高級和牛や地鶏を使ったレトルトカレーは他にもあるが、海老のプロとして具材が海老だけのカレーを作りたかった。そのために最初にクリアすべきポイントは手間とコストだった。
海老せんべい屋だからできた徹底した手作業と手際の良さがこの贅沢な食感を現実のものにした。

海老カレーの美味しさの秘密は材料の海老から出ている出汁なんです。
海老の頭はミソが入っていて味、香りだけに限ると濃厚な出汁が取れます。しかし、そうして出来上がった出汁は臭みが強く、酸化も早く海老のプロとしては上質の出汁とは思いません。本物の海老の出汁は、頭と殻を取り除いた“むき身”からとれる雑味の無い上品な味わいのスープです。

上質の海老の出汁をとる為には大量の海老が必要になりますが、究極の海老カレーには、一袋当たり大海老が4匹小海老が25~30匹も使用されています。これこそが究極の海老カレーのこだわりです。 


ベースになる野菜やスパイスの香るカレールーのおいしさに海老の持つグルタミン酸(うま味)をふんだんに入れることで味と食感、食べた時の満足度が何倍にも膨れ上がる。
これ以上入らないという限界まで海老を使う。大海老をそのまま4尾、小海老は刻んでどっさりと、これで美味くないはずがない。海老の消費大国日本人の好みに仕上げました。 


具材は、サシの多い和牛はもちろん、たとえ味わい深い地鶏だとしても煮込めば必ずルーに溶け込んでしまいます。海老の身は煮込んでも溶けてなくなってしまうことはなく、ホロホロと崩れる食感を残したまま海老に含まれるグルタミン酸がカレーのうまさに化けます。 


にんにく、しょうがなどの香味野菜の辛味、そして飴色に炒めた玉ねぎ、はちみつ、りんご、マンゴー、バナナの爽やかな甘さがカレーのベースとなり味のグレードをアップさせる。 


コリアンダー、ウコン、クミン、メッチ、フェンネル、アニス、シナモン、カルダモン、クローブ、タイム、赤唐辛子、白コショウ、ナツメグ、オールスパイス、オレガノ、甘草、キャラウェイ、黒コショウ、セージ、バジル、マジョラム、ローズマリー、陳皮、メース、セロリー、ローレル、赤唐辛子。26種類ものスパイスをプロの技でレトルトカレーの世界を変えた。 


具は海老だけ!!たっぷり200g

甘くて辛い!脳が錯覚を起こすほどのうまさ

一口目は甘く、あとからじんわり辛さが追いかけてくる。
辛いカレーが苦手だという人にこそ食べてほしい完成度。

スプーンを持つ手が止まらない!

後を引くおいしさの秘密は脳内麻薬の分泌?!
辛いものを食べると、ドーパミンとエンドルフィンが放出される可能性があります。
ドーパミンは興奮作用が期待でき、モチベーションをアップするもの。
またエンドルフィンは快感を与えるもので、痛みなどを緩和する作用があるとか。
辛くてしかも美味いものが後を引くのは、このような物質が放出される時が、たまらなく心地よくなっているから。辛いだけではだめ!辛くてうまいものこそが快感なのです。


ご挨拶

皆さま、はじめまして海老煎餅本舗 志満秀(しまひで)代表の島と申します。
弊社はもともと何代にも渡って個人で小さな魚屋を営んでいました。現在は高級贈答用の海老煎餅をデパート、専門店、直営店舗などを中心に製造販売いたしております。私は三代目になりますが創業は祖父が1950年に魚屋から起業し、瀬戸内の海老を材料に様々な珍味を開発・販売を行っておりました。その後、時代と共に主力商品も変化をし、昭和から平成にかけて、海老煎餅の専門店となり現在に至っております。この間、原材料の海老には徹底的に拘ってきた自負があり海老に関してはプロとしての誇りがあります。
私は海老のプロとして海老を材料にして、WITH CORONAの状況下でもお店で食べる味以上のものがご自宅で居ながら楽しめるように商品開発をしたいと思い立ちました。
私は職業柄、食べるものには大変興味と拘りが強いのですが、特に日本国民の定番食の一つであるカレーが好きでよく食べ歩きもするほどです。そこで自分の仕事経験と趣味を活かして「海老のプロが、海老好きに送る、海老好きのためのカレー」を開発すれば外食せずともご家庭で“究極の海老カレー”を堪能して頂けると決意を致しました。
この度、この決意のもと、クラウドファンディングを利用して沢山の皆様に応援して頂くことで海老好きの皆さまと“究極の海老カレー”の完成を分かち合いたいと思っています。

回転寿司、エビフライ、エビピラフにエビグラタンなど子供から大人まで人気メニュー。日本人に海老の嫌いな人は少ない。
1950 年「有限会社 島秀水産」を創業し、瀬戸内珍味の製造販売をスタート、
1954 年に現在の「株式会社 志満秀」を設立。
2014 年ジャパニーズマカロンことクアトロえびチーズが大ヒット


リスク&チャレンジ

わたしたちは、この「究極の海老カレー」を製作するために関係者一同プロジェクトを誠心誠意進めています。
しかしながら、開発中の工程において、パッケージデザインが若干変更になる可能性もございます。
また製造スケジュールについては、現在プロジェクト成功を想定した数で調整しておりますが、想定を上回る応援購入の申込みがあった場合、製造工程上の都合や配送作業に伴う止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。
上記のようにプロジェクトページに記載している内容に変更がある場合は、できるだけ早く活動レポートなどで共有を行なっていく予定です。

最後に、【究極の海老カレー】が、みなさまに「うまい!、おいしかった!」そう、言ってもらえるよう、スタッフ一同心を込めて対応してまいりますので、応援のほどよろしくお願い致します。


  • 2021/01/13 11:32

    応援して頂いた皆様、お待たせ致しました!!ご報告が遅くなりましたが、昨日より順次発送を開始いたしました。ようやく商品を皆様へお届けする事ができ、大変嬉しく思っております。『奇跡の海老カレー』を皆様に応援頂きました事、心より感謝申し上げます。商品到着までもう暫くお待ち頂きます様、宜しくお願い申し...

  • 2020/11/13 13:58

    皆さま、はじめまして海老煎餅本舗 志満秀(しまひで)代表の島と申します。弊社はもともと何代にも渡って個人で小さな魚屋を営んでいました。現在は高級贈答用の海老煎餅をデパート、専門店、直営店舗などを中心に製造販売いたしております。私は三代目になりますが創業は祖父が1950年に魚屋から起業し、瀬戸内...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください