ガザで挑戦、ビジネスコンテスト! ビジネスを通じ、共に未来を創りたい!

集まった支援総額
¥648,000
パトロン数
33人
募集終了まで残り
終了

現在43%/ 目標金額1,500,000円

このプロジェクトは、2017/08/01に募集を開始し、33人の支援により648,000円の資金を集め、2017/09/29 23:59に募集を終了しました

天井のない監獄とも言われるパレスチナのガザ地区で、逆境に負けずソーシャル・チェンジを起こそうという起業家の卵がいます。われわれ「ガザビジ」は、未来を切り拓く若者の挑戦を支えるため、昨年に続き2017年も起業コンテストを開催します!(優勝者は世界の起業家と共に日本へ招聘)

▼プロジェクト概要

はじめまして。Japan Gaza Innovation Challenge (略してガザビジ)の上川路です。

2007年6月以来、パレスチナのガザ地区はイスラエルにより10年以上、壁と鉄線で封鎖されています。「天井のない監獄」―たびかさなる紛争、40%を超える失業率、足りない電力と水の問題に苦しむ人々は、いつしかそんな言葉でガザを表現するようになりました。

しかしガザには逆境に負けず、運命を切り開こうという起業家の卵がたくさんいます。

われわれは、ビジネスという実際的な手段を通じ、そんな現地の若者と共に未来を創るべく、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)の協力を得て、昨年ビジネスコンテストを開催。国内外のメディアに30回以上も取り上げられるなど、大きな反響を得ました。

また、昨年の優勝者・準優勝者であるマジッドとアマルという二人の女性は、われわれの企画した日本招聘、起業支援プログラムを通じ大きく成長し、今ではガザのソーシャル・アイコンとして活躍しています。

この取り組みを継続的なものとし、さらに発展させるべく、ガザビジでは今年も第2回のビジネスコンテストを開催します。

[ガザ訪問メンバー。瓦礫の中から何度でも立ち上がる]

▼資金の使い道 

今回いただいた資金は、優勝者の起業資金、またビジネスコンテストの開催費用、起業支援プログラムの実施資金へと使用する予定です。 (約150万円)

またさらに来春、世界の女性起業家と共にガザの女性を日本にお呼びし、議員会館や六本木ヒルズ、大学にてみなさまとの対話企画を予定しておりますが、150万円の第一目標を達成できれば、第二段階としてこの費用に活用したいと考えております。(約200万円)

[熱意溢れる起業家の卵たち。第1回目のビジネスコンテストより]

 

▼団体紹介

ガザビジは、国際協力やソーシャルというキーワードに興味を持ちつつも、もっと現実的に、途上国や紛争地域などの困った人たちに貢献できる方法がないかと考える若手社会人、学生が集まり、2016年に立ち上げました。

ビジネスという絵空事にとどまらない現実的な手段を活用し、「共に未来を創る」という思いでガザに飛び出したところ、国連や企業、NGOや省庁や大学などに所属する、多くの心ある方々の支援を頂き、2016年に初めてビジネスコンテストを開催することができました。

初めての起業と初めての支援、慣れないもの同士が泣いた笑ったを一緒に繰り返しつつ、起業家が大きく成長し、周囲にも影響を与えていく姿を目の当たりにし、われわれは起業支援の持つ可能性を確信しました。

今われわれは今年の第2回のビジネスコンテスト開催に向け、準備を進めています。

   

[ミーティングの様子] 

▼ガザの未来を変える可能性を秘めた2人の企業家のイノベーション

昨年のビジネスコンテストで優勝・準優勝を果たしたガザの素晴らしい女性2人、マジッドとアマルを紹介します。

ガザは、過去10年間で3度の戦争に見舞われ、建物の再建が喫緊の課題ですが、イスラエルの封鎖が続き、復興に必要なコンクリをはじめとする建設資材が不足しています。

そこでマジッドは、ガザ内の石炭火力発電所などから得られる灰を使い、コンクリートブロックを作ることを考えました。この製品は、環境にも優しく、コストも半分にできるというメリットがあります。

「灰を使って、ガザの建物を再建したい」ーその熱意あふれるプレゼンテーションに、われわれは圧倒されました。

[2016年ビジネスコンテストにて熱意溢れるプレゼンをするマジット]

 

チャレンジングな試みに当初はなかなか製品開発が進まず、事業化を断念することさえ考えていたというマジッド。

「女性は家庭で」という考えが強いガザでは、「婚期を逃すぞ!」、「女はラボではなくキッチンでケーキでも作っていろ!」といった周囲からの風当たりも強く、最後のチャンスをかけて挑んだのが私たちのビジネスコンテストでした。

ビジネスプランの策定、技術面の改善と課題は多々ありましたが、コンテストで優勝した後は、私たちの行う経営支援プログラムに加え、日本の大手ゼネコンである前田建設の子会社「株式会社JM」の大竹社長以下の力強い技術支援を受け製品開発を進め、試作品の開発を完了。

その製品は「Design to improve life」をテーマとしたデザイン分野最大の賞で、「デザインのノーベル賞」とも言われる「Index Award 2017」のファイナリストにノミネートされています。

以下はマジッドによる製品のコンセプトを説明する動画で、世界中で16百万回も再生されています。
(日本語字幕はボランティアの皆様に協力いただきました)

現在は大量生産を前に、ボストンの大学で短期間のプログラムに参加し、更なるパワーアップを図りつつ、Green Cakeのコンクリブロックを「いつか世界に広げたい」と夢を大きくしています。

 

 

 

 [2017年3月の招聘企画で講演をするアマル]

アマルは大学で機械工学を専攻した25歳の女性で、車いすや重量物の移動をサポートするキャリアを開発しています。

ガザでは、電力が使える時間が1日数時間に限られています。

一方で、戦争の影響で身体に障害を持って人も多く、電力を使わず小さな力で重量物をスムーズに移動することは大きな課題の一つです。

「エンジニアである自分がガザのために何ができるかを考えた」というアマル。大学卒業後は同じ思いを持った友人と共に「Sketch Engineering」を立ち上げ、コンテストでは見事準優勝を果たしました。

コンテストの前は、アマルも自分たちの製品が抱える課題をどのように解決すればいいのか苦心していました。

インターネットを通じ、日本をはじめとする海外の福祉機器メーカーの製品をみて、どうすれはこのような製品が作れるのか頭を悩ませていた彼女たちですが、3月の来日の際、ユニバーサルデザインの普及、コンサルティングに力を注ぐ「バリアフリーカンパニー」の中澤社長と知り合い、その縁を通じ、日本の福祉機器メーカー「株式会社サンワ」の美澤社長から設計、技術面での支援を頂けることになりました。

以下はアマルのチームが開発した昇降用キャリアを説明する動画です。

現在アマルたちのチームは美澤社長のアドバイスを受けながら、モノではなく車いすを運ぶキャリアを開発すべく、新製品の設計に取り組んでいます。

 

▼「天井のない監獄」厳しい状況に立ち向かう若者たち

[2階が吹き飛ばされた売店。営業は再開している]

2人の若き起業家の熱意とアイデアの背景には、厳しいガザの状況があります。

東京から約10,000km離れた、地中海に面したこの地域は、度重なる戦争と10年以上にわたって続くイスラエルの封鎖により苦しめられています。

特に2014年に起きた51日間に及ぶ戦争は、ガザの人々に追い打ちをかけ、3年経った今でも復興は道半ばです。

産業も発展せず、冒頭にも記載した通り、失業率は40%、特に若年層では60%と世界最悪のレベルです。

戦争で親しい人を失った悲しみ、先の見えない生活の中で、私たちの想像を絶するほどに厳しい状況に置かれているにもかかわらず、マジッドやアマルはそれを感じさせず、いつもポジティブです。

問題が山積しているからこそ、どうやったら課題を解決できるか考え、そして、「ガザのために何ができるか」、「自らの使命を果たさなくては」と困難に立ち向かっています。

そのような起業家の卵は2人だけではありません。

苦境にあるからこそむしろ、ガザの教育熱は高く、識字率は90%超。40km x 10kmの狭いエリアに12の大学が設立され、進学率は50%超に上ります。

スキルや知識を持った人材が育つガザでは、欧米やイスラム系のNGOや大学、Googleなどの企業の支援を受けたインキュベーションのネットワークも育ち始めており、これを受け、イノベーションの芽となるアイデアも少しずつ出てきています。

例えば、私たちのパートナーでもあるUNRWAが運営する職業訓練校では、廃棄されたパラボナアンテナを活用しての太陽熱式加熱器、ガザ産のヨーグルト、チーズ、中古車の部品から作ったMade in Gazaの車など、豊かなアイデアが生まれています。   

   [ガザ職業訓練校で開発された太陽熱式加熱器。単純な構造だが中央に据え付けたヤカンは3分でお湯が沸く]


                 [ハンユニス職業訓練校で開発、欧州の学生F1レースで入賞]       

先が見えない中、未来を案じても何も始まらない。

だからこそ、現状をどのように変えていけるか、今を精一杯に生き、未来を拓いていくしかないーガザにはそのような情熱に溢れる若者が多くいます。

しかし問題は情熱やアイデアがあってもチャンスがないこと。われわれはその「チャンス」を創るために活動しています。


▼日本とガザを結ぶ。日本だからこそできる支援

昨年8月のビジネスコンテストを起点に始まった、マジッドとアマルへの起業支援。

その中で私たちが重視しているのが、ものづくりや高度な人材といった日本の強みを活かすことです。

私たちは思いのある企業の方々から技術支援を中心とした素晴らしいサポートを頂いており、以下はマジッドが前田建設グループ「フジミ工研株式会社」を視察させて頂いた際の写真です。

[マジッドのフジミ工研視察]

ガザから出るのが生まれて初めてという2人にとっては、飛行機の旅も、日本で見るすべてのことが「初めてづくし」。

もちろん日本企業の最新設備を目にするのも初めてで、マジッドが目を輝かせてありとあらゆるものに質問を行っていたのですが、「私はまだ起業家の卵でしかないけれど、必ず大きくなって帰ってくる。その際はサポートしてもらうだけでなくパートナーになってもらいたい」と語っていたのが印象的でした。

約2週間のプログラムでは、タンザニア、インドネシア、ミャンマーの社会企業家の女性たちとともに、一橋大学や参議員会館、六本木ヒルズでプレゼンを行ったほか、経営者として必須の会計、財務、リーダーシップなどに関するレクチャーを「Mini MBA」と称し若手社会人が実施。

[一橋大学でのレクチャー終了後、タンザニア、インドネシア、ミャンマーで活躍する企業家たちとの集合写真]

 

 

[Mini MBAプログラム。財務・会計を講義する若手社会人と頭を悩ませる企業家たち]

更に、支援頂いているJM、バリアフリーカンパニーなど企業の方々との意見交換、工場視察、能登における国際交流など盛りだくさんのプログラムを実施しました。

Once-in-a-Lifetimeの得がたい経験をした彼女たちは、次世代のリーダーとして力強く成長しています。

 

[マジッドとアマル。日本に来てはしゃぐ2人]

マジッドは現在ボストンの大学で、イスラエルの若手起業家とともに短期MBAプログラムに挑んでおり、デザインのノーベル賞とも言われるIndex Award 2017のファイナリストとして、9月にはコペンハーゲンの授賞式に参加予定。

アマルはガザで日本訪問の報告会を開催。100名以上を集め、「誰かが助けてくれるのを待つのではなく、自ら動くべき。そうすれば応援してくれる人々が現れる」と参加者を鼓舞。多くの若者に影響を与えています

以下は少し長いですが、ガザの起業家2名を招聘した際に取材頂いたテレビ番組の抜粋です。

お時間ある際にぜひご覧ください。

▼2017年のビジネスコンテスト

2017年のビジネスコンテストは、8月12日(土)~14日(月)の3日間で行われます。

昨年の成果もあり、書類選考には2016年の40通から2倍となる80通が殺到し、嬉しい悲鳴を上げています。

農業、教育、ICT、スポーツ、太陽光発電、ゲーム、インキュベーション施設など実に様々な分野のビジネスアイデアが寄せられており、現地の提携インキュベーターとも頭を突き合わせ、当日へのビジネスコンテスト参加者を選考中です。

すでにメンバーの1人は、ガザ入りし、会場確保、パートナーとの協議を加速させており、今後約10名が続々と渡航予定。

[現地で準備を進めるメンバーの岩田と吉田(それぞれ写真右端、右から2番目の女性)。現地パートナーと共に]

日本に残るメンバーも日本での中継イベントや起業支援プログラムの拡充など、それぞれの持ち場で「誰もが挑戦できる世界」の実現に向け、力を尽くしています。

以下に我々の力強いサポーター、メンターでもある一橋大学イノベーション研究センターの米倉教授、UNRWAの清田保険局長の応援メッセージも紹介させていただきます。

 

【一橋大学イノベーション研究センター 米倉誠一郎教授】

ガザに希望を! 

カザ、360K㎡の閉鎖空間に180万人が封鎖され、いつ始まるか分からないイスラエルからの砲撃に怯える毎日が続いているそうです。そうした環境が長く続くと若者たちは未来への希望を失うという。

でも、1945年日本の東京や広島・長崎も焼け野原と化し、希望を失いかけたこともあったじゃないか。日本人だから出来ることもある。まったく、余計なおせっかいかもしれないが、僕たちはガザの若者たちと一緒にソーシャル・イノベーションを通じて希望について考えたいと思っているのです。

 

【国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA) 清田明宏保健局長】

ガザに関わる仕事をして5年半、何度も奇跡を見ました。 2012年と14年の2度の戦争の空爆の中、診察を続けた医師・ 看護師 。2014年の戦争で崩壊した家であった女の子。 将来は絶対医師になるんだと輝く彼女の眼 。

そして、2015年11月、 日本に来てくれたガザの子供達3人。 応援に集まった日本人を逆に勇気付け感動させた彼らの心。

そして、新たな奇跡が始まろうとしています。 失業率7割のガザで何故起業を、 との声を物ともせず乗り込んだ上川路さんと税所さん。 その二人をも完全に圧倒したガザの若者の将来に対する熱い決意。 このプロジェクトは絶対成功します。

そして成功させなければいけません。 人間に不可能なことは本当は無いのだ、 ということをこの世で最も困難な場所とも言えるガザで証明するた めに。皆様の協力をお願いします。

▼誰もが挑戦できる世界を目指して

物理的には遠く離れたガザと日本。その2つが結びつくことで、新たな可能性が生まれています。

私たちは、今年も第2、第3のマジッド、アマルが現れることを期待して、ビジネスコンテストの準備を進めています。政治的な解決は見えづらくても、諦めずに継続して、希望の種をまき続け、ガザの若者たちが挑戦できる世界を実現していきたい。

絶望しそうな環境の中で、希望を失わず、未来を見つめる起業家たち。

私たちは、ガザに人々がその夢を実現させ、未来に希望を見出すことができるサポートを継続していきたいと思います。ぜひ、新たな未来を創る起業家の挑戦を私たちと共に応援してください!

 

[2016年ビジネスコンテストの優勝・準優勝チーム]