茨城県の南部に位置し、北西部にはかっぱで有名な牛久沼のある龍ケ崎市。そのほぼ中央に、大正3年創業の煎餅処「鍵林(かぎりん)」があります。この独特な店名は屋号「鍵屋林兵衛」からきています。

「どうもこの辺一帯は江戸時代に鍵を作っていたらしい。他にも鍵屋文兵衛もいる」と伝えられています。しかし、なぜかうちは煎餅屋。活き活きした心で作るお煎餅・おかきは活き活きした味になる。をモットーに現在まで商いを続けております。


鍵林製菓は大正3年の創業以来「新鮮で活き活きした美味しい味」を追求してきました。

手作りの味はお母さんの味。我が子に食べさせるつもりで添加物を極力控えたら、素材の味が生きるお煎餅になりました。安心安全を考える心はお母さんの心と同じ。そんな思いで煎餅を作り続け107年の時が経ちました。


3代目を務めた主人が亡くなってからは妻である私が後を継ぎ、現在鍵林は4代目になります。歴史が長く、龍ケ崎市の歴史の本にも紹介されて、由緒ある煎餅屋として認められております。

しかし、老舗ならではの苦労も多く、スナック菓子の普及やお米の不作など、困難な局面にもたびたび直面してきました。その度に知恵を絞って、切り餅や揚げ餅などの新商品を発売し続けて、なんとかここまで乗り越えてきたのです。私はこの店を守るために、まさに「命がけ」で働いてきました。しかし新型コロナウイルスの影響は鍵林にも及び、経営状況は非常に苦しくなって来ています。


長らくご愛好していただいているお客様からは「鍵林伝統の味は無くなって欲しくない」「鍵林はやめないでね」というお声をいただいています。また、今年で私は77歳になりますが、「鍵林を継ぎたい」と言う後継もいます。鍵林を愛して応援してくださる人がいる限り、鍵林は美味しいお煎餅を作り続けたいと願っています。


■ 私財を投げ打ってでも守り続けた伝統の味

実は、三代目を務めた主人には多額の借金がありました。そんな主人が他界して、教員の家庭で育てられてきた私がいきなり会社を任せられる事になったのです。経営のイロハも分からず無我夢中で「この味を守る」という思いで続けてまいりました。経営に不慣れなことから、従業員にお給料を支払う際やお客さんにお煎餅を売る際にも、「悪いんじゃないか」という意識があり、儲けがないままお煎餅を売っていたこともあります。しかしそれでもここまで続けてこられたのは、私財を投げ打ってでもこの店の味を守らなければならないという強い使命感があってのことだと感じています。


■地元の名店が時代と共になくなっていく寂しさ

100年以上この地で商売をやっておりますと、多くの閉店の現実を目の当たりにします。同じ商品でもその地域ごとに様々な文化や歴史があり、その土地ならではの商品がある一方で、時代とともに老舗の名店がなくなり、資金力のある大手の店舗が残るという現実もあります。

龍ケ崎でも「あそこの店は美味しかったね」という声を聞きます。多くの歴史ある老舗店がなくなっていくのはとても寂しいものです。伝統の味は一度なくなると二度と同じものは作れません。煎餅の醤油も、継ぎ足し継ぎ足しで作っているので、その釜を止めたり、醤油を捨ててしまっては、おしまいです。ここでお店をやめたら、世の中に一人でも「鍵林の煎餅が食べたい」という人がいても、その人は鍵林のお煎餅が食べられなくなる。そう思うと、主人が亡くなった時も店を閉めようと考えていましたが、美味しいと言って食べてくれる人がいる限り、自分の都合でこのお店をやめてはいけないと決意しました。


「この店を続けていて偉いね」と言われることもありますが、自分は嫌々やっているわけではなく、好きでやっています。自分はバカだなって思いながらも、故郷の味をなくしてはいけないのです。



■守り抜くいつまでも美味しいそして懐かしい鍵林のお煎餅

100年の歴史のなかで多くの危機に直面してきました。

昭和49年スナック菓子などの新しいお菓子がが一躍ブームとなり、手作りの煎餅は下火になってしまいました。そこで煎餅から切り餅にも商品の裾野を広げると、平成5年頃に切り餅ブームが起こり、経営状況は無事回復します。

しかし多くの企業が切り餅を生産するようになると切り餅の値段は下がるばかりで、手作りにこだわる鍵林はまたしても経営困難な状況に。そこで次に手を出したのが揚げ餅です。これが大きなヒットを打ち出し、今では鍵林でも人気の商品になっています。


■看板商品「浮かれかっぱ」


煎餅は生き物です。気候の変化や湿気の有無で煎餅の扱いは全く変わります。全て手作業でほいろを回しながらお煎餅の質を均一にするのは大変なことですが、そうすることで初めて「いつも同じ商品」ができるのです。

これこそが鍵林の特殊技術であり、鍵林のお煎餅が美味しく仕上がる秘密です。鍵林のお煎餅は半年おいてもく美味しく、自分でも飽きずについつい食べてしまうほどです。

特に看板商品である「浮かれかっぱ」は卸し販売はせずに直営店でのみ販売しています。数が多く作れないため大手のスーパーから引き合いがあるほどですが、量産でつくるのではなく一つ一つこだわって作ります。安く作ることもできますが、一種類でもお客さんに愛してもらえる商品があればやっていけるという信念のもと、女将は自分の納得のいく煎餅を追求します。


■直面したコロナウイルスでの危機的状況

当店は本店以外にもショッピングモール内に直営店があります。わざわざ本店にお越しいただかなくても多くのお客さんに鍵林のお煎餅を楽しんでいただくことは私達の願いであり挑戦でもありました。

しかし新型コロナウイルスの影響による営業時間の短縮やモールの客離れにより売り上げは激減してしまいました。いつ終わるか分からないコロナウイルスに対し、ただただ賃料を支払い続けるばかりで、今では存続すら厳しい状況にあります。


■この状況をなんとか乗り切りたいそんな思いで始めたクラウドファンディング

地域伝統の味は自分が途絶えさせてはいけない。しかしどうすればいいのか・・・。そう頭を悩ませていた時に、クラウドファンディングをやったらどうかとのご提案を頂きました。

鍵林はなんとしてでも守りたい一方で、クラウドファンディングには少し抵抗がありました。ネット上に自分の顔を載せたり、知らない人からお金を集めるなんてやりたくありませんでした。しかし、どうせもう長くないんだから、あとはやることやって死ぬだけだ。そう思うと、今までは乗り気じゃなかったクラウドファンディングもお店のためならやってやろうじゃないか!と決心することができました。今ではうちの商品を食べたことのない方にも是非食べて貰いたいという具合に、この挑戦をチャンスと捉えてプロジェクトを進めています。


「小さな支援でも私たちの働く活力になる。」

これからも死ぬまでお煎餅を作り続けていきたい。それが私の願いです。しかし自分の思いだけでは突破できない現実に、いま直面しております。鍵林を気にかけて愛してくださるみなさまからのご支援は、すべて鍵林の力になります。みなさまからの応援を励みにこれから先も鍵林を残し、100年以上つづく伝統の味を次世代の子供たちへ届けたいと思います。


プロジェクトで実現したいこと

クラウドファンディングで集まったお金は、今後の販路拡大のための梱包機械の導入に使用したいと考えています。より多くの方の手にとっていただける身近なお煎餅屋さんとして、お客様のニーズに合った個包装のお煎餅を作っていきたいです。

また、今回のクラウドファンディングを通してより多くの方に鍵林のお煎餅を知ってもらい、一人でも多くの人に鍵林伝統の味を味わっていただきたいと思います。工業製菓で溢れた今だからこそ、手間ひまかけた手作りのお煎餅を一度でいいので食べて頂きたいのです。今回は、通常直営店でのみ販売している「浮かれかっぱ」もリターン品としてご用意しております。普段であればご購入頂けない遠方の方にも自慢の商品をお届けしたいと思います。




最後に


このような厳しい状況下ですが、

今回の鍵林の挑戦が、地域の老舗店の励みになることを願っています。



◎営業時間

土日祝日:午前10:00 ~午後5:00

平日:午前10:00 ~午後6:30

※年中無休

〒301-0000 茨城県龍ケ崎市3359番地

TEL:0297-62-5881  FAX:0297-62-6348


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

 ■ 特定商取引法に関する記載  

●販売事業者名: 鍵林製菓株式会社  
●事業者の住所/所在地:〒301-0000 茨城県龍ケ崎市3359番地
●事業者の電話番号:Tel: 0297-62-5881
●送料:送料込み  
●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。  
●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし

 

  • 2021/09/17 17:24

    数年前のこと。店番をしていたら、お客様がいつの間にか入ってこられたらしく、「こんにちはこんにちは~」と声がするので、店内を見回しても誰~もいないのです(;^_^パートさんと二人で声のする方を探したら、なんと、そのお客様はご高齢のご婦人で、お店に這って入ってこられて、カウンターの真下で声を上げて...

  • 2021/09/16 19:29

    数億の借金、二十数名の社員、娘4人、両親、こんなにいろいろ遺して主人が突然人生の駅を降りてしまったのが50歳のとき。両親、社員の要望で、社長を継ぐことになったけど、今考えれば無謀の極みでしたねえ・・数字に弱く、学校の先生の子供で商売に関しては無知。経理の解る友人たちが本気で引き留めてくれたのに...

  • 2021/09/15 19:40

    東日本大震災の震源地周辺ほど悲惨ではなかったけど、龍ヶ崎でも大きな被害がありました。近くのかばん屋さんのご主人が崩れた壁の下敷きになって亡くなられたり・・鍵林は、何とか大きな被害を逃れ、幸い一晩停電しただけで翌日には仕事ができました。数日後の夕方、若い奥さんがお店にお煎餅を買いに来られました。...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください