11月29日 リターンの追加が決定!
皆様からのご要望にお応えして、11品のリターンを追加しました!
詳細はリターン一覧をご確認ください!

【↓↓ 追加リターンの一部ご紹介↓↓ 】

たくさんのご要望にお応えして、新公式マスコット「福嶋火之助」の特大ぬいぐるみが誕生!
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。
※画像はイメージです。
※座った状態で約45cmのサイズとなります。


好評につき、再販売決定!!
クラウドファンディング限定販売!
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。
※デザインはイメージです。
※選手未着用品です。
※パートナーのロゴは入りません。


ご指定のメッセージを、ご希望の選手がサインと共に色紙に書いてお届けします!
記念品として、プレゼントとしていかがでしょうか?
★トップチーム選手全員によるお礼動画をメールにてお送りします。
※備考欄にご希望の「選手名」と「メッセージの内容」をご記入ください。ご記入がない場合はランダムとさせていただきます。
※対象は2020シーズン所属の選手のみに限ります。
※メッセージは宛名も含めて30字以内でご指定ください。
※メッセージの内容が誹謗中傷や差別などに関連する場合は、事務局判断で予告なくメッセージの内容を変更させていただく場合がございます。
※文字色は黒色になります。


GK3選手サイン入り1st/2ndユニフォーム(GK) L/XOサイズ
2020シーズンのGKユニフォームに、ファンティーニ 燦選手、キム ミンジュン選手、渡辺 健太選手のサインが入ります。
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。
※背番号は圧着できません。

震災を乗り越えたクラブがコロナ危機に
福島の復興は道半ば・・・クラブの継続で福島に元気を

 2011年3月11日。福島県は未曾有の東日本大震災と福島第一原子力発電所事故により、深刻な被害に見舞われました。私たち福島ユナイテッドFCは、被災地復興の思いを背負い、2014年悲願のJリーグ参入(J3)を果たし、震災後の福島県に勇気と希望を与えるため、試合における勝利だけでなく、選手自らが桃やリンゴ等を栽培する農業部事業や福島県の農産物を全国に発信するマルシェ事業など、風評払拭活動にも全力で取り組んできました。


 大震災からまもなく10年。2020シーズンは飛躍の年にするはずでした。
 しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大によるJ3開幕の延期をはじめ、ホームゲーム入場者の制限や地域でのふれあい活動の自粛、社会情勢の悪化によるスポンサーの撤退など、これまで体験したことのない大幅な収入減により運営資金の目途が立っておらず、経営危機に陥っています。

 福島の復興は道半ば。震災を乗り越えたクラブを何としても継続し、福島に元気を届けたいのです。
 今回、クラブ史上初めてのクラウドファンディングになります。今こそ、クラブとファン・サポーターの皆様がひとつになり、コロナ危機を乗り越えましょう。皆様のご支援を心よりお願いいたします。


 クラブ事務所や選手寮が立地する飯坂温泉は、福島市の奥座敷と言われ、奥の細道・松尾芭蕉ゆかりの温泉地として全国でも有名です。普段は選手の食事や温泉入浴等の環境面をはじめ、果物王国福島を代表する果樹園における農業部活動でも大変お世話になり、飯坂地域全体でクラブの応援を頂いています。 

 しかしながら、コロナ禍による宿泊者の減少は著しく、温泉街の疲弊が続いており、旅館や商店の経営が厳しい状況です。クラブの活動に欠かせない地域であることから、この度のクラブ支援だけでなく、飯坂温泉の賑わいを取り戻すための返礼品を用意しております。是非とも皆様のご支援をお願いします。


(1)福島の元気を全国に発信します

・コロナ禍におけるクラブの資金難を克服し、選手の練習/育成環境を整えます。
・クラブの存続危機を克服する姿を通して、多くの子ども達に夢と希望を与えます。
・これまで支援頂いたファン・サポーターや地域の皆様に元気と勇気を与えます。


(2)福島県産農作物の安全・安心と魅力(味力)を全国に伝えます

・東日本大震災や原発事故からの風評払拭を目的とした農業部活動をより強化します。
・選手自らが栽培から発送まで行う作物の付加価値を高め、福島県産ブランドをPRします。
・選手が農業に携わることで将来における農業従事者の担い手不足の解消に寄与します。


(3)クラブ拠点のある飯坂温泉の賑わいを取り戻します

・東日本大震災からの復興がようやく見えてきた矢先のコロナ危機により賑わいを失った飯坂温泉の魅力を発信して、観光客の誘致につとめ賑わいを取り戻します。
・飯坂温泉観光協会や旅館協同組合と連携した「スポーツ×温泉ツーリズム」を活性化します。


 2020年、新型コロナウイルス感染症拡大によるJリーグの中断やJ3開幕の延期をはじめ、ホームゲーム来場者数の制限や地域でのふれあい活動の自粛、社会情勢の悪化によるスポンサーの撤退など、大幅な収入減により運営資金の目途がたっておりません。幾多の困難を乗り越えてきたクラブの存続と将来のJ2昇格へ向けた取組みが注目されており、クラブの活動継続における資金確保が必要です。

 また、クラブ事務所や選手寮が立地する飯坂温泉は、選手の食事や環境面で温泉街をはじめ地域全体で応援頂いています。しかしながら、コロナ禍による宿泊者の減少は著しく温泉街の疲弊が続いています。クラブの活動の継続に欠かせない地域ですので、あわせて温泉街の活性化に寄与できる資金確保が必要と考えております。


 福島ユナイテッドFCは、東日本大震災や福島第一原子力発電所事故を乗り越え、福島県初のJリーグクラブ(J3)として福島県の元気創出をはじめ風評被害の払拭を目的とした地域活動にクラブ一丸となって取り組んできました。

 2002年、サッカー日韓ワールドカップを期に福島県にJリーグを目指す団体として「福島夢集団」が設立され、サッカーチームを創設。2005年には福島県社会リーグ3部に参入。2006年には東北社会人リーグ所属のFCペラーダ福島からの運営譲渡を受け、本格的にJリーグクラブを目指した強化が始まりました。

 2010年、東北社会人リーグ1部優勝を目の前にしていた矢先、前運営会社の経営危機による「緊急事態宣言」を受けて解散の危機へ。クラブの存続をかけて、地元企業家による新しい運営会社「株式会社AC福島ユナイテッド」を設立し新たなスタートを切りました。


 2011年、踏み出した矢先の3月11日。東日本大震災と福島第一原子力発電所事故により再びのクラブ存続危機となります。一時は活動休止が決定されますが、選手自らが避難所で行った子供達とのボール遊びや炊き出しをはじめ、ひとりの少女の涙目の「ユナイテッドなくなっちゃうの?」という言葉をきっかけとして、絶望の淵にある子供たちに夢や希望を与えるためクラブの存在意義をあらためて自覚します。しだいに「今こそユナイテッドがんばれ!」の声が上がるようになり、原発事故からの風評払拭や福島県の復興のシンボルとして支援の輪が広がり活動の継続が決定。

 2013年、震災から2年で悲願のJFL(日本フットボールリーグ)昇格。天皇杯ではJ2やJ1クラブに次々と勝利し、アマチュアでは異例の全国16強を成し遂げました。さらには、クラブやホームタウンの枠を飛び越えて、互いのスケールメリットを拡大すると共に、さらなるクラブの価値向上と発展を目指すことを目的に湘南ベルマーレと業務提携を行いました。


 2014年、福島県初のJリーグ参入(J3)を成し遂げ、復活を果たした福島ユナイテッドFCは震災後の福島県に勇気と希望を与える存在として、試合における勝利だけでなく選手自らが桃やリンゴ等を栽培する農業部事業や福島県産品を販売PRするマルシェ事業など、風評払拭活動や地域活動に全力で取り組んできました。




【目標金額】
1,000万円

【実施期間】
2020年11月6日(金)~ 12月25日(金)

【形式】
購入型ALL-IN方式(目標達成の有無にかかわらず、集まった支援金を受け取ることができる方式です。寄付控除の対象にはなりません。

【資金使途】
チーム及びクラブ運営費、新型コロナウイルス対策費、返礼品による地域やパートナーの応援

【その他】
クラウドファンディングサイトでのご支援が難しい方は、スタジアム申込み、事務所申込をご用意しております。


皆様からのご賛同に対してさまざまなリターン品をご用意いたしました。選手応援コース、地域応援コース、パートナー応援コース、純粋応援コース、企業・団体様向けコース、特別協力コースがございます。

そのうちの一部をご紹介させていただきます。

2020シーズンの1stユニフォームに、2020シーズン所属全選手のサインが入ります!
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。
※XOサイズのみの販売となります。


飯坂温泉の名所を鈴木代表と選手の案内でおさんぽ!
飯坂温泉駅から鯖湖湯、旧堀切邸の名所めぐりと文化財の旅館でのランチなど日帰りコース
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。
※開催は2021年1月以降となります。
※選手はこちらで指定いたします。田村選手が参加するとは限りません。
※日時の調整は改めてメールにてご連絡いたします。
※ご支援者複数人まとまっての開催となります。
※集合場所までの交通費は個人でご負担ください。
※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては形式を変えて開催する可能性がございます。
ご好評につき完売いたしました。


2014年からクラブとともに農業で歩んできた大野農園(石川町)のジュースセット!
≪セット内容≫りんご2本、アップルジンジャー2本、なし×りんご2本、もも4本 200mL 10本セット
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。


★トップチーム選手によるお礼動画(15秒程度)をメールにてお送りします。


あなたの学校に!職場に!イベント会場に!選手や監督、社長やGMが伺い、ご希望のテーマで講演します。
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。
※選手はお選びいただけません
※リターンのご利用可能期間は2021年7月までとなります


クラブ代表(建築士)があなたの住宅を設計します!
★トップチーム選手によるお礼動画をメールにてお送りします。
設計内容  個人住宅200㎡未満(福島県内限定)
建築確認申請用図面(建築図のみ)、設備図別途
工事監理別途、申請手数料別途
設計者 一級建築士登録 第276283号 鈴木勇人
事務所 (株)ボーダレス総合計画事務所(福島市))
※リターンのご利用可能期間は2021年12月までとなります


 福島ユナイテッドFC 代表の鈴木勇人です。

 日頃より福島ユナイテッドFCの活動にご支援を賜り心よりお礼申し上げます。
 2020シーズン。お蔭様で福島ユナイテッドFCはJ3リーグに参入して7年目を迎えます。

 2011年の東日本大震災や原発事故によるクラブ存続の危機から、地域の皆様をはじめファン・サポーター・スポンサー・地元行政等、クラブに関わる全ての皆様と共に歩んできた軌跡はクラブの歴史となっており、選手・スタッフ一同、初心を忘れずに日頃の感謝の気持ちを胸にこれからも活動していきたい一心です。

 ホームタウン活動にも積極的に取り組み、スポーツによる健康増進や地域振興を通した地域社会の課題解決へ向けて、地域に必要とされるクラブづくりを目指しています。なかでも、選手自らが桃やリンゴ等を栽培する「農業部」や福島県産品を販売PRする「ふくしマルシェ」は、クラブの特徴として全国から注目を集めるようになりました。

 しかしながら、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大による影響は大きく、大幅な収入減により運営資金の目途がたっておりません。震災を経験したクラブだからこそできる活動や将来の「J2昇格」による地域の活性化のためにもクラブの継続が必要です。

 この度、ファン・サポーターと連携して、クラブ史上はじめてのクラウドファンディングを実施いたします。復興庁の「被災地企業の資金調達等支援事業」にも採択されており、福島の復興ためにも、何卒、皆様のご支援をお願いいたします。

2020年11月6日
福島ユナイテッドFC 代表 鈴木勇人


No.7 田村 亮介 キャプテン

福島ユナイテッドFC背番号7番田村亮介です。

今回福島ユナイテッドFCで初のクラウドファンディングを行うことなり、クラブが今大変な状況であること、僕たちがサッカーができていることが当たり前ではないことを改めて感じています。

僕たちがサッカーをできるのは、サポーターやスポンサーの皆様、地域の方々の支えがあってだと思っております。
チケット収入、スポンサー収入が激減してチームは大変な状況にあります。
選手もサッカーはもちろんのこと、農業なども頑張っていますが、大変厳しい状況です。

なんとかこの苦境を乗り切って、チームを存続させるためにも、皆様のお力を貸していただきたいです。
皆様に応援していただけるよう、一生懸命サッカー頑張ります。
皆様の温かい、熱いご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

No.5 岡田 亮太 

福島ユナイテッドFC背番号5番岡田亮太です。
在籍10年目になり、チームでは1番の古株になりました。

僕が加入したのは2011年で、その年福島県は東日本大震災に見舞われました。
当時はサッカーが出来るのか?サッカーを続けていていいのか?と悩むこともありました。
たくさんの方々に支えられて、ここまでサッカーを続けてくることができました。本当に感謝しております。

今年福島ユナイテッドFCは新たな危機に直面しております。
新型コロナウィルスの影響により、入場料収入をはじめ収入全般が減っており、とても厳しい状況にあります。

この度福島ユナイテッドFC初のグラウドファンディングを行うこととなり、何とかこの苦境を乗り越え、福島ユナイテッドFCを存続させるために、皆さん力を貸してください。
皆さんとサッカーを通じて笑顔や喜びを分かち合えるよう、僕たちも精一杯頑張りプレーで恩返ししたいと思いますので、温かいご支援のほど、よろしくお願いします。

なすび 様

私、なすびの地元、福島市をホームタウンにして、福島県をサッカーの力で盛り上げている、福島ユナイテッドFCが、昨今のコロナ禍の影響を受け、この度、クラウドファンディングに挑戦なさるとの事で、微力ながらも応援のメッセージを送らせて頂きます。

福島ユナイテッドFCは、これまで、福島県内初のJリーグチームとして、スポーツの力で県民に笑顔と希望を届けてくれていました。

私は、地元愛に満ちた福島ユナイテッドFCの底力を信じています。どうか皆様、この逆境を跳ね除ける力を、福島ユナイテッドFCにお貸し下さいませんでしょうか?

そして、福島ユナイテッドFCを応援する事で、福島県産品の応援にもなる、今回のクラウドファンディングに、是非、お力添えを賜れますよう、何卒、宜しくお願い申し上げます!!

飯坂温泉観光協会 会長 畠隆章 様

このたびの新型コロナウイルス感染症は全世界で猛威を振るい、ここ福島県福島市飯坂温泉も例外ではなく大打撃を受けました。2011年の東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所の事故による風評被害もいまなお続く状況ではありますが、一歩ずつ前に進んでいるところでした。

飯坂温泉は福島市で最北端に位置しており、福島盆地という地形のため冬は寒く夏は暑いので美味しい果物が育ちます。「いで湯とくだものの里」のキャッチフレーズのとおり、温泉とくだものの町です。そんな温泉街に福島ユナイテッドFCの事務所があり、住んでいる選手も何人かいらっしゃいます。

コロナウイルスの影響で様々なイベントや会合の自粛が目立ち始めた頃、Jリーグの試合も延期が決定し、練習もできない日があったユナイテッドの皆さんは「今、自分たちにできること」を探り、自分が住んでいる飯坂町の紹介をしたいと動画撮影をしてYouTubeにアップして飯坂温泉をPRしてくれました。

福島市のとうほうみんなのスタジアムでのホームゲームの時は他県からサポーターの方がおいでになり、宿泊や日帰りで飯坂温泉を楽しんでお帰りになります。アウェイの試合の時はユナイテッド関係者が飯坂をはじめとした福島県内で収穫した野菜や果物を販売しながら地域の宣伝をしてくれています。このような地域に根付いたクラブを飯坂温泉は応援しています。皆様のご支援よろしくお願いいたします。

がんばれ!福島ユナイテッドFC!!


元ラグビー日本代表 東芝ブレイブルーパス 大野均 様(福島県郡山市出身)

 2017年、日本サッカー強化の最高拠点であり、原発事故収束の最前線拠点であったJビレッジの、再オープンの日に、私は鈴木代表と初めてお会いしました。
 震災直後、代表自身も大変な状況の中、福島からスポーツの火を消してはいけないと、まさに火中の栗を拾う思いで、福島ユナイテッドFCの再建を引き受けたという鈴木代表の熱い想いとその覚悟に、私は心を打たれました。

 福島ユナイテッドFCの歩みはまさに、震災復興の歩みだと感じます。新型コロナウィルスという新たな脅威に晒されても、その熱い想いが消えることはありません。この状況に打ち勝ち、また力強く前に進む為に、皆さんの御協力をお願いします。

 皆さんの力で、福島ユナイテッドFC、そして福島の歩みを後押ししてください。


幾多の困難を乗り越えてきた

決してあきらめない。

一歩踏み出せば道が開けると信じて・・・

福島ユナイテッドは東日本大震災にも負けなかった。

そしてコロナにも負けない!

皆様のチカラを結集して今こそ繋がりタオす!

あのFUKUSHIMAがJ1優勝、天皇杯優勝、そしてACLへ。

夢かもしれない。100年かかるかもしれない。

その歴史の第一歩を皆様とともに・・・



<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトは、東日本大震災からの復興につながるクラウドファンディングをサポートする「復興庁クラウドファンディング支援事業」の対象プロジェクトです。

  • 2020/11/28 21:00

    こんばんは、福島ユナイテッドFCです!開始3週間となる11月27日(金)時点で、500万円(達成率50%)を突破いたしましたので、ご報告いたします。たくさんのご支援、誠にありがとうございます。キャプテン田村亮介選手より皆様へそして、動画の最後にもあるように、11月29日(日)9:00より下記1...

  • 2020/11/10 18:53

    こんばんは、福島ユナイテッドFCです!先週金曜日から、「福島ユナイテッドはコロナにも負けない! #今こそ繋がりタオす」プロジェクトをスタートしました!ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー福島ユナイテッドFCは、福島市、会津若松市と中心とする福島県全域をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください