はじめに

こんにちは!akerutoプロジェクト共同代表の森田です。

三重県名張市に本格的なコワーキング・シェアスペース "akeruto"を  
2021年7月11日にオープンします!

「名張に”新しい何か”が生まれる集まれる場所を」

そんな思いを実現するため、250㎡(75坪)とゆとりのある空間に、コワーキングスペース+シェアオフィス+自習室+貸会議室を併設

たくさんの方が仕事、勉強、コミュニケーションなど、様々な利用方法を発展していただけるような、最高のスペースとなれるよう取り組んでいきます。

共同代表の伊集&森田

企画・デザインチームは名張&全国から
akerutoについて

akerutoは、名張駅から徒歩圏内のリバーナショッピングセンター(イオン名張)の隣、木屋町の吉岡ビルの2Fにあります。旧銀行店舗の建物と丈夫で安心です。

みなさんがそれぞれに過ごしつつも、スタッフを介してつながっていくこともできる、そんな場所をめざします。

新型コロナウィルスでプロジェクトが立ち消えに!?

実は約1年前、このプロジェクトはいったん中止せざるを得ない状況となりました。

新型コロナウィルスの流行、そして緊急事態宣言もあり、予定されていたイベントの多くは中止、我々を含め、名張市を盛り上げたいと努力している人たち、特に商売人の方は店舗やビジネスを縮小するなど苦しい状態に追い込まれることもありました。

しかし、オンライン会議などを繰り返す中、逆に”直接会ってその場所で交流することの素晴らしさ”を見つめ直すことにつながりました。

様々な困難もありましたが、改めて様々な方との糸を繋ぎなおし、新しい協力者も増やし、このakerutoを再スタートするチャンスを得ることができました。


地域で支え育てる!若者・女性起業の拠点としたい!

そもそもなぜ、この「akeruto」プロジェクトができたのでしょうか?

現在、名張市には新しいビジネスを始めたい若者や女性が増えつつあります、創業塾も満員御礼です。

しかし、新しいビジネスの種を育てるスペースや環境が不足しています。

特に若者や女性が起業しようとするときに、名張の地域性である「山間の狭い土地」「住民の大半が新興住宅地に住んでいる」という状況から、事務所や店舗に利用できるスペースの少なさが高額な家賃につながり、気軽にスタートアップできる場所がほとんどないのです。

市街は狭い土地にひしめき合うように建物があります

横のつながりも不足していて、気軽に協力したり地域の情報を得るのも難しかったりします。

スタートアップしたいチャレンジしたい若者や女性を、地域の商売人や企業・住民が彼らを温かく支援できて協力関係を構築できる、そんな場所をakerutoは目指しています。


住民自治の先進都市”名張”だからこそできる、住民主体の地域で支え、育てていく、コワーキング・シェアスペースでありたいと願っています。

多くの人にとって前向きな居場所が、ここ名張に生まれるようにぜひご支援をお願いします!


地域にあった使いやすい場所

地域に「若者が還る(孵る)場所」を作りたい

akeruto名張は、近鉄名張駅から徒歩10分、リバーナショッピングモール横の旧銀行2Fという使いやすい立地にオープンします。

Google Map 共有リンク

旧銀行、現在は新聞店の2階。頑丈で地震にも強い場所を選びました

イオン名張店(通称リバーナ横)食品から生活用品まで、欲しいときはすぐに揃いますね!

フロアデザイン

akeruto名張は全体で4つのステージに分かれています。

エントランス付近には会話や共同作業がしやすいフリースペースを配置し、窓際に置き方を変えられるデスクを用いたワークスペース、右側に個室が、奥にカフェスペースと、用途や気分によって場所を自由に変えてもらえるように工夫しています。

2021年2月案 まだまだアップデート中


2021年4月案 ご意見をもとにリモートブースが増えました!

シンプルなスペースをコワーキングスペース&シェアオフィスに!

森や木々、緑をイメージ


今は雑然としたスペースですが・・・

名張の滝や川をイメージした設えに


今回のクラウドファンディングプロジェクト得た資金で実現したこと

テレワークに対応した個室と会議室

1年前から大きく変わったのが、テレワーク対応の個室や会議室です。
コワーキングスペースはコミュニケーションを重要視するため、”騒がしい”ところがあります。
そのため複数人でオンライン会議ができる会議室と、1人でテレワークができる個室を設置します。

しかし、テレワークブースは高額で限られた予算の中で作るにはかなり厳しいものがあります。

そこで、このプロジェクトでテレワークブースを充実させる予算を増やしたいと思います。

一人用ブースイメージ。この他にも会議室も設置します!


クラウドファンディングの資金の使い道

以上のような想い、仕掛けをもった新たな場を作るための予算として、全体では約1,000万円ほど必要です。

本クラウドファンディングでは、テレワークブースをはじめ、主に下記の用途で、50万円の調達を目指しています!

・テレワークブースの施工費

・機材購入費やその他設備工事費用

・CAMPFIRE手数料

皆様からのご支援については、1円の無駄もないように活用をさせていただくつもりです。


こんな方に支援してほしい!名張に希望を持つ方に!

まず”名張市民”、そして”名張に縁のある人物や企業様”からの支援を期待しています。

もちろん、全国の支援家の方々から”意味のあるプロジェクト”としてご支援をいただければ大変うれしく思います。

そして、5年後、10年後。

スターアップする若者や子育中の女性に

「この名張を選んでよかった」

と言われるよう、ご支援をいただければと考えています。

赤目四十八滝が有名です。年中通して風光明媚でアクティビティも楽しめます


不完全で未完成だから面白い

akerutoのコンセプトは”不完全””未完成”と定め、デザインや運営に反映していきます。

これは、若者やスタートアップした事業が持つ面白さは、その不完全性であると思うからです。

また、人もビジネスも完成することは無い。だからこそ価値があると、そういう思いを込めています。

ぜひ、akerutoの不完全で未完成な部分を見つけて、そして愛していただければと願います。

この場所が、地域を、自分を“より良く”したいと思いを持つ

そんな人々が集まれる場所でありたいと願います。

地元の商売人もフリーランスも、学生も社会人も、老いも若きも・・・

多様な人が市の中心地に集まり、そのエネルギーが絡み合ったときに、

この”まち”は

また

新しく動き出し

夜が明けて

新しい朝を

迎えていくのだと確信しています。



【リターン】

▶ サンクスレター 500円
▶ 1日利用×8回チケット(共連れ入場可) 6,000円
▶ オリジナルグッズ 1点 7,000円
▶ オリジナルグッズ 2点 10,000円
▶ PR付き 観葉植物(中) 12,000円
▶ コワーキングスペースでのフリー席プラン 3か月分 15,000円
▶ akerutoウォール(入り口壁)パーツ木材への記名 20,000円
▶ PR付き 観葉植物(大) 30,000円
▶ PR付き 果樹(大) 50,000円
▶ コワーキングスペースでのフリー席プラン 12か月 58,500円
▶ シェアオフィススペースでの個室プラン 12か月 150,000円



---
写真のご提供
【赤目四十八滝】
提供:三重フォトギャラリー https://photo.mie-eetoko.com


クラウドファンディングアドバイスサポート: 株式会社パーシヴァル
https://perceval.jp/
どうぞよろしくご検討をお願いします!!!

  • 2021/06/16 20:05

    本日 6/16はちょっと別の店舗へ行っていまして、18:00過ぎに akeruto 作業現場に到着すでに職人さんたちも帰られたみたいで、シーンとしています。ベンチが・・ベンチが・・ベンチができてる・・・・?塗装が乾くまで大工さんはストップかと思っていましたが、なんと!ベンチが!できてました。も...

  • 2021/06/16 19:37

    1日遅れてすみません!6月15日の分です!昨日、投稿する時間を作れずに今日になってしまいました。今日、2本分書いていきたいとおもいます!飲みすぎた人の言い訳みたいですが 笑名張は結構な大雨遅延の少ない我らが近鉄もさすがに遅延が出ています。今日は塗装を乾くのを待っていますが、雨なのでもしかすると...

  • 2021/06/14 23:00

    70点取るより、40点のデザインで!コワーキングスペースは様々なバックボーンの人が利用するため、ある程度、デザインの方向性に種類がありますし、私も作っているからこそ「できる限り無難で格好いい」という方向になるその思考は理解できます。ですから、「テレワークブースがカラオケボックスやトイレ」的にな...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください