ご挨拶

はじめまして。神戸市内の大学に通いながら、今回「TIMESIBLE」プロジェクトを立ち上げました、鈴木遼平(すずきりょうへい)と申します。


TIMESIBLEは、現役の服飾専門学生をデザイナーに据え、ポップアップ形式でそれぞれの作品を展示・販売するプロジェクトです。

しかし、TIMESIBLEは単に専門学生の作品を売るのではありません。プロジェクトを何年にもわたって継続・発展させることで、ファッションの全く新しい楽しみ方である「デザイナーへの先行投資」を確立したいと思っています。

服に投資するプロジェクトなど成り立つのか、そもそもファッションにおける先行投資とは何なのか?

プロジェクトを始めた経緯や私自身の考えから、TIMESIBLEプロジェクトの説明をさせていただきます。


プロジェクトを始めた経緯

私が服に興味を持ったのは、中学生だった頃です。
当時はSNSの便利さなど知らず、雑誌を参考に手当たり次第ファッションを楽しんでいました。


高校生になり、インスタグラムなどのSNSを利用するようになると、デザイナーズブランドの魅力に引き込まれます。生地作りのこだわりや、デザイン1つ1つに想いを込めるブランドの表現を見て、のめり込んでいきました。


一方で、アパレル業界には大量廃棄や環境へ与える影響などさまざまな問題があることも知ることになります。シーズンが終わってしまうと途端にその価値が下がり、売れ残った服は消費者の手に渡ることなく廃棄される。そんなサイクルに疑問を感じていました。


私は、このようなファッションの持つ魅力と問題の両端を知った上で、

①デザイナーズブランドの持つ魅力

②シーズンを超えて、長く愛用される工夫

が両立された服があれば良いのにな、と考えるようになりました。


そんな中、高校の同級生である橋本菫(はしもとすみれ)が文化服装学院へ通うため上京します。

インスタグラムで彼女の作る服を初めて見て、そのクオリティの高さに驚きました。リアルクローズに寄っていながら、シルエットや細かなデザインには“らしさ”が見える作品を、同学年である彼女は作っていたのです。

この人がいずれデザイナーとして活躍するようになった将来、彼女は素晴らしいマスターピースを作るようになるのだろうか(私がいま現在憧れているメゾンブランドのような)。そうなったとしたら、彼女がいま現在作っている服は、私にとって永遠に価値のあるものになるのではないか?

そう思うと共に、その服は先述した2つの理想である

「デザイナーズブランドの持つ魅力」

「シーズンを超えて、長く愛用される工夫」

を両立させていることに気づきました。

そんな服をより多くの方に提供し、ファッションの全く新しい楽しみ方を提案しよう。

そう思い、TIMESIBLEというプロジェクトを立ち上げました。



「ファッションにおける先行投資」とは? ~マルタンマルジェラを例に~

ここまで、プロジェクトを始めた経緯をお話ししてきました。ここからは、「ファッションにおける先行投資」がどのように実現するのかについてお話していきます。


マルタンマルジェラという、伝説的なデザイナーがいます。彼自身はもう服のデザインをしていませんが、世界中のファッショニスタを虜にした彼のブランド「マルタンマルジェラ」は、「メゾンマルジェラ」と名前を変えて今なお絶大な人気を誇っています。

マルジェラのTABIシリーズ


同時に近年では、マルタン自身が20年近く前に発表した服が「アーカイブ」として人気を博しています。希少なアイテムの値段は止まることなく上がり続けており、シャツが10万円前後で取引される例もあるほどです。

もし、マルタンの学生時代の作品がオークションに出されたら……

その値段はとんでもなく高騰するでしょう。

40年前に1人の学生が作ったアイテムが、現代において大きな価値を持つのです。

このように、専門学生が制作する服には、潜在的な価値があると私は考えます。マルタンの例は極端な例かもしれません。しかし学生が将来デザイナーとしてブランドを持った時、ファンたちはその若かりし頃の作品も欲しい!と思うはずです。


このような先行投資は、アートの世界では当たり前に行われてきました。

絵画の購入は資産運用の方法の1つとして確立されています。しかし、ファッションの世界では先行投資は目立って行われてきませんでした。

TIMESIBLEは、ファッションにおいても先行投資は可能だと考えています。そして、先行投資が確立すれば、デザイナーズファッションに興味を持つ人も増え、業界の盛り上がりをも助長します。


デザイナーと、服と、共に生きる。

TIMESIBLEで扱う服は、単に先行投資のためのモノではありません。「プロジェクトを始めた経緯」でもお伝えした通り、学生デザイナーたちが作るのは「いまの自分にしか作れない服」。実際に服をご覧いただければ「いま本当に欲しい服」として目に映るはずです。

価値を見込んで購入するわけでなくとも、自分が気に入った服が時の流れと共にその価値を上げていったなら、これほどうれしいことはありません。

「デザイナーズブランドの持つ魅力」

「シーズンを超えて、長く愛用される工夫」

が両立された服、とはまさにこのことです。


時間を超えて愛される服を、時間と共にずっと着用していく。

TIMESIBLEというプロジェクトに、そんな私の思いを込めました。


TIMESIBLE(タイムシブル)という名前

TIMESIBLEという名前は、"time reversibility"(タイム リバーシビリティ)という数学用語からとっています。時間のシーケンスが逆になったとき、時間は巻き戻すことができる、という意味です。

TIMESIBLEで販売する服は、いわば時間軸におけるリバーシブルです。

今、本当に着たいと思える服が、将来価値のある服になる。

先行投資という、今まで考えられなかったファッションの楽しみ方を確立させます。
このプロジェクトに共感いただけましたら、どうかお力を貸していただけませんでしょうか。
皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。


学生デザイナー紹介

今回、TIMESIBLEでコレクションを発表する学生デザイナーを紹介します。(五十音順)

学生デザイナーそれぞれのコレクションテーマや、過去に製作した作品、また将来の展望などについて迫ったインタビューを、活動報告にて掲載いたします。合わせてご覧ください。

左から橋本菫、荻野優花、イヒョンソク、大阿久晃輝 



① イヒョンソク

所属:アパレル技術科

出身:韓国、一山(Ilsan)

過去作品(ジャケット、スカート)

代々木公園の木からインスピレーションを受け制作されたジャケット・スカート。

ジャケットはアシンメトリーながら、紐を三つ編みで合わせることによって自然なシルエットを実現した。


②大阿久晃輝

所属:高度専門士科

出身:栃木県

過去作品(ワンピース)

紅茶で製品染めしたワンピースをレイヤードした作品。春の女神フローラからインスピレーションを受けて制作した。


③荻野優花

所属:アパレルデザイン科

出身:東京都

過去作品(ジャケット、スカート)

『YAKUSHIMA TREASURE』(水曜日のカンパネラさんとオオルタイチさんによるライブ配信)を見て衝撃を受け、そのイメージから制作した。自分の中の考えを服に乗せることができた作品。


④中村彩香(パタンナー)

所属:アパレル技術科

出身:東京都

過去作品(ジャケット)

どこか懐かしさを感じるジャケットを表現するため、ポケットをファーにし、ボタンもレトロな風合いのモノを使用した。毛足の長いファーを縫うことに苦労したが、均一な毛の出具合になるよう調節している。


⑤橋本菫

所属:ニットデザイン科

出身:静岡県

過去作品(ワンピース)

軍モノのディティールからデザイン発想し、ワンピースに落とし込んだ作品。ベルトや紐での調節が可能で、ゆとりのあるデザインを実現させた。


応援コメント


若い世代の作り手(専門学校生)と売り手(経済経営系大学生)が繋がる面白い試み。

先行投資の考え方をファッション業界に適応するという挑戦で、興味深く期待できる。

自分たちの力で一から練っていく手作り感があり、創造性を伸ばす良好な機会となる。

―以上の点で、クラウド・ファンディングの企画として、応援・推薦をいたします。

(個人的にはビジネスが一つのインスタレーションになるのではと想像して楽しみです)


兵庫県立大学・准教授(ファッション文化論)
小野原教子


開催日時

2021年

9月24日(金) エキシビション
(本クラウドファンディングにて当該リターンを選択していただいた方へ、先行で招待させていただきます。)

9月25日(土) 11時〜19時

9月26日(日) 11時〜18時



会場

boutiqueW showroom

〒150-0001

東京都渋谷区神宮前5丁目39−3 3F



リターンについて

当プロジェクトでは、CAMPFIREを通じてクラウドファンディング限定でリターンの内容を先にお楽しみいただこうと思い、9種類のリターンをご用意しました。


その中でも、数量限定50個でご用意しておりますバッグが最もおすすめです。ご紹介させていただきます。


A3サイズの書籍が収まる大容量のバッグ。トートバッグとしてもショルダーバッグとしてもお使いいただけます。外側、内側両方にポケットが付き、マチもたっぷりとっているので、非常に使い勝手の良いデザインになっております。


TIMESIBLEに参加する学生デザイナーが、1つ1つ手作業で作り上げます。そのため、彼らが将来トップデザイナーとなった時、このバッグの価値も上がるでしょう。

サステナブルな取り組みの一環として、取手の部分や細かな部分には製作の過程で出た残布を使用しています。その為、バッグ1つ1つにデザインの誤差が出る場合がありますが、ご了承ください。

price
¥5,000

サイズ
縦38cm×横42cm×マチ20cm

肩紐 85cm (長さ調節はできません)

素材
コットン100%


その他のリターンもバッグ同様、クラウドファンディング限定でリターンの内容を先にお楽しみいただくことができます。リターン一覧のページからご覧下さい。


プロジェクトスケジュール

2021年

6月上旬 クラウドファンディング開始

7月30日 クラウドファンディング終了

9月24日 先行エキシビジョン

(当クラウドファンディングにて、該当のリターンを選択してくださった方のみご来場いただけます。詳しくはリターン一覧をご覧ください。)

9月25日、26日 ポップアップ開催


2022年以降

さまざまな学生の作品を世の中に発信し、先行投資の楽しみを浸透させるために、TIMESIBLEは半年に一度ずつ、学生デザイナーを変更しながら続けていく予定です。

2022年3月 第二回開催予定

2022年9月 第三回開催予定


資金の使い道

会場費

リターン制作費

クレジットカード支払い機器導入費

搬入出にかかる費用など、諸経費

ホームページ制作費

CAMPFIRE手数料

次回開催費用

に全額充てさせていただきます。


ポップアップ当日の注意事項

感染症対策として、以下の内容にご協力お願い致します。

・発熱、咳、くしゃみなどの症状がある場合は、来場をお控えください。

・感染防止の為、マスクのご着用をお願い致します。

・消毒用アルコールの設置を致します。十分な感染対策にご協力ください。

また、リターンの一部に先行エキシビションへの招待がございますが、交通費や滞在費は自己負担となり、リターンには含まれません。


お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、公式Instagramアカウントまでお問い合わせ下さい。

https://instagram.com/timesible


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/10/06 13:58

    TIMESIBLE初となるポップアップショップを、9月24日から26日に開催いたしました。ポップアップショップは2日間で100名を超える方にご来場いただき、ご来場いただいたお客様からも良い反応をいただけました。デザイナーとお客様が出会うだけでなく、お客様同士が出会い、デザイナーが自身の作品の新...

  • 2021/09/24 12:00

    TIMESIBLE第1回となるポップアップショップは、ついに明日から始まります!期間中、学生デザイナーが店頭に立っております。実際に作品を見ながらデザイナーと会話できるチャンスですので、ぜひお越し下さい。メンバー一同、ご来店をお待ちしております。【TIMESIBLE POP UP SHOP】2...

  • 2021/09/20 13:47

    YouTube「SHOHEiチャンネル」にてTIMESIBLEを取り上げていただきました。ぜひご覧ください。https://youtu.be/2YoTdKuNIdoまた、ポップアップはいよいよ今週末となりました!覗いてみるだけでも、是非お越しください。お待ちしております!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください