長さのバー材を切断し、くぼみをつけて、箸置きにしました。かっちりした形状でありながら、すりガラス状の表面によって柔らかい印象になっています。

<寸法>幅40mm×高さ10mm×奥行き20mm
<材質>光学ガラス

【注意事項】
・食洗機使用不可。
・裏面のみ透明で、それ以外は半透明のすりガラス面です。また元の材料をほぼそのまま使用している為、すりガラス面に線状のツールマーク(研削痕)が残っている場合があります。

すりガラス面に線状のツールマーク(研削痕)が残っている場合があります。 





ガラスの端材を使ったペーパーウェイトです。元の形状をほぼそのまま使っているので一つひとつ形が違います。すりガラス面と透明な面の表情の差も魅力になっています。

<寸法>幅/高さ/奥行き 約30mm~約45mm
<重量>約70g
<材質>光学ガラス

【注意事項】
・完全に不定形の為、上記寸法、重量はあくまで目安となります。
・形状はお選び頂けませんのでご了承ください。







板状のガラスの端材を割ってキューブ状にしました。切断するのではなく割ることで自然な曲面の光が生まれます。並べておくだけでもかわいい4個セットです。

<寸法>幅/高さ/奥行き 約20mm
<重量>約40g/個
<材質>光学ガラス

【注意事項】
・ガラスを割って制作している為、上記寸法はあくまで目安となります。なるべく近い大きさの物をセットにしてお届け致しますが、商品の性質上、多少のバラツキがあることをご了承ください。
・ケガや欠け防止のため、角の部分には全て0.5mm~1mm程度の面取りが入ります。また面取り部分は半透明のすりガラス面となります。






アクリルをレーザーカットしたキーホルダーです。社内でアクリルのレーザー加工を行う際の端材から作りました。

<寸法>φ30mm×厚み3mm
<材質>本体…アクリル/ワイヤー…ステンレス

【注意事項】
・端材利用の為、カラーはランダムとなります。お選び頂くことはできませんのでご了承ください。







・今回使用しているガラスは、耐熱ガラスや強化ガラスではありません。急な温度変化や衝撃を与えないよう、お取り扱いには充分ご注意ください。

・製品には細かい傷などがある場合がございます。できる限り傷が無いものをお届けする予定ですが、廃材をできるだけそのまま利用するというプロジェクトの性質上、全く傷が無い状態にすることは難しい為、ご了承くださいますようお願い致します。

・デザイン、仕様が一部変更になる場合がございます。

・梱包については、廃棄物削減の観点から、割れない程度の簡易包装とさせて頂きます。

・使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。 

・ご注文状況や製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。 

誠に恐れ入りますが、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。 



・プロジェクト期間:2020年12月~2021年2月

・リターン品発送予定:2021年4月予定

<本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。>


チーム名の【vd】とは、光学ガラスのもつパラメータの一つで、ガラスの色分散(波長による屈折率変化)をあらわす指標です。※vはギリシャ文字でnu(ニュー)と読みます。

普段から仕事で使っているこの【νd】という言葉に、「NEW(新しい) Dazzling Dew(目のくらむような輝き,まばゆい光)」という意味を込めて、光学ガラスの廃材に新たな価値を生み出すことを目指しています。 


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名: 株式会社エイ・ケイ・コーポレーション

◯ 事業者の所在地:〒175-0082 東京都板橋区高島平7-20-10-201

◯ 事業者の連絡先:Tel: 03-3979-5771 メール: info@akcorp.co.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり

◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり

◯ 代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。All-in方式の場合は即時で決済されます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、Paypayは各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。

◯ 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/Paypay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。

◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。

◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2021/04/23 18:38

    リターン品の制作もいよいよ終盤となりました。最後は【ペーパーウェイト[CUBE]】についてご紹介させてください。◆火切りの様子私たちは「火切り」と呼んでいますが、実際に火を使うわけではありません。上の動画のように、ガラスの板材に砥石で部分的に熱を加えることによってガラスを割ります。「火切り」は...

  • 2021/04/15 21:36

    今回の制作過程は【箸置き】と【香立て】です。まずは【箸置き】から…◆元の材料(入手した段階での状態 )【箸置き】の材料はかなり長さのあるバー材です。もともと一面だけ研磨されており、形も揃っていて綺麗な状態でした。これを40mmの長さに切断し、くぼみを付けて箸置きにします。…余談ですが、先日SC...

  • 2021/04/09 10:24

    なかなか更新ができておらず申し訳ありません。いよいよ製品が出来上がってまいりました。まずは前回の続きの【定規】です。◆研磨後の状態前回白かった側面が透明になり、反対側が見えるようになりました!研磨完了後、レーザーで1本1本目盛を刻印していきます。◆レーザー刻印刻印の品質向上の為、濡らした紙を貼...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください