2017年10月7日(土)よりTVh(テレビ北海道)で放送開始する、北海道初の地上波ご当地ヒーロー番組「ソーランドラゴン大百科」を沢山の人に知ってもらい、みんなで一緒に盛り上げたい!皆さんの応援を力に、地下鉄広告・駅広告等を実現させ、道産子ヒーロー・ソーランドラゴンの番組と活躍を飛躍させたい!!

プロジェクト本文

▼はじめに

こんにちは、合同会社 道産子英雄企画(どさんこヒーロープロジェクト)の代表社員 黒田朋樹です。

弊社が運営し、2015年より北海道で本格的な活動を開始した道産子ヒーローキャラクター“舞神ソーランドラゴン”

その念願であった地上波TV番組化がこの度ついに実現します!

2017年10月7日(土)放送開始!TVh(テレビ北海道)にて隔週土曜日17:15~の5分番組、

10月~12月までの1クール(10/7、10/21、11/4、11/18、12/2、12/16)全6回の放送です!

 

この事をたくさんの人たちに知ってもらい、応援してもらいたい!番組をよりたくさんの人に見てもらいたい!

そして番組に込めた

“一人ひとりが北海道を守り、つくり、盛り上げる!ヒーローなんだ!!

大好きなふるさと·北海道のために一緒にできることからはじめよう!!”

という熱い想いをたくさんの人達に届けたい!!


 また、この想いに共感して、一緒に夢を見て、一緒に実現してくれる、

このプロジェクトを自分達にとっても夢だと思ってくれる人達を増やすことで、

より素敵な番組・プロジェクトになっていくと確信し、

 

 そのためにこのCAMP FIREで資金を集め、この番組が始まること(時期によっては放送中であること)を札幌の地下鉄広告や駅の広告、北海道民に向けたFacebook広告・WEB広告などで広くPRし、この番組のこと、ソーランドラゴンのことを、北海道の子ども達に、人々に、広く知ってもらいたいのです。

 
▼ソーランドラゴンTV番組化までの経緯 

 2015年に合同会社 道産子英雄企画(どさんこヒーロープロジェクト)を設立し、ソーランドラゴンを北海道のご当地ヒーローとして本格的に展開し始めてから、さっぽろ雪まつりやYOSAKOIソーラン祭りなどの大型イベントをはじめ、全道各地のお祭りやイベントでヒーローショーや和芸ショーなどを行ってきたソーランドラゴン。

 

 

 時には北海道を飛び出し!全国各地のイベントや海外にも出演し、北海道や日本をPRしてきました!
  おかげさまで、2015年〜2016年にかけて約200公演を実現し、イベントを中心に活躍を広げてきました。

 また、週末のイベント出演の他にも、平日の園·学校訪問などで、子ども達に向けた防犯教室、交通安全教室、国際協力入門教室なども開催し、日常教育の場でも、“一人ひとりが地域を、日本を守り、つくるヒーローなんだ!一緒にできることからはじめよう!”と熱いメッセージを発信してきました。

 

 そんな活動から、札幌市交通安全運動推進委員会とコラボレーションした交通安全ポスターや、札幌市消防局とコラボレーションした消防ポスターが実現!

 

 これらを皮切りに、札幌市保健福祉局のがん検診受信促進キャラクターとしてCMや広告で活躍したり、2017年には北海道·北海道警察らとコラボレーションした「全席締めよう!シートベルト」ポスターが全道の小学校など3000ヶ所に掲示されるなど、子ども達・北海道民への啓発活動にも力を入れてきました。

 そうして活躍を広げる一方で、実はずっと北海道の地上波でのテレビ番組化を目指し、実現を模索し、頑張ってきました。

 

 しかし北海道でのご当地ヒーローの番組化は初めてのことで前例がなく、興味を示してくれるところはたくさんあっても、最初に思い切ってスポンサーになってくれるような企業はなかなか現れませんでした。

 何度か実現しかけたこともありましたが、結局は実現できずじまいで、北海道に拠点を据えて本格的に活動を展開し始めてから2年が過ぎてしまいました。

 

 しかし、もっともっとソーランドラゴンの活動を盛り上げていくためにも、ここらで思い切って自分たちの力で自己投資し、まずは自分たちで番組枠を買い、念願の地上波TV番組化を実現することを決意したのです!!

 

▼浮上した宣伝資金不足

 ところが、思い切って地上波TV番組化を実現させたまではよかったのですが、番組制作と枠買いで自己資金をほぼ使い果たしてしまったため、番組を宣伝するための十分な広報費用が捻出できない状態に陥ってしまったのです…。

 

 そこで、このCAMP FIREで応援資金を集めて、この番組のこととと、ソーランドラゴンの存在をよりたくさんの人達に知ってもらえるよう、よりたくさんの道民、子ども達に番組を見てもらえるように、広告宣伝、広報費用にしたいのです!!

 またパトロンとなってくれた人達にとっても、ソーランドラゴンを自分達が応援してメジャーにしたヒーローとして、そのサクセスストーリーを自分たちのストーリーにもしてもらい、ソーランドラゴンの活躍が沢山の人の夢となり、まさにヒーロー的王道を地で行くような「皆さんの応援」を力にして、プロジェクトを進めていきたいと考えたのです! 

 そうすることで、ソーランドラゴンの活躍が沢山の人達の夢となり、このプロジェクトが爆発的に飛躍していくと確信しています!!

 

 ▼プロジェクトの背景とプロジェクトにかける想い

 このプロジェクトの原点の一つは、僕の双子の弟・昌樹が北海道教育大学旭川校幼児教育学専攻を卒業した後に就職した幼稚園でのことです。彼は担任したすみれ組の子ども達を「元気戦隊スミレンジャー」と名付け、「一人ひとりが未来を!守り、創る、ヒーローなんだ!」と投げかけ、クラス運営を行ったそうです。するとヒーローに憧れ、自分もヒーローなんだ!と自信を持って行動しはじめた子ども達。素直に友達に謝れた!友達の喧嘩をとめた!家では食べたことがないという嫌いな食べ物を食べた!そんな子ども達の変化・姿に、“ヒーロー”の可能性、メッセージ力を強く感じたそうです。

 

 

 もう一つは、僕自身が21歳の時に筑波大を休学し1年間オーストラリアでスタント修行をした際のことです。映画「ラストサムライ」の大ヒット直後で日本の武士道や文化などについて興味津々に聞いてくる仲間達の質問に調べながら答えているうちに、自分自身も改めて日本の良さを知りました。真面目にコツコツと頑張れる国民性、ご先祖様や神様が見守っているから自分の心に嘘をついちゃいかん!そんな素敵な感覚が知らず知らずのうちに僕達日本人に身についていることに気づき、この想いを、文化を、未来まで伝え繋げたいと思いました。

 また、ふるさと日本と北海道を改めて見直し、その魅力を再確認し、もっと日本のため、北海道のためにアクションを通してできることはないかと考え始めたのです。

 

 そんな僕達双子は “ヒーロー”という人々の良心や正義の原点でもある、キャラクターの活動を通して

「ふるさとの、日本の魅力に気付き、愛し、その未来をよりよくするために、自分から行動する、そんな熱い“ヒーロー魂”を持った人達」を北海道に、日本に、世界に、一人でも多く生み出すこと!それを使命にソーランドラゴンのプロジェクトを展開し始めました。

 

 プロジェクトの柱は4つ、週末のヒーローショー・和芸ショー公演などのイベント事業、平日に園・学校・施設などを回り子ども達に直接メッセージを発信するヒーロー教育事業、ドラマ化・映画化・書籍化などのメディア事業、グッズ展開などのキャラクタービジネス事業です。

 これまで本州でスタントマン・スーツアクター・パフォーマーとして経験を積みながら地道に活動を継続してきて、2015年からはふるさと北海道に新たに会社・拠点をつくり、イベント事業・ヒーロー教育事業を着々と広げてきましたが、いよいよメディア事業、キャラクタービジネス事業へと展開を大きく広げるタイミングに来たのではないかと感じています。

 

 今回の地上波TV番組化によりキャラクターの知名度の大幅なアップとグッズ販路の拡大・グッズ収益拡大によりつくりだした資金で、僕たちが本当に力をいれてやりたいヒーロー教育事業を展開していきたいのです!

 平日に園・学校・施設などを回る様々な教育パッケージで、「一人ひとりがヒーローなんだ!」という想いを子ども達に直接届け、未来の北海道を、日本を守り、担っていく“ヒーロー”を育てる種をまく!

 このヒーロー教育事業を円滑に回す為に、メディア事業で知名度をあげ、キャラクタービジネス事業を広く展開し、活動資金を多く生み出したいのです!!

 
▼プロジェクトが目指す未来像

 沖縄のご当地ヒーロー『琉神マブヤー』は2008年の第1シリーズTV放送で人気に火が付き、人口約170万人の沖縄で開始3年で3億円以上の関連グッズ売上げを達成!映画化、漫画家などを次々と実現させ、今や経済効果が300億を超えるともする情報もあり、最強のローカルコンテンツになりました。

 そして(ソーランドラゴンと同じ)今年の10月から、通算第8シリーズ目にあたる「琉神マブヤーARIZE」がRBC琉球放送にて始まります。沖縄で長くTVシリーズが愛されているのです。

 さらに、一昨年はマレーシアで特撮ドラマのリメイク&放送、現在タイのヒーロー『ミライガーT1』とコラボ番組を制作中で、年末よりタイで放送予定など、県内、国内のみならず、海外にまで沖縄をPRする存在として快進撃を続けています。


 一方、ソーランドラゴンが活躍する北海道は札幌だけで190万人、全道で530万人の人口を誇り、実に沖縄の3倍以上の市場が眠っています!

 さらに、全国47都道府県魅力度ランキング8年連続1位と、沖縄に勝る人気を誇り、全国・世界にもファンが多く、より大きなビジネスを展開できるポテンシャルを秘めています。

 

 ソーランドラゴンのTV番組化をよりたくさんの道民の方々・北海道の子ども達に知ってもらい、番組を見てもらうことで、ソーランドラゴンの人気に火が付けば、様々な形で北海道を盛り上げ、北海道を元気にするだけでなく、ソーランドラゴンが北海道を全国・世界にPRするキャラクターコンテンツになれることを確信しています。

 そうしてキャラクタービジネスにより生み出した資金で、平日の日常教育の場で子ども達にメッセージを発信するヒーロー教育事業を展開し、北海道の、日本の、世界中の子ども達を、未来を守り、つくる!”ヒーロー&ヒロイン”に育てる種をまいていきます!!

 そんなソーランドラゴンの夢が、北海道の、日本の、世界の元気な未来が、あなたの手によって切り開かれていくとしたらワクワクしませんか?

 

  そんな夢を、未来を、実現させるためにも、まずは今回10月から放送が始まる念願の地上波TV番組「ソーランドラゴン大百科」のことをたくさんの人に知ってもらって、たくさんの人に見てもらいたい!!

 ここからソーランドラゴンの新たな快進撃が始まります。

  それを支えるヒーロー&ヒロインは皆さん一人一人です。

 

 ぜひ少しでもいいので、ソーランドラゴンにお力をお貸しください。あたたかいご支援・ご協力をお願いいたします!!

 ソーランドラゴンをメジャーにし、北海道に、日本に、世界に!たくさんのヒーロー魂を増やす!!未来のヒーロー達を育てる!!そのプロジェクトを支えるヒーロー&ヒロインは、あなた達一人ひとりです!!!

▼資金の使い道

 〇札幌市の地下鉄全線(南北線・東西線・東豊線)の車両内の中吊り広告など番組告知の広告費用・・・約80万円

 〇リターン費用など諸経費・・・15万円

 〇CAMPFIRE手数料・・・5万円

 

☆目標金額以上集まった場合は、その金額に応じて以下の広告もできるものから実現します。

〇大通り駅・札幌駅などの駅柵ステッカー広告 

〇地下歩行空間などの大型ボード広告

 

☆目標金額に至らなかった場合も、以下の広告宣伝などに活用します。

〇50万円以下→Facebook広告による、北海道在住の子持ち家庭の方への広告リーチ 

〇50万達成→札幌市の地下鉄全線の車窓ステッカー 

〇80万達成→札幌市の地下鉄全線の窓横ステッカー 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください