はじめに・ご挨拶

コロナ真っ只中の7月12日に東京・恵比寿にオープンした精肉店です。元々は風評被害がまだ残っている福島産の黒毛和牛を率先して仕入れたり、食品ロスを低減させるためにブロック肉からのオーダーカット販売方式を取り入れたお店です。またプラスチックゴミを減らすため昔ながらの経木に入れてお肉を販売する事を心がけております。


商品・お店が作られた背景

お店の準備はコロナが流行する1月から進めており、まさかこのような事態になるとは思っていませんでした。

元々生産者の方や環境の事を考えたお肉屋さんにしたくてお店を始めたので今回このようなプロジェクトを考えました。


私たちの商品・お店のこだわり

まだまだ豚肉が主流の餃子や合挽きが主流のハンバーグですが牛肉100%で作って美味しさを知っていただきたいです。

リターンのご紹介

黒毛和牛100%手作り餃子1個約22g×16個

黒毛和牛100%手作りハンバーグ1個約120g×4個


プロジェクトで実現したいこと

生産者の努力を無駄にしない!

食品ロスを減らす!


資金の使い道・スケジュール

この商品をお店の看板商品にしたいので商品を作る人員の人件費やお店のアプリの作成費、広告宣伝費など


[遅延見込みのお知らせ]

プロジェクト開始より多大なご反響をいただきましたため、プロジェクト終了と同時に生産体制を拡大し、休日も稼働させるなど策を講じる予定ではございますが、昨今の感染症予防の観点からも密に作業を進めることができかねる工程もあり、生産に遅れが生じる恐れがある事をご報告申し上げます。支援者の方々には支援していただいた順に12月から発送予定ではございますが、順番によってはリターン商品のお届けが2021年1~2月になる見込みでございます。ご期待いただき楽しみにお待ちいただいております皆様にこのようなご連絡を差し上げることとなり申し訳ございません。プロジェクト終了後から出来るだけ早く支援者の方々にリターン商品を届けられるように作業を進めていきますのでよろしくお願いいたします。


最後に

みんなに親しまれる街のお肉屋さんを目指しております。コロナが落ち着いたら近所のお子様が自分でひき肉をひいて自分で餃子やハンバーグを作たり、社会科見学みたいな事を企画したい。

精肉業界は常に人手不足なのでこれをきっかけに子供たちに精肉業界の仕事を楽しいと思ってもらえれば嬉しいです。

精肉業界が盛り上がれば結果、生産者を助ける事にも繋がると思っております。

la boucherie bonheur(ラ・ブッシェリー・ボヌール)

150-0011東京都渋谷区東3-9-3GranDuo恵比寿Ⅳ 1階

03-6427-9742

代表者 野村武徳

  • 2020/11/26 16:08

    いつもお世話になっております。特に支援者の方々にはプロジェクトにご賛同、ご支援いただきまして感謝しかありません!本日宮城県のローカル番組「Oh!バンデス」でお店が紹介されます!内容はコロナ禍の中にお店をオープンした経緯や食品ロスについて、風評被害について、食肉業界の現状、クラウドファンディング...

  • 2020/11/23 22:51

    いつもお世話になっております。特に支援者の方々にはプロジェクトにご賛同、ご支援いただきまして感謝しかありません!先日取材に来ていただいた雑誌「東京カレンダー」が発売されました!この機会にお店の雰囲気や私のお肉に対する拘り、情熱などを支援者の方々に少しでも伝える事が出来れば嬉しいです!今後とも当...

  • 2020/11/20 15:25

    いつもお世話になっております。特に支援者の方々にはプロジェクトにご賛同、ご支援いただきまして感謝しかありません!本日、フジテレビの夕方のニュース「LiveNewsイット!」さんに取材に来ていただきました!内容はコロナ禍の中にお店をオープンした経緯や食品ロスについて、食肉業界の現状、クラウドファ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください