みなさん、こんにちは!

札幌を拠点に活動するロックバンド、ナイトdeライトです。




2021年、ナイトdeライトは新しい扉を開きます。

思えば僕たちの歴史は、無謀なチャレンジと、それに応えてくれたファンの方々とのコール&レスポンスによって前進してきたものでした。


2017年 Zeppダイバーシティ東京



2018年 Zeppなんば大阪



2019年 Zepp札幌



2020年 12ヶ月連続CDリリース



特にこの4年間は無謀すぎるほどのチャレンジを自らに課して、悲鳴を上げながらも、

「世の中にどうインパクトを残せるか」

「一人でも多くの人に希望の歌を聞いてもらうにはどうすればいいのか」

を常に考えながら走ってきました。 


Zepp東京も、Zepp大阪も、Zepp札幌も、12ヶ月連続CDリリースも!

ぜーんぶ、札幌のバンドがあーでもないこーでもないと言いながら手探りで自分たちで頑張ってきました。

そして、その道のりにはいつも応援し支えてくださるファンの方々の存在がありました。



僕たちが励ましているようで僕たちが励まされ、

僕たちが発信しているようで皆さんが発信してくれて、

そうやって進んできた道のりでした。



でも、去年12ヶ月連続CDを走りきった瞬間から、僕たちの走るべき道のりは閉ざされてしまいました。

いまだに出口の見えないコロナ禍のなかで、持っている手札は全て使い果たし、

もう何も残っていませんでした。


正直なことを言うと、僕たちは、自分たちの存在意義を見失いかけました。

「生活」が優先される中にあって、音楽が不要不急であること。

僕たちは世の中から必要とされていないのかもしれないと思いました。

音楽で生きている、

いや音楽に生きている僕たちには、どうすることもできないほどの圧倒的な無力を感じました。


「今年はナイトdeライトとしては活動できないから、みんなで集まる頻度も減らして、各々個人の活動を進めようか。」


そんな話題もリアルに度々上がりました。

そんな中でメンバー、スタッフ全員が久しぶりに集まってお互いの胸の内を話し合いました。

「なんのためにバンドやってるのか」

「なんで一緒にやってるのか」

 誤解やすれ違いも全部話して、バンドが今年、

いや今後どうなっていくべきなのかを話し合いました。


その会話の中で、一つのツイッターの投稿の話題になりました。

「死にたいって思っていたけど、ナイトdeライトの曲を聴いて生きようって思えた」 


※Tweet原文


シンプルな内容でした。

でも、その一つのツイートに僕たちの存在意義が凝縮されていることを思い出しました。

「一人でもこういう人に音楽届けられたなら、15年やってきたことは決して無駄じゃなかった」

「俺たちってこのために音楽やってきたんだよな」

みんなの思いが一つになりました。

僕たちの奏でる音楽で、

僕たちの発するメッセージで、

 一人の人が死ぬことをやめて、生きることを選ぶ。


これほど恐れ多い、

これほど厳粛な、

これほど意味のある活動をここまで続けさせてもらっていたこと、

目の前の閉ざされた道のりばかり気になって、目について、大切なことを見失いかけていました。


やっぱり今年も挑戦したい。

無謀だと思われるような、頭おかしいと思われるような、今まで踏み出していなかった挑戦。

もっともっと、僕たちが出会ったことのない人たちに出会って、

奏でる音楽を通して、

僕たちの仲の良さを通して、

心から笑顔で「大丈夫。君はそれで素晴らしいんだよ」って伝えたい。


そんな思いを一つにして、

2021年、ナイトdeライトは、より多くの人に届けるために、新しい動きに挑戦します。



『ナイトdeライトの「テレビ番組」と「FMラジオ番組」をスタートします!』


※  ラジオ:FMノースウェーブにて、4月より毎週放送決定!

テレビ:北海道のテレビ局にて、7月より深夜枠にて放送予定

    さらに、別枠にて新ミュージックビデオを流す作戦も同時チャレンジ! 


北海道民なら誰もが知っているテレビ局とラジオ局でレギュラー番組を始めたいっ!!


コロナ禍で今年は何も活動できないかもしれないと思っていたところから、

逆に超攻めた新チャレンジ。


踏み出してみてびっくりしました。

今までメディアに取材していただいたり、出演したことはありましたが、

自分たちが制作して発信する側になると、ものすごくお金がかかること…。

初めてのこともたくさんあるし、「俺らでできるのか?」という思いも多々あります。


でもね、やっぱり伝えたいものがある。


届けたい希望がある。


だったらやっぱり前に進み続けるしかない。

僕たちには、仲間がいます。

どんな時だって応援してくれて、

後ろから一緒に「ナイライが歌う希望よ届け」と後押ししてくれる皆さんという仲間です。




だから僕たちは、強く強くこの足を踏み出し続けることが今までもできてきたし、

今回もまたできると信じています。

2021年の、コロナ真っ只中における僕たちの挑戦、今年もみなさんの力が必要です。

一緒に応援してくれませんか?



ナイトdeライト、今年は「民放」で希望を届けます!




▼皆さまの資金はどのように使われるのか

北海道のテレビ局の深夜枠をワンクール(7月〜9月)、テレビで流すためのミュージックビデオの撮影費、FMラジオ局をワンクール(4月-6月)持つための放送料や撮影料、編集費用、クラウドファンディングの手数料等に充てさせていただきます。

テレビ、ラジオともにワンクールから。もしさらに支援が集まりましたら、今後のテレビおよびラジオ活動をできる限り継続していきたい!と願っています。


▼主な特典

すべての支援者の皆さまに、メディア媒体に配布するための極秘資料

ナイトdeライトの紹介と使って欲しい楽曲への想い

をまとめた紙資料をお届けいたします。

また、支援者になってくださった方々には、メンバーやスタッフが集まって行う「テレビ撮影・ラジオレコーディングの企画会議」にチャットで生参加できるリターンもご用意しています。ラジオやテレビ番組の企画書や台本、公開前の極秘情報も共有します。


さらに、たくさんのリターンをご用意しましたので、是非ご覧ください!


▼最後に

ナイトdeライトのプロジェクトページをご覧いただき本当にありがとうございました。終わりの見えないコロナ禍にあり、例年よりも更に希望が見えづらい世の中です。

しかし音楽の大きな可能性を僕らは信じています。音楽を通して希望を届けられる人たちがもっと増えるために、僕たちは今年新たな挑戦をすることに決めました。

今まで僕たちの音楽を届けられなかった人へ音楽を届けること。そのためにテレビとラジオを利用します。

使用するツールは違っても最終的な目的はひとつ。

「もっと多くの人に僕たちの音楽を通して希望を届けたいんです!」

僕たちの情熱を一緒に握りしめて、希望の音楽を世に送り出すパートナーになってくれませんか?




  • 2021/04/21 15:32

    皆さんのサポートを胸に、いよいよ始まった「民放」作戦!FMノースウェーブ「ナイトdeライト リビング」も無事初の生放送を終えて、次回も生放送でお送りできることになりました!今週からはHBC北海道放送の「SONG@北!」という番組でナイトdeライト「桜」のミュージックビデオが毎晩放送されています...

  • 2021/04/16 16:25

    HBC北海道放送の、「SONG@北!」という番組でナイトdeライト「桜」のミュージックビデオが毎晩放送されることが決定しました!たくさんのサポートを受けて、リアルに「民放」作戦が動き始めています!期間:4月19日(月)から5月31日(月)まで基本毎日放送予定日によってスケジュールは変わりますが...

  • 2021/04/15 11:13

    クラウドファンディング開始から3日経たず、なんと目標金額達成しました!!!応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます。メンバー一同歓喜の叫びを上げております。いただいたコメントひとつひとつがこころに染みていました。。。皆さんだって大変なところを通っているにも関わらず、ナイトdeライトの想...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください