昨季大人気を博した「Haven Tent」がバージョンアップして帰ってきました!画期的な完全フルフラット構造のハンモックとして、機能や使い勝手の良さはそのままに、 アウトドア愛好家に人気が高い新色カモフラージュと大柄な方や親子でも使えるXLサイズをラインナップに加えて登場です!

お久しぶりです!
昨年4月にmachi-yaで好評を博した「Haven Tent(ヘブンテント)」がアップデートして帰ってきました。


前回は多くの方からご支援いただき、スタッフ一同驚きと喜びでいっぱいでした。
ありがとうございました!

注*ページ内に登場するブルーカラーは今回は取り扱いがありません。

【前回支援者さまの声(抜粋)】

大変ありがたいことに、クラウドファンディング終了後もご注文が途絶えず、昨年は常に品切れ状態が続いておりました。
https://bit.ly/3sZlPSV

今回デビューするのは2タイプです。

前作を購入された方からご要望をいただいていた2つのタイプを製品化しました。

アウトドア愛好家に人気が高いカモフラージュ柄が登場します。


大柄な人や広々と使いたい人向けに、XLサイズが登場します。
親子で一緒に使うこともできますよ!


ヘブンテントとは

ヘブンテントの主な特徴をご説明します。

※havenは理想郷、避難所などの意味です。本来の発音はヘイブンに近いですが、日本人にとって言いやすく覚えやすい「ヘブンテント」を日本の商品名として採用しております。

一般的なハンモックのように腰が沈まないので、身体に優しい設計です。

仰向け、横寝、うつ伏せとお好きな姿勢がとれます。


ヘブンテントはフライシートや蚊帳などの機能を備えているので、テントがなくてもこれ一つでキャンプはOKです。

フライシート付きなので雨でも安心。あなたのプライベートを守ります。

フライシートを広げてタープのような使い方もできます。

ネットが虫の侵入を防ぎます。

ヘブンテントは内部に大小4カ所のポケットがあります。
さらにガイラインを使ってバックパックを内部に吊るすこともできるので、常に必要なツールを手が届く場所に置いておくことができます。
ハンモックキャンプにありがちな盗難の心配もありません。




さらに便利な機能が満載です。

専用ポーチに収納すれば軽量コンパクト

撥水

雨に濡れてもフライシートをサッと振れば大丈夫。

通気性・虫除け

蚊帳部分はファスナーで隙間なく閉じることができます。


木がない場所でも簡易テントまたはビビィとして使用できます。設置用にペグ、ガイロープも付属。

※地面に設置する場合はトレッキングポールが別途必要です。

ユーザーからご要望が非常に多かったカモフラージュがついに登場します。

自然に溶け込みやすいデジタルプリントによるカラーリングです。

従来のレギュラーサイズよりひとまわり大きいXLサイズが登場します。
広々と使いたい方にオススメです。

レギュラーサイズよりも幅15cm、長さ5cm大きくなりました。

※寸法は概算です。

Haven XLなら、親子で一緒に使うこともできます!

ペットも一緒に。


こんな大柄な人でも大丈夫!


Haven XLを使ってみたユーザーの反応


メディア掲載実績

前作は人気キャンプ系ユーチューバーさんにもご愛用いただいています。

さばいどるチャンネル様


BE-PAL様

https://www.bepal.net/gear/tent/122554


その他、大泉洋さんご出演の「1X8いこうよ!」や産経ニュース様、読売新聞オンライン様、ORICON NEWS様、@DIME様など、多くの媒体でご紹介いただきました。


Haven Tent(ヘブンテント)はロッキー山脈の大自然から生まれました。

前作同様、今回の新作の開発にあたって、発明者であり代表のデレク・ティロットソン氏自らが彼のガレージで手作りでプロトタイプを制作し、試行錯誤を繰り返すことで生み出しました。



私たちはHaven Tent(ヘブンテント)日本地区パートナーの株式会社ALATAMAです。

私たちは伝統文化と豊かな自然が融合する街、鎌倉に本拠を置く会社です。
自社ブランドの開発・販売と、まだ日本に紹介されていない海外の優れた製品のプロデュースをしております。

Haven Tentの発明者であり代表者でもあるデレクとデンバーで知り合い、彼の思想に深く共感した私たちは、ぜひ日本のキャンパーにも紹介したいと考えました。
デレクも私たちが今までやってきたことを理解してくれ、私たちを信頼して日本のマーケットを任せてくれました。

日本のユーザーからのご意見も、随時私たちから本国メーカーへフィードバックしております。今回の新作でも日本のユーザーの意見が取り入れられています。

冒頭の動画の中でデレクも言っているように、私たちはHaven Tentファミリーであるユーザーの皆さまとともに成長していきたいと考えています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

※動画や画像で使用した製品はプロトタイプとなります。実際にお手元に届く製品とは一部カラーや仕様が異なる場合があります。ご了承ください。(マットレスの色はカモ、XLともに現行モデルと同じオレンジとなります
※寸法は概算です。



2021年3月18日:プロジェクト開始

2021年4月29日:プロジェクト終了

2021年5月-8月:支援者様にお届け予定

Q:保証はありますか?
A:実行者の株式会社ALATAMA(以下、当社)が1年間の製品保証をつけております。通常の使用で故障したものにつきましては、当社から商品を発送した日から1年間は無料で修理いたします。

Q:保証期間が終わってからも修理は依頼できますか?
A:1年間の保証期間終了後またはお客様の過失による故障の場合でも、当社にて有料で修理を承っておりますのでご連絡ください。
※修理内容によっては承れないケースがあります

Q:ストラップを失くしたなどの場合、パーツのみ購入することはできますか?
A:今後当社サイトにて一部パーツの販売も実施する予定です。


■クラウドファンディングにおけるリスク・諸注意

本製品は量産体制が確保されており、プロジェクト成立以降は予定配送日にお届けができるよう努力いたしますが、想定を上回る大量のご注文や仕様変更の必要がある場合などの予期しないトラブル、また物流事情などで遅延が発生する場合がある点についてはご留意ください。

■特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名:株式会社ALATAMA

◯ 事業者の所在地:〒248-0012  神奈川県鎌倉市御成町11-2ヤノヤビル2F

◯ 事業者の連絡先:Tel: 0467-80-2743 メール:info@alatama.com
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2021/05/06 11:17

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/04/28 17:00

    NaFroの奥村彩です。いよいよゴールデンウィークの到来ですね!今年のGWは色々難しい環境ではありますが、節度を守った上でアウトドアを楽しみたいですね。さて好評いただきました「ヘブンテント」2021年新作のクラウドファンディングも、いよいよ明日4月29日で終了となります。熱いご支援誠にありがと...

  • 2021/04/24 09:53

    こんにちは!NaFroの奥村彩です。世界初のフルフラット式ハンモック「ヘブンテント」2021年新作のクラウドファンディングですが、いよいよ4月29日で終了となります。ここまでご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。本国メーカーのデレク代表も日本のファンの皆さまに大変感謝しておりま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください