おいしいコーヒーはお好きですか?今回焙煎工場立ち上げを記念して、CAMPFIRE会員様限定で最大40%オフのリターンをご用意しました。毎日おいしいコーヒーを気軽に飲んでもらいたい。たったそれだけのシンプルな思いを実現するためのプロジェクトです。ご興味を持っていただき、ご支援いただけたら幸いです。

2021.8.21 包材完成しました!

皆様へお届けする商品を包む包材が完成し納品されました!シンプルかつちょっと気の利いたデザインになってます。お手元に届くまで、いましばらくお待ちくださいm(_ _)m


2021.8.17 御礼その3 + ついにメインの焙煎機を納入しました!
おかげ様で皆様からの支援総額が大台の100万円を突破いたしました。誠にありがとうございます!

そして、それと前後してついにメインの焙煎機がニフコーヒーの焙煎所に納入されました!

活動報告内に記しておりますので是非ご覧くださいませ!


2021.7.31 御礼その2
ご支援者様100名突破のお礼としてリターン発送の際にメジャースプーンを同封いたします。
詳しくは活動報告をご覧ください。

2021.07.29 スケジュール更新
焙煎機の納入と工事日が決まりましたので、本文中「スケジュール」内の情報を更新しました。
リターンの発送は変わりありませんのでご安心ください。

2021.07.28 御礼
皆様のご支援のおかげで、プロジェクト公開1日にして目標を達成することが出来ました。本当にありがとうございます。今後、プロジェクト終了までの様子は活動報告内にて紹介していきますので、見守っていただけると幸いです。


高品質!

年間130種類、8000回以上の焙煎を監督して培った焙煎技術と品質管理の経験から作り出す最高においしいコーヒーをお届けします。

高コスパ!

徹底的にムリ・ムダ・ムラを洗い出し、市場価格の1/2~1/3の価格を実現。さらには焙煎後すぐに出荷できる仕組みで、高い顧客満足を実現します!

安心・安全! 

10年以上コーヒー製造の現場を体験してきたスタッフの知見による、小規模ながら衛生面に最大限配慮した施設・設備とオペレーションで安心と安全を実現します!


ご覧いただきありがとうございます。ニフコーヒーの小川と渡邉と申します。
私たちは10年以上、東京都内のスペシャルティコーヒー販売店で勤務してきました。

そして2021年9月「高品質と低価格の両立」をコンセプトにコーヒーの焙煎工場を開業します。

たっぷり積んだ経験と技術を余すことなく注ぎ込んだ高品質のコーヒー豆を、チャレンジングな価格で販売します。

私たちのプロジェクトにご賛同いただけたら幸いです!


今回焙煎工場始動を記念し、ネットショップ開業に先立って、CAMPFIRE会員さま限定の超リーズナブルなセット商品をご用意しました。
【9月開業以降の通常価格 (予定)】
2個セット:2878円(「ふつう」「ふかいり」各1袋+送料¥880) 
4個セット:4876円(「ふつう」「ふかいり」各2袋+送料¥880) 
➡下の表をご覧ください

もちろん品質はオープン後の商品と同じ。かなり攻めすぎたリターン価格と反省しつつ、後には引きません!!とにかく私たちの商品を体験してください!その一心でのリターン価格設定です。



2つのコンセプトアイテム 「ふつう」と「ふかいり」

2商品ともに表現する味わいは「バランス良く毎日飲んでも飽きることのない美味しさ」。
私たちが提供したい味わいで作り上げる事を考えています。

「ふつう」(シティロースト)

酸とコクのバランスが良く苦味は控えめ。透明感のある甘い香りが口の中に残り、毎日飲みたくなる飽きのこない味わい。

たとえば朝食のおともに。
コクを感じつつも軽やかに。余韻にはきれいな甘みと微かなコーヒーらしい苦味。
バランス良くクリーンな味わいなので、多くの人に楽しんでもらえます。
そんな味になるように焙煎します。

「ふかいり」(フレンチロースト)

深煎り独特の濃厚さ、それを支えるコクや香り。それらの相乗効果で甘苦く心地いい余韻を楽しめます。

ケーキ、チョコレート、ナッツなどのおやつタイムのおともに。最高のマリアージュを堪能してください。

まさに今飲みたい!暑い時期にはアイスコーヒーで涼やかに。
氷をグラス一杯に入れて、濃く淹れた「ふかいり」をバァーっと注いでください!キリっと苦い透明感のある香り高いアイスコーヒーを楽しめます。

※商品の中身はブレンド?シングルオリジン?
それぞれのコンセプトに合う素材を旬のシングルオリジンから厳選します。取り扱いはもちろん高品質のスペシャルティグレード。
これまで培ってきた素材の目利き力と焙煎技術をフルに発揮し、様々なオリジン(生産地)からそれぞれの焙煎度に適した生豆を選びます。
随時使用する生豆を変えることで、味のコンセプトを維持しながらも、様々なオリジンの個性も楽しんでいただけます。


高くなりすぎた

私たちがコーヒー業界に入った2010年ころはハイエンドな品質の商品でも200g/1000円~1200円で販売されているスペシャルティコーヒーはたくさんありました。
それから10年くらいの間で、原料の高騰などもありながらも、いまや200g/1500円~など、高いものは2000円を超えており、販売価格はその頃の1.5倍ほどに高くなっています。

付加価値を追うトレンド

革新的な精製方法・希少な品種・提供スタイル・カッコいい店舗や商品デザイン。スペシャルティコーヒーを提供するトレンドは付加価値を創り出し、それを販売価格に乗せる流れがあります。

様々な取り組みで新しい価値ができ、コーヒーが注目されるようになる事はとても素晴らしいと思います。ただ一方で、私たちは普段ご家庭で飲むには手が届きにくい値段になっているように思ってきました。

より多くの人に飲んでもらいたい

発想はシンプルです。
「品質はそのまま、気軽に買ってもらえる価格設定で、安心・安全な商品を作りたい」

コーヒーは美味しくあってほしいし、毎日気兼ねなく飲みたい。
毎朝、仕事をしながら、昼食後、休憩のおともに、、、などなど。

「コーヒーの多様性や色々な楽しみ方を知ってもらい、コーヒーの素晴らしさを知ってもらう」というアプローチではなく、「まずは手に取ってもらい、美味しさを体験してもらう」事を最優先にし、安く買えることでコーヒーファンの裾野を広げようと考えました。 

”やらない”をやる

商品原料(生豆)の選定、喫茶、店頭販売、卸売り、ネット通販、百貨店イベント、コラボ商品、多くのシングルオリジン・多様なブレンドの取り揃え、などなど。
前職でコーヒーの提供に関わるほぼ全ての業態を10年以上かけて経験してきました。その中で分かった「全部やると無駄が多くなる」という事実。

私たちは、長く身を置くと見える非効率な作業を見直し、生産性の低い業態は行わないことにしました。

そうして出した答えが「インターネット販売専業」「販売商品の限定」という選択でした。

実現したいことは「高品質と低価格の両立」

【おいしさの担保】

安くても美味しくなかったらまったく価値がありません。
業態のスリム化を行うことで生まれる余力を、美味しさの安定とさらなる品質の向上に注ぎます。

・使用する生豆(原料)はスペシャルティグレード
・納品後も高品質コーヒーの鮮度を保つため、温度管理された部屋で保存
・高品質と高い安全性や衛生レベルを実現させるための施設設計
・焙煎前に生豆の手選別を行い、異物や不良豆の除去
・経験豊富な焙煎担当者による高いレベルの焙煎技術
・焙煎後のコーヒー豆への手選別も行い、焙煎前と後の2度不良豆除去を行う
・鮮度を保つ包材を使用し、焙煎後すぐ封入。美味しさを閉じ込める
・焙煎後即出荷

【気軽に手の届く、リーズナブルな価格】

9月の営業開始後は 1pac(200g)¥999(税込) で商品を販売します。
ディスカウント販売ではなく、徹底的な効率化と業態の選択で実現した販売価格です。

こだわり① 小規模な焙煎工場ながら、衛生レベルの担保と効率的な施設設計

↑焙煎工場レイアウトと打ち合わせ(トレイルヘッズ様オフィスにて)

↑今どきのオンラインミーティングで内装打ち合わせ中

HACCP※の考え方を取り入れた衛生管理を基本に施設を設計。原料保存・焙煎・パッキング・梱包出荷と各エリアを分けることで、生豆の適切な保存と製造工程における高い衛生管理を可能にしました。
また業態を絞ることが出発点ですので、そこから細分化した施設設計を行い、原料の保存→焙煎→パッキング→出荷 までの導線を効率化し、労務費削減による低価格の実現へ寄与しています。

※HACCPとは、危害要因分析と重要管理点の工程管理を軸とした、国際的に認知されている食品安全衛生管理の手法です。


こだわり② 扱う生豆(原料)

使用する生豆(原料)はスペシャルティグレード※。25℃前後に保たれた保管室で焙煎直前まで生豆の鮮度管理を徹底します。取り扱う品目を限定しているので在庫の滞留はほぼなく、入荷したての新鮮な生豆を常に使い続けることが出来ます。
さらに、生豆の状態で不良豆を人の手で、ひと粒ひと粒丁寧に取り除き、コーヒーの味を損ねる要素を徹底的に排除し、おいしさを格段に向上させます。

原料生豆に対して、この工程を行っている焙煎店はほとんどありません。スペシャルティグレードの生豆といえど、異物や欠点豆の混入が極めて「少ない 」のであって「ゼロ」ではありません。私たちは品質を過信することなく、美味しくできる工程への手間は省きません。

味わいに影響がある生豆を、ひと粒ひと粒丁寧に除去。

良品(左側)と、手作業で取り除いた欠け豆や虫食い豆や小石など(右側)。
※私たちの扱うグレードの生豆達は基本的に欠点は少ないのですが、より味わいの精度を高めるためにこのような選別作業を行います。

※渡邉・小川ともに「Qグレーダー」という、国際的な業界団体が定めたルールに則ってコーヒーの品質評価ができる資格を10年以上前から取得していますので、生豆の選別技術についてもお墨付きです。

※スペシャルティグレードの生豆とは?
生産国においての品質管理(栽培・収穫・精製・選別)が適正に行われ、欠点豆の混入が極めて少ない、生産地の風味特性を感じ取れる生豆です。サステナビリティとトレサビリティの特性も併せ持っており、国内流通量の5%とも10%とも言われています。
かなりザックリですが 「美味しさの裏付けがあり、美味しいコーヒーに出会う可能性が非常に高い品質の生豆」とお考えください。


こだわり③ 焙煎

これまでに培った焙煎技術に加え、焙煎する品目を限定することで、焙煎豆の味わいの安定と向上を行いやすい仕組みを作りました。
使用する焙煎機はFUJ ROYAL R-110(10kg焙煎機)。前の会社で使っていた機械を譲り受けたもので、そこに独自の改良を施し、機能性と操作性をUPさせました。

焙煎を担当する渡邉は、前職で焙煎を約7年経験しており、最後の2年間は2019年に新設した焙煎工場の立ち上げに加わり、チーフロースターとして年間130品目、約8000回の焙煎を監督してきました。この焙煎工場では、その経験を余すことなく注げます!

焙煎機のカスタマイズを打ち合わせ中(富士珈機様工場にて)


こだわり④ 鮮度・出荷スピード

焙煎後にも人の手による選別を行い、焙煎中に欠けた豆や焙煎後に分かる欠点豆を徹底的に取り除きます。
さらに選別後の焙煎豆は密閉性・保存性の高い袋に即封入。美味しい状態を可能な限り維持できるよう、焙煎後の鮮度管理も完璧です!
コーヒー豆は粉に挽くと味の劣化が早いので、脱酸素剤を入れて、美味しい状態を長持ちさせる取り組みを行います。

ローストし終えた豆に対しても選別作業を行い、徹底的に味わいを作り上げます。

良品(左側)と不良豆(右側)。味わいを損ねる可能性のある豆をひと粒ひと粒取り除きます。

パッキングし終えた商品は即出荷。毎日製造・毎日出荷でお届けまでお待たせしません!
出荷に使う段ボールは、手前味噌ながら自慢の仕上がりで結構いい感じに仕上がるはずです。入稿を済ませ、ただいまメーカーさん方で製作中ですが、もちろんリターンの発送に間に合わせますのでご期待ください!

こだわり⑤ 価格

1パック(200g) ¥999

これを実行するためには徹底した効率化による収益構造の構築が絶対条件でした。
そしてコーヒー専門店として、特に私たちがやろうとしているロースター(焙煎業)目線で考えた時に、極端なほどに業務をシンプルに設計する必要がありました。

・販売店舗を持たない=駅前など高い賃料の物件を借りなくてよい。目的を完遂できる広さ・形の物件を安価で確保できる
・カフェ営業をしない=マンパワーが必要なシーンが多い業務をカット
・業務用取引をしない=ボリュームセールにならざるを得ないので対応の細かさに対して利益率が低い
・多品目を扱わない/ブレンドを作らない=完成度の高いブレンドを作るには、企画・素材の選抜・香味の想像・素材ごとに焙煎を設計など、多大な労力が必要です。また、回転の鈍いアイテムは必ずと言っていいほど持越し在庫が生じるので古い豆も販売される可能性があり、焙煎後の鮮度は悪くなりがちです。

コーヒーを提供する人間として、色々な楽しみ方を様々なシーンで楽しめることはコーヒーの大きな魅力だと思っていますし、そのすべての業態を賄える会社の体力はとてもすごいと思っています。私たちは幸いそうゆう職場で10年以上経験を積むことが出来ました。
一方で、煩雑な業務を徹底的にスリム化すれば「高品質と低価格の両立」というお客様へ最大級のメリットを提供できると考えました。

内装費 1000万円
焙煎機改造・設置 500万円
生豆の選別・焙煎豆管理・出荷作業に必要な機材 100万円
包材費(高機能コーヒー豆袋や段ボール用意) 100万円

コーヒーの生豆は、皆さんが目にする麻袋のほかに、真空パックなどに詰められた段ボールなどに入っている事が一般的です。
そしてこれがとにかく重い。最近は30kgくらいで従来の半分近い大きさの袋を見るようになりましたが、まだまだ60~70㎏の大きさの麻袋で荷造りされる商品はたくさんあります。それらを納品してもらう大型貨物専門の配送業者さんは、近くにトラックを停めて、ひとつづつトラックからこの成人男性並みの重さの麻袋を焙煎所まで持ってきてくれます。ほとんど知られていない事だと思いますが、その時に台車が乗り上げられない段差や階段があれば、ドライバーさんの人力で乗り切ってもらっているのが現状です。

私たち焙煎業者の仕事は焙煎豆を販売することですが、そのためにはコーヒー生豆が港に到着してから通関手続きや管理を行い、必要な時に納品の手続きをしてくれる倉庫の方々や、焙煎工場まで安全に運んでくれる配送業者の方々の助けが絶対に必要です。生産者の暮らしや提供スタイルが注目されがちなコーヒー業界ですが、日本にコーヒー生豆が入港してから焙煎工場へ届くまでの間に関わる方々の助けがなければ、高品質なコーヒーのサスティナビリティは成立しないと考えています。

生豆を届けてくれる運送業者さんの負担を軽くしたい。

前置きが長くなりました。スミマセン。
日々の営業を支えてくれる配送業者さんへのリスペクトを形にするために私たちは何ができるのか?
私たちの営業を支えてくれる、言葉のとおり「縁の下の力持ち」の配達員さんの負担を減らせたらと考えています。
ご支援いただいた資金は「貨物運搬機」の購入にあてさせていただき、運送業者さんによるトラックからの荷下ろし、生豆保存場所までの運搬負担を手伝いたいと思います。

2021年6月1日 内装工事開始
2021年7月中旬 焙煎機納入
2021年8月初旬 クラウドファンディング開始
2021年7月下旬 クラウドファンディング開始
2021年8月10日 焙煎機納入
2021年8月下旬 クラウドファンディング終了、リターン発送開始
2021年8月27日 クラウドファンディング終了
2021年8月30日 リターン発送開始
2021年9月1日 本営業開始

やりたいことは「高品質と低価格の両立」

高い品質の素材(生豆)たちを、その品質に過信することなく管理し焙煎して管理して、、いち早くお届けする。
過剰に着飾ることなく、けれども培ってきたクラフトマンシップは余すことなく詰め込みたい。
美味しいコーヒーをお届けする事だけを純粋に追及した私たちのプロジェクトに共感してもらえたら幸いです。

とにかく手に取って飲んでほしい。もっと多くの人たちに素晴らしいコーヒーを『気軽に』楽しんでもらいたい。
私たちが、そのきっかけになれたら嬉しいです。

小川健介

株式会社ニフコーヒー代表取締役/マネジメント担当
物心ついたときからコーヒーが毎日食卓に並んでいて、中学に入る頃から今日まで毎朝コーヒーを飲む人生。
食に強い興味があり、フランス料理の専門学校で料理と菓子を学び、レストランやパティスリーで働くも、長時間労働・低賃金・年功序列の理不尽な上下関係に耐えきれず、早々に別の道を考えたのが20代前半。その後チェーンのカフェバーや居酒屋で店長を経験し、Qグレーダー資格取得を機に堀口珈琲へ入社、約10年勤務し退職。
コーヒーの知識や経験のほか、会計、財務、ロゴデザインや動画編集、プログラムやシステム開発もこなす。製造→喫茶店舗のマネジメント→販売戦略責任者→ネットショップ責任者・物流責任者と様々なポジションを経験し、マルチな社員として活躍。
妻と5歳、3歳、0歳の子供を持つ5人家族の34歳。

渡邉健也

株式会社ニフコーヒー取締役/ロースト担当
高校生時代に長渕剛のドラマを見てコーヒーに興味を持つ。傾倒していた刑事ドラマの刑事部屋に常にコーヒーがあったことも、コーヒーを身近に感じるようになったきっかけだったと当時を振り返る。
ソフトウェア開発職を経てコーヒー業界へ転身。2009年堀口珈琲入社。コーヒー製造補助、出荷、喫茶、店頭販売を経て百貨店での催事責任者や店長職を経験。それと並行して生豆購買部署(年間20コンテナ超)の副部門長として約5年間取扱い商品の素材選定業務に携わる。さらに並行して焙煎は約7年担当。自家焙煎店開業の焙煎サポートも経験。ラストの2年間は新設した焙煎工場で焙煎責任者として2台の20㎏焙煎機で年間約100t、8000回の焙煎を監督してきた。
妻と4歳の子供の3人家族。座右の銘は「笑う門には福来る」。寄席と魚とダジャレ好きな、にわかトレイルランナー。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<特定商取引法に関する記載 >
◯ 販売事業者名: 株式会社ニフコーヒー
◯ 事業者の所在地:〒214-0034 神奈川県川崎市多摩区三田1-8-9-107
◯ 事業者の連絡先:Tel: 044-712-3241 メール: shop@nifcoffee.com
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください