プロジェクト本文

■RICE475プロジェクトとは?

株式会社リバースプロジェクトと日本有数の米どころ南魚沼の農家山本、廣新米穀で取り組む農業プロジェクトです。

「美味しいお米を作り、農家の価値を高めたい!」という想いから始まり、南魚沼産コシヒカリを栽培しながら、魚沼での農業体験や都内でのまざまなイベント、ウェブ等で情報発信を行っています。
農家の事を少しでも知っていただき、皆さんと一緒に農家の未来を考えるためのプロジェクトです。

手植え2

田植え足

▲RICE475を応援して下さる皆さんと田植えを行いました

農業は命を繋ぐ、食を創造する大事な仕事です。
農家は現在大きな岐路に立たされています。
このままの現状維持では農業が崩壊するとも言われています。
そして、自立を目指す農家には、様々な問題が突きつけられているのです。

日本人の主食「お米」を通して、農業の明るい未来をみんなで想像しませんか?
今回はGENKIDAMA PROJECTで、皆様の力をお借りしたいと思っております。

■当プロジェクトで実現したいこと

今回、このGENKIDAMA PROJECTを通して、
・生産者が自立する為の「消費者とダイレクトに繋がれる販路」の確保
・消費者が安心して美味しく食べることの出来る、生産者が見えるお米の提供
この二つの実現を目指したいと思います。

789

ヒロトおにぎり

「消費者と生産者の距離を縮めることが、どれだけ両者にとって有益かつ持続可能なシステムであるか。」

皆さんが毎日食べているそのお米が、誰によって、どんな想いで、どの様に育てられ、どの様な流通経路で食卓に上がるのか知っていますか?そして、知りたいと思いませんか?

私達は消費者と生産者をダイレクトに繋ぎ、両者がコミュニケーションをとり、両者の距離を縮めることで、様々なメリットが生まれると考えています。

□消費者メリット
・自分が食べるお米が、どの様な生産者によってどの様に育てられたのかがわかるので、安心かつ安全性が高い
・生産者から直接買うことにより、中間コストを省け、店頭価格よりも安価で購入できる
・農業体験により生産の苦労や楽しさを共有することで食に対する意識が向上する


子供にとっては食育にも繋がる。


□生産者メリット
・消費者の顔がダイレクトに見られることで、安全性や品質向上の生産意欲がUPまた、フィードバックをもらい易い。
・生産前に売り先が確定することで、効率的な生産計画と資金計画を立てることが出来るまた、生産量も調整でき、在庫過多やロスを軽減できる。
・販売価格を自分で決められるので、コストに対して正当な価格で販売できる
・農業体験や情報発信により農業の魅力を伝え、就農のきっかけ作りに貢献


当然の様ですが、現在のシステムではなかなか難しいのが現状です。

そこで、、、
収穫されたお米と共に、農業の苦労や楽しさ、農業のリスクも一緒に販売したいと思います!

■販売内容

・レポート形式の栽培履歴
 WEB上にRICE475栽培履歴ページを開設いたします。
 お米が出来るまでに、沢山の手間が掛かっています。
 無農薬はどの様な苦労があるのか?減農薬はどんな農薬をどの様に使っているのか?写真と文章でわかり易くご覧頂けます。

・定期的にRICE475のメールマガジンをお送りいたします。
 月に2回、RICE475から活動報告やお知らせのメールマガジンが届きます。

・収穫されたお米 『RICE475減農薬栽培米』
 5アールの田んぼから収穫されたお米をパトロンの方々でシェアして頂きます。
 数量等は「リターン」の項目で記載しております。

・お米はRICE475減農薬栽培米です。
・ 収穫量は目安として5アールの田んぼから精米で210キロ前後の収穫を見込んでおりますが、 天候等の影響で、収穫量が増減いたします。

▲RICE475の圃場

814

▲農薬に頼らない、手作りの除草機

▲待ちに待った稲刈り

2010-11-06_19-29-56__1

▲東京都内のカフェで収穫祭を行いました
■無農薬無化成肥料栽培 VS 減農薬減化成肥料栽培

RICE475では「無農薬無化成肥料栽培米」と「減農薬栽培米」の2種類を生産しています。 今回は無農薬と減農薬をご選択頂ける様に、企画を2本立てにしました。
無農薬と減農薬、それぞれのメリット、デメリット、みなさんはどちらを支持しますか?
実はRICE475を共に進める、農家山本と米屋覺張も意見の割れるところなのです。
どちらが先にSUCCESSするのか、興味深く見守らせて頂きたいと思います。

【減農薬栽培米PR】

gaku

▲米屋の覺張(ガクハリ)

地球の生態系の為、食べる人の安心・安全の為、生産者の健康の為、、、etc
もちろん農薬は散布しないに越したことはありません。

しかし、収穫量の安定性、農家の作業負担、生産効率、販売価格、などを考えた時に、
最もバランスが取れている栽培方法は減農薬栽培です。
減農薬栽培は「出来る限り少ない量の農薬を、いかに効率的に使用しするか?」
農薬の特性と自然の摂理のバランスを考えながら栽培されています。

名称未設定-1

▲栽培方法別リスク

少量の農薬を使用することで、
除草の手間、害虫や病気による収穫減のリスク回避、品質の安定に繋がります。
これは、農家の収入に係わる大きな要素です。

また、散布する農薬や散布のタイミングを見極めることで、
精米時点で残留農薬を残さないことも可能です。
以上を踏まえると、減農薬栽培が一番現代に適した栽培方法であると考えています。

もちろん無農薬栽培を効率的に行う方法を試行錯誤しながら、無農薬栽培の面積を拡大していくことは重要です。
ですが農家のリスクが沢山あります。
それを支える為にも、消費する私達は効率的で安全性の高い、減農薬栽培米を選択することが必要です。

実は減農薬栽培米は、無農薬栽培米より認知度が低く、慣行栽培(通常栽培)よりも普及していません。
減農薬栽培をもっと多くの方々に理解して頂き、普及させていきたいと思います!

みなさん、ご協力をお願い致します!

廣新米穀 覺張

  • 活動報告

    RICE475 収穫祭 祝・豊作ツアー☆

    2011/11/08

    RICE475の新米、 お蔭様で大・大・大好評を頂いております! 誠にありがとうございます! 今年も恒例の収穫祭を開催します☆ なんと今年は魚沼での…

  • 活動報告

    ☆fresh green rice☆

    2011/10/10

    お待たせいたしました!! ようやく新米の出荷準備が整いました! 元気玉も出荷体制に入りました。 収穫したて、精米したてのとびきり新鮮なお米…

  • 活動報告

    栽培履歴について

    2011/10/09

    ご支援ありがとうございます! 現在、新米の出荷に向けて着々と準備を進めております。 23年産の栽培履歴についてですが、ただ今まとめておりますので、…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください