みなさん、こんにちは。御稲プライマルの後藤千夏です。

『健康を支える食の源「358」の可能性をみんなで拡げたい!358研究会、発足! 」のプロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます。クラウドファンディングも残すはあと7日間となりましたが、ここでお知らせ!!


これまでご支援いただいた方も含め、全員に追加リターンが決定しました!「こしひかり2合・358×1袋・オリジナル漬け袋」をお贈りいたします。358を使ったレシピの中で、私たちが一番おすすめするのは「358お結び」です。お米に358をいれて炊き上げ、おにぎりを作ってもらうシンプルな食べ方ですが、358を入れることでお米の甘い香りが増し、お米のおいしさがたまりません。『358お結びをご支援をしてくださった皆様に食べていただきたい…』その思いから今回の追加リターンを考案しました!!

また、いつものお料理がちょっと楽しくなるような「オリジナル漬け袋」を制作中です。素敵なデザインの漬け袋をお届けすべく、全力で制作しておりますのでお手元に届くまでお楽しみに!

いつもあたたかいご支援をいただき、誠にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

2021年5月1日 御稲プライマル 後藤千夏

--------------------------------------------------------------------


■健康を支える食の源「358」の可能性をみんなで拡げたい!358研究会、発足!


米農家である私たち御稲プライマルは、「食が命の源であり、お米が日本の食を支えている」という思いを大切にしています。東北・福島の健康を支え続けてきた伝統発酵食品「三五八」。その可能性をみんなで拡げ、日本中・世界中の人々を健康にするために、私たちは『358研究会』を発足いたします!

※以下、活動内容をお伝えするにあたり、漢数字の「三五八」は一般的な三五八商品、数字の「358」は糀和田屋様と御稲プライマルの358商品を指すものとします。

私たち358研究会の活動内容は、以下の2つです。

❶毎日の食卓から健康を!誰でも「時短で・簡単に・美味しく」三五八を取り入れられるよう、三五八を使ったレシピを集めます!

➋料理が苦手な方にも健康を!手軽に誰でも三五八を食べられる「糀のおかずシリーズ」を商品化します!

これから、358研究会発足に至る私たちの思いをお話しさせていただきます。


■ご挨拶。イネを敬う御稲プライマルです。

はじめまして、こんにちは。

このプロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます。御稲(みいね)プライマルの後藤千夏(ごとうちなつ)と申します。私たち御稲プライマルは福島県本宮市を拠点に、米作りをしています。


私たちは、困難や災害を乗り越えて、この地で100年以上米作りを続けてきました。

「このお米、おいしい。」この一言がうれしくて、もっと美味しいお米をたくさんの人に食べてもらうため、栽培からお届けまでの一貫体制を構築し、お客様の「食」に向き合ってきました。

「御稲プライマル」という会社名は、イネを敬い大切にすべきものとして「御稲(みいね)」。食が命の根源であり主要なもの(=「プライマル」)と考え、2つの言葉を合わせて名付けました。


■腸活におススメ。伝統発酵食品「三五八」

今回のプロジェクトで私たちが取り上げる「三五八」という東北の伝統発酵食品を、まずはご紹介いたします。

「三五八(さごはち)」とは、塩・糀(こうじ)・蒸し米を3:5:8の割合で混ぜ合わせた福島発祥の発酵食品です。もともとは「三五八漬け」としてキュウリや大根などの野菜の漬物に使われ、野菜のほかに肉や魚を漬け込むことにも使用されていました。最近は、発酵食品として塩こうじが注目されていますが、そのルーツが「三五八」とも言われています。


ー 358で腸から元気に

現在、コロナウイルスの影響により、「健康であること」「免疫力をつけること」への関心が高まっています。身体の内側から健康になり強くなるために、大切なことは日々の食事です。日々の食事から栄養をしっかりと吸収することが、元気で健康に過ごすことにつながります。

この栄養を吸収する過程で働くのが「腸」です。腸を元気にすることは、健康と密接な関わりがあるのです。そして、良い腸とは、「腸内細菌の種類が多様である腸」のことです。私たちのお腹の中には、1000種類以上、100兆~500兆個の腸内細菌がいるといわれており、なんと重さにして1~1.5kgもあります。 腸内の細菌は、それぞれ役割があり、日々私たちのおなかで働いています。そのため、腸内細菌が多様であることは、どんな食べ物にも対応できる強い腸であることの証だといえます。したがって、良い腸をつくるためには、いい働きをする多様な細菌を摂取し、育てる必要があります。発酵食品を食べることは、多様な菌を摂取することにつながりますが、その中でも、特に「三五八」が優れているのは、以下の3つのポイントです。


■なぜ、御稲プライマルのオリジナル358を作ろうと思ったか

ー 「日常に358を。」商品開発の経緯

2009年に会社を設立してから、これまでいろんな壁がありましたが、私にはいつも大切にしていたことがあります。それは、体が資本である農家として、夫や家族がご飯をしっかり食べてまた頑張れる環境を作ることです。家族の健康を支える日々の食事。私たちの食卓に日常的にあったものは、お米の加工品である「三五八」を使った「三五八漬け」でした。三五八漬けを毎日のように食べて元気に頑張る夫や家族の姿を見ながら、この身体に良い「三五八」の可能性をもっと拡げられないかと考えるようになりました。

(会社設立初期、都内の展示商談会に出店した際の写真)


最初はぬか床と同じように、漬け物を作るための漬け床として、三五八を販売しておりましたが、お客様や知り合いに感想や意見を聞いてみると、

「漬物作りは難しそう。」

「量が多くて使い切れないから結局捨ててしまう。」

「忙しいから、料理に長く時間を取れない。」

というお声が多くありました。


「普段の料理に使いやすい358を作りたい。」



「なんとかそういった方にも三五八を食べてもらいたい。」という思いで、あらゆる活用方法を模索する日々が始まりました。私たちが作る御稲プライマルの三五八には、「なじみやすい・ほぐれやすい・漬けた食材と一緒に食べられる」という良さがありました。そして、その良さをいかした、様々な活用方法を発見することができました。

例えば、お米を炊く時に、一緒に炊飯することで、お米の香り・甘みが増しますし、お肉を漬け込めば脂はさっぱりとし柔らかく、お魚は臭みが取れ糀の旨味がプラスされます。しかも、それが手間なく、簡単にできることも分かりました。

三五八は、毎日の料理の場面で「時短・簡単・使い切り」で使える万能調味料であると気がついたのです。そして、調味料として手軽にお試しができ、台所に置いても邪魔にならないサイズやデザインを考えた結果、現在の「358」が完成しました。


ここで、御稲プライマルの「358」を活用したレシピの一部をご紹介いたします。

まずは、基本のきである「旬やさいの358漬け」です。旬の野菜をいろいろ切って揉んだら、あとは食べるだけ!の簡単レシピです。

(旬やさいの358漬け)


358は漬けるだけじゃありません。次は、野菜のうまみたっぷりの「具だくさんミネストローネ」です。スープの素やブイヨンを使わなくても358がうまみをグッと引き出してくれます。

(具だくさんミネストローネ)


料理研究家の榎本美沙さんが私たちの358を使ったレシピを紹介してくれました。実際に358を料理に使う様子はこちらの動画をご覧いただきたいと思います。


苦労して作り上げた「358」が、最近少しずつその魅力を知ってくださる方が増えてきました!

ー 358を使った方の声(ウンログ」ユーザーさんなど)

「味も好みで使いやすくアレンジしやすい」

「簡単に美味しく糀をとれるので、毎日使いたい」 

「疲れにくく腸が動いている感じがする」

「優しい味わいでお肌もお腹も調子がいい」

「きゅうり漬けが美味しくでき料理が楽しい」

また、女性誌や料理雑誌などのメディアでも取り上げられ注目度が高まってきました!

ー メディア掲載歴

◎2021年2月18日 『Dr.クロワッサン 強い腸をつくる、発酵食の摂り方 大百科。』

◎2020年6・7月号 『STORY 麗ちゃんと習う「発酵食品で朝活」ページ』

◎2020年4月22日 『anan(アンアン) 2020/04/22号 No.2197 高めよう! 免疫力。』

◎2019年2月17日 『オレンジページ 免疫力&若返りのカギ。腸内酵素に注目!ページ』


■今回のクラウドファンディングで実現したいこと

ー358を日常でもっと使えるように。レシピを集めたい。

冒頭にお伝えした通り、私たちは「358」の可能性をみんなで拡げ、日本中・世界中の人々を健康にすることを目指しています。しかしながら、私たちが暮らす三五八発祥の地・福島ですら、まだその存在を知らない方がほとんどなのが現状です。そのような状況を打開すべく、私たちは「358研究会」を立ち上げ、「358」の可能性を世界中に発信していくために活動することを決めました。

「358研究会」の活動内容は、以下の通りです。

❶毎日の食卓から健康を!誰でも「時短で・簡単に・美味しく」三五八を取り入れられるよう、三五八を使ったレシピを集めます!!

私たちは、毎日の食卓に「358」がある日常を実現したいと思っています。いつもの食事にさっと358を加えて、健康になれる、そんな日常に密着したレシピを作りたいのです。そのために、思いに共感してくださった皆様とともにアイディアを集め、358活用レシピ集を作成します!

支援者の皆様にお願いしたいことは、リターンでお手元に届いた358を使って料理をし、各種SNS等でレシピを投稿していただくことです。投稿の方法やレシピの集約方法に関しては、詳細が決定次第、ご案内させていただきますが、たくさんの方に見ていただける形で運用したいと考えております。(期間内に目標金額を達成できれば、ネクストゴールとしてレシピ本の作成を計画しております)

また、レシピの発想を後押しするため、季節のイベントや調理方法、素材・食材などのテーマを決めていきます。テーマに合わせた358を美味しく食べてもらえるレシピ、皆様の自由な発想の渾身のレシピを楽しみにしております!そして、日本ならではの四季折々が感じられ、1年を通して「358」の楽しみ方がわかるような形で、レシピを集約し皆様にお届けできるよう努めたいと思います。 

さらに、投稿いただいたレシピの中から、特に素敵な358レシピを投稿してくれた方へ、私たちから「みいねのいいね!賞」として358をお贈りします。(参加方法は後日お知らせいたします。)

➋料理が苦手な方にも健康を!手間なく三五八を食べられる「糀のおかずシリーズ」を商品化します!!

私たちは、忙しくてお料理に時間をかけられない方や、お料理が苦手な方にも、358を使って健康をお届けしたいと考えています。そこで応募いただいたレシピの中から、簡単に食べられるメニューを商品化し、「糀のおかずシリーズ」として販売いたします。その第一弾として、358×豚「福島県産豚ロースの358漬け」をリターンとしてお届けします!

また、皆様から投稿いただいたレシピの中から商品化するメニューを選び、今後のプロジェクトを進めたいと考えております。あなたの投稿レシピが、「糀のおかずシリーズ」になる日が来るかもしれません…!


■最後に。震災から10年・東北の人々の思いを乗せて

東北・福島の伝統発酵食品「三五八」は健康を支える食品としてだけではなく、思いや生き方についてもここ東北・福島を支える食文化であると、私は考えています。

古来の日本人は「肚(はら)」という感覚を大切にしてきたと言われており、「肚を決める」「肚を割る」「肚が据わる」などの慣用句にも現れていますが、日本人が「肚」を思考の中心にしていたことが伺えます。

日本の中でも特に東北の人々は、東日本大震災に代表される自然災害や気候変動などの厳しい自然と共生・共存してきました。そのような環境で生き抜くために、頭で考えるのではなく、肚という感覚や直感を大切にし、自然や大地に近い生活を送るという生き方が自然と培われてきたのでしょう。

肚という感覚や直感を大切にすること生き方は、肚が据わっている、すなわち重心が低く安定していることだと言えます。上手くいかないことや辛いことがあっても、自分自身の肚の中にある感覚に耳を傾けることができていれば、他人に振り回されることなく、自分の道を進み続けることができるのです。

重心が低く肚が座っている東北の人々。自然や大地に近い生活をしてきた人々の中でも、ここ福島を支えたのは、米文化と発酵食文化である福島県のソウルフード「三五八」だと考えています。

私たち、御稲プライマルは、福島のソウルフード(文化)をたくさんの人に知ってもらい、さらにみんなの力で「358」の可能性を広げていくことで、日本人古来の豊かさを受け継いで、生き生きと健康に生きる人たちを支えて続けていきたいです。

(御稲プライマルのメンバー)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■プロジェクトを支える御稲プライマルのメンバー

代表取締役 後藤正人(ごとうまさと)

時代が変化しても「食の大切さ」は変わりません。その食を支えてきたのは、先人たちの知恵や工夫の積み重ねです。 私達は今、この物語の紡ぎ手として故郷や食について考え見つめ直す機会を提供するべく、新たなステージに進もうとしています。今回のプロジェクトは、そのための第一歩となります。 東北の米文化が生み出したサゴハチが、皆さんの食卓に当たり前に並び、発酵食品の代名詞として認知される日が来ると信じています。

広報・営業担当 二瓶幸(にへいみゆき)

38歳、2児の母です。 福島県福島育ちなのに、御稲プライマルに出会うまで 「三五八」を知りませんでした。 漬物も、あまり好んで食べませんでした。 「358」に出会って、お腹の調子が非常に良いです。 子供たちも、漬物嫌い・生野菜嫌いでしたが 「358」に漬けると魔法がかかったように パリボリ食べます。 そして、毎朝トイレへ行きスッキリした1日の始まりを 送っています。 「358」は無添加調味料で子供にも安心ですし 漬物にして残った糀や汁もスープに入れて余すところなく食せます。 まさに、サステナブルです。 私は、子供の未来のために「三五八」を伝えたいです。 先人たちが残してくれた伝統の漬け床を 今の生活にマッチさせて、同年代のママ世代や これからママになる世代に、提案していきたいです。 こんなにいいもの、知らないなんて、もったいない。

(左から 二瓶/専務後藤/代表後藤)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このプロジェクトを応援してくださる方たちからの応援コメント!

■事務局代表 高橋 大就様・358担当 近藤 沙織様/一般社団法人東の食の会

358は世界を救う! 

福島では一般的な三五八漬けの素も、域外では知る人ぞ知る人のみ使っており、このまま地域の中だけで眠らせてはいけないと、我々東の食の会では三五八漬け市場を盛り上げるべくリブランディングに手を上げました。 東の食の会では、プロデュース商品だけを売ることが目的ではなく、食材の価値を高め、地域を盛り上げることが目的です。 そのきっかけになればと思い、三五八市場全体の価値を上げる活動をしています。 食材の旨みを引き出し、長持ちさせる上、たくさんの菌が入っていて、身体に良い、いいこと尽くしの三五八漬けを是非皆様と一緒に広げていきたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■小針 沙織様/大天狗酒造 杜氏

大天狗酒造では、福島県内でもいち早くJGAP取得に取り組み、美味しくて安心で安全なお米を生産、発信されている御稲プライマルさんの酒米を使用して酒造りをしています。そして、食卓を充実させる加工商品の開発にも積極的にチャレンジされる姿を間近で見て、いつも勉強させていただいています。

358の伝統と文化を次の時代に繋いでいく御稲プライマルさんの取り組みを応援したいです。是非とも皆さんの応援よろしくお願いいたします!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■きしの みゆき様/腸に特化した食育講師

358ファンです! 万能調味料として358を使わない日はないです。358はお米、麹、塩のみでできていて、安心安全の調味料です。日本の大切な発酵食品です。お魚、お肉、お野菜と食材を選ばず、358で味付けすると旨味と深みが増して本当に美味しくなるのです。わたしは塩の代わりに358を使っています。(もう塩はほとんど使用していません) また食材自身の栄養価をあげ、保存性も増します。 そして、358には麹菌をはじめ菌が豊富に含まれています。 腸内細菌の善玉菌の働きを助け、腸内環境の改善に役立ちます。腸活調味料としても活用できます。 是非、皆さんも358を召し上がってみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■田中 詩歩様/株式会社ピックルスコーポレーション OH開発部

東北地方に昔から伝わる358。野菜だけでなく、お肉やお魚にも使える万能調味料です! 358で漬けた野菜の浅漬けは、ちょうどよい塩加減の中に糀の甘みと香りが感じられる優しい味に。 お肉やお魚は、やわらかく旨味がギュッとつまって更に美味しく。 使い方も簡単なので、だれでも手軽に358料理を楽しむことができます。 たくさんの発酵食品を取り扱う「OH!!! ~発酵、健康、食の魔法!!!~」になくてはならない発酵調味料358。 伝統と文化、そして大切な人の健康を守るため、御稲プライマルさまのプロジェクトを応援します! ぜひこの機会に、358を使ったお料理を始めてみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■三瓶 正人様/糀和田屋

御稲プライマルさんは永年、美味しい米作りを行っており、地元の米を250年使用してきた弊社とも、伝統的地域生産品である三五八への想いは共通するものがあります。三五八は収穫した米を無駄にしないように、クズ米を漬床として利用した会津、中通りの農家さんの知恵が創り出した漬物の素であるといえます。弊社は奥州街道と会津街道の分岐地で三五八の委託加工、製造を行ってきました。昨今の健康に対する意識の高まりで乳酸菌を多く含む三五八漬は見直されていますが、より多くの方に利用していただけるように、その魅力と使い方等を発信し健康で楽しく暮らせる一助になれることを望みます。是非皆さんのご支援をよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■長瀬 みなみ様/ウンログ株式会社 腸活うんち専門家💩 

 手軽においしい発酵食品を食卓へ取り入れられる358は、暮らしの中で腸内環境を意識する私にとって心強い味方です。腸活には積み重ねが大切。少しずつさまざまな食材を漬けられるので、毎日の食卓でおいしく腸活することができています。御稲プライマルさんの358からは米麹を作り出す麹菌をはじめ、多種多様な菌が発見されているそうです。ウンログアプリのユーザーさんに358をお試しいただいたときには、多くの方から「お腹の調子がよくなった!」といった感想もいただきました。御稲プライマルさんの358で、たくさんの人の腸が元気になりますように。レシピが集まったら私も活用したいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■取締役常務  菅野 豊臣様/株式会社栄楽館 ホテル華の湯

御稲プライマルさんとの出会いは5、6年前です。弊社のオリジナルカレー「華カレー」に合う「専用米」を作ってくださり、売店や通販で販売をさせていただきました。急な注文に社長自らお届けくださったこともあります。
お米に、『三五八(さごはち)』。地元の人間にとっては当たり前のものですが、常に新しい感覚で果敢に挑戦する姿勢に、私達もとても刺激をいただきます。
 私たちは『三五八』を10年以上、定番メニューで提供しております。4月1日から始まる東北DC(ディスティネーションキャンペーン)では、「発酵」も一つテーマですので絶好の機会!美味しくて身体に良い・先人たちの知恵の詰まった『三五八』を是非多くの方に知っていただきましょう!
追伸、「お米(華カレー専用米)+カレー」のセット企画も、またやりましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■板垣 義昭様/福島県地域産業6次化イノベーター

私と御稲プライマルさんの出会いは12年前福島県の農商工連携シーズ調査でした。お伺いした事務所には既に米作りの他米粉を活用したパン、お菓子、さらに自社ブランドのお酒などいわゆる6次化商品が並んでいたことを思い出します。

発酵食品三五八は加工から販売まで手掛けている6次化商品です。私も愛用させていただいており。三五八と生姜、ニンニク、胡椒で味付けしたから揚げやら、お酒のつまみ三五八サーモン漬けは私の定番料理です。

是非、皆さんも無添加調味料三五八を使用したオリジナル料理を作ってみませんか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■神田 光輝様/泡貝(アワセル) オーナーシェフ

いつも本当にお世話になっております。当店では御稲プライマルさんのお米でリゾットを提供しています゚+.゚(´▽`人)゚+.゚きっかけは福島食材のバイヤーツアーで農場訪問をしたことでした。安全、安心、丁寧な仕事だけでなく、化学分析を商品化に活かして、一歩前に出るスタイルに感銘を受けました。『358』は健康的で美味を生み出す魔法の素 誰でも簡単に美味をDIYできちゃいますね!いつもの食事がより良いものに♪ 発酵食品はもっともっと注目されるべきもの。『糀のおかず』は手軽でお料理苦手な方も 簡単に楽しめるのも嬉しいところ٩(ˊᗜˋ*)و♪ 3.11から10年のタイミングというのも 福島応援の気持ちが増しますね! 多くの皆様に『358』『糀のおかず』を 知っていただき、楽しんで欲しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■菅野 光生様/株式会社エムケーファーム 代表取締役

私が、御稲プライマル株式会社の後藤社長と出会ったのは、今から約4年前のことです。

同じく米を栽培していた当社が、風評被害などの影響もあり福島の米の将来に不安を感じていた時でした。後藤社長にお会いして福島の米の可能性を知り、取引先の開拓方法等を学び、地域に貢献したいという思いに感銘を受けたのを今でも覚えています。

『三五八』は、東北の食文化を広くたくさんの方に知ってもらう意味で、貴重な商品だと思っています。

東日本大震災から10年、福島の農業の未来が明るいものとなるように、私たちも共に歩んでいきたいと思っています。是非、『三五八』への皆様のご支援、よろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■齋藤 健太様/経営コンサルタント

御稲プライマルさんが育てたお米が好きで定期的に注文しています。特にミルキークイーンのモチモチ食感と甘さが家族のお気に入りです。ぜひ皆様にお勧めします! また、田んぼで開催する農業体験イベントには、子どもたちと一緒に参加しています。稲刈りや焼いも作りなど、子どもたちの思い出にも残ります。自然の中でこういった体験をしてみると、改めてお米の重要さや有難さを実感します。 お米で作った358の普及は、「福島の伝統食材を守る 」「お米の大切さを広める」という意味でも、とても良い取り組みだと思います。期待溢れるこのプロジェクトの実現を楽しみにしています。皆様、応援よろしくお願いします!! 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■小笠原 隼人様・飛田 美咲様/株式会社エフライフ Local Crowdfunding Lab

10年前、塩麹を知っている人は日本にどの程度いたでしょうか? 今や、塩麹のことを知らない人を探す方が難しいくらいに浸透しています。現在、三五八を知っている方は日本ではかなりの少数派だと思いますが、そのポテンシャルは塩麹以上です。10年後、誰もが三五八のことを知っている世の中になったとき、何が三五八の認知を広めたきっかけであったかと振り返れば、それはこのクラウドファンディングであり、358研究会となるでしょう。今日、ここから、日本の食文化は変わります。私達も全力で応援します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


※日本酒は、酒類販売管理者であるプライマリーステーションさんぽみちから発送します。

【酒類販売管理者標識】

販売場の名称及び所在地:プライマリーステーションさんぽみち

969-1107 福島県本宮市青田字寄松100

酒類販売管理者の氏名:後藤正人(ゴトウマサト)

酒類販売管理者研修受講年月日:令和元年10月23日

次回研修の受講期限:令和4年10月22日

研修実施団体名:一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【お酒、飲料は20歳を過ぎてから】
※日本酒の含むリターンは20歳未満の方はご支援いただけません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<All-in方式の場合>
プロジェクトの実施、およびリターンの履行を確約できる方が利用可能な募集方式です。
目標金額を達成しなくても資金を受け取れますが、必ず計画を実行し、リターンをお届けする義務が生じます。

  • 2021/05/08 19:42

    おばんです。皆さまへの御礼と感謝の気持ちを込めて、ライブ配信いたします。お見逃しなく!■Facebook「ごとうファーム&御稲プライマル」https://www.facebook.com/miine.primal■Instagram「御稲プライマル(お米農家)」https://www...

  • 2021/05/07 22:59

    クラウドファンディングあと一日の本日、目標金額達成いしました。ご支援いただいた皆様には心より感謝申し上げます。358をどれだけ知ってもらえて、一緒に358(サゴハチ)を探求していただける仲間になって頂けるか不安と期待がありました。今は、この358(サゴハチ)がもっとたくさんの人たちに出会って欲...

  • 2021/05/07 08:13

    クラウドファンディングも残り2日、まだ目標は未達成です。未だ目標達成されていませんが、必ず達成し、358研究会で358のレシピや358可能性をとことん探りまくります。それをもとに、日本全国、世界中の方々に358に出会って使っていただけるように、358(サゴハチ)に出会ったことで自分や自分の大切...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください