隠れキリシタンがいる島・生月島に祖父が残した約2600坪の土地。海で魚をとったり、山でイノシシ狩り、そして畑を耕しながらサバイバルごっこをやりませんか?でも本当に作りたいのは、この世界のいろいろな檻から解き放たれる最高の夏休み。

プロジェクト本文

※本気でやりたいこと
https://camp-fire.jp/updates/view/32986
▼2600坪の土地をもらいました。

  

それは長崎県平戸市にある全長16kmほどの島・生月島にあり、そこに住む祖父が亡くなった時に父が譲り受けたものです。

ただ、40坪700円くらいの売ってもどうしようもない土地なのです。

父はその土地を誰かに譲ってしまおうと考えていました。

「だったら、その土地で遊ばせてくれ!」

そのような経緯で僕・北 祐介は荒れ果てた2600坪の土地を手に入れました。

そして、この土地を使って「島作り」を行い、その体験ツアーを今年の夏休みに企画することにしました!

▼生月島について

生月島は平戸オランダ商館や田平教会で有名な長崎県平戸市の北西部に位置しています。

西海国立公園の一部に含まれていることもあって、生月島ではかなり綺麗な海で海水浴もできる上に、美味しいお魚も釣ることができます!

また、生月は隠れキリシタンの島ということもあって、遠藤周作の「沈黙」やサムライチャンプルーなど多くの芸術作品の舞台となっています!(ちなみに祖父は隠れキリシタンでした。)

さらに生月サンセットウェイという日本の道100に選ばれた走りがいのあるドライブコースもあります!

 

▼このプロジェクトの今後について~奪い合う移住促進から旅する移住促進へ~

このプロジェクトを始めたのは一つの強い危機感からでした。 

私が通っている大学のある東京で、多くの自治体が移住促進のためにさまざまなイベントを開いていました。

ですが、その多くは「家をあげるから来てください」であったり、「補助金をあげるから来てください」であったりと、東京にいる技術的に優れた人たちを自分たちの地方に引っ張ってくるようなものばかりで、さらにアピールポイントも「飛行機と車で2時間で行ける」都心からのアクセスの近さであったり、「自然が豊か」であったり、「コンパクトな街」であったりと似たり寄ったりになってしまっているのです。

また各地方自治体が地元にいる若者を外に出すまいとするような政策を打ち立てていたりしています。

そのように、地方が外から人を呼び込むためにお金を多く使って東京にいる人を奪い合い、中から外に飛び出そうとする人を閉じ込めるような地方創生のやり方に強い疑問を抱きました。

 

私の祖父のいた街、生月をお盆休みで訪れるたびに、馴染んでいたお店が少しずつなくなってしまっていました。

また、”北松浦郡生月町”であったこの町はいつのまにかに”平戸市”に変わってしまいました。

ご先祖様が大切に作り上げた街が隣の大きな街に合併吸収されてしまったことにとても胸が痛みました。

生月を合併した平戸市も、30年以内に消滅する可能性のある都市として挙げられていたのです。

だからといって、若者を街に止めるようにしてしまうことはしたくないのです。

なぜなら、さまざまな地方を巡っている中で、その土地に対しての生きづらさを感じてしまっている人がいることを知り、多くの人が自分の環境を変えられないことによって酷く自分を責めてしまっている様子を見てきたからです。

それは、地方だけでなく、東京などの大都市でも同じで、閉じ込められた空間で「自分なんか世の中に必要とされていない」であったり「自分には何もできる力がない」であったりと自分の自信をなくしてしまう人たちが近年かなり増えてきてしまっているのです。

しかし、旅に出ていろいろな都道府県を回ってみると、その人たちが活躍できる場の多くは日本全国に散らばっているということがわかりました。そして、他の地方での「あたりまえ」が他の地方を救う鍵となっていることもわかりました。

 

このプロジェクトを通して、平戸と生月に何かしらの形で関わってもらう人を増やし、その受け皿として祖父の残した土地を使っていきたいです。

さらに、この取り組みを生月だけにとどまらず、他の地域にも広めていくことによって、必要と目的に応じて住む場所を自由に変えながら暮らす全く新しいライフスタイルを日本全国でできる仕組みを将来的には作りたいと思っています!

今回の企画はその第一弾として、 ここに来てくれた人が自由に自分の好きなことをやってみたり、ふとひらめいた思いつきを大切に育てていったり、ひたすら面白いものを探求し続けられるような場を生月に作りたいです。

さらに、日本全国から集まって来た老若男女問わない人たちとの交流を通して、自分だからできることや自分でもできることを見つけていったり、初めて出会った人たちと一緒に何かを生み出す体験をお届けいたします。


▼これまでの活動

僕は福岡市出身、現在東京の大学に通う大学四年生です。現在、休学して福岡で妄想拠点GroundMoleを運営しています。

※こちらのサイト・CAMPFIREを使って、運営に必要な家賃を集めさせていただきました!

今まで休学するまでの大学生活で日本全国47都道府県を旅して、いろんな場所でお話をしたり、どうしたらコミュニケーションがうまくできるようになるかということを考えながら、出会った多くの人たちと一緒にたくさんのイベントをやらせていただきました。また、東北留学という地方都市に訪れて、そこで一生の思い出作りができるようなツアーも企画・運営させていただきました。

※東北留学のようす。このイベントをやる前日のお昼まで何も考えておらず、1日前にやっと考えてやったイベントを東北の新聞社の岩手日報さんに記事にしてもらいました!このとき、「地方には自分のできることを必要としてくれる人がいる」ということを強く感じたのです!

 

▼資金の使い道&リターンについて

ツアー開催の時期は8/1〜8/29を予定しています!基本的にいつ来てもいいし、いつ帰ってもいいようにはなっていますが、6/25現在で8/7~18の間を中心に福岡・東京・名古屋・岩手などから大学生や高校生さらに社会人の方よりすでに参加表明をいただいております!

このクラウドファンディングで、長崎の島で一緒にわいわいやりながら遊んでくれる人を探しています!これだけではなくて、僕は他にもいろんな地方の場所と場所どうしをくっつけて、もっと活発になれるようなサポートをしてくださる人と出会いたいです!

でも、たくさんのことが必要になると思うのでこれをやるのに大切な道具やお金も募集していければなと思ってます。

これで集めたお金は、この企画に参加する人が何かイベントをやったりするためのお金にしたり、長崎で暮らすことになるので、お水や電気などの生活にないといけないものを準備するお金にしたり、島で畑をつくったり釣りをしたり面白いことをするために必要なものを買うお金にする予定です!

また、ここでのリターン全部に、みんながいろんなことをやっている様子を見ることが出来る日本開拓クラブ会員証をつけます!


●リターン

・3000円 開拓倶楽部会員証&お礼の手紙

心を込めて、お届けします。

・5000円 開拓に必要な物資と島の何かを交換できる権利+開拓倶楽部会員証

生月・平戸でしか買えない美味しい食べ物をお送りさせていただきます。何が来るかはお楽しみに....

・10000円 平戸・生月にお得な海鮮セット詰め合わせ

栄養たっぷりの東シナ海で育った美味しいお魚をお送りさせていただきます。

・13000円 日本最古の和牛!平戸牛のお肉セット!

弥生時代より食べられている日本最古の和牛であり、現在もなお松坂牛に肩を並べる実力を持つと呼ばれる平戸牛のお肉セットをお送りさせていただきます。

・20000円 生月開拓ツアー参加権(二泊三日)+開拓倶楽部会員証

・28000円 生月開拓ツアースタッフ参加権(日程および日数自由・最低3日間)

・30000円 生月開拓ツアー参加権(日程自由、最大一週間、延泊可能)

・50000円 生月開拓ツアー参加権+お肉とお魚セット+開拓倶楽部会員証

・100000円 生月開拓ツアー報告会出張開催権(交通費別)+一年間住み放題権

・100000円 あなたの余った土地、開拓します。第二弾開催地立候補権+一年間住み放題権

 

 

 

▼最後に

リターンの詳細、ツアーでできることなど随時更新し、リンクとして貼っていく予定です!

一緒に一夏の最高の思い出を作ると同時に、日本の新たな夜明けをこの目で見てみませんか?

  • 活動報告 - パトロン限定公開

    日本列島開拓倶楽部の立ち上げ

    2017/07/29

    こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

  • 活動報告

    【ありがとうございます】岡山史興さん

    2017/07/28

    たった1日で65%を埋める怒涛の追い上げでクラウドファンディング達成することができました! ご支援いただいた皆様には大変感謝しております。   …

  • 活動報告

    刻はせまる

    2017/07/27

      【残り36時間】地域おこし協力隊のページにて発見   平戸の地域おこし協力隊のページに登場させていただきました!!!! 残り36時間…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください