はじめに・ご挨拶

みなさま、はじめまして!

プロゴルファーの林元将崇(まさたか)と申します。

僕は大阪の大学4年生です。今年2021年の1月、石川県加賀市に移住しました。


何故加賀なのか!?


この地で本物の自然農法のプロジェクトがスタートしているからです。

これから加賀を拠点に、プロゴルファーとして活動しながら、

『自然農法』を学び!実践し!リアルタイムで発信!する事で、

日本の皆様に『自然農法』というものをもっともっと広めていきたいと思っています。


プロジェクトを立ち上げた理由

肥料も農薬も一切使わず、水も与えず

自然の力に任せて育てる究極の自然農法

人にも自然にも1ミリの害も与えない

しかも肥料や農薬を使った野菜やお米と比べ、味が桁違いに美味しい。

この自然農法を長年実践されているのは、僕の地元和歌山の橋本自然農苑、橋本 進さんです。


初めて橋本さんの畑を訪れた時、僕は衝撃を受けました。

農業の専門家も同行していましたが、その場にいた皆が衝撃を受けていました。

現代の科学で説明のできない、信じられない事実が、橋本さんの畑では実際に起きていました。

植物は自ら子育てをするのです。意思を持って育てるのです。


僕は、これらの事はそう遠く無い未来に完全に科学によって解明される事に確信を持っています。

同じく和歌山県にある、世界最先端のお水の研究所が牽引して解き明かします。

「世界最先端のお水の知識」と「自然農法」を繋げて学ぶ事で、確信を持てるようになりました。


もうすぐ解明されるのです。農業の向かうべき方向は明らかです!

が、日本の99%の農業はそれに逆行しているために、土が猛スピードで破壊されています。

一度破壊された土の力は戻すのに時間がかかります。

間も無く起き得るとされている食糧危機に備える為にも、今すぐに動き出す必要があると考えています。





プロゴルファーとして身体づくりの一環で、

より良い食生活を研究する為にと安易な気持ちで訪れた橋本自然農苑で、

強烈な氣づきを頂いた僕は、

もっとこの自然農法を拡めたい、拡めなくてはならない。

そして本物の自然農法に従事する人が増えていく事で、

日本の農業自体をもっと盛り上げて応援したい。

この強い氣持ちから、完全な自然農法のお米だけを使った、米粉たこ焼きを研究開発し、

加賀を拠点に自然農法と、半農半Xのライフワークを発信して行く事を決めました。

僕の商品・材料へのこだわり

使用するお米は、

橋本自然農苑の米粉または、和歌山などのお水の綺麗な場所で10年自然農法を続けている方のお米100%です。

無添加のだしに拘り、だしの味をしっかり楽しめるよう研究してきました。

試食イベントでは、プレーンが一番人気でした。

ソースや青のり、マヨネーズなどお好みのトッピングでお楽しみください。

木船に6個のたこ焼きをそのまま急速冷凍して個包装パックにしてお届けします。

そのまま湯煎していただきますと「ふっくらとろとろ」なたこ焼きに戻ります。

油は信頼できるメーカーのフレッシュな米油を使用して焼き上げており、軽い食感です。

天かすは使用していないので、酸化した油によるアレルギー誘発の心配もありません。


リターンのご紹介

☆『お礼メッセージ・米タコ オリジナル レシピ』

感謝のメッセージと、美味しい米粉たこ焼きの『オリジナルレシピ』をお届けします。

☆【拘りの米粉 自然農法米100%  600g】

リターンに含まれる【米タコ オリジナル レシピ】をご参考に、

是非手作りたこ焼きをお楽しみください。

他にも小麦粉の代わりにパン、お好み焼き等、様々な用途にお使い頂けます。

☆『自然農法の実践メルマガ』

加賀で始まっている自然農法のスタートアップを現地より実況中継的に発信します。ご自身の実践にすぐに役立てて頂けるように写真等交えながら、土作りから育苗、自家採種の方法までお伝えします。


☆冷凍米たこ

安心安全な米粉たこ焼きを急速冷凍して個包装パックして配送します。

1舟ずつパックしていますので、

【そのまま湯煎するだけ】で、ふわりと美味しく戻ります。



プロジェクトで実現したいこと


【自然農法で新規就農し、半農半Xでリアルに日本の根本課題を解決できる若者仲間を増やしたい】


米粉たこ焼きは、味と材料に徹底して拘りました。

調理を衛生的に一貫して管理できる設備を提供頂ける先輩にお世話になり開発に取り組みました。

美味しくて、子供さんにもアレルギー体質の方にも安心安全

手軽に湯煎で楽しめる自信作です。

母子家庭の幼少期を過ごした僕は、忙しいお母様に手軽さも一緒に届けたい。

そして、このたこ焼きに乗せて本物の自然農法を知っていただく。


本来の自然農法を発信していく事で、

食料を自給できる力を持つ仲間、自然農法のお米を生産する仲間を増やし、

若者主導で各地の耕作放棄地を自然農法で蘇らせていきたい。


資金の使い道・スケジュール

たこ焼きの調理を衛生的に一貫して管理できる設備の構築。

−50度で瞬間冷凍でき、衛生的にパッキングできる設備の構築。

これらに使わせて頂きます。


最後に

僕はプロのゴルファーです。

身体のメンテナンスは仕事の一部として常に考えていて、体調の微妙な変化に敏感です。

橋本自然農苑の畑に入らせて頂いた時、身体にはっきりと感じられるエネルギーがありました。

その後のお水を深く科学する学びや、植物の意思をもった子育てについての学びを経て、

日本の土を守らねばという目標ができました。


自然農法が拡まればその目標は叶います。

自然農法が拡まる為には、それを担う人を増やすことが必須です。

国の補助金に頼らず、運営が成り立つ自然農法が拡まって行けば、


近い将来日本が直面する食糧危機も、助け合いながら乗り越えて行けるでしょう。

新規就農し、半農半Xのライフワークを実践し!発信!啓発して行きます。

何卒、ご支援のほどよろしくお願い致します!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください