偶然生まれた、涙が出るほど旨い元祖とんとろハム

霜降りと新食感で未知の感動体験

「とんとろ」の商標をもっているサンライズファームが、23年の集大成として「とんとろ」新商品をご提案します!


「とんとろ」はマグロの大とろのような霜降り。それでいて歯切れの良い食感。まさに豚の「とろ」である。


元祖の自信ここに有り

豚肉好きは世にたくさんおられるが、「元祖とんとろ」を食せずして豚肉通とはいえない。


当牧場の「元祖とんとろ」が元祖たる所以。そこには歴史があるのです。


偶然の産物「元祖とんとろハム」


話は二十数年前にさかのぼる…。

豚1頭から約300gしか取れない希少なお肉「とんとろ」


とんとろは一般的に豚の頬から肩のネック(首)部分の限られた範囲の肉のことを指し、ロースやモモと比べると圧倒的に少量しか取れないのです。


その少量しか取れないお肉をハムにしようとは、当時は誰も考えていませんでした。


そんなとき、養豚家にして大の食いしん坊の当牧場の代表が、趣味でやっていたハム造りが涙が出るほど旨いハムを作り上げてしまった。


そう、それはまさに偶然の出来事でした。


いつものように趣味のハム造りのため豚肉を漬け込んでいるときに、たまたま「とんとろ」の部位が混ざりこんでしまったのでした。


2週間漬け込んだ後、部位の違いに気がついたものの、捨ててしまうのはもったいない。気を取り直してそのお肉「とんとろ」をハムにしました。


すると…


マグロの大とろのような霜降り、それでいてシャキシャキとしていて歯切れが良い食感。これをスライスして、わさび醤油で食べたら涙が出るほど美味かったのです。


この美味しさに惚れ込み、その頃まだ誰も気にしていなかった「とんとろ」の商標を取得したのは1997年のことです。(商標登録第3364702号)


とんとろハム お勧めの食べ方

火入れ済みだからそのままお召し上がりできます。


薄く斜め切りにして、わさび醤油で召し上がるのがお勧めです。


また、七輪やBBQ網等で軽く熱を加え「大トロの炙り」のような召し上がり方も人気があります。


さらには、これぞ逸品「元祖とんとろ寿司」


ご家庭でも感動体験を!

そして時は流れ、今では一般的にもよく知られるようになった「とんとろ」という言葉。焼肉屋さんのメニューでも定番として見かけるようになりました。


しかしながら、現在はご家族揃って外食がしづらい状況が残念ながら続いております。


ご家庭での食卓を「家族の笑顔」でいっぱいにしたい。「とんとろ」という美味しいお肉を召し上がって頂きたい。


そんな思いから「とんとろ」という言葉を世に送り出し、とんとろの美味しさを知り尽くした当牧場が、元祖の名に恥じぬ「とんとろ新商品」を皆様の食卓にお届けし、新食感の豚肉体験をご提案します。


新商品 元祖とんとろチャーシュー

「とんとろ」独特の食感を残しつつもふわっとした食感。この食感を楽しめる最適な煮込み時間を求めて何度も何度も試行錯誤しました。ベテラン料理人自慢の仕上がりです。


日本酒の肴にも良く合います。ご飯にのせて「元祖とんとろチャーシュー丼」も美味しいですよ。


新商品 元祖とんとろ照り焼き

醤油ベースの秘伝のタレで試行錯誤を繰り返しながら丁寧に仕上げました。お酒の肴にもご飯のお供にも良く合います。


火入れ済みなのでそのままでも召し上がれますが、軽く加熱していただくと元祖とんとろと秘伝のタレとの相性がさらに高まり、より美味しく召し上がれます。


新商品 元祖とんとろベーコン

食欲をそそるウッドチップのスモークの香りがたまりません。一口噛むと「とんとろ」独特の食感とともに、上品な脂の甘さがお口いっぱいに広がります。


火入れ済みなのでそのままでも召し上がれますが、フライパンで加熱して、パンに挟んで食べるのも美味しいですよ~


新商品 元祖とんとろフランクフルト

「とんとろ」の旨さを引き出すために超粗挽きに仕上げました。じゅわっとした肉汁溢れる、フランクフルトの常識を超えた美味しさです。


笑顔溢れる食卓のお手伝い

当牧場の「元祖とんとろハム」は、美味しさを追求し何度も改良を重ねてまいりました。そしてたくさんの皆様に支えられる人気商品となり、たびたびメディアでも取り上げられるほどの話題のハムとなりました。


そして、23年の集大成として試行錯誤して開発した「元祖とんとろ新商品」も、皆様に喜んで頂ける美味しい商品に仕上がったと自負しております。


皆様の「笑顔溢れる食卓」の一品として、この「元祖とんとろ」がお手伝いできれば大変嬉しいです。ぜひご支援をよろしくお願いします。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください