みなさんは本物のパンを食べたことはありますか?

パンは発酵食品だということをご存じですか?

私には守りたいものがあります。是非応援よろしくお願いします!

はじめまして。

摩尼山金剛座寺の住職をしています 染川智勇(そめかわちゆう)と申します。

今回のチャレンジは、46年かけてパンに合うものに育ててきた「楽健寺パン天然酵母」を使用し、

隅々まで発酵させた本物のパンを作る「楽健寺パン工房」の看板を譲り受けることを決めた私が、

考案者の山内住職監修の名の下で「住職が作る楽健寺パン」を承継するためのクラウドファンディングです。

最後までお読みいただけたら有難いです。


さまざまな絵の御朱印で
ご好評いただいています


楽健寺パンとは、山内住職が研究に研究を重ね育てた発酵力の強い天然酵母により、

 隅々までじっくり時間をかけて発酵させて作るパンです。

 この方法だと小麦粉に生じるグルテンがすべて分解され、残りません。 

それにより、小麦粉アレルギーで市販のパンは食べられない方でも、 

「楽健寺パンならアレルギーがでずに食べられた」というお声をいただくこともあります。

 ※すべての方にアレルギーがでないわけではありません。

楽健寺天然酵母はこんな色をしています

従来の天然酵母の小麦で作るサワード種と違い、

山内住職が、 小麦、玄米、長芋、リンゴ、ニンジン、三温糖で育てあげた楽健寺パン酵母は、 

他の天然酵母よりも高い膨らみ方と共に、サワード種にはない芳醇な香り・味が特徴です。

酵母の材料となるリンゴやニンジンなど

現在のケミカルイーストは、50分程で二次発酵を終えますが、

パン種は一晩かけて醗酵させ、捏ねたパン生地(ドウ) は醗酵室で一次醗酵が2時間10分、

整形してから2時間10分醗酵してから窯に入れて焼き上げます。


天然酵母パンはモチモチした食感が特徴です。

焼きあがったあとにも酵母のフルーティーな香りが残り、とても贅沢なパンに感じられると思います。


週に1回しかお店が開かず、住職夫妻で作る量は限られていたため、いつも売り切れ。 

幻のパンとも呼ばれ、テレビや雑誌にも多数取り上げられました。


また、漫画「クッキングパパ」(コミック31巻302号) にも掲載されたことのある

大変有名になった、皆さんに愛されていたパンです。


しかしながら、奥様の体調不良とご自身のご高齢を理由に46年続いた『楽健寺パン工房』が

2020年11月30日をもって、惜しまれつつ閉店しました。

山内住職は85歳という年齢まで、毎週朝3時から休みなく13時間かけて作業しておられ、

その健康の秘訣は、この「楽健寺パン」にあるとご自身が証明されています。


山内住職の著書
長年の研究で築いたものを
惜しげもなく書かれています。


この「楽健寺パン天然酵母」もパン工房が完成しましたら購入いただけますので、ご自身でおつくりになられることも可能です。

その際は、上記の山内住職の著書に作り方が詳しく書かれていますので、ご参考になさってください。

お寺の宿坊で食事をお出しする際に、特色の1つとして健康によいパンを朝食にお出ししたいと思い、

3年前から楽健寺のご住職の山内宥厳さんより天然酵母パンを教わっていました。


上記のように山内住職のご引退に伴い、たくさんの生徒さんの中でも、

住職の身であるのが、私だけというご縁もあって、

「機材一式をお譲りしますので、お寺でパンを焼きませんか。」というお話をいただきました。 

46年間共に使ってきたミキサーとパン釜、手作りのホイロは、

山内住職にとって思い入れのある道具です。

それを廃棄するのはしのびない。

このミキサー、パン釜でのパン作りを教えるので、できれば使って頂きたいとのことでした。

お話をいただいた当初は、「私にできるのだろうか」と大変に迷い即答はできなかったのですが、

体が動くうちは山内住職直々にご指導いただけるというご配慮を受け、

ありがたくお譲りいただくと腹をくくることができました。


しかしながら、お寺にもコロナウィルスの影響は例外なく訪れていまして、

パン工房を設立する資金的な余裕がありません。

お寺の敷地内の建設予定地に基礎だけ打ったところです。
楽健寺パン工房と同じ配置で作ります。

このような大切な機材とノウハウを惜しみなく譲っていただくからには、

しっかりと自分の足で運営していかなければならないと思い、

それまでの足掛かりとして皆様からのご支援をいただくとともに、

これまでご存じなかった方にも是非「住職が作る楽健寺パン」を知っていただく機会になればと思い、

クラウドファンディングに挑戦させていただきました。

 

私はお店の閉店日にもパン作りの勉強に参加しておりましたが、 

小さなお子さんをもつママさん達が多数訪れていまして、

「アレルギーがある我が子が、このパンだけは食べることができた」 などと

ご住職に何度も何度も感謝の言葉を伝えられていました。


そんな姿を見せていただき、私がしっかりとお役目を果たしていきたいと

気が引き締まりました。


このプロジェクトをきっかけに、パン工房を完成させ、

少しでも長くたくさんの方に「楽健寺パン」を食べていただけるように、

その土台を築いていきたいと思います。


「山内住職監修」で作らせて頂きますので、パン工房が完成しましたら、

 約半年ぶりにご住職のパンを皆様にお届けすることができます!

染川(左)と山内住職

いただいた資金は、「住職が作る楽健寺パン」の承継に必要なものに大切に使わせていただきます。

まずは機材をいれるための工房づくり、

そしてパン工房を維持させるためのお寺運営の資金に充てさせていただきます。

楽健寺パン工房にて

工房をDIYできる権利

お寺商品券

工房の壁にお名前を掲載

箱に企業名をお入れするスポンサー

お寺の仏教漫画図書館体験会参加権

特別御朱印仏画

写真は正月限定の特別御朱印です。

などたくさんのリターンをご用意しています。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


クラウドファンディング期間中も建設費用が入る度に、

ハンドメイドで工房建設を進めております。

終了後の3月中にはパン工房完成予定です。 

その後試運転を経て皆様に「住職が作る楽健寺パン」をお届けしたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。


私は、この「住職が作る楽健寺パン」を通して、皆さんに健康でいてもらいたいと思っています。


腸内フローラ(お花畑)といわれる腸内バランスが

健康には欠かせないことが知られて久しいですが、

そのためには発酵食品が欠かせないということがわかってきました。


大量に作るために、ケミカルイーストとイーストフードと呼ばれる添加物で短時間発酵させたパンは、体に悪いのではないかと疑われています。 

「楽健寺パン」は時間をかけて発酵させた完全発酵食品ですので、

安心して食べられる、市販のパンとはは全く違う食べ物です。

このとても貴重な「住職が作る楽健寺パン」を存続させるために、

私が山内住職から安心して任せられる日を1日も早く迎えられるように、

是非みなさんのお力をお貸しください!!


そして、工房が完成しましたら、是非一度「住職が作る楽健寺パン」を召し上がってみてください!!


合掌


住職が作る楽健寺パンを
守らせてください!
よろしくお願いします!


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください