■はじめまして。池元農園代表の池元航です。この度は私達のクラウドファンディングに興味を持っていただきありがとうございます。

 私は鹿児島の獅子島という小さな離島の柑橘農家に生まれ、高校大学と農業専攻で柑橘を学び、鹿児島県の果樹試験場という所でも柑橘栽培の研修を受けておりました。

 その後東京の築地市場の青果市場に就職し、ここでも柑橘の競り人となりました。目利き力を養いながら全国の果物名人農家のもとを訪れているうちに「自分もこの名人達人と並ぶような人を感動させる果実を作ってみたい…!」という感情がいつしか抑えられなくなりました。

 脱サラし故郷の獅子島に戻り農家となり、植物生理学に没頭しながら研究と実地試験を積み重ねていきました。そして遂に簡易的な測定ではあったものの、一般的に流通している品質の2倍の数値の糖度26.9度を達成しました!

 今シーズンはさらにその年の上昇曲線を上回るペースで推移しており、間違いなく最高の果実が誕生する最高のシーズンを迎えられそうです!

 

糖度の過去最高記録は2019年4月17に記録した26.9度でしたが2021年1月30日に25度を突破しました!柑橘業界初となる糖度30度超えも射程範囲です!!


■0→1はできた、次は1→100にして全国の皆さまにお届けすること!

 クオリティ追求を突き詰めた生産技術の確立、0→1を生み出すことはできました。生産体制の強化とさらなる研鑽を進めていく上で、今度は土地の確保が必要となりました。

 私の住む獅子島が位置する鹿児島県の出水郡は、昔から温州みかんなど柑橘栽培の適地でありながら、近年は次世代の担い手不足もあり耕作放棄地になりかねない園地が増える一方でした。そこで今回のプロジェクトでそういった園地の再整備に加え、3,000本以上の苗木を植えて生産供給体制の強化にぜひ取り組みたいと考えています。

 (新たに確保した土地の写真です)

 また、農作物は生き物であり、それぞれ個性があります。流通時の数値的な品質安定化のため、非破壊の光センサー糖度計の導入を検討しています。

 非破壊で計測できるため流通時の品質の統一化のほか、樹に成っている状態で同じ個体を継続調査して数値を把握できるのでさらなる技術開発や研究に役立ちます。

 今回のプロジェクトは単なる規模拡大だけでなく、

 ・研究機関と栽培現場の連携した拠点の確立

 ・農業を志す若者のスタートアップサポート

 ・スマートアグリなどIotや機械化を前提とした試験圃場

 以上のような構想で一番最初のキックオフとしたいと考えています!

■植物生理学に基づいた基礎基本を徹底する栽培技術

 まず土作りで健全な根っこをたくさん作る栽培方法をとっています。土壌には多くの微生物が棲んでいます。微生物はミネラルなどの養分を植物が吸収しやすい状態へと変化させる働きがあります。さらに微生物には植物ホルモンを作る種類も存在します。多様な微生物が住む環境を確保するため、まずは土着の微生物が活発化するようにボカシ肥料や、近年健康や美容にも注目されているフルボ酸などで土壌の状態を整えていきます。

 (安全性はもちろん天然由来の成分で植物に刺激を与えています。写真は微生物から生産された成分の液体肥料です。) 

また土作りだけでなく、アミノ酸・核酸・ミネラル類を生育のタイミングに合わせて樹上へ散布することで刺激を与え、植物本来の能力を引き出します。これらを行うことで植物本来のホルモンが活性化し、植物の中の水の流れが活発になることで果実中にさらに栄養素が送られるようになります。

 (葉面散布という作業です。葉や果実に必要な栄養成分をダイレクトに届けます。) 


 植物だけでなく月の周期や気圧の変化を味方につける栽培で自然と科学、人間と植物の織り成す調和の作品づくりを目指しています。これまでの植物の限界突破でなく、植物本来のポテンシャルを完全に引き出す、ということを一番に考えています。

 (ミネラルで健康になった葉はピカピカでたくさん光合成してくれます!)

 

■リターンのご紹介

・3,000円

 不知火 家庭用2.5kg

・5,000円

 厳選不知火 3玉入化粧箱 

・5,000円

 不知火 8玉入り2kg箱

・5,000円

 不知火 家庭用5kg

・50,000円

 栽培技術講義(生産地向け)

・100,000円

 不知火の樹1本収穫まるまるセット


■資金の使い道・スケジュール

・生産面積の拡大費用

 2020年中には東京ドームグラウンド2個分の農地の確保が済んでおり、雑木の伐採など作業を進めてきました。しかしそれだけでは作業効率も悪く園内状況の改善のためさらなる園内整備が必要です。その後に土作りを行い、3,000本以上の苗木を植えるための費用に充てさせていただきます。

・非破壊糖度計の購入

 これまで果実をひとつひとつを収穫しカットして絞ることで断片的な分析をしておりました。非破壊の糖度計を導入することで樹に成ったままで同一の個体を継続調査できることになります。糖度計という名称ですが正確には果実果汁の濃度を測定しています。濃度の変化から樹体全体の能力の変動を推察したり、アクションの前後で数値の変動を確認することで効果的な栽培技術のさらなる特定につながります。豊富な研究対象の確保と測定機器の分析能力を組み合わせ、さらなるデータベースの構築に取り組みます。

 また、自然を相手にしながらより高いレベルの商品作りをしてお客さまにお届けするためには、高い精度の選別機能があってこそです。そこで非破壊での光センサー糖度計の購入費用にも充てさせていただきます。

・事務手数料

手数料、リターン品のコスト、送料に充てさせていただきます。

 今回ご支援いただいた資金は、生産拡大とさらなる品質向上のための研究費として大切に活用させていただきます。

 生活拠点が獅子島という離島でありフェリーなどの海上輸送料や宿泊費が必要で、生産や販売など含めさらなる農業活動の維持拡大において、スピード感を出すには現時点での売上以上に資金調達が必要です。

 あくまで金額ではなく生産拡大という目的の達成が急務であり、クラウドファンディング以外でも資金調達をしながらこのプロジェクトを進めていきます。


実施スケジュール

3月中旬:非破壊検査機器の購入

    リターン品の発送開始

3月下旬: 新規園地の整備と苗木の定植、それに関わる土壌改良材や資材の購入

苗木を植えてから育成期間が2~3年必要なため、収穫開始は2024年シーズンからの予定です。

最後に


 私は果物農家に生まれ、これまで果物の競り人や植物生理学の研究をしてきましたが、果物の美味しさは「糖度」だけで測れるものではありません。野菜よりも消費量は少なくても季節の彩りを届けられることは確かです。

 私は日本の果物を世界最高峰のレベルにしたい、このレベルの自然の恵みをを全国の皆さまにお届けしたい、記憶に残るこの味を知ってほしい、そして生産者の方々にも農業は夢や希望がある職種だと再認識してほしい、そういった考えで日々果物生産に取り組んでおります。

 今回のプロジェクトは足がかりであり、将来的にさらに規模拡大を進め、新しく就農を希望する人の栽培面でも販売面でもサポートできる企業にまで成長させたいと考えております。研究機関や企業との連携を強め技術革新に今後も携わっていきたいと思います。

 果物栽培は樹の育成。5年10年後を常に設計し、シーズン中も翌年の管理も常に頭に入れつつ未来に託し続ける産業です。私も次の世代の芽のために今は成長し、最後は次の世代のための養分になる堆肥にもなる覚悟です。しっかり地に根を下ろし、太陽の下で光を浴び、上に向かい未来に伸びる大樹を育てるための志を抱き続けることを誓います。

Facebook

https://www.facebook.com/%E6%B1%A0%E5%85%83%E8%BE%B2%E5%9C%92-2004086066478056/

instagram

https://www.instagram.com/ikemoto_nouen/?hl=ja


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/02/28 07:54

    2月27日23:59をもちまして、本プロジェクトは達成し終了いたしました!!611人の支援者のみなさまよりご支援賜り、目標額に対し161%の達成率に到達することができました。皆さまよりお預かりしたご支援は農業界発展のために使わせていただきます。流通する果物の価値を高め、果物の楽しみをまた認識し...

  • 2021/02/11 09:17

    この度は目標額の200万円を早くも達成することができました!心より感謝申し上げます。CAMP FIREのトップページにも3件も池元農園のページが掲載されるなど嬉しい出来事もたくさんありましたが、みなさまからの励ましのメッセージが何より心に沁みました。農業界発展のための個人の取り組みが注目されて...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください