▼はじめにご挨拶

こんにちは、「一般社団法人よか隊ネット熊本」です。私たちは、熊本の震災支援活動団体の中間支援活動を行っています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

7月4日に、熊本に台風が直撃してしまいました。短い時間でしたが、一時的に強い雨と風が吹きました。私たちは事務所で事務作業を行っていたのですが、震災後から一緒に活動してきた「くまもと友救の会」から衝撃の画像が送られてきました。

「くまもと友救の会」は、震災直後から国連WFPテントを構え、益城町の片側を中心に定期的に物資の提供を続けてきました。そのWFPテントが・・・・

台風の影響で壊れてしまいました。テントは大きく飛ばされ、今後配布する予定であった物資もほとんとが。

幸いにもけが人は出なかったのですが、今後の活動に大きく大きく影響が出てしまいます。このテントがなければ、物資の受け入れもできず、当然のことながら、被災者の方がたにも物資をお渡しすることができません。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

被災者の方々はもちろんのこと、私達よか隊ネットでも、「くまもと友救の会」には大変お世話になっています。震災後からほぼ休みもなくずっと走り続けています。そして「何が一番被災者のためになるのか」をとことん考えて、そして行動されています。

そんな「くまもと友救の会」の被害の様子を目の当たりにし、私達ができることは復旧費用を集めることだ!と思いました。

 

▼これまでの活動

熊本地震が起きてから約2ヶ月後に、IWFテントを建てました。

それから、

テント内部に棚を並べ、物資をおき、被災者のみなさんに物資を提供し続けてきました。

 

今でも、大量の水・お茶を受け入れ、配っています。

▼資金の使い道

・現状復帰費用

・今後の活動費

▼リターンについて

今回は、台風によって失われたものを復旧させる必要にさせて頂きたいと思いますので、リターンは、「お礼のメール」と出費ができる限りかからない形のみとさせて下さい。

▼最後に

震災支援から復興へと進んでいる最中のまさかの台風被害でした。

ニュースでも報道されなくなった熊本地震ですが、「くまもと友救の会」は地道な活動をずっと続けれらっしゃいます。「くまもと友救の会」によって助けられた人たちも数多くいらっしゃいます。震災支援団体としてなくてはならない団体です。どうか皆様のご支援よろしくお願い致します。

  • 2017/07/13 17:37

      台風前までテントにあった物資はほぼ無くなってしまいましたが(無事だった物資に関しては、福岡大分水害へ物資運搬をしたいと仰るボランティアの方へ提供済)、今月中に水やお茶を大量に搬入できる予定があるため、猛スピードで物資倉庫を作成しています。 福岡大分の水害も日にちが近く重なった分、ボ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください